目が悪くなる、だけではない! 乳幼児のスマホ利用には十分な注意を

目が悪くなる、だけではない!
乳幼児のスマホ利用には十分な注意を

妊娠・出産インフォ

街角で、レストランで、小さな子どもたちがスマホをのぞきこんでいる光景は珍しいものではなくなりました。大人たちが気にするブルーライトの害が気になっているママ・パパでも「すごく好きだし、おとなしく見ているから」と与えてしまうことも多いようです。

たしかにスマホの中には子どもたちの興味を引く動画コンテンツやゲームがいっぱいです。でも夢中になってじっとスマホ画面を見つめる小さな瞳の奥では、どんなことが起きているのでしょう。今回は子どもの目の発達とスマホが与える影響について、小児眼科を専門とする平和眼科院長の富田香先生に伺いました。

 

生まれてから小学校に上がるまでは、目の発達に最も大事な時期です

1

子育ての必須アイテムになりつつあるスマホ。大人にせよ、子どもにせよ、スマホの利用頻度が高くなると目が疲れるのは言うまでもありません。ただ、視力が発達していない乳幼児にとっては、「目の疲れ」以外にも注意すべきことがあるようです。

眼科として多くの子どもの目を診てきた富田香先生はこう語ります。

「まずママやパパに是非覚えていただきたいのは、生まれてから小学校に上がる前までの乳幼児期が子どもの目の発達にとってとても大事な時期ということ。この時期に、強い『遠視』や『乱視』、『近視』があったり、目の位置がずれていたりする『斜視』になっていると、視力の発達が起こらず、『弱視』となってしまいます」(富田先生)

生まれた時には未完成な状態だった視覚の神経系はモノを見て刺激を受けることで発達します。なお生まれたての赤ちゃんの視力は明るい暗いがわかる程度ですが、毎日の見る活動を通じて2歳で視力0.5前後に発達し5歳で8割の子どもが視力1.0に達していきます。先生が指摘されたように、この時期は目の発達にとってともて“大切な期間”なのです。

一方、子どもの目が正常に発達しているかどうかを判断する難しさもあるそう。

「片目の視力がよい時や、3歳で0.2ぐらいの視力があると、子どもの視力が悪いことに周囲の大人が気づくことは難しいです。なので、3歳児眼科健診で片目ずつ視力を測定して、両眼ともに視力が順調に育っていることを確かめてほしいと思います。その時期ならたとえ『弱視』が見つかっても、ほとんどの場合、治すことができますからね」(富田先生)

最近では子どもの遠視、近視、乱視を測定し、眼球の位置を確かめる機器が乳幼児健診で使われることもあるそうです。小児科で目の精密検査を勧められたら、できるだけ早く眼科を受診した方がよさそうです。

外遊びが目の発達にいい理由とは

2

子どもの目の発達をうながすために一番大切なこと――それは「外で遊ぶこと」

その理由について富田先生はこう解説します。

「6歳ぐらいまでは視力だけでなく、近くのものや遠くのものにピントを合わせることや見たいものへ視線を向ける眼球運動の能力も育ちます。広い場所でからだを動かして遊ぶ時には、遠くを見たり、近くを見たりするし、からだの動きに合わせて目を使いますから、自然とピント合わせや眼球運動が発達するのです。一方、スマホを見ている時は、からだは全く動かず、眼球運動も狭い画面の範囲だけですよね。赤ちゃんの頃からスマホばかり見ていてはピント合わせや眼球運動の発達が悪くなってしまう可能性は否定できないと思います」(富田先生)

ピント合わせや眼球運動は、日常生活はもとより本を読んだり、黒板の文字を写したりするなど教育を受ける際にもとても大事な機能となります。スマホ画面を長い時間見つめるのは、こうした発達を阻害するかもしれない、というのです。

また近年、世界的に問題になっている近視の急増についてもスマホとの関連性が疑われると富田先生。

「これまで近視の原因としては遺伝が最も大きいと考えられてきました。両親が近視であれば、両親が近視でない場合に比べて近視になる確率は7~8倍と言われています。それでもこのごろ親世代に比べて子どもの世代で近視が増えていることを考えると、遺伝だけでは説明がつきません。つまりスマホなど、デジタルデバイスの過剰な使用が影響していると考えられます。なお強い近視になると視力や視野に障害が起きる緑内障や網膜剥離などの危険性が高まることが知られています。」(富田先生)

最近の研究(※1)では目とモノの距離が30㎝以内で30分以上作業を続けると近視の進行が速くなるとされています。

「スマホを見る距離は、大人でも平均20~25㎝と言われています。子どもはからだが小さいので、もっと近づいて見ていると思われます。近視の増加は、決してスマホと無関係ではないでしょう」(富田先生)

WHO(世界保健機関)も2019年4月に出した「乳幼児に関する運動とスクリーンタイム(テレビやスマホなどの画面を見てじっとしている時間)に関するガイドライン」(※2)の中で「子どもたちの健康的な発達のためにからだを動かして遊ぶことは重要である」と提言しています。

屋外活動を1日2時間、週14時間以上すると近視の進行が抑制されるという研究もあります。冒頭にもお話しましたが、子どもの目の機能は生まれてから6歳ぐらいまでに発達していくこと。さらに、からだを使った外遊びで子どもの目の色々な機能が育つこと、外遊びがとても大事であることをぜひ覚えておいていただきたいと思います」(富田先生)

小さな子どもへのスマホの影響は大人の場合よりも深刻です

3

2019年6月14日に静岡県浜松市で開かれた日本弱視学会総会と日本小児眼科学会総会の合同学会では、子どもや若者で問題になっている短期間に片方の目の瞳が内側に寄って左右の視線がずれる「急性内斜視」にはスマホなどの過剰使用が影響している可能性があることが発表されました(※3)

内斜視というのはどちらかの目が内側に寄ってしまって視線がずれてしまう状態を言います。内斜視になると立体的にモノを見ることができなくなります

04

「両眼で立体的にモノを見る能力も6歳ぐらいまでに急速に発達します。にもかかわらず、ベビーカーに乗っているうちからスマホを見ている子どもたちも少なくありませんね。眼位(左右の目の見ている方向)も眼球運動も不安定な時期からのスマホの使用はとても心配です」(富田先生)

またスマホがからだに与える影響を考える時、デジタル機器の普及とともに取り沙汰されるようになったブルーライトの問題も忘れることはできません。ブルーライトは日光に含まれているもので、昼間たくさん浴びたブルーライトが日没とともに消えると、メラトニンという睡眠ホルモンが分泌されて眠たくなってきます。ところが夜遅くまでブルーライトを浴びていると、睡眠のパターンが崩れてしまうのです。

「スマホから出るブルーライトの量は多くはないものの、子どもの場合は目との距離が近いので影響が大きい」と富田先生は言います。ブルーライトは子どもの目に悪いというよりも生活習慣の乱れにつながるということのようです。

スマホはいろいろな面で赤ちゃんの成長に影響があります。もちろん悪いことばかりではないし、使い方さえ間違わなければ非常に役立つ道具です。しかし、子どもを育てるママ・パパとして「確実に存在する悪影響」については、しっかり認識しておいた方がよいでしょう。

もちろん子育ては理想的にできるとは限りません。見せたいとは思っていないけど、仕方なく見せることもあるかもしれません。そうであれば、なおさらスマホの影響をきちんと知って、与え方について考える必要がありそうですね。

 

(※1)Rose K.A. Ip JM, et al; Role of near work in myopia: findings in a sample of Australian school children. Invest Ophthalmol Vis Sce.2008 jul;49(7);2903-10
(※2)「New WHO guidelines on physical activity, sedentary behaviour and sleep for children under 5 years of age」(WHO・世界保健機関 2019年4月24日)
https://www.who.int/news-room/detail/24-04-2019-to-grow-up-healthy-children-need-to-sit-less-and-play-more
(※3)「スマホ 内斜視に影響 8割 使用と関連/中止で改善も」(東京新聞 2019年6月16日)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019061602000131.html

 

05

【プロフィール】
富田 香(とみた かおる)
平和眼科(東京都豊島区)院長、眼科専門医 慶応義塾大学医学部卒業 国立小児病院(現・国立成育医療研究センター)眼科等を経て、1987年より現職。眼科一般のほか、小児眼科が専門。弱視や斜視の診療のほか、先天疾患による視力障害をお持ちのお子さん、発達障害のお子さんの診療や支援も行っている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る