男性の“10~20人に1人”が精子に問題を抱える時代 結婚前のブライダルチェックは、もはや新常識?

男性の“10~20人に1人”が精子に問題を抱える時代 
結婚前のブライダルチェックは、もはや新常識?

妊娠・出産インフォ

不妊に悩む夫婦のうち、その半分は男性側に原因があるにもかかわらず、「男性不妊」はまだまだ広く認知されていない現状があります。昔から、女性の問題とみられることが多かった不妊ですが、最近では“妊活する男性”も話題に上がるようになってきました。そこで今回は、気になる男性の不妊治療の現場を探ってみました。

男性妊活外来とは

東京駅、八重洲口。フォーシーズンズホテルに隣接するパシフィックセンチュリープレイス丸の内10階に位置する「メンズヘルスクリニック東京」は、テストステロン(男性ホルモン)に着目し、男性力をあげることを目的とした日本初のメンズクリニック。男性専門として注目を集めるこのクリニックに、男性妊活外来がオープンしたのは昨年9月のこと。

男性の妊活とは、生殖器が正常に機能しているか、つまり精子の数や質に異常や不具合がないかを調べ、異常があった場合には改善すべく治療を行います。例えば、精子の数が少なければ数を増やすために投薬治療を行ったり、精管に問題がある場合は、通りをよくするための手術を行ったりといった治療が施されます。

「男性の不妊の場合、自覚症状がまったくないので、精子が正常なものであるか、大なり小なり問題を抱えるものであるのかは、検査してみないことにはわかりません。ところが、女性の不妊検査と比べ、男性の不妊検査はまだまだハードルが高いと感じている人が多いのが現状です」

メンズヘルスクリニック東京の男性妊活外来で治療にあたる辻村晃先生は、不妊に悩む夫婦のこれまでの一般的なケースを次のように説明します。

dansei_01

「子どもを欲しいと望むカップルがなかなか妊娠できない場合、まずは女性が不妊検査を受け、そこで何の問題も発見されなかった場合に、ようやく男性がしぶしぶ検査を受ける、といったようなパターンがほとんどです。それは、男性が気軽に行動に移せる機関が整っていないことも影響していると思います。男性が不妊検査を受ける場所は、多くの場合、パートナーが通う産婦人科なり婦人クリニックなり、女性のための医療機関。女性だらけの待合室で、名前を呼ばれるのを待つのが男性にとって居心地が悪いことは容易に想像がつきます。加えて、そんな空間で男性器官の検査を受けるとなると、腰が引けてしまうのも仕方がありません」

男性の精子の状態がわかれば、カップルに応じた的確なアドバイスが可能に

しかし、全体のおよそ15%のカップルが不妊症に悩み、そのうち、約半分が男性側の問題だと言われている今、辻村先生は「子どもが欲しいと思うカップルは男性側も自分の精子がどういう状態にあるのか知っておくのが望ましい」と指摘します。

dansei_02

「以前は“不妊症の原因は女性にある”という考えが強くありました。しかし、WHO(世界保健機関)によると、不妊症の原因の約半分に男性が関与していることがわかっています。このことから、男性の10~20人に1人に不妊症の原因があると考えられています」

現代は結婚のタイミングが遅く、女性の妊娠・出産年齢が高齢化していることを、男性も女性もきちんと頭の中に入れておかなくてはなりません。政府の女性への不妊補助は42歳までという事実や、35歳を過ぎると女性の妊娠確率は極端に下がるという統計からもわかるとおり、子どもが欲しい場合はなるべく早く的確な妊活を行う必要があるからです。

男性と違い女性は、妊娠・出産に年齢が大きく影響するので、ただ自然妊娠を待っているうちにタイムアウトになってしまうケースも少なくありません。また、いくら妊娠を試みても、男性側の精子に問題があるとしたら、それは時間の無駄になってしまいます。しかし、医師の立場から見れば、男性の精子の状態を把握していれば、そのカップルに応じた的確なアドバイスが可能です。

「精子の数が少ないとわかれば、女性の方がある程度の年齢である場合、子どもを望むなら体外授精を勧めます」と辻村先生。

dansei_03

「極端な話、理論上、精子はたった一つでもあれば妊娠できます。自然妊娠は難しいけれど、体外受精などの生殖技術を用いればという前提ですが。今、27人に一人が体外授精で生まれてきた子どもだといわれる日本では、体外授精はもはや特別なことではありません。子どもを持つことを目的とするのであれば、女性だけでなく、男性もまた自分の生殖能力を正しく把握し、必要に応じて生殖技術を用いることが妊娠のための一番確実な方法です。そして、それは早ければ早いほどいい」

日本人男性の“10~20人に1人”が精子に問題を抱え、“100人に1人”が無精子症だと言われる今、男性の生殖能力について正しく理解することが、子どもを望むカップルにとってどれだけ重要なファクターとなるかがわかります。

ブライダルチェックを受ける男性が8割 子どもを望む男性は、まずは自分をチェック

メンズヘルスクリニック東京の注目すべき点が、不妊治療とともに「ブライダルチェック」を行っていることです。ブライダルチェックとは、女性が結婚前に妊娠・出産に備えて、婦人科器官がきちんと機能しているか検査してもらうのと同じように、男性が結婚前に自身の生殖能力のチェックを行うこと。

男性妊活外来のオープン以来、患者さんの8割が、このブライダルチェックで訪れているといいます。来院するのは、主に30代の結婚を控えた男性が多く、結婚が決まり、一応結婚前に自分の状態を調べておこうと思って来られる方がほとんどだそうです。

「子どもが欲しくてというのはもちろんですが、結婚前に自分の生殖能力の状態を知るという姿勢は、カップルのリレーションシップそのものにも大きく違いがでてくるのではないでしょうか。例えば、結婚してから実は無精子症だったとわかるよりもずっといい。無精子症でも治療によって精子が作れるようになる可能性はありますし、妊娠できる可能性もありますが、それを知っているのと知っていないのではあまりにも大きく違います」

辻村先生の言葉どおり、子どもを欲しいと望むのであれば、女性も男性も自分の生殖能力の状態を知ることはとても重要です。それは、自分のためだけでなく、「パートナーのことをどれだけ思いやれるか?」といった人間性にもつながってくるかもしれません。

ちなみに、無精子症と聞くと、絶望的と思われる女性の方もいるかもしれませんが、そうではありません。無精子症は、精液中に精子が一匹もいない状態ですが、精巣に精子が存在していれば、顕微授精などの不妊治療で受精・妊娠することができます。精液がまったく作られない状態のことは「無精液症」と言います。

≪男性不妊の症例≫

男性不妊の現状

クリックで大きく表示されます

男性の不妊検査では、精液の検査だけでなく、指診や触診によって男性器そのものを調べるので、精巣腫瘍などをはじめとする他の病気のチェックにもなります。不調を訴えない限り、普段なかなか診てもらうチャンスもない器官のチェックも兼ねてと思えば、女性の婦人科検診のような感覚で、女性側から勧めてみるというのもいいのではないでしょうか。最近は、千葉県浦安市の例にはじまり、東京都文京区などでも男性の不妊検査に助成金を出す自治体が増えているので、積極的に活用してみることを検討しましょう。

現在、妊活中で男性の方がまだ検査を受けていないというカップルは、ぜひ女性からパートナーに男性専用のクリニックの存在を教えてあげてください。男性が気軽に不妊について相談できる専門機関の登場は、妊娠を望むすべてのカップルにとって、実に心強い存在ではないでしょうか。

 

dansei_04

【プロフィール】
辻村 晃(つじむら あきら)
順天堂大学医学部 泌尿器科学講座 先任准教授
兵庫医科大学卒業。国立病院機構大阪医療センター勤務後、ニューヨーク大学に留学し細胞生物学臨床研究員を務める。大阪大学医学部泌尿器科准教授などを経て、順天堂大学医学部泌尿器科学講座先任准教授。特に生殖医学、性機能障害の治療に注力し、不妊に悩む数多くの夫婦を助けてきた。

■メンズヘルスクリニック東京
http://www.menshealth-tokyo.com/

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る