響きで印象、性格も変わる!? 名づけと音の関係

響きで印象、性格も変わる!? 
名づけと音の関係

妊娠・出産インフォ

ミキハウスがベビークラブの会員さまを対象に毎年行っている「名づけ調査」。今年で5回目を迎えたこのアンケート調査で、今年最も多くのママ・パパが「名前を決める時に意識したこと、気を付けたこと」にあげたのは、「音の響きがよい」ということでした。そこで今回は慶應義塾大学言語文化研究所の准教授で、音声学者の川原繁人先生に音の響きと名前の関係について教えていただきます。

 

自由になった名づけから生まれた“音の響き”へのこだわり

自由になった名づけから生まれた“音の響き”へのこだわり

2017年以来、ミキハウスはベビークラブ会員さまを対象に名づけの意識調査を実施しています。今年9月に行った「名づけ調査2021」では、「お子さまの名前を決める際に意識したことや、気をつけたこと」(複数回答可)」に対して、63.6%のママ・パパが「音の響きがよい」ことを選んでいます。毎年多くの支持を集める「音の響きがよい」ですが、今年は「字画がよい」(58.9%)や「キラキラネームを避ける」(46.4%)を押さえて1位になりました

お子さまの名前を決める際に意識したことや、気をつけたことを教えてください。

かつては漢字の意味や字画を気にすることが多かった名づけで、音の響きがこれほど重視されるようになったのはどうしてなのでしょうか。自身も6歳と3歳の娘さんを育てる現役の子育てパパの川原先生に、音の響きと名づけの関係について伺いました。

――まず、先生はこの調査結果をどう見られますか?

川原先生:確かに近年、子どもの名前を考える時に音の響きを重視する傾向は強くなってきていると感じています。昔は漢字の意味に思いを込めて、かつ、女の子だったら「子」をつけるなど、テンプレート型が多かったように思います。しかし、最近のお父さん、お母さんは伝統的な名前よりも、オリジナリティがあって知人や周りのお子さんとかぶらない名前を好む傾向にあるように感じます。自由な発想の名づけが容認されるようになり、音の響きにこだわる余地が生まれたということだと思います。

―確かに「子」がつく名前の女の子は昔に比べ少なくなっていますね。

川原先生:明治安田生命の「生まれ年別名前ベスト10(※)」を見ると、1970年代には「子」がついている女の子の名前は、10位以内に半数ぐらいあったのですが、1980年代前半から減少していき、後半になるとほとんど姿を消しています。名前が多様化してきたことの現れの一つでしょう。その結果、もしくはその過程で、音の響きを大事にするようになってきたとも言えるんじゃないでしょうか。

――名づけの自由度が増したことが、音の響きへのこだわりを生んだということですね。

川原先生:そうですね。音の響きによって、人が受ける印象は変わります。丸いイメージ、優しいイメージ、強いイメージ、透明感のあるイメージ…親御さんはわが子に「こうあってほしい」という思いを、響きに反映させているのだと思います。実は近年、ビジネスの場面でも音の響きが持つイメージを利用しようとする研究が盛んに行われています。たとえば新商品を出すときのネーミングについて、商品特性を消費者に感覚的に伝える響きを分析して、実際の商品の名づけに応用するといった試みです。

――音の響きによって人に与えるイメージが変わるということは、言い換えると、何かを伝えるために、最適な音があり、音の響きが特定のイメージと結びつくということでしょうか?

川原先生: ええ。こういう音に対して、人はこういうイメージを持つ傾向にあるという規則が成り立つことが分かってきています。言い換えると、特定のイメージに結びつく音がいくつかあるんですね。ちなみに、これは心理学の領域になりますが、人間の五感はお互いに影響を及ぼし合っていると言われています。昔は、五感は聴覚なら聴覚、味覚なら味覚、とお互いに独立したものと考えられていたのですが、現在の研究では、聴覚情報は味覚に影響するし、視覚にも、触覚にも、嗅覚にも影響を与えうるということが分かってきています。

また、この世には文字を色で感じたり、音階と色が結びついて聞こえる「共感覚者」と呼ばれる人たちがいらっしゃいます。五感を感じる脳部位が明確に専門化されていないために、そういう感じ方をするのだろうと言われていますが、実は人間は生まれた時はみな共感覚者なのではないかという仮説もあります。

――みんなが?

川原先生:あくまで推察ですが。一般的には、後頭葉には視覚の、側頭葉には聴覚の処理にとって特に重要な場所があります。成長に伴って脳の各部位の機能が特化してきて、五感が分かれていくということです。一方、生まれたばかりの赤ちゃんは、脳の各部位の明確な専門化が起こっていないので、外界の刺激を視覚でも聴覚でも触覚でも、脳全体として感じている。

また、母乳やミルクを飲むときに、その味だけでなく、お母さんの匂いや肌の柔らかさなども同時に感じていることを考えると、赤ちゃんは五感全部を使って外の刺激を同時に感じていると考える方が自然だと思います。そうした感覚間同士の影響が大人になっても多少残っているとすると、音によってイメージが喚起されることも自然なことだろうと考えられます。

名前が変わると、印象が変わる!?

名前が変わると、印象が変わる!?

――音がイメージを喚起するのなら、国や地域によって違う言語であっても、イメージは変わらないことにはならないでしょうか。つまり同じ感情や同じ特性を持ったモノなら、違う言語でも同じ音で表現されるものがあるということになりませんか?

川原先生:そういうことになります。まさに今、この点に関する研究をしているところで、僕も参加した研究チームでは日本語を含む25の異なる言語の話者が、同じ音から同じイメージを受けるという研究結果を今年発表しました。

その実験では「鋭い」「女性(的)」「良い」「小さい」「大きい」などのイメージが声色だけで表現でき、その表現方法が言語の壁を越えて成り立つことが示されました。つまり言語を超えて成立する音と意味のつながりを見出すことができたのです。

――つまり、日本でも英語でもまたその他の言語でも、女性的な音の響き、男性的な音の響きは同じような傾向があるということですか?

川原先生:その可能性は高いと思います。たとえば濁音が入った名前は力強さを表します。日本語だけでなく、英語、ポルトガル語、ロシア語の話者も、濁音=力強いと感じることが実験で示唆されました。日本語の名前だと、たとえば「だいご」君とか。3文字中2文字も濁音が入っていますが、強さを感じませんか?

――確かに。これは別の言語でも同じだということでしょうか?

川原先生:ええ。特に名前の頭に濁音が入るとその印象が強まります。男の子の名前には濁音から始まるものがたくさんあるのですが、女の子の名前にはほとんど見当たりません。「ゆづき」さん、「なぎさ」さんのように語中に濁音が入っている名前はよくありますが。日本語で濁音から始まる女性名は「じゅん」さんや「じゅんこ」さん、ぐらいではないでしょうか。英語なら「ジュリア」とか「グレース」とか結構見つかるんですけれど、それでも統計的にはそのような名前は少数だと言われています。

――先生に言われたからそう感じるのかもしれませんが、「じゅんこ」さんも「ジュリア」さんも「グレース」さんも凛とした女性のイメージがありますね(笑)。

川原先生:その対極にある丸いイメージを持つ子音は、濁音がつけられないナ行、マ行、ヤ行、ラ行、ワ行の子音で、共鳴音と呼ばれるものです。母音では、ア、オ、ウですね。ですから、たとえば「まゆ」さん「まや」さんなどは、丸みがありとても女性的な名前と言えます。これらの音を使えば、やさしさ、美しさ、柔らかさをイメージさせることができます。

なお英語で行われた実験ですが、同じ人の写真に違う名前をつけて魅力度を判定してもらったところ、丸い響きの名前の女性の方が魅力度が高いと判断されるという結果が出たんです。また、音の響きの観点からより女性っぽい名前の方が、そうでない名前よりも仕事が出来ると判断されるという研究結果もあります。男性の名前においても同じことが示されています。

――同じ見た目でも、名前が違うと人が持つ第一印象が変わる、ということですね。そう言われてみれば、当たり前の話なのかもしれませんが、これから名づけをしようというママやパパにとっては、名づけのプレッシャーが増しますね(苦笑)。

川原先生:話は変わりますが、文字数によっても名前の響きの印象は変わるとされています。たとえば長い名前の方が凛とした強さが出るようです。男の子は「だいごろう」くんとか、「しんたろう」くんなど、日本の伝統的な男の子の名前が長いのは、力強さが求められたことも関係しているかもしれません。一般的には日本の女の子の名前には5文字以上は見当たりませんね。ほとんどが、多くて4文字までではないでしょうか。たとえば「さくらこ」さん「かおるこ」さんとかね。

――「きょうこ」さん、「しょうこ」さんなど拗音(ようおん)を1文字と考えたとしても、確かにそうですね。5文字はおろか、4文字も非常に少ない印象があります。

川原先生:ただ英語は逆で、女の子の名前の方が長いんです。「エリザベス」とか「キャロライン」とか3音節の長い名前は女性の名前により多く使われます。実際は、欧米では名前を縮めたニックネームを使うことも多いのですが……。

――おもしろいですね。改めて名前の響きで印象が変わることは驚きであり、発見です。

川原先生:どんな響きの名前にするかで、他人に対する印象を変えるだけでなく、本人の考え方や大げさに言うと生き方にまで影響を与える可能性もあるのではないかなと、個人的には考えています。

たとえば「この子は能力がある」と期待して教育すると、実際に期待された子どもの能力が向上するという「ピグマリオン効果」という現象が知られています。これを名づけに当てはめると、名前の響き通りに育つように影響されても、おかしくないわけです。研究で実証するのは難しいでしょうが、他人が自身の名前に対して持つイメージにあわせて成長することが起こりうるのではないかと。学生にこの話をすると「自分の名前と性格が合っていないから、別のあだ名をつけた」なんていう話も聞かれますが(笑)

――そんなことを聞くと、ますます名づけの悩みは深くなってしまいます(苦笑)。一度つけた名前は、子どもが一生を共にしていくわけですから、親の思いを感じて大切にしてもらえるものになるといいですね。先生のお話は新鮮で、とても興味深いものでした。今日は貴重なお話を有難うございました。

※           ※           ※

濁音は強くて男性的なイメージ。共鳴音は丸く優しい女性的なイメージ。ジェンダーレスの時代になりつつあるとは言え、川原先生の音声学のお話は知っておくと役立ちそうです。もちろんどんな名前をつけても、それは親から子への最初のプレゼント。いっぱい悩んで、“呼びたい名前”をつけてくださいね。

〈参考資料〉
(※)生まれ年別名前ベスト10(明治安田生命)https://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/ranking/year_men/girl.html

 

Dr.kawahara

<プロフィール>
川原 繁人(かわはら・しげと)
慶應義塾大学言語文化研究所准教授 国際基督教大学卒
2007年米国マサチューセッツ大学大学院で言語学の博士号を取得。ジョージア大学言語学プログラム助教授、ラトガーズ大学言語学科助教授を経て2013年に現在の研究所へ。言語学の中でも人間が音をどのように操っているかを研究する音声学を専門分野とする。家族は、同じ言語学者の奥さまと6歳、3歳のふたりの娘さん。現在、子育てパパならではの視点を通して音声学を紹介する連載コラム「音声学者と一ちゃん、娘と一緒に言葉のふしぎをみつける」を執筆中。

 

〈調査概要〉

graph2
graph3

妊娠・出産インフォ トップに戻る