イクボス区長・成澤廣修さんに聞く「子どものことを第一に考える」子育て

イクボス区長・成澤廣修さんに聞く
「子どものことを第一に考える」子育て

妊娠・出産インフォ

日本で昨年生まれた赤ちゃんは、102万9800人。一人の女性が生涯に何人の子どもを産むかを示す「合計特殊出生率」は上昇傾向にあるものの、出生数としては過去最少を記録しました。少子化がストップしているとはいえない現状がありますが、直近15年の間で、出生数を1.8倍に増やした自治体があります。東京のほぼ中央にある文京区です。

2010年には自治体の首長として初めて「育児休暇」を取得した、成澤廣修(ひろのぶ)文京区長に、同区ならではの取組みや考え方をお聞きしました。

 

「宝物」である子どものための支援とは?

文京区は、1998年度には約1000人だった出生数が、昨年度は1800人になりました。子どもが増えることは大変うれしいことです。「待機児童」対策としては、来年の4月までに認可保育所を新たに4園開設し、認証保育所から認可に移行するところが5園あり、合計で9つの認可保育所が増えます。しかし、転入や出生数も伸びているなかで、なかなか待機児童をゼロにできないという現実もあります。
僕は「待機児童」という言葉には違和感をもっています。待機しているのは実は働きたい親であって、子どもではありませんよね。早く仕事に復帰したい親が待機しているので、いうなれば「待機保護者」なのでは?と思います。いろいろなご事情の親御さんがいるので、一概にはいえませんが、保育園の入園を待っている時間、親の元で育つので少なくとも子どもには不利益はないと思います。

mr.narisawa_01

毎日のように新聞やテレビで、女性のさらなる社会進出推進に関するニュースが出ています。けれども、男性社会の長時間労働を前提とし、女性にも同じような長時間労働を強いるようなものでは、女性活躍の推進は困難なのではないかと思います。社会全体が働き方の見直しをしていくこと。同時に、さまざまな働き方に合わせた保育サービスを充実させていくこと。これらが揃って初めて、待機児童がゼロになる意味があります。自分たちの宝物であり、社会の宝でもある子どもの豊かな成長のために、何ができるかをそれぞれが考えていく必要があるのです。

子育て支援策は、「待機児童」というキーワードで語られることが多いのですが、実は、幼稚園に入園できない3歳児の問題もあります。4、5歳児より定員が少なく、ニーズが高いのが3歳児の幼稚園入園なのですが、昨年度は文京区だけでも200人以上が希望どおりに入園できませんでした。東京の他の区でも、保育園の待機児童が出ているというところなら同じような傾向にあると思われます。文京区では、保護者と就学前の乳幼児が一緒に安心して遊びながら、他の親子との情報交換や交流が図れる「子育てひろば」を4か所設けていますが、そうしたところに幼稚園に入れなかった3歳児とその親があふれてしまうという状況もあるんです。そのほか、近くに祖父母がおらず、近所に頼れる友人もいない母と子どもだけの孤独な「弧育て」など、待機児童ほど社会問題化していないけれども、深刻な子育ての問題が潜んでいます。

日本という国の子育て支援は、(1)育児と仕事の両立支援(2)子育ての心理的不安の解消(3)子育ての経済的負担の軽減の3つが基本です。これ、よく見るとすべて親への支援。私は、「子どもを中心に考えるのが本当の支援なのでは?」と思っています。

かわいいけど憎らしい(笑)…4歳児の父親として

2010年2月に我が家に息子が誕生し、同年4月に「育児休暇」を2週間取得しました。私は雇用保険の対象外なので、正式なものではなく、「なんちゃって育休」でした。
いま4歳10ヶ月ですが、かわいい盛りであると同時に憎たらしい盛り(笑)。父親譲りでよくしゃべります。しかも、こちらが何かいうと、「でも、それはね!」と返してくるところなどは、まるで僕を見ているみたい。かみさんには、悪いところはパパの口癖にそっくりといわれています。

長男に将来何になりたいかを聞くと、「ハイパーレスキュー」と答えます。昨年他界した僕の父がいわゆるイクジイで、子(孫)育てを熱心にしていました。息子が本当に小さいころから、毎日消防署に連れていっていたので、その影響もあるかもしれません。

僕としては、子どもの可能性を摘まないようにしていきたいなと思います。自分の意見はきちんと言えて、嘘をつかない子になってほしいですね。

私は“育休”をとりましたが、男性もみんな育休をとるべきだとは思っていません。育休や子育てについて、夫婦での話し合いの中、それぞれが“カスタマイズ”すればいい。区役所内でも、正規の育休以外にもお子さんの誕生に合わせて、夏休みとカレンダー上の連休、土日有休などを組み合わせて2週間休暇をとった男性が複数います。そんなふうに、親の働き方や休み方、子どもの育て方など、あらゆる面でカスタマイズできるのが理想だと思います。

「ぶんきょうハッピーベイビープロジェクト」の取り組み

mr.narisawa_02

「子どもたちと高齢者への応援歌」をマニフェストとし、区長として7年間いろいろな施策を行ってきました。その中に先ほどからお話ししている、待機児童解消への努力もありますが、そこで気づいたのは、文京区の「合計特殊出生率」の低さです。この数値は、人口規模が大きい都道府県では低く、人口規模が小さい都道府県では高く示されることが以前から指摘されています。都会のほうがより子どもを産み育てることが可能な女性の、非婚化や晩婚化の問題があり、文京区も例外ではなかったのですが、このことに対して何らかの手を打つ必要があると感じました。
ちょうどその頃、政府の「少子化危機突破タスクフォース」の第2期メンバーに選ばれ、少子化対策の施策に対して、議論する役を任じられました。いろいろな議論が展開されたのですが、その結果、国が交付金事業を行うことになり、文京区では健康の観点からの取り組みをしたいと名乗りを上げることに。そして始まったのが、文京区版少子化対策である、「ハッピーベイビープロジェクト」です。

地方自治体として何ができるかを考えたとき、最も大切だと思ったのは、男女ともに「正しい知識を早く届けること」。特に女性がキャリアを重ね、ひと段落したところで妊娠しにくいことなどのさまざまな事情に気づくということは、なくしていきたいと思いました。

meeting

そのためには、中学時代など早い時期から自分の身体や妊娠の仕組みについて知ることが重要です。そこで、少子化対策への取り組みをしていた民間の有識者や学識経験者をメンバーに、「ぶんきょうハッピーベイビー応援団」という文京区版タスクフォースを立ち上げました。その中で健康に着目して少子化対策を行っていた、予防医療コンサルタントの細川モモさんに座長に就任いただき、活動しています。

HappyBabyGuideBook

具体的な取り組みを挙げると、区の保健師に細川さんへの講義を聞いてもらうなどの研修を実施し、そこで学んだことを含めて、「ハッピーベイビー健康相談」と銘打って、区民の相談に保健師が答える形で正確な知識を伝えていく機会を設けました。また、細川さんが主宰する「社団法人Luvtelli(ラブテリ)東京&ニューヨーク」の全面協力により、区が発行する「ハッピーベイビーガイドブック」も配布しています。
さらに、中学生向けに学習教材として冊子を作成しているところです。そこには、後で「知らなかった」ということがないように、女性の身体と妊娠について記しています。バランスのとれた食生活を心がけ、健康的な身体をもつことが将来の妊娠、出産には大切なこと。また、過度なダイエットが女性の身体に大きな影響を与えることなどです。

来年3月22日には、後楽園のプリズムホールで、「ハッピーベイビー・フェスタ」を開催します。妊娠、出産を望む区民に対して、シンポジウムや講演会、子育て応援企業の紹介をし、これからのライフプランを考えるきっかけになるようなイベントにする予定です。また、2人目、3人目を産みたいと考える人にも役立つような内容も盛り込みたいと考えていて、同プロジェクトの応援団委員のみなさんの協力を得て、さまざまなコーナーも検討しています。かなり大がかりなイベントにしていこうと工夫していますので、ぜひ、多くの人にお越しいただきたいと思っています。

来年4月からは、今まで発行してきた「子育て応援メールマガジン」のほかに、「予防接種アプリ」や「男性不妊検査費助成」も始めます。

妊娠、出産に関する正しい知識を広め、安心して子どもを産むことができる環境を整えること。このことが少子化を食い止め、明るい未来を描ける一歩になると考えています。

mr.narisawa_prof

【プロフィール】
成澤廣修(なりさわ・ひろのぶ)
1966年、東京都文京区生まれ。駒澤大学法学部卒業、明治大学公共政策大学院修了。1991年文京区議会議員となり、2007年から文京区長を務める。2010年長男誕生を機に、「育児休暇」を取得。当時、自治体の首長として初めての取得だったため、大きく報じられる。昨年、内閣府の「少子化危機突破タスクフォース(第2期)」のメンバーに選ばれる。
【関連リンク】
文京区 公式ホームページ
http://www.city.bunkyo.lg.jp/

社団法人Luvtelli 東京&ニューヨーク
http://www.luvtelli.com/

妊娠・出産インフォ トップに戻る