選び方を間違えると苦労する? 専門家に聞くベビーキャリアの選び方と注目商品

選び方を間違えると苦労する?
専門家に聞くベビーキャリアの選び方と注目商品

妊娠・出産インフォ

ベビーキャリア(抱っこ紐)は子育てママ・パパの必需品ともいえるアイテムです。現在、様々なブランドからたくさんの種類が販売されていますが、それぞれどのような違いがあり、なにを基準に選んでいいのかもわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はベビーキャリア選びのポイントについて、MIKIHOUSE MUM&BABYモザイクモール港北店マネージャーの田村豪士さんに伺いました。はじめてのベビーキャリア選びに迷うプレママ・プレパパだけでなく、2つ目のベビーキャリアを探している現役ママ・パパにも参考にしていただける最新情報をお届けします。

 

ベビーキャリアを選ぶ時に見ておくべき「3つのこと」

抱っこ紐ポグネー 男性着用

MIKIHOUSE MUM&BABYモザイクモール港北店マネージャーで、ベビーキャリアを担当している田村豪士さん。

様々な商品を実際に手にしてきた田村さんは、ベビーキャリア選びの時にチェックすべき点として「身体への負担の少なさ、装着のしやすさ、携帯時のコンパクトさの3点ですね」と言います。

「もっとも重要視されるべきはする側、される側双方への身体への負担が少ないことだと思います。ここが押さえられているだけで、抱っこをしている時のママ・パパ、赤ちゃんの身体へのストレスはかなり変わってきます。装着の簡単さ、携帯する時のコンパクトさなどは、使用するシーン、状況の違いで重要度も変わってくるかと思いますので、各家庭の子育てスタイルにあわせて選ばれるのがよいかと思います」

なお、ミキハウスでは2019年夏にミキハウスベビークラブ会員(合計7189人)の方々を対象に「育児グッズについて」というアンケート調査を行いました。その中でベビーキャリアについて、プレママの方には購入予定のブランド、現役ママには実際に使っているブランドをあげてもらいました。

その結果が以下の通りです。この数年、ベビーキャリアのブランドでママ・パパに圧倒的な人気のエルゴが、「プレママが欲しいブランド」でも「現役ママが使っているブランド」でも堂々の一位。

プレママが欲しい、現役ママが使っているベビーキャリア

なぜエルゴはここまで人気になっているのでしょう。その理由について、田村さんはこう言います。

ミキハウスxエルゴ ベビーキャリア

「知名度が高いということもありますが、やはり安全性や身体への負担の少なさから選ばれているのだと思います。エルゴベビーが登場する以前の多くのベビーキャリアは赤ちゃんの股で吊って、抱っこする人は、重さが肩に集中していましたから、ママ・パパにも赤ちゃんにも負担が大きかったんですね。一方エルゴは、幅広のウエストベルトと肩ベルトで赤ちゃんの体重を支えるため、重さをママ・パパの肩と腰に分散させるし、赤ちゃんにとってもおしりから背中全体を包み込むように抱っこさているので、快適で安心できる。エルゴベビーの登場により、抱っこが格段に楽になったといえると思います」(田村さん)

最近ではほとんどのブランドにウエストで支えるベルトが使用されており、ママ・パパの体型や用途、デザイン、赤ちゃんの成長などに合わせて、きめ細かい選択ができるようになってきています。

ベビーキャリー

「最近、人気が高いのは新生児から3歳ぐらいまで使える“オールインワン”というタイプ。多くのメーカから発売されているので、実際にお店で装着して、店員さんの使い方を聞いて、自分にあったものを選んでいただくのがいいと思います。ただオールインワンはとても便利な製品ですが、赤ちゃんの成長、時期によって必要な機能も違いますし、ママ・パパにとってのベビーキャリアの使い勝手や、体型に合う、合わないには個人差があります。ベビーカーがメインだから、そんなに使わないというのであれば、オールインワンタイプはコスパがいいと思いますが、使う頻度が高い場合は、赤ちゃんの成長と目的に応じて使い分けることをおすすめしたいです」(田村さん)

抱っこ紐の中の赤ちゃん

一昔前はベビーカーにはこだわるけれど、ベビーキャリアはなんとなく・・・というママ・パパも多かった、と田村さん。しかし最近はベビーキャリアの機能があがり、アイテムとしての優先度に増したことで、外でも家でも容使うというご家庭が増えているそう。

「公共交通機関を使う機会が多い都市部で暮らすママ・パパには、『外出先でエレベーターの場所を探すのが大変なので、ベビーキャリアの方が、移動が簡単』という理由もあるようです。それにベビーキャリアのデザインが洗練されてきたこともママ・パパがベビーキャリアに抵抗感がなくなった一因かもしれません。ちなみに最近はデニム地やナチュラルな色目の、ファッション性の高いベビーキャリアが人気ですよ」(田村さん)

次世代型として注目されるヒップシートキャリア

ミキハウス×ポグネーベビーキャリア

最近のママ・パパはネットやSNSの口コミ情報などを重視して子育てグッズを選ぶことが多いようですが、最近SNSで注目されつつあるのが「ヒップシートキャリア」。ウエストベルトに赤ちゃんを乗せるための小さな椅子のようなものがついているタイプです。ママ・パパは腰や肩への負担をほとんど感じない楽な姿勢で抱っこができ、赤ちゃんも足を自然に投げ出したおすわりの格好で座っていることができます。

海外生まれのヒップシートキャリア。実は以前から日本でも販売されていましたが、あまり知られることはなかったとか。しかし、機能的にも良くなって、2~3年ぐらい前からSNSで取り上げられることも多くなり、より使い勝手のいいベビーキャリアを探すママ・パパに注目されているそうです。

「ミキハウスでもPOGNAE(ポグネー)とダブルネームでヒップシートキャリアを発売しています。この商品は、私たちスタッフの間でもこれからのベビーキャリアとして期待も高い、こだわりのベビーキャリアです。」(田村さん)

ミキハウスxポグネー ヒップシートキャリア

機能性も細部にわたって、これほどのものはないと田村さんも太鼓判を押すヒップシートキャリア。田村さんのおすすめポイントは、お子さんが大きくなったら、ヒップシートとウエストベルト部分だけを使って、簡単抱っこにも使えるところ。

「安全のために手でちゃんと身体を支えてあげるのはもちろんですが、よちよち歩きを始めた赤ちゃんは、ちょっと歩いては抱っこをせがんだり、また自分で歩きたがったりして、ママ・パパは大変ですよね。そんな時にこのヒップシートがあれば、赤ちゃんの求めに何度でも応じてあげられるし、赤ちゃんもママ・パパとのお出かけを思いっきり楽しめるのではないでしょうか。長く抱っこする時には、背あてとショルダーベルトパーツをつけてしっかり抱っこ紐にして使うのも簡単です」(田村さん)

ヒップシートキャリア

ヒップシートの部分は、赤ちゃんの体重をきちんと支えるために、しっかりした発泡スチロールが入っているので、少々かさばるものの、抱っこをしている時の見え方は以外にコンパクトですし、何より楽さには変えられないというのが田村さんのご意見。このあたりは人によって感じ方はそれぞれなので、実際に店頭で商品を手にとって確認されるのがよいのではないでしょうか。

この数年でベビーキャリアは大きく進化し、新しい機能の製品が次々とでてきています。赤ちゃんと一緒の移動手段として頼もしいツールであり、安心な抱っこをサポートしてくれるベビーキャリアは、親子のスキンシップのためにも欠かせないアイテム。赤ちゃんの成長を見守る大切な時間をお気に入りのベビーキャリアでより濃密なものにしていきたいですね。

 

ポグネー 男性着用

【プロフィール】
田村豪士さん
MIKIHOUSE MUM & BABY モザイクモール港北店 マネージャー。ベビーキャリア担当のバイヤーとして、日々様々な商品を検討、選別し、“お客さまがもっとも快適にすごせる品を提供する”をモットーにバイイングしている。趣味はバスケットボールと愛犬とのおでかけ。

妊娠・出産インフォ トップに戻る