小児科医がわかりやすく解説 赤ちゃんのための「実践的スキンケア講座」

小児科医がわかりやすく解説
赤ちゃんのための「実践的スキンケア講座」

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんの肌にとって保湿はとても大事なこと。保湿により「肌のバリア機能」を高めることで、アレルゲン物質の体内への侵入を防ぎ、アトピー性皮膚炎をはじめとしたあらゆるアレルギーを予防する効果があることがわかっています。もちろん、保湿だけで100%、アレルギーを予防できるわけではありませんが、赤ちゃんの健康を守るために有効な手段であるということは間違いないでしょう。

そこで乾燥が気になる冬、「赤ちゃんのための実践的スキンケア講座」と題して、昭和大学医学部教授で小児科医の水野克己先生に、乾燥肌にならないために知っておきたいスキンケアの方法などを詳しく解説していただきます。

 

赤ちゃんの肌は大人以上にスキンケアが必要です

赤ちゃん

プレママのお腹で成長する間、赤ちゃんの皮膚は羊水の中で守られています。でもこの世に誕生したとたんに空気に囲まれ、さまざまな刺激を受けることになります。

赤ちゃんの皮膚は構造こそ大人と変わらないものの、表面の皮脂膜が薄く、角質層のセラミドや天然保湿因子のアミノ酸が少ない状態です。その上、表皮が角質層になってはがれ落ちるターンオーバーの周期が短いためにバリア機能が働きにくくなっています。

「赤ちゃんの皮膚は水分量が少なく、バリア機能も未熟です。しかも小さなからだに大人とほぼ同じ数の汗腺がありますから汗っかきで、皮膚に汗や汚れが付きやすく、清潔に保ってあげなければ、すぐにかぶれたり湿疹ができたりしてしまいます」(水野先生)

きめ細かで潤っているように見える赤ちゃんの肌は、実は乾燥しやすく、傷みやすいのです。生後すぐから始める保湿は、皮膚のバリア機能を維持させ、アトピー性皮膚炎ばかりでなく、皮膚が刺激物に接触しておきるかぶれ(接触性皮膚炎)、とびひや皮膚ガンジタ症といった皮膚の感染症など、さまざまな皮膚トラブルを予防するのに役立ちます。

皮膚のバリア機能

クリックで大きく表示されます

「赤ちゃんのスキンケアのポイントは、『清潔に保つこと』と『保湿でバリア機能を強化すること』の2点」と水野先生。つまり第一がお風呂でのからだの洗い方、第二が保湿ということになるそうです。次の章では、皮膚を清潔に保つためのからだの洗い方を教えていただきましょう。

たっぷりの泡でからだのすみずみまでやさしく洗いましょう

赤ちゃん 沐浴

赤ちゃんの皮膚に付いた汗やハウスダスト、食物などの汚れは、皮膚を刺激するだけでなく、アレルギー疾患の原因にもなることが分かっています。皮膚の表面を清潔に保つために入浴やシャワーは欠かせません。

「赤ちゃんの皮膚を清潔に保つために、汗や汚れはよく泡立てた石けんで落としてあげましょう。でもガーゼやスポンジ、ナイロンタオル、ボディブラシを使ったり、原液のままの液体石鹸を使うのはNGです。石けんの成分が残ってしまうと、皮膚を傷めてバリア機能を低下させてしまいますよ」(水野先生)

石けんの泡立て方

クリックで大きく表示されます

赤ちゃんのからだを洗う時には、しっかり泡立てた石けんでやさしくなでるように洗うのが基本です。首、耳の後ろ、わきの下、腿の付け根の部分など、くびれた部分もていねいに洗いましょう。

「お湯だけで洗っていると、皮膚の細菌が毛穴で炎症をおこして毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる小さなニキビのような湿疹ができることがあります。そのために石けんが必要なのですが、皮膚のバリア機能を破壊しないように、汗を流したり、おしりを洗ったりと1日に何度も赤ちゃんのからだを洗う時には、石けんを使うのは1日1回でいいでしょう」(水野先生)

赤ちゃんのからだの洗い方

クリックで大きく表示されます

赤ちゃんの顔の洗い方

クリックで大きく表示されます

「1歳ぐらいまでは顔や頭髪を洗う時も石けんがいいのではないかと思います。ベビーシャンプーを使うなら、成分が残らないように十分洗い流してください」(水野先生)

からだの洗い方のポイント

クリックで大きく表示されます

間違った洗い方

クリックで大きく表示されます

石けんで洗ったら、シャワーでしっかりとすすぎましょう。すすぐ時もしわやくびれの奥までていねいに。

「湯船に浸かるなら、新生児で38℃、乳幼児なら38~40℃ぐらいの低めのお湯に5分以内で十分です。熱いお湯に長く浸かりすぎると、皮膚の角質層表面の皮脂膜がお湯に溶け出してしまい保湿機能が奪われてしまいます」(水野先生)

からだの拭き方

入浴後はやわらかい綿のタオルでやさしく包みこむようにして、しっかりと水気を吸い取ります。決してゴシゴシこすらないように気をつけてください。頭髪はドライヤーで乾かすと皮膚も乾燥しすぎてしまうこともあるので注意が必要。タオルでていねいに拭いて自然乾燥させるのが望ましいです。

保湿剤は入浴後すぐにたっぷりと塗りましょう

赤ちゃん 肌

「汚れを落すために必要な石けんですが、皮脂まで落としてしまうので、入浴の後の皮膚は急激に乾燥してしまいます」と水野先生。入浴直後は角質層にたっぷりと水分を含んでいた皮膚は、約20分後には入浴前と同じ状態にまで水分量が減少し、60分後には入浴前よりも乾燥した状態になってしまうそうです。そこで皮膚を乾燥から守るために必要なのが保湿剤です。

角質層がまだ潤っているうちに保湿剤を塗ると効果が長持ちしますから、入浴後5~15分以内に塗ってあげたいですね。また食事の後に口の周りを拭いたり、手を洗ったりした後もこまめに保湿しましょう。お母さんたちもちょっと唇が乾燥したと感じたらリップクリームを塗りますね。ああいう感覚で赤ちゃんにも保湿剤を塗ってもらうといいのではないでしょうか」(水野先生)

保湿剤や外用薬を塗るときのポイント

クリックで大きく表示されます

保湿剤はたっぷりと手にとって、こすらないようにやさしく伸ばします。軟膏やクリームのチューブなら、大人の人差し指の先から第一関節までの量を手のひら2枚ぐらいに広げて、やさしく皮膚にのせます。ローションタイプは500円玉ぐらいで手のひら2枚分になります。

クリーム・軟膏の量のめやす

クリックで大きく表示されます

保湿剤にはローション、乳液、クリーム、オイル、軟膏などさまざまなタイプがあります。ワセリンのような油脂の多い軟膏は乾燥する冬には効果的ですが、夏はべたつきが気になるし、ローションは使いやすいけれど、保湿効果がものたりないと感じる時もあります。症状や目的、季節などに合わせて使い分けるといいでしょう。

また、保湿剤はあくまでも皮膚の乾燥を防ぎ、潤いを持たせるためのもので、皮膚が赤くなる紅斑(こうはん)や湿疹などの炎症を治療するものではありません。かゆみや赤みがあるならかかりつけのお医者さまを受診して外用薬を処方してもらいましょう。

軟膏の管理方法

クリックで大きく表示されます

冬の冷たくて乾いた空気により皮膚が乾燥してカサカサしたり、かゆみを感じたりすると大人でも気になりますね。赤ちゃんがからだを掻くようなそぶりを見せたり、わけもなくむずがることがあるなら、乾燥肌が原因かも知れません。赤ちゃんが冬を笑顔ですごすためにもスキンケアはしっかりとしてあげたいものです。今回紹介したスキンケアのコツを毎日のお世話に取り入れて、赤ちゃんを乾燥肌から守ってくださいね。

【プロフィール】
水野克己(みずの・かつみ)
昭和大学医学部 小児科学講座 小児科学部門 教授 医学博士。小児科専門医、新生児専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)、公益社団法人日本小児科学会 理事、一般社団法人日本母乳保育学会 理事長。
2017年に未熟児を支援する一般社団法人 日本母乳バンク協会を設立し、全ての子どもたちの健康と幸せを見守る活動を続けている。

〈図表の出典元について〉
この記事に使用した全ての図表は、独立行政法人環境再生保全機構ERCA(エルカ)「知っておきたい乳児のスキンケア からだの洗い方、外用薬・保湿剤の塗り方実践法」(https://www.erca.go.jp/yobou/pamphlet/form/00/archives_a-000.html)を加工して作成したものです。

妊娠・出産インフォ トップに戻る