「ハナ」「ナオミ」はグローバルな名前? 米国人研究者が分析する日本の名づけ

「ハナ」「ナオミ」はグローバルな名前?
米国人研究者が分析する日本の名づけ

妊娠・出産インフォ

元号が平成から令和へと変わった2019年。ミキハウスは今年度も「名づけ調査」を行い、全国のママ・パパを対象に、名づけに関する意識や考え方などについて尋ねました。本記事では、2017年度、2018年度に行った同様の調査と今年度の結果を比較しつつ、日本人の名前や名づけについて研究している立正大学心理学部准教授のウンサーシュッツ・ジャンカーラ先生の取材をもとにまとめました。

〈調査概要〉

名づけ調査2019調査概要

※2017年度と2018年度は、それぞれ以下の方法で行われました。
2017年度/調査期間:2017年12月12日~18日、有効回答数:4286名(調査対象者、調査エリア、調査方法は今回と同じ)
2018年度/調査期間:2018年12月27日~2019年1月6日、5086名(調査対象者、調査エリア、調査方法は今回と同じ)

 

名づけは多様化しましたが、性別のわかりづらい名前は増えていません

日本の名前や名づけについての論文を数多く発表している立正大学心理学部准教授のウンサーシュッツ・ジャンカーラ先生。米ニューヨーク出身ながら、日本の名前や名づけの奥深さに興味を抱き、日々研究をされています。

ウンサーシュッツ・ジャンカーラ先生

それではアンケート結果と照らし合わせながら、現代日本の名づけの傾向について解説していただきましょう。

――先生に最初に見ていただくのは【お子さまの名前を決める際に意識したことや、気をつけたことを教えてください】のグラフです。まずは率直に、この結果について先生はどう見られますか?

子どもの名前を決めるときに意識したこと、気をつけたこと

クリックで大きく表示されます

ウンサーシュッツ先生:納得できる結果かなと思います。私が研究しているなかでも同じなのですが、ほとんどのママ・パパは音の響きを最初に決める方が多いようですね。音が決まると、次に漢字を探す。そこで字画を見るというパターン。たしかに今回のアンケート結果でも、字画を意識している方は多いようですが、実はその前につけたい名前の「響き」が先にあることが多いような気がします。そもそも、現代の日本で暮らす人々が、字画を意識するというのも大変興味深いですよね。少し“占いチック”というか、普段の生活ではそこまで信心深くない方でも、我が子のことなると話は別ということでしょう。

――たしかにおっしゃるとおりですね。普段、迷信めいたことを信じない人でも、名づけの際の字画は気になるものなんですよね…。

ウンサーシュッツ先生:ただ、日本に限らずどこの国でも子どものことになると親は保守的になるものです。日本ではいつもは神社やお寺には縁のないママ・パパが、赤ちゃんのことになると安産や健やかな成長を祈願しに行きますよね。字画へのこだわりはそれと同じで、わが子の幸せを願う親心なのでしょう。字画にこだわった結果、赤ちゃんの名前が見慣れない漢字の組み合わせになって、キラキラネームと言われてしまう…というのもありがちなのではないかと思います。

赤ちゃんの足

――アンケートの結果では漢字の読みさすさや文字に書いた時の見た目も気になるポイントのようですが、女性・男性らしさにこだわったという回答も目立ちます。ジェンダーレスな社会へと向かいつつあると言われるなかで、名づけに関してはかなりジェンダーを意識しているとも言えるのでしょうか。

ウンサ―シュッツ先生:まずは女性・男性らしさについて考えてみましょう。現代の名づけがニュースやネットで取り上げられる時、多様性の流れの中で『中性化している』と言われてしまいがちですが、今回のアンケート結果ではどうもそうではないと。実は、これは私が過去に分析した結果とも一致します。

――実際にそうなんですね。

ウンサーシュッツ先生:はい。名前は確かに昔に比べて多様化しましたが、性別のわからない名前が増えたかというと、そういうわけでもありません。実際、最近の名前で使われる漢字や音の構成をみると、性別がわかるものが圧倒的に多いんです。「止め字」と呼ばれる最後の漢字に、◯子、◯夫を使うことは今ではほとんどなくなりましたが、その代わりに女の子だと、美(み)、恵(え)、奈(な)だったり、男の子には真(ま)とか人(と)などを止め字に使う名前が多くなっています。例えば「な」で終わる男性名はほとんどないし、最後の音が「ま」という女性名もあまり見られませんよね。性別のわからない名前が増えたわけではないのは、こういうところからも言えるのではないでしょうか。

――毎年発表される名前ランキングや実生活での経験上、名前の“種類”が増えているとは感じていましたが、性別がわかるような “決まった型”は依然としてあるということですね。

ウンサーシュッツ先生:そう思います。また止め字は変わっても、語幹といわれるメインの漢字は意外と変わっていないということもあります。「和」という字を使った女の子の名前を例に上げると、以前は「和子(かずこ)」が多かったのですが、今は和菜(かずな)とか和音(かずね)などあり、止め字はバリエーションに富んできました。でも「和」の読みや意味は変わっていないので、名前に込める親の願いは、そういう意味では変わっていないと言えそうです。

グローバルを意識した名前が増えているようですが…

寝そべる赤ちゃんのママ

――まだ少数派ですが、2019年のアンケートで増加が目立ったのは「グローバルを意識した名前」でした。やはりこのあたりは令和という新しい時代にもなり、今後より意識されていくポイントなのかなとも思いますが、先生はどう受け止めておられますか?

ウンサーシュッツ先生:たしかにそれを意識されている方は増えていますよね。しかし、みなさんがお考えになっている「グローバルな名前」というのが、実はグローバルでは通用しないケースも少なくないように思います。例えば「トム」。

――「飛武」とか「富夢」などと書いて「とむ」と読んだりするケースですね。

ウンサーシュッツ先生:はい。ママ・パパはそれぞれの思いがあって名前を考えるので決して間違いではないのですが、英語を母国語とする私たちにとって理解が難しい場合があります。この場合も、「TOM」(tɑ’m | tɔ’m)なら伝わるのですが、「トム」という日本語の発音だと「?」となるんですね。グローバル風につけても、むしろ世界にいくと(音が)近いからこそ紛らわしいという問題もあるということです。そういう意味では、「ルイ」もそうですね。“RUI”、“LUI”のどちらかがわかりづらかったりします。日本語の場合、“RUI”、“LUI”のどちらでもないわけでして…。

――なるほど、発音という“壁”があるわけですね。

ウンサーシュッツ先生:逆に日本語とまったく同じ発音で伝わるグローバルな名前というのもあります。例えば、「はな」や「なおみ」がそれですね。これなら何も変えなくても世界の多くの地域で通用するグローバルな名前と言えます。

―――「はな」や「なおみ」なんて、いかにも日本的な響きなのにグローバルだとは! 実に面白いものですね。

ウンサーシュッツ先生:欧米では聖書にある名前を子どもにつけることが多くて、HANAもNAOMIもルーツは旧約聖書と言われています。ハナのスペルはHANNAHですが、音は「ハナ」と一緒なので、実際にハーフの方とかはたまに使われていますね。アメリカでも今は宗教にこだわらずに好きな名前をつける人が多いし、日本と同様に子どもたちの名前は多様化しています。それこそ日本の名前をつける人だって出てくるでしょうし、すでにつけている人もいるかもしれない。そうやって名前はグローバル化し、変わっていくのではないでしょうか。

どんな名前にも、親の思いが込められています

Touch of the family. Hands of parents and their baby in the bed. Dog watching the sleeping boy.

――先生はかつてキラキラネームに関する論文をまとめられていると伺っております。今回のアンケート結果でも「キラキラネームを避ける」というママ・パパが約半数という結果ですが、これについて先生はどうお考えですか?

ウンサーシュッツ先生:まずキラキラネームという概念に一貫性がないので、避けるか避けないか、好きか嫌いかという問いの前提が違う場合もあると思うんですね。ただいろいろと分析をしてまとめると、「普通には読めない当て字的な漢字を使う」とか「漢字を見ても読めない」というのが大きなポイントだと思います。

――キラキラネームという言葉自体がメディアで使われるようになったのは、この10年ぐらいのことだと思いますが、研究者としてはこの「現象」をどうご覧になっておりますでしょうか。

ウンサーシュッツ先生:以前調べたのですが日本では1960年代から70年代にかけて万葉がな風の音を使った名前が増えてきたそうです。その時にひとつの音にひとつの漢字を当てはめて使う名づけが見られるようになりました。例えば「茉莉花(まりか)」。当時としてはかなりキラキラした名前ですが、音のためだけに漢字を使っていたので、比較的読みやすかったんですね。それが90年代以降に変わり始めます。一つの名前に音読みと訓読みが混在したり、止め字を使わないなど、新しい形の名前が登場してきました。日本の社会でも個性重視の傾向が強まっていった時代ですから、それが名づけにも影響して、わが子に個性的な名前をつけたいと考えるママ・パパが増えたということだったのでしょう。背景には、情報量を飛躍的に増やしたネットやSNSの発達とも密接な関係があると思います。

――情報がたくさんあれば、新しい名づけのアイデアも浮かびますしね。

ウンサーシュッツ先生:米国でも最近は個性的な名づけがよく見られるようになりました。よくあるのが、音は同じでスペルを工夫するというやり方です。「CRYSTAL(クリスタル)」という名前なら、同じ発音をするKRISTALやCRYSTELとスペルを変えて個性を表現するママ・パパは確実に増えていますね。

――漢字の当て方、読み方で幅をもたせる日本人と、スペルで個性を出すアメリカ人。なんとなく共通する傾向があるんですね。

ウンサーシュッツ先生:ここで私が強調しておきたいのは、ママやパパは9か月以上悩みに悩んで子どもの名前を付けているということです。仮にちょっと変わった名前や読み方でも、そこには親の思いが詰まっているんです。他人にはその理由が伝わらなくても、きっととても素晴らしい経緯があるはずなんです。他人にはそれが見えないから、時には評価できないこともあるけど、その理由が見えたら違う評価ができるかもしれません。

胎児ネームをつけられることは、とても幸せなことなのです

マタニティ

――今回の調査ではこの数年で広がりつつある胎児ネームについてもママ・パパに尋ねました。その結果がこちらです。

胎児ネームを知っていましたか?

クリックで大きく表示されます

――2017年12月の調査と比較すると、胎児ネームを知っていたママ・パパは2年弱で約1割増えています。お腹の赤ちゃんに胎児ネームで呼びかけることは欧米でも行われていますか?

ウンサーシュッツ先生:ありますよ。ほとんどの場合、実際に付ける名前とは全く関係ないニックネームで呼ぶんですけれど、「豆」という意味の「Bean」とか「My Bean」、「Beanie」なんて呼び方が割と一般的なのかなと思います。どう呼ぶかはともかく、お腹の赤ちゃんをニックネームで呼ぶママ・パパは多いですよ。

胎児ネームをつけていましたか?

クリックで大きく表示されます

――今回のアンケートでは「ポコちゃん」とか「たまちゃん」という胎児ネームが目立ちました。下のグラフを見ると、胎児ネームではなく、生まれてからつけるつもりの名前で呼んでいるママ・パパも15%前後いるということが分かります。

ウンサーシュッツ先生:日本のように周産期医療が整っている国ですと、ママ・パパは赤ちゃんが無事に誕生することを信じられるから、生まれてからつけるつもりの名前で呼べるんでしょうね。一方で、国や地域によっては、無事に誕生することを前提とできないところもあります。名前をつけると、そこにアイデンティティや個性が認められてしまうことになります。妊娠や出産は命に関わる大変な出来事なので、もしかすると何かが起きて赤ちゃんを失ってしまうことがあるかもしれません。そんな時名前がついていなければ、辛さもいくらかは軽くなる、という考えなんですよね。

――なるほど。胎児ネームを何気なくつけられること自体、とても恵まれたことなのかもしれませんね。

ウンサーシュッツ先生:そうですね。子の誕生はいつの時代もとても喜ばしいことだけど、かつてはどの国、どの地域でもリスクと隣合わせでした。それが医療の発達、社会インフラの整備、衛生面の向上などで、そのリスクをさほど考えなくてもよくなった国やエリアも増えてきたわけですね。同時に、価値観そのものが変わったし、出産人数も変わったことなども影響していると思います。さまざまな理由や背景があり、胎児ネームというものが一般化していっているのではないでしょうか。

――ありがとうございます。最後に今後の名づけについて、お聞きしたいと思います。令和元年だからここその質問になりますが、これから子どもの名前のつけ方はどうなっていくとお考えでしょうか?

ウンサーシュッツ先生:まず日本に限らず、広く現代社会を捉えた場合、人間の一生は100年前とはまったく違うものになっています。例えば、昔だったらとある場所で生まれて、その場所で学び、結婚する相手も子どもの頃から知っていた身近な人で、一生涯をすごす…という小さなネットワークの中で成立していたと思うんですが、現代は物理的にも広がっているし、インターネットの世界を考えると、その場にいながら、他のエリアの人ともつながることができるわけです。社会や生き方が変わってくれば、当然、名づけに関する考え方も変わってくると思うんです。ここ日本で暮らしていても、情報はどんどん増えていくと思いますし、グローバル化が進めば外国人移民も増えていくでしょう。そうすれば、自然と名づけも変わっていくのではないでしょうか。

※     ※     ※

今回のアンケートでは、今年生まれたわが子に元号にちなんだ名前をつけたママにその理由を尋ねたところ、「平成から令和へと変わった年に生まれてきてくれたわが子に、元号という日本文化を海外にいても感じられるように」(37歳ママ/第1子 男の子)、「平成という時代があったことを忘れないように」(32歳ママ/第1子 男の子)のようなコメントも寄せられています。

親がありったけの愛情を込めて考える赤ちゃんの名前は、社会の変化や時代の雰囲気を敏感に映すひとつの文化とも言えそうです。いつか名づけの由来をわが子に話して聞かせる日を楽しみに、慌ただしい子育ての日々を楽しんでくださいね。

 

ウンサーシュッツ・ジャンカーラ先生

【プロフィール】
ウンサーシュッツ・ジャンカーラ(ウンサーシュッツ・じゃんかーら)
立正大学心理学部 対人・社会心理学科 准教授 一橋大学大学院卒 博士(社会学)
米国・ニューヨーク出身 日本語を学ぶうちに、名前に使われている漢字の独特な読みに興味を持ち、日本人の名前の研究を始める。
論文等:「価値観として解釈する名前:名前を通じて観察する親の希望」(2019)、「For whom and by whom children are named: Family involvement in contemporary Japanese naming practices」(2019)、「『キラキラネームといわないで!』新しい名前に対する評価とその現象に取り巻く言説」(2015年)他多数

妊娠・出産インフォ トップに戻る