【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】乳児期〜幼児期の子育て ママ・パパが知っておきたい「基本姿勢」

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
乳児期〜幼児期の子育て 
ママ・パパが知っておきたい「基本姿勢」

妊娠・出産インフォ

ついこの前までコロコロとよく笑う赤ちゃんだったのに、歩き始めたと思ったら、何でも思い通りにやりたがって「イヤ!」を連発するようになったわが子。「うちの子も魔の2歳児に?!うまく乗り越えられるかな?」と新米ママ・パパは心配になってしまいますね。

親子関係の基礎が作られる乳児期から、自己主張が始まるイヤイヤ期を経て、自律性や社会性を身につけていく子どもたち。慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生にその成長とママ・パパが知っておきたいことを伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

愛着形成の土台をつくる乳児期の“抱っこ”

担当編集I(以下、I):今回は赤ちゃんから小学生になるまでの子育ての「基本」をテーマにお話をお伺いできればと思っています。自我が芽生えて、イヤイヤ期を経て、自律性、社会性を身につける子どもたちに、ママやパパはどう向き合えばいいのか、というところがメインの相談になります。

高橋先生:わかりました。まず生後12か月ごろまでの乳児期は「愛着形成期」と呼ばれています。心理学では赤ちゃんが特定の人との密接な関係を求める気持ちを愛着(アタッチメント)と呼んでいて、愛着が作られると愛情や信頼感が育まれ、自己肯定感にもつながるとされています。つまり乳児期の愛着形成は、親の愛情を実感して信頼関係を築いていくために非常に重要。ママ・パパの姿を探したり、後追いをしたりするのは愛着のあらわれです。

I:愛着があるから、ママ・パパが好きとか、そばにいたいという気持ちが起きるということですね。ちなみに赤ちゃんの愛着を育てるにはどうしたらいいのでしょうか?

高橋先生:簡単なことです。ママ・パパはたくさん抱きしめて、抱っこしてあげればいいんです。赤ちゃんは親のぬくもりを感じることで、愛情を感じ、絆を育んでいきます。最近よく行われているカンガルーケアがいい例です。生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんが抱っこすることで、皮膚と皮膚を合わせてお互いのからだのぬくもりを感じることで、赤ちゃんは自分を守ってくれるお母さんの存在を実感するし、お母さんは赤ちゃんへの愛情が湧いてくる、というわけです。

I:出産はママにとって命をかけた“大仕事”ですが、赤ちゃんだってそれは同じ。生まれる時には大変な思いをしているでしょうから、ママの腕に抱かれるとホッとする、それは想像できます。

乳児期〜幼児期の子育て ママ・パパが知っておきたい「基本姿勢」

高橋先生:出産直後だけでなく抱っこは赤ちゃんにとって大変重要です。赤ちゃんの頃に抱っこなどを通じて十分な愛着形成ができていないことが、小児期の拒食症など精神的な問題の原因になることがあると言われています。慶應義塾大学病院で小児精神医学を研究していた渡辺久子先生の著作に『抱きしめてあげて』(太陽出版)という本があるんですが、その中にはお母さん・お父さんに抱っこしてもらって「大丈夫だよ」と声がけしてもらうことで回復に向かった小学校高学年のお子さんのことも紹介されています。

I:大きくなったあとでも親の抱っこで精神的な問題が解消するんですか? それはすごいですね。

高橋先生:僕も小学生のときに喘息発作を起こし、そんな僕を近くの病院までおんぶして連れて行ってくれた母の首筋の暖かさは、50年以上経った今でもはっきりと覚えています。親と赤ちゃんが皮膚を密接すれば体温や鼓動が伝わるし、そのまま赤ちゃんに話しかければ、赤ちゃんは親のからだの細かな振動を感じるはずです。愛着形成のためには、心が寄り添う経験はどれも大切ですが、もっとも原始的な行為、抱っこでからだが触れ合うことは非常に重要だと思います。おんぶでも抱っこでもどちらでもいいんです。

I:親のあたたかさを感じて安心できることを肌感覚として知るということですね。

I:愛着形成は赤ちゃんの行動や性格にも影響しそうですね。乳児期のスキンシップがいかに大切かが分かるお話でした。

イヤイヤはママ・パパへの信頼の証。おおらかな気持ちで見守りましょう

イヤイヤはママ・パパへの信頼の証。おおらかな気持ちで見守りましょう

高橋先生:乳児期が終わると、幼児期がやってきます。1 歳から就学前、つまり 5~6 歳頃までを指します。まずは3歳くらいまでの幼児期前期から説明しましょう。

ひとりで歩けるようになったばかりの子どもによくあることですが、トコトコ歩いたと思ったら、すぐに「抱っこ」と戻ってくることありませんか?

あれは疲れたわけじゃないんです。ひとりで歩けることを自覚して、自立しようとする自分の気配を感じている。そこでまた、くるっとお母さん・お父さんの方に向き直って抱っこをねだり、抱きあげたと思ったら、また「降りる」と言う。あれは子どもの成長を象徴するいい場面ですね。

I:「抱っこ」、「降りる」を繰り返すわが子を「ちょっと面倒だな」と思ったこともありましたが、ひとり立ちする前の心の葛藤だったとは…。

高橋先生:生後6か月から12か月ぐらいの月齢では、ほとんどの子が人見知りをするでしょう。それは脳の奥で記憶や感情をコントロールする扁桃核(へんとうかく)という部位が発達するからです。人見知りが終わる幼児期前期になると、自分でできることが増えてきます。その頃には判断力も育ってきます。その後、イヤイヤ期が始まるんです。

I:運動機能と認知機能がそれぞれ発達してきた結果、イヤイヤ期が始まるということですか?

高橋先生:そうです。自己主張ができるようになった証(あかし)ですね。自分の意志を持ってワガママを言えるのは、ちゃんと成長しているからです。何に対しても無関心で、どっちでもいいって感じの子よりも、この時期にはワガママを言える方が安心です。

イヤイヤは成長の証

I: イヤイヤは成長の証…それを頭ではわかっても、親としては度がすぎると、イライラしてしまいますよね。イライラするだけじゃなく、心配事も増える。何でも自分でやりたがるし、どこにでも勝手に行ってしまう。うちの5歳の娘も、2歳半になった息子も、当時は目が離せなくて大変でしたよ。

高橋先生:それもわかります(笑)。でも、イヤイヤがひどくても、それは健やかな成長の結果なんだと実感していただきたいです。成長とともに「自分で歩ける」、「自分で言葉を発することができる」、「自分で行動できる」、「自分には自分の意見というものがある」と気付いた時に、生まれてからずっと親に守られながら愛着を形成してきたからこそ、安心してイヤイヤ行動が取れるんだと思ってみてはいかがでしょうか。

乳児期の人見知りは本能的な行動ですが、幼児期前期に前頭葉が急速に発達し、思考力や判断力、行動を制御する能力が身についてくると、自分というものを意識するようになり、自己主張に目覚め、意思決定力が発揮されるようになるんです。ただ表現が未熟なので、まずは「イヤ!」から始まるわけです。

I:うまく伝えられなくて「イヤ!」と言うんですね。

高橋先生:はい。「イヤ!」は自分で考えて行動するための訓練です。「危ないわよ!」と言われたのに、はしゃいで走り回っていたら椅子にぶつかったとか。やってみて覚えていくわけです。ですから、やりたがることは思う存分やらせたらいい。成長するために試行錯誤し、学習していると考えれば、子どもの「イヤ!」もかわいく見えてきませんか?

I:かわいく見えるうちはいいんですけどね(苦笑)。親の基本姿勢としては、イヤイヤがひどくても、子どもを「自由」にさせたほうがいいんでしょうか?

高橋先生:怪我しない・させない、人に迷惑をかけないという範囲で、やらせてみるといいでしょう。その中で転んだら痛いし、汚れた手ではご飯は食べられないという経験を積む。そこで子どもが自分の行動を修正し、コントロールできるようになっていければいいんです。

I:親が教えるのではなくて、子どもが自分で習得するのを待つということですね。

高橋先生:そういうことです。僕らの日常って、大人になっても失敗だらけじゃないですか。幼い時から、小さい失敗を積み重ねていれば、大きな失敗にも耐えられる人間になると思います。親が先回りして口出しすると、子どもは失敗から学ぶチャンスを失います。また、親の先回りにも限界があって、いつまでも守ってやれるわけではありませんよね。いずれは失敗する日が来るでしょうが、後になればなるほど、失敗が及ぼす影響は大きくなるものです。年齢にふさわしい、ちょうどいい塩梅(あんばい)の失敗を積み重ねながら、子どもは成長していくものです。

I:イヤイヤ期は子どもにとって自立への助走期間。そこで「イヤ!」と自己主張して、失敗を重ねることで成長していく。ママ・パパは我慢が必要ですが、できるだけ口出しをしないで、おおらかな気持ちで見守ってやるべきなのですね。

小さな失敗は成長のチャンス。大人の“口出し”は控えましょう

小さな失敗は成長のチャンス。大人の“口出し”は控えましょう

高橋先生:3歳〜5歳の幼児期後期には、友だちと盛んに遊ぶようになり、その中で社会性が育っていきます。ルールや順番を守って友だちと遊び、その過程で人間関係を楽しめるようになっていくんです。この時期でも失敗は貴重な経験です。いろいろな環境や人間関係の中で、失敗から学ぶことはたくさんあります。

I:親はここでも口出しはしないと。

高橋先生:友だちとの多少のいざこざは、放っておいてもいいんじゃないですか。さっきケンカしたと思ったのにすぐに仲直りするし、たとえケンカ別れしても、翌日にはまた遊んでいるのが子どもです。親が口を出して、親同士のいがみ合いが始まると大ごとになりかねませんから。

I:最近は子どもがやったことは親の責任という風潮も一部でありますよね。だからつい、トラブルにならないように、先回りしてしまう親御さんも多いのかなぁと…あくまで個人的な感覚ですけど、そう思っています。

高橋先生:親の責任は子どもの責任を負うことではないのでは。親として責任を果たすべきことは他にあるんじゃないですか。親が口を出すより、子どもたちに任せて、子ども同士で解決させたほうが学ぶことは多いはずです。

I:子どもたちで解決できるのか、ちょっと不安ですが、今度やらせてみようかな。相手の親御さんが理解してくれるといいんですが。まぁ、そのあたりは親同士のコミュニケーションの問題ですものね。

高橋先生:そう思います。そうやって失敗やいざこざを経験しながら、少しずつ社会性を身につけた子どもたちは、6歳になると小学校に入学します。そこからは「児童」と呼ばれる時期ですね。

僕は小学校の6年間って、社会人になるための練習の場だと思います。時間割があって、座って人の話を聞いて、上級生は下級生のお世話をして、掃除当番がある。教室だけではなくて、体育館や保健室という場所もあるし、校長先生や教頭先生という地位の高い人もいるらしい。そんな環境の中で年齢差が倍ほどもある子どもたちがひとつの社会を形成している。まさに社会の縮図です。

高橋先生:ですから、いじめや嘘、内緒話など、大人がやっている悪いことは子どもたちも全部やりますよ。そうやって失敗を重ねて、また学んでいくんです。小学校の頃に、寂しかった、痛かった、悔しかったなんて思い出は誰にでもあるでしょう。いろんな経験をして、失敗することで、子どもたちは社会で生きていくために大切なことを学ぶんです。子育てのコツがあるとしたら、できるだけ多くの、小さな失敗のチャンスを与えてあげることなのかもしれませんよ。

I:子どもが自らの意思でチャレンジしている時、親は先回りしてそれを解決してやるのではなく、辛抱強く見守ることですね。わが子を困難に負けない人に育てるために、先生が教えてくださったことを心がけていきたいと思います。今回もありがとうございました!

妊娠・出産インフォ トップに戻る