パートナーとともに…「男性不妊」治療の現場(前編) 

パートナーとともに…「男性不妊」治療の現場(前編) 

妊娠・出産インフォ

妊娠、出産は女性ひとりが担っているものではありません。当然のことながら、新しい命を宿すには、男性の存在が不可欠です。

1998年に世界保健機関(WHO)が「不妊」の原因に関する調査結果を発表しました。それによると、「男性側に原因」のある場合が24%、「男女ともに原因」のある場合が24%、「女性側に原因」のある場合が41%、残りの11%が原因不明となっています。約半数の不妊が、男性側にも問題があるという現実に、驚く人も多いのではないでしょうか? 

男性不妊治療の専門医として、第一線で活躍する「リプロダクションクリニック大阪」の石川智基医師にお話をうかがいました。


男性不妊でいちばん多い「乏精子症」とは?

――男性不妊の原因の中でいちばん多いものは何でしょうか?

SONY DSC

順番に上げると、「乏(ぼう)精子症」「無精子症」「性機能障害」です。

男性が病院にいらしたら、まず視診、触診の後、「超音波検査」や「精液検査」を受けていただきます。精液検査では、精子の数や動きのよさなど、さまざまな項目をチェックします。

WHOの基準でお話しすると、ひとつに、精液中の「精子濃度」が1500万以上/mLであるかどうか。ふたつめに「精子運動率」といって、射精2時間以内の精液において40%以上が運動をしているかどうか。三つめに「奇形率」と呼んでいますが、精子の4%以上が正常形態かどうかなどです。

この基準に合致しない人は、精液所見に問題があると診断されます。精子濃度が1500万未満/mLであれば「乏精子症」、精液中に精子の存在が認められない場合は「無精子症」に。また、精子運動率が40%未満であれば「精子無力症」となります。

――なぜ精子の数が少ない人、精子のいない人がいるのでしょうか?

何が原因かを特定するのは非常に難しいです。正直、はっきりとした原因がわからないことも多いのですが、乏精子症の場合は「精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)」をまず疑います。精索静脈瘤はほとんど左側にだけ発生するのですが、精巣の静脈に血流が逆流しているために、細い静脈が拡張して「こぶ」のようになっている状態。右側の精巣(せいそう)は、下大(かだい)静脈という大きな血管に還(かえ)っていくのですが、左側は、左の腎静脈に還っていく。この違いが、左側に静脈瘤が発生しやすい理由なのです。

なぜ、精索静脈瘤が造精(ぞうせい)機能によくないかというと、精巣が「温度ストレス」の影響を受けるからです。血管の温度は37~37.5度くらいあるのですが、静脈瘤があると、精巣のまわりを血管が取り囲み、精巣が温まってしまうわけです。もうひとつは、腎臓、副腎からの不純物が入ってきて「酸化ストレス」を受けます。つまり「エイジング」と同様のことが起きます。これらが原因で、精液所見が悪くなってしまうのです。

そのため、精索静脈瘤がなくなれば、だいたい7割の人は精液所見がよくなっていきます。自然に妊娠する可能性も出てくるというわけです。

そのほか、「造精機能障害」であることも考えられます。これは、精子を造る機能に問題があるもの。よく「成人男性がおたふく風邪になると種無しになる」などといわれますが、これはおたふく風邪のウイルス感染で精巣炎になったケースを指しています。「精巣炎=精子がなくなる」ということではないのですが、機能障害に陥るケースはあります。

無精子症でも子どもはできる?

――精子のない「無精子症」の人に施す治療はあるのでしょうか?

あります。無精子症と診断されても、精巣の中に精子がまったくないというわけではない可能性があるからです。治療法をお知らせする前に、無精子症について説明しておきましょう。

無精子症は男性のおよそ100人に1人いると言われるもので、「閉塞(へいそく)性無精子症」と「非閉塞性無精子症」に分けられます。

閉塞性無精子症は、精子の通り道である「精路」に問題のあるケース。無精子症の約15%にあたりますが、精路の詰まっている場所をバイパスする「精路再建術」の手術などの治療法があります。余談ですが、もう子どもは欲しくないという人が受ける、いわゆる「パイプカット」は逆に途中で精路を断つもの。精子は精巣内ではつくられているのですが、途中で行く手を阻まれるので、卵子とめぐりあわないのです。


精子を“工場”まで取りにいく手術

閉塞性無精子症のそのほかの治療法としては、陰嚢の皮膚を1センチほど切開して、精細管(せいさいかん)という精子をつくっている管を採取する「Simple TESE(シンプルテセ)」という方法もあります。TESEとは、「Testicular Sperm Extraction」の略で、訳すと「精巣内精子採取」のことです。

無精子症の約85%は、非閉塞性無精子症です。これには2タイプあって、「精巣内で精子形成がまったくない」場合と、「精巣内でほんのわずかに精子がつくられているが、出てくるほどではない」場合に分かれます。

l_danseihunin1_2

矢印が拡張した精子を含む精細管
写真提供:リプロダクションクリニック大阪

非閉塞性タイプの人に対して行われる手術が、「Micro TESE(マイクロテセ)」。手術用顕微鏡を用いた精巣内精子採取のことですが、これは1998年にニューヨークのコーネル大学で初めて成功したもの。陰嚢の皮膚に約3センチの切開を加え、手術用顕微鏡で精巣内を観察し、良好な精細管を選別し採取します。手術中に精細管の形態をモニターでリアルタイムに観察し、1300本ある精細管の中から、状態のよい管を選びます。太く、蛇行していて、白濁している精細管に精子のいる確率が高いというのが、研究でわかっています。 

僕のクリニックに来る人は、このマイクロテセを希望されて来られる人が多いです。よくこういうたとえ話をするのですが、コンビニエンスストアに行って、欲しいパンが売っていないとします。でも、本当につくられていないかというと、そうじゃない可能性がある。それを確かめるために、パン工場に行ってみようと。行ってみたら、ほんのわずかだけどつくられていることがある。たまたま店で売っていないだけ、流通していなかっただけということがあるんですね。

だから、工場である精巣まで行って、たった1本でも太く蛇行している管があったら、精子が造られているかもしれない。精子がいたら、その後顕微授精(けんびじゅせい)ができる可能性がありますよということです。

非閉塞性無精子症の人で、まったく精子がつくられていないか、わずかでもつくられているかを判断するには、切開するしかありません。多くの施設では、マイクロテセは全身麻酔をして、「精子が取れました」または「取れませんでした」ということを術後に伝えているだけですが、今はその状況が変わってきています。

(後編に続く)

 

SONY DSC

【プロフィール】

石川智基(いしかわとももと)

「リプロダクションクリニック大阪」CEO
男性不妊症専門医。1974年兵庫県生まれ。2000年神戸大学医学部卒業。同大腎泌尿器科に入局した後、米・ニューヨークのロックフェラー大学、コーネル大学で最新の男性不妊手術を学ぶ。2005年に帰国後国内で診療と研究に携わり、2009年より再び日本を離れ、豪州メルボルン、モナシュ大学にて研鑽を積む。
現在は、リプロダクションクリニック大阪のほか、東京など全国で診療を行う。

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る