【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】子どもの可能性を伸ばすには、「褒める」ことがとても大切です

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
子どもの可能性を伸ばすには、
「褒める」ことがとても大切です

妊娠・出産インフォ

人にはそれぞれ苦手なことがあって当たり前とわかっていても、わが子の苦手を解消してやりたい、もっとできるようにしてやりたいとママ・パパは考えてしまうもの。苦手なことでも努力さえすれば、人より優れた能力が身につくものでしょうか。また得意なことをもっと秀でたものにするためにママ・パパは何をしてあげられるのでしょうか。慶應義塾大学医学部小児科主任教授の高橋孝雄先生に伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

苦手なことでも、努力して今の自分を超えれば貴重な経験に

担当編集I(以下、I):今日はわが子が苦手なことを克服して、得意なことをもっと伸ばすためにママ・パパはどう導いたらいいのかを教えていただきたいと思います。親としては、「苦手」の克服を成功体験として、得意なことももっとできるようになってほしいと願うものですが…。

高橋先生:そうですよね。がんばれば報われる、そのことを幼少時から体験することはとても大切だと思います。ただ、ほとんどの子にとって、苦手なことに一生懸命がんばって取り組んでも、生まれつき得意な子を追い越すことはなかなか難しいものなんですよね。

I:はい。わかりやすいのは脚の速い、遅いですよね。脚の速い子はトレーニングを積まなくてもやっぱり速い。脚の遅い子がどんなに練習しても勝てないということは往々にしてあります。

苦手なことでも、努力して今の自分を超えれば貴重な経験に

高橋先生:得手不得手というものがありますし、それは「個性」とも言える。運動でも種目によって得手不得手はありますよね。例えば、僕は、球技はとっても苦手なんだけど、走ることはそれなりに得意なんです。運動なら何をやらせても上手な子もいるし、逆に運動全般にからっきし苦手な子もいる。でも、運動以外ではその立場が逆転することも多いですよね。

I:大人の世界でも、仕事をしていて「適材適所」という言葉を実感することはよくあります。もちろん仕事ではなにやらせてもすごい人もいます。だけど、プライベートではパッとしないこともあったり(笑)。話は戻りますが、苦手なことでも努力すれば、人ってちゃんと上達するものじゃないですか。子どもには、そういう成功体験でもって、前向きな気持ちになってほしいと思うんですよね。

高橋先生:そこは本当に大事です。どんなに苦手なことでも努力すれば、その子なりにちゃんと上達するんです。運動でも勉強でも、苦手だからと努力しないでいると、できないままで終わってしまいます。結果を伴わない努力は無駄、なんてことはないですよね。別の言い方をすると、無駄になる努力もあっていい、むしろ必要ということになります。

I:そうですよね。努力は報われることもあるし、無駄になることもあるけどそれも大事。そして努力をしたときに、「その子なり」とはいえ「上達する」ということがとても大事なんですよね。

高橋先生:そうです。生まれ持った素質として運動が得意な子、勉強が得意な子、いろんなジャンルにおいて、それぞれ秀でた子どもがいるわけです。だから、努力がそのまま誰にとっても平等に結果に結びつくわけではありません。「その子なり」に伸びるだけであって、得意な子と苦手な子の最終到達点が同じレベルになるわけではない。それは仕方のないことであり「現実」です。

高橋先生:ただその「現実」を前に絶望する必要はありません。努力を重ねることで自分なりにできるようになったという実感、つまり達成感が心の成長に何より大事。それを大切にしてほしいんです。繰り返しになりますが、同じように努力しても“到達できるレベル”には子どもによって差があって当たり前です。だから、お母さん、お父さんは到達点を設定して他の子どもと比較するようなことはしないであげてほしいと思います。

I:他の子どもと比較するような到達点を設定…やってはいけないとは思いつつ、親はつい他の子どもと比較しがちなんですよねぇ。

高橋先生:大切なのは自分なりの目標を決めて、努力した結果を実感できること。仮に(他人に)追いつくことはできなくても、「努力すればできるようになるんだから、がんばろう」と思えるような経験を積み重ねること。そうすれば苦手なことに直面しても決して投げ出さないようになるのでは。

I:他人基準ではなく、自分基準で目標を立てることが大事。そうしたスタンスの子に育つように、親も促してあげなきゃいけないのかもしれませんね。

高橋先生:そのとおりだと思います。誰かと比べるんじゃなくて、今の自分を超えることを目標にするんです。例えば、読み書き障害の子と平均的な子の読み書きテストの点数の年齢ごとの推移をグラフにするとします。どちらも努力に応じて同じ傾きの右肩上がりで上達するんです。

この現象をネガティブに見れば、ふたつのグループの子どもたちの点数はずっと平行線、読み書きが苦手な子はどこまで行っても平均的な子に追いつくことはない。しかし、ポジティブに見るなら、同じだけがんばれば同じだけ報われるということ。大人はそのことを子どもに伝えないといけない。そこを理解できれば、子どもも前向きにがんばることができると思うんです。

得意なことは思い切り褒めて伸ばしましょう

得意なことは思い切り褒めて伸ばしましょう

I:子育てをしていて思うのは、苦手なことがあった場合、それをどれほどがんばらせるべきなのか、ということ。時間は有限なので、苦手なことをさせるより、得意なことをさせた方がいいのではないのかな、とか悩んだりします。

高橋先生:できないことを努力でできるようになることは大切なことだし、積ませておきたい経験ではあるけれど、得意なことをどんどんやらせてみた方がいいかなと思います。何ができないのか、苦手なのかを知ることも意味のあることですが、むしろ、できること、向いていることを子ども自身が見つけていくことの方が大事だと思います。

I:親としては得意なことを見つけてあげて、目の前に提示してあげるのがいいんですかね?

高橋先生:いやぁ、どうでしょうか。できることを見つけるのは子ども自身であるべきだと思います。そもそも親が先回りしてチャンスを与えても、そうそううまくいくとは思えません。

I:子ども自身で得意なことを見つけるべき…そうですよね。親はなにも口出ししないのがよいのでしょうか?

高橋先生:親御さんはお子さんをただただ褒め続ければいいんです。前より上手にできた時や優れていると思えることがあったら、チャンスを逃さずに思い切り褒める。褒められたらやる気が出て、また前向きになる。そうなればどんどん伸びると思うんですね。

そうは言っても、得意なことにも限界があって、伸び悩んだり、また上には上がいることを思い知る時が来るでしょう。それはそれでいいんです。そういう壁にぶち当たって、また成長していくものですから。

I:褒めながらも、壁にぶち当たったときは、ちゃんと寄り添ってあげることが大切ですよね。

高橋先生:そうです。中には、うちの子には得意なことなんてないですよ、勉強も運動もできないんだから褒めるところなんてありゃしない、という親御さんもいるかもしれない。でも、本当にそうでしょうか。じっくりお子さんを見てあげてください。絶対に褒めるところはあります。

たとえば、引っ込み思案のように見えても実はすごく優しくて思いやりがある、とか。それって本当に素晴らしいことで、勉強や運動ができることより、大切な“才能”だと思います。とにかくわが子の褒められるべきところを見つけて、しっかり褒めていただきたいですね。

I:自分のことをママ・パパがちゃんと見て、認めてくれるというのは子どもにとってはすごくうれしいことでしょうね。

高橋先生:褒める時には、お子さんとちゃんと向き合って、心の底から言葉をかけることが大切です。僕の妻は長女に「あなたは自分で決めたら、何でもやりとげるね」って言い続けていました。やりたいことを見つけて、失敗も多かったけれど…いいことも悪いことも(笑)、チャレンジする子でした。

一方、面倒見のいい次女にはいつも「優しいね~、ほんと、優しいね~」と声をかけていました。妻が娘たちに「こうなってほしい」とか、「あれを目指しなさい」とか自分の希望を押し付けているような姿を見たことがありません。娘たちはちゃんとその事を感じ取っていたようで、二人ともそれぞれの結婚披露宴の時にそのエピソードを話してくれました。「ママは私に“自信”をくれました。おかげで好きな道を歩んでいます」ってね。

I:いいお話ですね。奥さまは小さい頃からお嬢さんたちの長所をちゃんと認めていたんですね。

高橋先生:その子が乗っている上昇気流を下から見上げて、「いいね!」「その調子!」って声をかける感じですかね。僕には到底まねのできないことでした(苦笑)。

I:子どもが乗っている上昇気流を見上げる、ですか。子どもをひとりの人間として認めているからこそ、そんな視点が生まれるんでしょうね。

高橋先生:親が上から子どもを見て「もっと上に来られないの?」とか「早くここに来なさい」というスタンスでは、子どもも親も辛くなるのではないでしょうか。もちろんそれで成功される方もいるでしょうが、そうしたやり方で成功を勝ち取れる人がどれくらいいるのか…。親が先回りをして子どもに多くを望みすぎると、子どももそれにどう応えたらいいのかわからなくなって、自分の存在価値を見失い自己肯定感の低い子になってしまうかもしれません。

I:子どもに多くを望むことで、結果として親がわが子の可能性を摘んでしまったら元も子もないですね。

高橋先生:そうなんです。子どもが笑顔で元気でいてくれたら、それだけで素晴らしいことではないですか。僕らは病院で、文字通り命をかけて病気と闘っている子どもたちをたくさん見ています。そういうご家族に接していると、世の中の平均的なお子さんを育てておられる親御さんがとても恵まれているように思えてならないんです。そう、それはとても幸せなことなんです。

そのことに気づいてしまえば、「あの子よりお勉強ができない」「お友達より運動神経が鈍い」なんてこと、どうでもいいと思えるはず。他の子どもと比べて優劣を勝手につけて、モヤモヤするなんてもったいないこと。それよりも、もっと今のわが子を見つめて、たくさん褒めて、認めてあげていただきたいです。

I:考えてみれば、赤ちゃんの頃は、わが子が何かをできるようになると、「上手!」「すごい!」と大騒ぎで喜んで、褒めていたのに、できることが増えてくるほどに親は欲張りになってしまうのかもしれません。子どもに過剰な期待を寄せる自分に気付いたら、成長を素直に喜んでいたあの頃の気持ちを思い出してみようと思います。親としての姿勢を見直す機会になりそうです。ありがとうございました!

妊娠・出産インフォ トップに戻る