ミキハウス「名づけ調査」から見えた 「胎児ネーム」と「名づけ」に込めるママ・パパの想い

ミキハウス「名づけ調査」から見えた
「胎児ネーム」と「名づけ」に込める
ママ・パパの想い

妊娠・出産インフォ

名前は、両親から赤ちゃんへの最初のプレゼント。その子とともに人生を歩んでいくことになるものですから、ママ・パパは、わが子に幸せをもたらしてくれるようにと願いを込めて名前を考えるものですね。

また最近は、おなかの赤ちゃんに「胎児ネーム」(胎児期のニックネームのようなもの)を付けて、呼びかけるママ・パパも増えています。「胎児ネーム」と実際につける名前にはどんな関連があるのでしょうか。

今回ミキハウスは、全国のママ・パパを対象に名づけに関するアンケート調査を実施し、胎児ネームや赤ちゃんの名前に対する意識、名前を決める時の動機などについて伺いました。そこから浮かび上がってきた現代の名づけの実態とは?

調査期間 2017年12月12日~18日
調査対象 ミキハウスベビークラブ会員のうち、お子さんのいる方、現在妊娠中の方
調査エリア 全国
調査方法 会員向けインターネット調査
有効回答数 4286名

 

「胎児ネーム」はまだ見ぬ赤ちゃんへの愛情を育みます

photo-1

ママのおなかの中に芽生えた新しい命。おなかがどんどん大きくなり、胎動を感じるようになると、ママはもちろん、パパだって赤ちゃんをおなかの上からなでたり、話しかけたくなりますね。

《胎児ネームの認知度は70%以上》

最近は「胎児ネーム」というおなかの中にいる間だけのニックネームを赤ちゃんにつけるママ・パパが多くなっています。「胎児ネームを知っていましたか」という問いに「知っていた」と答えたママ・パパは70.5%。「知らなかった」(29.5%)の2倍以上にのぼります。現代のママ・パパにとって胎児ネームの認知度は相当高いことがわかります。

《胎児になんらかの名前をつけていた人は75%》

それではどれくらいのママ・パパが、実際に胎児ネームで呼んでいたのでしょうか。今回の調査では「つけていた」(56.2%)と「生後の名前で呼んでいた」(18.8%)を合わせると75%のママ・パパがおなかの赤ちゃんを名前で呼んでいたとの結果が。

(グラフ1)

graph-1

《胎児ネームは“妊娠中限定”のケースがほとんど》

さらに胎児ネームをつけていた方に、胎児ネームと生まれてからの名前の関係を尋ねると、「そのまま名前にした」というママ・パパが4.4%いるという結果に。ただ「実際の名前とは全く異なる」ケースが85.2%ですから、胎児ネームは、ほとんどの場合おなかの赤ちゃんのための妊娠中だけの呼び名と言えるでしょう。

(グラフ2)

16125fbbfe1d8a07

《胎児ネームは愛情を持って呼びかけるためにつけるもの》

胎児ネームを付けた理由については、「赤ちゃんに呼びかけるため」(53.4%)が一番多く、続いて「夫婦間で赤ちゃんのことを話す際にあると便利なため」(20.5%)、「愛着を持つため」(17.3%)となっています。わずか1%ですが、「実際にはつけにくい名前も胎児ネームであれば許されるから」という意見もあり、つけたい名前とつける名前が異なるママ・パパもいることがうかがえます。

(グラフ3)

graph-3

胎児ネームを使ってみてよかったと思うことについて、「愛着がわいて、赤ちゃんとの距離が近くなった」(33歳ママ/第1子0歳、男の子)、「子どもが生まれることに実感が薄かった主人は、胎児ネームがあったおかげで存在を実感できた」(35歳ママ/第1子0歳、男の子)、「生まれる前から夫婦間で赤ちゃんの話をするきっかけになった」(31歳ママ/第1子0歳、女の子)という声が寄せられました。胎児ネームがあると、ママ・パパはおなかの赤ちゃんを身近に感じるようですね。

《胎児ネームの由来は?》

胎児ネームの由来についてもお聞きしました。たとえば「ぴこちゃん」と呼ばれていた男の子のママの話。

「エコーを見た時に心臓がピコピコ動いていたから。そのあとおなかでもよく動いていたので」(29歳ママ/第1子0歳、男の子)。

「はれこ」という胎児ネームをつけたというママは、その由来についてこう答えています。

「毎回検診日の天気を晴れにしてくれたから。台風が来ていても、当日は台風一過でとても良い天気でした」 (39歳ママ/第1子0歳、女の子)

一生のものではなく胎児のときにだけつけるものだからこそ、妊娠中のママやパパの気持ちを素直に表した胎児ネームをつけている方が多いようです。

《胎児ネームをつけた時期は》

ママ・パパは赤ちゃんをいつごろから胎児ネームで呼び始めるのでしょうか。「妊娠が分かってすぐ」(27.7%)に次いで多いのは、「性別が分かった頃」(15.0%)、そして「母子手帳をもらった頃」(13.4%)となっています。それぞれに妊娠期間中の節目といえる時期ですから、ママ・パパとしての自覚が生まれ、赤ちゃんへの愛情が深まるとともに、胎児ネームで呼び始めるということでしょう。

(グラフ4)

graph-4

《胎児ネームをつけるのはママ、複数の胎児ネームを持つ子も》

誰が胎児ネームをつけたかを複数回答可として尋ねた問いでは、ママが76.9%、パパは37.3%、母方の祖母が2.5%でした。やはり自分のおなかの中で命を育むママは、赤ちゃんの存在を肌で感じ、成長を実感できる分、愛着が湧くのでしょう。

一人の赤ちゃんに対していくつの胎児ネームがあったかについては、82.4%がずっと同じ胎児ネームで呼んでいたと答えましたが、複数の胎児ネームがあったケースも17.6%あり、中には六つ以上の胎児ネームで呼ばれた赤ちゃんも0.2%いました。

胎児ネームを一つだけにした方の意見を見たところ、その理由としては、「愛着を持って呼んでいたので変えなかった」(27歳女性/第1子2歳、女の子)といった意見が大勢を占めています。二つの場合は、「女の子だと思って呼んでいたが、男の子と発覚したため」(33歳女性/第1子4歳、男の子)のように性別が判明した時に呼び方を変えるケースが目立ちます。

また複数の胎児ネームをつけた方の中には、「パパやおばあちゃんなど周りの人がそれぞれ違う名前で呼んでいた」(26歳女性/第1子0歳、女の子)や「大きくなるたびに名前を変えていた」(32歳女性/第1子0歳、女の子)といった声も。赤ちゃんに会える日を楽しみにしている気持ちを、ママ・パパやその他の家族が自分たちなりの形で表現できるのが胎児ネームのよさなのかも知れません。

 

まだ見ぬわが子の名前を考えながら、親になっていくママとパパ

photo-2

では、実際の名づけに関してはどうでしょうか。アンケート結果をご紹介します。
期間限定ゆえに気軽に使える胎児ネームとは違い、実際の名前を考えることは、ママ・パパにとってうれしくも最も悩ましい大仕事といえますね。です。それでは見ていきましょう。

《65%以上が生まれる前に名前を決めていました》

「お子さまの名前はいつ決めましたか」という質問に対して、一番多かった回答は「妊娠中に性別が分かってから」(53.9%)。「妊娠する前から決めていた」(4.3%)や「妊娠中で性別が分かる前」(7.0%)という答えと合わせると、生まれる前から名前を決めていたママ・パパは65.2%になっています。赤ちゃんの誕生を楽しみにしながら名前を考える時、その子の人生や人となりについて、あれこれ想像して期待したり、心配したりしてしまうこともあるのではないでしょうか。こうしてママ・パパの中に“親心”が育ち始めるのかもしれませんね。

(グラフ5)

graph-5

《名づけの主導権はママとパパ…そして母方の祖母も》

赤ちゃんの名前を決めるのは誰なのでしょう。複数回答可として尋ねたところ、「パパ」(73.6%)と「ママ」(70.9%)が圧倒的に多く、それに続くのは「母方の祖母」の2.8%です。ほどんどのママ・パパが、子どもの名前は自分たちで話し合って決めているということのようです。

(グラフ6)

graph-6

《名づけの際に参考にした情報源》

子どもの名前を考える時、ママとパパはどんな情報源を参考にしているのでしょうか。突出しているものはありませんが、「本・書籍」(53.5%)「インターネット」(53.2%)が並び、次に来るのは、「名づけアプリ」(32.9%)です。「家族や親せきの意見」(16.0%)よりアプリを参考にする割合が多いのは、日ごろからこうしたアプリを使い慣れている若いママ・パパだからかもしれません。

(グラフ7)

graph-7

 

赤ちゃんの名前にはママ・パパの想いや愛情が詰まっています

photo-3

ママ・パパは名前を考える時にどんなことを気にして、判断の基準にしたのでしょうか。また参考にした名前などはあったのでしょうか。名づけに込めた想いについていろいろな角度から尋ねてみました。

《ポイントは「音の響き」と「字画」、そして「非キラキラネーム」》

「お子さまの名前を決める際に意識したことや、気をつけたことを教えてください」という設問に対する回答で、1位は「音の響きがよい」(59.0%)で、2位に「字画がよい」(57.4%)があがっています。自分たちのフィーリングやセンスを頼りに判断する「音の響き」と「字画」といった伝統的な姓名判断の要素も取り入れる古風な感覚が同居しているのは興味深いところです。

昨今なにかと話題の「キラキラネーム」については、49.7%が「避ける」と答えています。「読みやすい漢字を使う」(41.7%)や「日本人らしい名前にする」(17.6%)を意識した人もいて、オーソドックスな名前への回帰傾向も見られます。「グローバルを意識した名前にする」(10.3%)、「ジェンダーレスな名前にする」(2.6%)という時代を反映した回答もありました。

(グラフ8)

graph-8

なおこちらのグラフで、4番目にあがった「お子さまの将来像への願いをこめる」の内容を具体的に尋ねたところ、「性格」(84.4%)がダントツのトップになりました。周りの人に愛される人に育ってほしいという親の願いでしょう。2位には「健康」(33.6%)、3位に「成し遂げること」(31.9%)と続いています。

《字画を調べたママ・パパは約93%》

【名前を決める際に意識したこと、気をつけたこと】で2位になった字画をどの程度考慮したかについても尋ねてみたところ、「字画のよさを最優先にした」と答えたママ・パパは23.5%。「最優先とはいかないまでも参考にした」が54.5%で、「字画を調べたが、ほぼ考慮しなかった」も14.6%ありました。名づけの際には、一度字画を調べてみるというママ・パパは93%近くもいたことになります。子どもの幸せを考えた時、信じるかどうかは別にして一度は調べてみたくなるのが、私たち日本人にとっての「字画」なのでしょう。

《参考にした有名人は歴史的偉人よりも新垣結衣さん》

「お子さまの名前を決める際に参考にした人の名前はありますか」の問いに「参考にした人はいない」と答えたのは、68.4%。参考にした人の名前で一番多いのが、「パパの名前」(15.8%)、次は「ママの名前」(11.5%)です。

「タレントや著名人の名前」を参考にした人は3.6%にとどまりました。ただ誰を参考にしたのか聞いたところ、圧倒的に多かったのが女優の新垣結衣さん(12人)でした。俳優の福士蒼汰さんの4人、テニスプレイヤーの錦織圭さんとイギリス人の女優エマ・ワトソンさんをあげたママ・パパも3人ずつと続きましたが、新垣結衣さんの人気・影響力は名づけにまで及んでいると言えるでしょう。

同じ問いで「歴史上の偉人の名前」を参考にしたと答えた0.8%の人に同じことを尋ねたところ、幕末の志士・坂本龍馬、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」にも登場する明治時代の軍人・秋山真之、三国志の天才軍師・諸葛亮孔明、戦国時代の武将・前田慶次を参考したと答えたママ・パパが2人ずついて、同率1位となりました。

《お子さまの名前の由来や名前に込めた想い》

赤ちゃんの名前の由来やそこに込めた想いについて記述式で答えてもらったところ、男の子では、純也(ジュンヤ)=「純粋な子になるように」、響(ヒビキ)=「この子を中心として家族やお友達が集まり、笑い声の絶えない生活が送れるように」、尚希(ナオキ)=「希望に向かって進んでほしい」など誠実な人柄やたくましさを願う声が目立ちます。

女の子には、颯花(フウカ)=「颯爽と咲く花のように凛としてきれいに育ってほしい」、心美(コハル)=「優しく明るい女性に育ってほしい」、結芽子(ユメコ)=「新芽のようにまっすぐすくすく成長し、実を結ぶ人生を送れますように」などのように、優しさ、明るさを連想する名前をつけるママ・パパが少なくないようです。

《兄弟・姉妹の名前との関連性》

アンケート回答者4286人のママ・パパのうち、763人には複数のお子さまがいます。そこで、「第2子以降、兄姉の名前との関係をどの程度考慮されましたか」と尋ねたところ、「兄姉の名前と共通の文字を使用した」(39.3%)、「兄姉と共通のコンセプトやジャンルにした」(24.0%)、「兄姉と対になるような名前にした」(1.8%)という声が多い中、「兄弟とは全く別の名前にした」というケースも39.2%ありました。

《名づけは家族の物語のはじまり》

最後に、ママ・パパが教えてくれた名づけについてのエピソードいくつかをご紹介したいと思います。

「おなかの子どもの名前はどうしても主人につけて欲しくて、何時間も何日もかけてつけました。主人は娘にメロメロです」(32歳ママ/第1子0歳、女の子)

「ある程度絞ってはいたものの決めかねていたが、顔を見たら夫婦ともに一つに決まった」(33歳ママ/第1子0歳、女の子)

「お互いにつけてみたいなぁと漠然と思っていた名前があったのですが、反対されるとショックなので、なかなか言い出せず、リストアップし合いました。(中略)リストアップする事で、お互いのいろんな想いを知れてよかったです」(34歳ママ/第1子0歳・女の子)

皆さんそれぞれに、名づけについての心温まる素敵な思い出があるようです。ママ・パパの想いや愛情がいっぱいに詰め込まれた名前。子どもたちは名前を呼ばれることで、家族としてのアイデンティティに目覚めていくのかもしれませんね。名づけの作業は、家族のストーリーの始まりと言えそうです。

 

【回答者プロフィール】
調査にご協力いただいたママ・パパを、年齢、性別、男女別お子さまの人数で分けると以下のようになります。
(n=4286)

<年齢>
19歳以下    0.33%
20歳~24歳   4.4%
25歳~29歳   27.5%
30歳~34歳   41.5%
35歳~39歳  19.8%
40歳~44歳   6.2%
45歳~49歳   0.16%
50歳以上    0.12%

<性別>
女性  98.6%
男性   1.4%

<男女別お子さまの人数> 
男の子
0人   48.1%
1人   44.7%
2人    6.4%
3人    0.8%
4人    0.0%
5人以上  0.0%

女の子
0人   51.9%
1人   41.8%
2人    5.6%
3人    0.6%
4人   0.05%
5人以上  0.0%

妊娠・出産インフォ トップに戻る