春生まれ赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは? (3、4、5月生まれ)

春生まれ赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは? 
(3、4、5月生まれ)

妊娠・出産インフォ

穏やかな春の日ざしとともにこの世に生を受けた、3、4、5月生まれの赤ちゃん。比較的過ごしやすい日が多い季節ですが、3月はまだまだ肌寒かったり、逆に5月は夏のように暑かったり、意外と気温変化のある季節でもあります。春生まれさんには、どんな素材の肌着がよいのでしょうか?

ずばり、それは「フライス」です。フライスとは、リブ編みの生地で、ふんわりやさしい手触りが特徴のもの。伸縮性もあるので、大人の肌着にもよく使われ、季節を選ばない素材だからです。5月など少し暑い時季であれば、「天竺(てんじく)」素材が重宝するでしょう。天竺とは、平編みの生地で、薄手でさらっとした感触が特徴。通気性に優れているので、私たちのTシャツなどにも使われている素材です。

用意する枚数ですが、短肌着ならフライス2枚、天竺4枚を目安にしてみてください。また、メーカーやブランドによって、同じフライス素材、天竺素材でも生地の風合いに違いがありますし、縫製やカッティングによっては、赤ちゃんがチクチクしたりすることもあるので、店頭で手触りや肌触りを確認することをおすすめします!

肌着の買い替え時期は、生まれてから3ヶ月をめどに。生まれたばかりのころは、50センチサイズの肌着がちょうどよかった赤ちゃんも、生後3ヶ月頃には60センチサイズのものが最適になります。また、コンビ肌着を着せた場合は、足のホックもつけたほうがいい時期に入っているでしょう。

体の大きくなるスピードが実感できるのが赤ちゃんです。そして、新米ママとパパも、3ヶ月たてば少し余裕が出てきているはず…。お互いの成長を親子&夫婦で、ぜひ讃えあってくださいね!

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る