【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】集団行動が苦手&人見知りする子の育て方

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
集団行動が苦手&人見知りする子の育て方

妊娠・出産インフォ

ママ・パパとは普通に意思の疎通ができるのに、同年代の友だちと遊びたがらない子、知らない人や慣れない環境が苦手な子。わが子のそんな姿に将来が心配になってしまうママ・パパもいらっしゃるでしょう。ひとり遊びが好きな子、人見知りが激しい子を育てる時に気をつけるべきポイントについて、慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生に伺います。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

極端な人見知りは「個性」? それとも発達障害? その違いとは

極端な人見知りは「個性」? それとも発達障害? その違いとは

担当編集I(以下、I):公園などで小さな子どもたちが遊んでいる様子を見ていると、集団になかなか入っていけない子、いきたがらない子をたまに見かけます。そういう子のママやパパは「うちの子大丈夫かな?」と心配していたりして、そのお気持ちは同世代の子を持つ親としてはすごくわかります。今回は「集団行動がちょっぴり苦手な子の育て方」をテーマにお話をお聞きできればと思います。

高橋先生:最初に打ち明けます。僕自身、他の子どもと遊ぶのが苦手な子だったんですよ。幼い頃に母親とデパートに行った時のことが今でも思い出されます。母は買い物中に子どもを預かるサービスに僕と弟を預けたかったらしいんです。でも、僕はダメでした。そのコーナーには既に知らない子どもたちが何人かいて、その中に入っていくことができませんでした。本当につらい体験でした(苦笑)。弟はあっという間に打ち解けてみんなと遊んでいましたが、結局僕だけ泣きながら母についていったのです。幼いころだけじゃなくて、それなりに大きくなってからもそうでした。友の輪に入って行くのは苦手でしたね。

I:そうだったんですか。こんなに饒舌な先生が人見知りとは。

高橋先生:本質的には変わってないですよ。プライベートでは今でも基本、人見知りです。慣れた相手にはいくらでも話せますが、そうじゃないとあまり積極的には話さないです。ただ、この仕事をしているとそうもいかないですね。やっぱり医者になった時に変わったのかもしれません。医者は対人関係が命。ましてや小児科医は子どもが相手です。そしてお母さん、お父さんは自分と同じ世代。自分と同じような年齢の人たちが病気のわが子にめちゃくちゃ優しく寄り添っている。驚くほど大人っぽく見えました。素直に親ってすごいなと思ったんです。そんな方々からお話しをお聞きし、病気の説明をし、医療行為を行うなかで、僕の心のバリアーが取れていったような気もします。

I:そんなことがあったんですね。そういう意味では、子どもの頃に集団行動が苦手だったり、人見知りであったとしても、そこまで気にすることはないのでしょうか。

高橋先生:どのような場面でどの程度の気がかりがあるかにもよりますが、日常生活に悪影響を及ぼすようになってくると病的なレベルと言えるかもしれません。自閉症とは言えないまでも、その傾向のある場合も含めると、実はそう珍しいことではないんです。お友だちだけでなく対人コミュニケーション全般が非常に不自然な子、特に言葉の発達が遅れている場合とか、日頃の言動に極端な片寄り、つまり強すぎる個性がある場合は、一度、専門医に相談してもいいと思います。

I:自閉傾向がある、もしくは自閉症の疑いがあるという判断基準は、どのあたりを見ればよいのでしょうか。

高橋先生:身近な例としては、親子間のコミュニケーションをチェックすることです。自閉傾向があると親子でも意思の疎通が難しくなるものです。例えば、お母さんの顔色が読めない子の場合、その子の対人コミュニケーションの困難さは、発達障害によるものである可能性があります。お母さんが怒ったり、喜んだり、悲しんだりしていても、それらに無頓着な感じです。逆に、親子のコミュニケーションはちゃんと取れている。でも、新しいお友達となかなか遊びたがらない、引っ込み思案――そういう場合は、「一人が好き」という個性として、それ以上の働きかけは不要かなと思います。保育園、幼稚園に行き始めたころは泣いて嫌がる子でも、しばらくすると馴染んでいきますよね。

I:個性のレベルであれば、気にすることはないということですね。

高橋先生:はい。「それにしても気になるな」と思い悩む親御さんもいらっしゃると思うんです。そういう場合には、ご自身の幼少期がどうだったか一度確認してみてください。人見知りとか引っ込み思案とか、一人で遊ぶのが好きとか、子どもの性格は意外と親に似るものなんです。社会人として成長した後の姿にではなく、幼少期の振る舞いや性格が親子で似ているということですね。たとえば今は明るい性格でコミュニケーション能力も高いお父さんが、小さい頃は一人遊びが好きで、お友だちと遊べないと周りから心配されていた、なんてことはよくあること。僕自身もそうでしたから良く分かります。そうだった場合は「自分に似たんだな」と安心すればいいでしょう。

I:ああ、なるほど。自分に似てほしくない部分が遺伝することも当然あるわけですもんね。

高橋先生:そうです。ところで、人見知りが「よくないこと」かというとそうとも言いきれないのでは。人との“距離感”はそれぞれ違うし、個性が反映されるもの。他の子より距離感がある子は、その子なりの時間を費やし方、距離の詰め方があって、飛び込んでいく前に慎重に時間をかけているだけかもしれません。そして、それは思いやりがあるからこその距離感かもしれない。そうなると、人見知りだって途端に素敵な個性に思えてきますよね。

競争がある遊びの面白さを小さい頃から体験させてあげましょう

競争がある遊びの面白さを小さい頃から体験させてあげましょう

I:友だちと遊ぶことが大切さであるということは、この連載でも何度も高橋先生がご指摘されていることかと思います。お友だちと遊ぶのが苦手なのは個性だとして気にする必要はない、というお言葉はとても安心できるわけですが、一方で友だちと遊ぶことで得られる多くの「学び」が、なかなか得られないのではないか、という心配は相変わらず残るかなと。そのあたりについて、先生のお考えをより深くお聞きできればと思います。

高橋先生:わかりました。仰るように、子どもの社会生活は遊びで成り立っているようなところがあり、あらゆることを遊びから学ぶもの。ですから、一人遊びが好きだってことを否定するわけではないんですが、集団で遊ぶ機会は子どもの成長にとって非常に大切です。これって多くの専門家が指摘していることですよね。ところで、友だちと遊ぶってトラブルがつきものじゃないですか。ちょっとした争いも起こるし、モノの取り合いだってある。面倒なんですよ。そして競争になることもあり、そうなると勝敗もからみますよね。たとえば、みんなと遊ぶことが苦手な理由が、競争があること、優劣がつくこと、負けるかもしれないこと――そういうことが嫌でお友だちと遊ぶことを避けているのであれば、それはちょっと問題かもしれませんね。

I:つまり自分が思い通りにならない状況が嫌で、それを避けているのであれば、そこは注意が必要である。

高橋先生:ええ、特に勝ち負けですね。子どもの頃の遊びって、勝敗があって、それが遊びを楽しくしていることってよくありますよね。だから夢中になれる。ただの引っ込み思案ではなく、勝ち負けに興味がないとか負けるのが嫌といった理由で集団に入りたがらないのであれば、そこは親が積極的に他の子どもたちと遊ばせて、負けて泣いたり、おもちゃを奪われたりする“苦い経験”を積ませてあげたほうがいいだろうと思います。

積極的に他の子どもたちと遊ばせて、負けて泣いたり、おもちゃを奪われたりする“苦い経験”を積ませてあげたほうがいいだろうと思います

I:多少脱線しますが、たとえば運動を伴う遊びの場合、得手不得手がわかれますよね。走るのが得意な子、力が強い子が勝つ遊びに、そうじゃない子は参加したくないと思うのはある意味自然なことなのかなとも思うんです。だって負けることがわかっている遊びにわざわざ参加したくないじゃないですか(笑)。

高橋先生:それは大人でもそうですよね。でも子どもの頃の遊びにおける勝ち負けの経験は、集団で遊ぶ楽しさにつながるものです。特に小さい頃から「負け」を経験していることは、とてもいいことだと思いますね。やる前から勝負を避けるのではなく、まず負けを知ること。そうすれば、負けるのはなにも特別なことではなくて、それで何かを失うわけでもないということを実感できるようになるでしょう。

I:この社会は勝負の連続ですから、子どものうちに遊びの中で負ける経験を積んでおくのは大切かもしれませんね。

高橋先生:ええ、そう思いますね。 “上手に負ける”を学ぶことは大事なことです。悔しいと思うから、どうにかして勝ちたいと子どもなりに考えて努力するんじゃないかな。ただし、負け続けて、それが当たり前になって、悔しいとも思わなくなるのは行きすぎです。ですから負けた時に親がどう対応するかがポイントです。遊びでもなんでも、わが子が負けてしょんぼりしていたら、そんな時こそ共感してあげてください。「くやしいね」「でも、よく頑張ったね」、なんでもいいです。負けや失敗をいい経験にするのは、ママ・パパのタイミングを逃さない一言です。それは子育てに必要な「技」ですね。

I:スポーツの世界なんかでは、褒めて伸ばすタイプと叱咤激励しながら育てた方がいいタイプと、どちらもあるみたいなことが言われますよね。子育ての場合は基本、褒めた方がいいですか?

高橋先生:褒める言葉でも叱咤激励の言葉でも、ともに子どもに対する共感の表れであってほしいものです。お子さんの性格にもよりますが、感覚的には、奮い立たせるような厳しい言葉を1回かけたいなら、5〜10回ぐらいは褒めてあげるのがいいのではないでしょうか。またママとパパで役割分担をして、2種類の言葉がけをバランスよく使い分けてもいいかもしれませんね。ママは「勇気を出して仲間に入れてもらいなさいよ、迷惑かけてもいいじゃない」、一方パパは「今のままでもいいと思うよ、お友だちを大事にして偉いね」なんて感じでね。

I:お友だちとのコミュニケーションが苦手、集団で遊べない…それがただの個性によるものなのかそうでないかは、普段の親との関わりあいでわかること。また、個性のレベルであれば、いずれ「社会」に馴染むにしたがって直ること。一方で、お友だちとの遊びには学ぶことが多くあり、そこで「負け」を知ることがとても大事なこと――今回もいろいろなことを教えていただきました。ありがとうございます!

 

※           ※           ※

わが子が楽しそうにしているのを見るだけでハッピーな気持ちになるし、しょんぼりしていたり、ひとりぼっちで遊んでいると自分たちまで悲しくなってしまうママ・パパ。友だちと遊びたがらなくても、人見知りがひどくても、共感しながら忍耐強く見守る姿勢も子育てには必要なようです。その姿勢が、ここぞという時の素早いサポートにつながるのでしょう。ママ・パパも子どもの成長とともに、親として成長していくということですね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る