連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 幼児期には積極的に「素手」を使わせましょう そうすすめられる理由とは?

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
幼児期には積極的に「素手」を使わせましょう
そうすすめられる理由とは?

妊娠・出産インフォ

古代ギリシャの哲学者アリストテレスは「人は賢きものゆえに手を有す」という言葉を残しています。また「手は外にあらわれた脳髄である」と言ったのは、ドイツ人で近代哲学の祖と呼ばれるカント。偉大な哲学者たちの言葉は、「手」の存在意義をもっと深いところから見つめているようです。幼児教育の世界でも手を使うことの重要性は注目されていて、手の動きをうながす遊びが盛んに取り入れられています。「高橋たかお先生のなんでも相談室」、今回のテーマは《手の働きと子どもの成長・発達》です。

 

手は「出力」と「入力」、どちらにとっても“要”です

手は「出力」と「入力」、どちらにとっても“要”です

担当編集I(以下、I):幼児教育から認知症予防まで、手を使うことがよいとされていますよね。そこで今回は、成長・発達段階の小さな子どもにとって、なぜ手を使うことがよいとされているのか、その重要性について教えていただきたいと思います。

高橋先生:手の働きが子どもの発達にどう結びついているのかという質問ですね。それでは人のからだの機能には「出力系」と「入力系」のふたつがあるというお話しからはじめましょう。まず出力系というのは、座る、歩く、呼吸する、しゃべるといった動き、行為などです。子どもが育つとともに、歩いたりしゃべったりできるようになりますが、それらはいずれも出力系の発達ということになります。手が行う“出力”としては、乳児期では、もの掴んだり(生後6か月ころ)、つまんだりすること(生後12か月ころ)が大事なポイントです。

I :なんらかのアクションを取ることが出力系ということですね。では入力系とは?

高橋先生:環境から必要な情報を取り込んでいくことです。手、特に指先の触覚は特に敏感です。あるものに触れることによって、それがどのような特性(固さ、温度、表面の様子など)を持っているかを瞬時に感じ取ることができます。指先の触覚を介して正しい情報が入力されて初めて、それをつかんだり、折りたたんだりという動作を正しく行うこと、つまり適切な出力が可能になるのです。成長とともに経験を積んでいくと、デリケートで壊れやすいものであればそっとつまんでみるなど、無意識のうちに出力を適切に調整できるようになっていくんです。皆さんがふだん何気なく使っている手というものは、入力系と出力系の両方の機能が集中したすごい器官なんですよ。

I :手が情報を取り込むための機能を持ってることなんて、普段意識することはないですけど、言われてみれば手を使って様々なことを感じ取ってますね。手によっていろいろな情報の入力ができているから、正しい出力の仕方を判断・選択できると。

高橋先生:そう、手の入力機能はすごいんですよ。僕は以前、小指の骨を折ったことがあるのですが、その時、どうにも肩が凝って仕方なかったんです。整形外科の先生に相談したら、「人間はモノを持った時に、小指でその重さや表面の滑り具合を感知して無意識に握る力を調整しているんです。だから、小指が使えないと余計な力が入ってしまって肩が凝るんですよ」と教えてくれました。小指というセンサーが“壊れた”ことで、出力系にも影響して肩が凝ってしまったというわけですね。

I : それは興味深いお話ですね。入力がうまく機能していないと、出力がぎこちなくなるということですね。

高橋先生:そういうことです。手に限らず入力系は出力系以上に重要だと思います。最近子どもの教育現場で良く聞かれるようになった考える力=非認知的能力も、入力系を研ぎ澄ますことで育つのではないでしょうか。親は子どもの能力を、走るのが速いとか、3+3=6が分かるとか、目に見える結果(=出力)で評価しがちだけれど、本当に大切なのは、良いことも悪いことも含めていろんな情報を取り入れて、それらを評価し、判断したりしながら「これにしよう」と選ぶ力を持つこと。そのためには入力系(センサー)の敏感さが大事になってくるんですね。ですから、子育てでも大切にしたいのは、入力系を発達させることではないでしょうか。

指先を使うと頭がよくなるということはありません

指先を使うと頭がよくなるということはありません

高橋先生:赤ちゃんは生後6か月すぎぐらいから、自然にいろいろなものに手を伸ばすようになります。例えば、健診にそれぐらいの月齢の赤ちゃんを連れてきたお母さんに「電車で隣の人に手をのばして、触ろうとしますか?」と聞くとほぼもれなく「ハイ!」という返事が返ってきます。おすわりができるようになって両手を自由に動かせるようになる時期には、目に入ったものすべてに手を伸ばし始めますよね。それは手を使って、いろんなモノを触ってみることで情報を得ている、つまり入力系を鍛えているんだと思います。

I:今のお話で思い出しましたが、うちの子どもたちもまだハイハイの時期に、砂とか芝生の上に座らせると、恐る恐る地面を触って泣いていたんですよね。しばらくすると落ち着いてハイハイを始めるんですけど、ふたりとも全く同じ反応でした。泣きながら砂や芝生を触っていたのは、はじめて触るものの感触を確かめていたんですね。

高橋先生:おそらくそうでしょうね。手でものを触ったり、握ったりすることで、その手触りなど、あらゆる属性を感じ取りながら、危険ではない、触ってもいい、という判断をするところから始まるんでしょう。ところで、目から入る入力(視覚情報)も大変重要で、それをガイドとして手を正しく対象物に伸ばしていくことができるのです。視覚と手というのは常に連動しているわけで、それを表す英語の慣用句として、「hand-eye coordination」という言葉があるんですよ。

I:手を使うことが大切か、というお話をお聞きする上で、いかに指を動かすか、器用に動かすことができるか、という出力系ばかりをイメージしていましたけど、触覚の機能がそこまで大事だとは思ってなかったです。

高橋先生:出力、入力、どちらも大事です。特に最初の12か月ですね。先ほどお話ししたように、個人差はありますが、生後6か月くらいから「わしづかみ」ができるようになり、生後12か月くらいで指先を使って「つまむ」という動作ができるようになります。この約半年の間に入力系と出力系がバランスを取りながら発達していきます。人間の手は放っておいても自然と発達する力を持っているのですから、こういうものを握らせるといいとか、いろいろな触感を経験させなくてはならないとか、そんな難しいことを考える必要はありません。やけどなどの事故がおきないように、ただ見守ればいいのです。時々、「指先を起用に使う運動をさせると頭が良くなる」という説を聞くことがありますが、医学的な根拠はありません。

“つかみ食べ”は自由にやらせてください

“つかみ食べ”は自由にやらせてください

高橋先生:1歳ぐらいで指が細かく動くようになったら楽しくてしょうがない。それまでは見えてはいても上手につまめなかった小さなお菓子とか、ゴミのようなものまで、飽きずにつまみあげては微笑んでいますよね。日常で出くわすあらゆる物について正しく情報を得るためには、表面の質感や手触りが非常に重要な要素です。手のひらや指先でいろいろな物の感触を確かめることによって、それがどんなもので、どう扱えばいいか判断できるようになるんです。だから、つかみ食べをさせなくてはいけない。食べ物をつかんで、口に持っていく。これは非常に大切な経験です。

I:手を使って食べるという行為のなかに、さまざまな「学び」があるのですね。話は変わりますが、デジタルデバイスは手を使って操作をしますけど、出入力という意味では実体験とはまったく違ったものになりますよね?

高橋先生:おっしゃる通りですね。スマートフォンとかタブレットを介した経験って、画面の中の出来事であり、実際に何かが起こるわけではありません。指をスライドさせただけでモノが飛んだり、人が動くなんてことは実際の生活ではありえないことです。リアルな体験をたくさん積まなければならない乳幼児期に、デジタル機器を使ってバーチャル体験をさせてしまうのは考えものです。

I:そうですよね…。

高橋先生:あまりにスマホばかりを触らせていると、目と手の大事なコーディネーションが破綻して、例えば自分とペットボトルの距離感とか、それを握る時の感覚とかに統一性を持てなくなる可能性もあるのではないでしょうか。子どもが盛んに手や指を使い、触覚から得られる情報によって発達が促される乳幼児期には、なにげない日常生活のなかの普通の体験がとても大切なのだ、ということを覚えておいていただきたいと思います。

I:わかりました! スマホはほどほどに、ですね。そしてとにかく、手を使わせること。特別なことをさせる必要はないけど、日常生活の中で自然に、手を使って様々なことをさせてみることが大事だということがわかりました。本日も大変参考になるお話、ありがとうございました!

 

※           ※           ※

遊びや日常生活で、手を使うことで子どもは発達していきます。新型コロナウィルス感染の影響で自宅にいる時間が長いかも知れませんが、家族で折り紙をしたり、積み木をしたり、粘土をこねてみたり……手を使った遊びで楽しいひとときをすごしてみてはいかがでしょうか。

 

●あわせておすすめ

小児科医・高橋孝雄が子育てママに伝えたい 「大丈夫なものは大丈夫」というシンプルなメッセージ

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る