高橋孝雄先生のなんでも相談室「子どもとの距離感」

高橋孝雄先生のなんでも相談室
「子どもとの距離感」

妊娠・出産インフォ

生まれた時は何もできなかった赤ちゃんでも、幼児期になると言葉を覚え、社会性を身につけて、ひとりの人間として成長していきます。親離れが加速していくわが子の行動に、ママ・パパは戸惑うこともあるでしょう。

今回のテーマは、まだ先のことだけれど、考えておきたい「わが子との距離感」について。慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生に伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

「ママ・パパには内緒」は成長の証です。

「ママ・パパには内緒」は成長の証です。

――赤ちゃんから幼児期ぐらいまでは、ママ・パパはわが子のことなら何でも知っているし、分かっているつもりでいますよね。ところが成長するにつれて、そうでもなくなってくるようで…。ある知り合いの方からの相談です。

「小学3年生になった子どもの行動に戸惑うことが多くなりました。例えば、以前はどんな事でも話してくれたのに、最近隠し事をするようになったようです。先日も学校で友達とケンカをしたのに、家では何も話してくれなくて、いきなり学校から連絡が来て本当にびっくりしました。子どもの成長は嬉しいけれど、こういう時にどう向き合えばいいかわからず、悩んでいます」

高橋先生:隠し事って言うと悪いことのように感じられるかも知れませんが、言い方を変えると秘密、つまり“内緒の話”です。子どもは秘密が大好きですよね。自分の子どもの頃の思い返してみたら、誰でも「お母さん、お父さんには内緒だけど…」という、ささやかな楽しみのひとつやふたつはあったのではないでしょうか。

親に秘密を持つのは、子どもにとってある意味では喜びだし、成長のためにとても貴重な経験です。まったく悪いことではない。そして、親には言えなくても友だちには言えるようなことであれば、なおいいですね。あるいは、兄弟同士では言えるけど、お母さんには内緒ね…とか。

――子どものことはすべてを知っておきたいと思う反面、自分が子どもの頃、親にすべてを知ってほしかったかというと、そうでもなかったりしますからね。知られるとがっかりするんだろうな、と思うことは積極的に隠していたような気もします(笑)。

高橋先生:そうそう、内緒にしておくって、場合によっては思いやりの表れでもあった。あえて言わないでおいてあげよう、内緒にしておいてあげる、という意味合いもありますよね。要するに内緒って別に悪いことじゃない。あっていいことなんです。

思春期になれば、子どもは秘密だらけですよ。友だちには話せなくても兄弟姉妹には話しているかもしれないし、お母さんになら言えるけれど「お父さんには内緒」なんていうこともあるでしょう。

――たしかにそれはそうですよね。ただ、これもずっと先のことかもしれないですが、学校などでは「いじめ」もあると思うんです。加害者になるか被害者になるか、傍観者になるか、はたまた幸運にもそうしたことと無関係でいられるかはわかりませんが、人生のどこかで「いじめ」のある環境に身を置くことになるのだろうなと。

高橋先生:はい。

――仮にわが子がいじめられる立場になったとき、親の気持ちを思って「内緒にしておこう」「言わないでおこう」って思わないでほしいんですよね。ちゃんと頼ってほしいというか、まずは話してほしいと思っていて。それは子どもの頃から「なんでも話す子」の方がいいのかなと思ったり。

高橋先生:なるほど。繰り返しになりますが、秘密は悪いことではないし、隠し事がいくつかあっても、それで親子の信頼関係がないとか、薄いとかということではないと思うんです。ただ、今のお話でいうと、やはり本当に辛くなったり、ここぞという時には「この人に頼る」という相手がいることがとても大事ですよね。

―――それが親であっても兄弟であっても、友だちであってもですね。

高橋先生:ええ。相談できる相手がいるかどうかが、その子の人生を大きく変えることになると思います。自殺を考えるくらい苦しんでいる子は、親にも思いを打ち明けられない、そして友だちにも兄弟にも相談できない、ましてや学校の先生には言えないという状況に陥っていることがほとんどでしょう。誰にも話せていないんだから、学校でいじめアンケートをしてもわかるわけがないんです。

――そうですよね。そういうときに、親はどうしたら子どもを守れるものなのでしょうか?

高橋先生:幼い頃からの親子関係が重要だと思います。小さい時から親子の愛着形成ができていて、イヤイヤ期にも愛情をしっかりと伝えておく。同時に友だちとの関わりから、親と友だちの違いを学ぶことも大切でしょう。親の愛情をしっかり感じつつ、だからといって愛に縛られるのではない。親のことを見て、親のことを知る。友だちと深く付き合い、楽しいこと、嫌なことなど、たくさん学ぶ。そして最後に頼りになるのは、やっぱり母であり父なんだ、と自然と分かってくるものだと思います。

異性の子どもが離れていくのは生物学的にごく自然な現象です

異性の子どもが離れていくのは生物学的にごく自然な現象です

――最後に頼りになるのは親。もちろんこうありたいですが、そうなるためにはどういう子育てをすればいいのでしょうか?

高橋先生:子どもに信じてもらうためには、たとえば秘密を持っていそうだなと思っても根掘り葉掘り聞かないことです。些細な隠し事はあって当たり前です。見過ごしてあげましょう。

――最後に相談できる相手として信用してもらうためには、常に知ろうとしない、すべてを把握しようとしない、適度な距離を保つことが大切ということですか。

高橋先生:そう思います。そして最後の相談相手は、女の子なら母親、男の子なら父親という具合に、同性の親の方が望ましい。もちろんシングルの場合はそういうわけにはいかないですし、同性でなければ最後の相談相手になりえないということではありませんよ。

――それはそうですよね。一方で、異性の親子関係についてもう少しお聞かください。異性の子は、成長するにつれて離れていくように感じる方も多いと聞きます。小さい頃は何につけても一心同体だった息子が思春期になって、すっと離れていくように感じる。または可愛い娘に嫌われたと嘆くお父さんの声もよく聞きます。まぁ、仕方ないことなのだろうと思いつつ、できることならずっと仲良しでいたいなと思うわけです(苦笑)。

高橋先生:お気持ちはわかります。ただし、生物学的には、人間の遺伝子は種を増やし、子孫を繁栄させるようにプログラミングされています。思春期に入った子どもと異性の親の関係は、精神的に受け入れられないものとして拒絶するように設計されているんです。近親相関を避ける自然の摂理と考えればピンと来るかもしれません。つまり成長した子どもに異性の親は関わらない方がいいということです。

――う〜ん、そうなんですか…。

高橋先生:思春期の入り口に差し掛かると、娘はお父さんに、息子はお母さんに「嫌い」、「うざい」なんて言うようになったりするんですが、そんな時は「わが子はちゃんと成長しているな」と受け止めるようにしましょう。

――えーっ、そんなことまで受け止めないといけないんですか(涙)。

高橋先生:次に心が解け合うのは、結婚する時かなぁ。すなわち誰かに持っていかれた時(笑)。

いずれにせよ、思春期に起こる異性の親子の断絶は、赤ちゃんのイヤイヤ期みたいなもので、来るべくして来るものなんです。もし本当に幸せになってもらいたいなら、しばらく子どものことは忘れて、その分パートナーを大切にしたらいいじゃないですか。

――本当に先生はいつも正論を言いますね(苦笑)。一応、食い下がりますが、最近はお母さんと男の子が一緒にショッピングを楽しんだり、お父さんと娘のツーショットをSNSにあげたりするなど、ちょっと状況が変わってきていませんか?

高橋先生:たしかにそれはそうですね。ただし、それって生物学的には不自然な行動です。成長した娘がお父さんを、息子がお母さんのことが大好きで、これ以上の異性はいないと思ってしまうのは、困ったことではないでしょうか。そうした親子関係の方が増えているのは、いろんな要因が考えられますが、異性の子どもとの関係は一度断絶するくらいの覚悟があってもいいのでは。

――じゃ、親は子どもが離れていくのを見守っていればいいと?

高橋先生:そういう時期が来たら、異性の子どもはしばらく見捨ててもいいかもしれませんよ。一方でお父さんと息子、お母さんと娘は親密になれるといいですね。親がどんな生き方をしているかということを子どもはちゃんと見ています。

つまり、お父さん・お母さんは子どもにとって一番身近なロールモデルです。同性の親を見て「あんなふうになりたいな」と感じるからこそ、大人になりたいと思い、成長するんですね。その逆の場合には、成熟した大人になることへの拒否感から、拒食症などの問題が起きる場合もあります。助けが必要な時にはちゃんと手の届く場所にいるけれど、いつもは見て見ぬふりができる。子どもが思春期を迎える頃は、そんな距離感がいいのかもしれませんね。

――今は夢中で子育てをしている日々ですが、その先にやってくる思春期のことも考えながら、わが子と向き合っていきたいと思います。今日もいいお話をありがとうございました。

 

※        ※        ※

かわいい赤ちゃんもいつか思春期を迎え、親離れをしていきます。ある日突然、子どもから「嫌い」、「うざい」と言われることがあっても、慌てず、騒がず「いい感じで成長してるな」と余裕をもって見守ることが大切なのですね。そんな余裕を持てるようになりたい、という自分への思いを込めて。

妊娠・出産インフォ トップに戻る