小児科医がわかりやすく解説
赤ちゃんのための「実践的スキンケア講座」

2019.12.05

ミキハウス編集部

赤ちゃんの肌にとって保湿はとても大事なこと。保湿により「肌のバリア機能」を高めることで、アレルゲン物質の体内への侵入を防ぎ、アトピー性皮膚炎をはじめとしたあらゆるアレルギーを予防する効果があることがわかっています。もちろん、保湿だけで100%、アレルギーを予防できるわけではありませんが、赤ちゃんの健康を守るために有効な手段であるということは間違いないでしょう。

そこで乾燥が気になる冬、「赤ちゃんのための実践的スキンケア講座」と題して、昭和大学医学部教授で小児科医の水野克己先生に、乾燥肌にならないために知っておきたいスキンケアの方法などを詳しく解説していただきます。

赤ちゃんの肌は大人以上にスキンケアが必要です

赤ちゃん

プレママのお腹で成長する間、赤ちゃんの皮膚は羊水の中で守られています。でもこの世に誕生したとたんに空気に囲まれ、さまざまな刺激を受けることになります。

赤ちゃんの皮膚は構造こそ大人と変わらないものの、表面の皮脂膜が薄く、角質層のセラミドや天然保湿因子のアミノ酸が少ない状態です。その上、表皮が角質層になってはがれ落ちるターンオーバーの周期が短いためにバリア機能が働きにくくなっています。

「赤ちゃんの皮膚は水分量が少なく、バリア機能も未熟です。しかも小さなからだに大人とほぼ同じ数の汗腺がありますから汗っかきで、皮膚に汗や汚れが付きやすく、清潔に保ってあげなければ、すぐにかぶれたり湿疹ができたりしてしまいます」(水野先生)

きめ細かで潤っているように見える赤ちゃんの肌は、実は乾燥しやすく、傷みやすいのです。生後すぐから始める保湿は、皮膚のバリア機能を維持させ、アトピー性皮膚炎ばかりでなく、皮膚が刺激物に接触しておきるかぶれ(接触性皮膚炎)、とびひや皮膚ガンジタ症といった皮膚の感染症など、さまざまな皮膚トラブルを予防するのに役立ちます。

皮膚のバリア機能

「赤ちゃんのスキンケアのポイントは、『清潔に保つこと』と『保湿でバリア機能を強化すること』の2点」と水野先生。つまり第一がお風呂でのからだの洗い方、第二が保湿ということになるそうです。次の章では、皮膚を清潔に保つためのからだの洗い方を教えていただきましょう。

次のページ たっぷりの泡でからだのすみずみまでやさしく洗いましょう

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

あなたへのおすすめ

人気の記事を見る

記事を探す

カテゴリから探す

キーワードから探す

妊娠期/月齢・年齢から探す