“休む力”のある企業に学ぶ!(中編) 会社が夫婦のコミュニケーションを手助けする理由

“休む力”のある企業に学ぶ!(中編) 
会社が夫婦のコミュニケーションを手助けする理由

妊娠・出産インフォ

子どもを育てることは、夫婦が協力して行うもの。けれど、どうしても母親の負担が大きくなってしまう現実があります。育児休暇の取得率を見てもそれははっきりと表れていて、2013年度の男性の育休取得率は2.03%でした。この現状に一石を投じる動きが徐々に出てきています。それは、どんなものなのでしょうか?

 

男女とも育休がとれる会社に! 男性職員の取得率100%を達成

厚生労働省が今年10月に発表した「イクメン企業アワード2014」で、特別奨励賞を受賞した「日本生命保険相互会社」(本店:大阪府大阪市)。日本有数の大企業ですが、受賞理由は昨年度、男性の育児休業取得率が100%(※)に達したことによるものでした。同社は9割が女性という職員構成。以前から女性の活躍推進に全社を挙げて取り組んでいますが、男性の育休取得もその一環であったといいます。それはどういうことなのでしょうか? 「人事部輝き推進室」の小林あさひさんに伺いました。

「制度自体はあったのですが、男性が育休をとる人風土はありませんでした。女性は家庭との両立のために、時間のやりくりするなど、男性と同じように働けない現実があります。男性が育児に参加することで、男性が育児や家事を両立する女性の働き方を理解し、自分自身の働き方を変えることで、男女とも働きやすい職場がつくれると考え、意識改革のきっかけとして始めたのです」

  • 育児休業取得の対象となる男性社員が全員1日以上の育休を取得したという意味。

 「こんなに子育てが大変とは知らなかった」 育休取得者の生の声

本社では3年ほど前から、予備軍も含めたパパ職員、ママ職員が集まる「パパママランチ交流会」を実施。子育てに関する悩みや相談をざっくばらんに話せる機会を設けています。そこで、男性職員が“子育てにもっと積極的にかかわりたい”と思っている本音を知ったことも大きかったそうです。

yasumu2_02

人事部輝き推進室の小林さん

小林さんは、一気に100%の取得率を実現できた理由を、「会社が本気であることを繰り返し伝えたことですかね」と話します。経営トップや役員が、いろいろな場面で「育休をとろう」と呼びかけ、該当者は年初にいつ育休をとるかを人事部に提出。その後、きちんと計画通りに取得しているかチェックし、未取得者にはメールや電話で何度も連絡をとったそうです。「最終的には1年で約500人が取得しました」(小林さん)。

育休取得後、「妻はのんびり子育てをしているものと思っていたが、実際にやってみたら息つく暇もなかった」「育児の大変さを知って、妻を尊敬し、感謝の思いが強くなった」「子どもが寝返りをうつ決定的瞬間に立ち会えた」などの感想が聞かれたとのこと。また、「妻からほめてもらいました」「妻だけでなく、両親や家族から、いい会社だねと言われた」という声も。「仕事においては、業務内容を共有することの大切さがわかったり、効率よく仕事をする方法を考えたり、会社として大きな成果があったと思います」と小林さんは振り返ります。

「イクメンの星」を発表し、「イクボス」賞も受賞

育休取得者の体験談を社内のイントラネットで「イクメンの星」として定期的に紹介しています。生の声を掲載することで、未来のイクメンに訴えかけ、女性職員が応援する気持ちや共感も生まれているそうです。

yasumu2_03

イクボスアワード2014で特別奨励賞を受賞した三木さん

厚労省は、「イクメン企業アワード」とともに、社員の育児に理解のある上司「イクボス」を表彰する「イクボスアワード2014」も発表しましたが、ここでも同社は、浜松支社の支配人支社長・三木勝也さんが特別奨励賞を受賞。営業の最前線を担う支社は、管理部門よりも育休取得による職員の不在の影響が大きいと考えられていましたが、三木さんは日ごろから効率よく仕事をするためには何をしたらいいかを個々が発表しあう「提案大会」を実施するなど、積極的に業務効率化に取り組んでいました。育休取得にあたっても、早めに休暇計画を立てさせるなど、支社をあげてバックアップする体制を整えたそう。そうすることで、育休取得者だけではない、支社全体の働き方を変えることにつなげていったのです。

男性が育休をとることで得られるものは、思っている以上に大きいよう。家庭だけでなく、職場での学びや気づき、成長のきっかけにもなる、すばらしい休暇です。「育休をとってみたい」と思った男性や、「うちのパパも育休とってほしい」と思った女性のみなさん、家族で育休取得を本気で考えてみてはいかがでしょうか。

■日本生命保険相互会社
https://www.nissay.co.jp/enjoy/keizai/44.html

続いての(後編)では、社員のライフスタイルに応じた働き方を認めている会社を紹介します。
「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞などを受賞している会社の、名物社長にお話を伺います。

 

合わせてこちらもおすすめ

  • “休む力”のある企業に学ぶ!(後編)女性の働きやすさとは、一人ひとりを大切にすること
  • 妊娠・出産インフォ トップに戻る