おとなしくさせるためにスマホ…はOK? 改めて“スマホ子育て”を考えよう

おとなしくさせるためにスマホ…はOK?
改めて“スマホ子育て”を考えよう

妊娠・出産インフォ

スマホが一般化して私たちの生活を便利にしてくれています。そんな中、知育アプリやSNS、動画サービスなど、子育てにもスマホを使うママやパパも増えています。一方、その使い方、使用頻度についてはさまざまな意見があり、「子育てにスマホを使いすぎているかも?」と密かに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

前回記事では「視覚」の観点から乳幼児のスマホ利用の問題点を指摘しましたが、今回はスマホが子どものこころの成長に与える影響について考えてみたいと思います。お話を伺ったのは、公益社団法人「日本小児科医会」の担当理事の内海裕美先生です。

 

スマホが親子のコミュニケーションの機会を奪っていませんか?

2013年の冬、日本小児科医会が「スマホに子守りをさせないで!」という啓発ポスターを作成し、主に子育て中のママやパパの間で話題になりました。当時、ネット上でも議論を呼び、賛同する声もある一方で、「正論かもしれないが、今の親がダメだという主張に聞こえる」「スマホを悪魔化しすぎている」という否定的な意見も飛び交いました。

あれから5年以上が経ち、スマホはますます私たちの生活にとって必要なものとなり、また子育てにスマホを利用することも一般化しています。そこで今回、改めてこの問題について日本小児科医会の内海先生にお聞きしました。

1

――最近、スマホの過度な利用で内斜視になる子どもが増えているというニュースが話題になりました。そういった視覚の問題もさることながら、日本小児科医会は5年以上前から幼児や子どもにスマホを利用させることについて、発達の面で大変問題があると警鐘を鳴らしていらっしゃいますね。

内海 はい。最初に申しあげたいのですが、私たちはスマホ利用を完全に否定しているわけではありません。便利なものだし、使い方次第では子育てにだって役立つでしょう。子どもの咳がおかしかったらそれを録音してかかりつけ医に聞かせるとか、皮膚疾患が出たときに写真を撮っておくとか、予防接種のスケジュール管理をしておくとか……いくらでもいい使い方はあります。私たちが言いたいことは、スマホに「子守り」をさせないで、ということです。

――それは子どもにはスマホを見せないということではなくて?

内海 そうですね。先日もWHOが「5歳未満の幼児は1日に1時間以上、スマホやタブレットなどの画面を見るべきではない」といった内容のガイドラインを発表しましたが、私たちも完全に遮断しろとは思っていません。ただ、スマホに「子守り」をさせることで、親子のコミュニケーションの機会が奪われているということに、もっと敏感になったほうがいいと思います。

――スマホに子守りをさせるとはどういうことですか?

内海 泣いたり、グズったりしたときに、静かにさせるためにスマホを与えたり、家事をしているときにスマホを見せておくなど、そういう類のことです。

――なるほど。でも、それくらいのことであれば、今のママやパパは普通にやっている方も多いかと思います。

内海 ですからずっと「問題がありますよ」と言い続けているんです(苦笑)。日々、必死で子育てをしているママにとっては耳の痛い話かもしれませんが、大切なことなのでお話しますね。私は長年、多くの子どもを診てきました。親子の関係性も毎日目の当たりにしています。便利だからといって乳幼児にスマホを使用させると、視覚に悪影響を及ぼすこともさることながら、愛着の形成や言葉の発達に弊害をもたらしていることを危惧しています。

――スマホを子育てに使用することで愛着の形成や言葉の発達に問題が? ……詳しくお聞かせいただけますでしょうか。

内海 乳幼児期のコミュニケーションで重要なのは「応答性」です。赤ちゃんが泣いたり、グズったときは何かを求めているわけです。そういうときに、愛情を持って適切にタイミングよく応答することがとても大切なんです。にも関わらず、しっかり応答もしないまま、スマホを与えて静かにさせることは、ボタンを押して目覚まし時計を止めるのと同じこと。うるさい子どもがおとなしくなるかもしれませんが、それは子どもに対して応答していないのと同じなんです。

2

――おっしゃりたいことはわかりますが……あえて質問させていただくと、たとえばおもちゃを与えておとなしくさせるという方法は昔からあるわけじゃないですか。つまり「モノ」に頼ることはずっと行われてきたと思うんです。なぜスマホだとダメなのでしょうか?

内海 スマホの場合は、そこにコミュニケーションがほぼ介在しないからです。おもちゃは、それを使ってあやしたりするわけですよね。つまり、そこに人が関わる。でも、スマホはそうではありません。小さな画面の中に、まるで蓋をするように閉じ込めてしまうわけです。おもちゃであやすのと、スマホで静かにさせるのはまったく違います。「人が関わる」ことがとても重要なのです。

――なるほど。

内海 人間はいろいろな感覚を持って外界と接するわけです。たとえば赤ちゃんが泣きました、泣いたら近づいてくれる人がいます、やさしい声で「どうしたの?」って心配してくれる声を耳で聞き、優しい顔で近づいてきてくれるママやパパを目で見て、抱っこしてもらって背中をトントンしてくれて落ち着きを取り戻す――。その一連のコミュニケーションの中で、赤ちゃんは情動を調律する(共感を育てる)と言われていて、それを繰り返すことで徐々に自分の悲しみとか怒りなど「感情」をコントロールできるようになります。

――ゆえに子どもがぐずったときも、しっかり向き合ってあやすことがとても大切だと。

内海 その通りです。泣いたときに、向き合ってあやすことは、親にとっては大変骨の折れることです。それこそ個人差があることなので、全然泣き止まない子もいます。ただ、だからといってスマホを与えて半ば「強制的」に静かにさせているようでは、感情のコントロールができるようになる、などの成長の機会すら奪いかねないんです。

――泣き止まないときなどは、つい便利だから使ってしまいがちですが、そこに向き合うことで子どもは成長しているのですね。

内海 はい。困った時は誰かがいつも確実に助けてくれるのだという確信が子どもの中に根付き、その相手を安全基地として、その後の好奇心や探究心を満たす行動をとることができるようになります。子どもだけでなく、その関わる労力によって親も成長すると思います。なにより、子どもはそこまで苦労してくれたこと、付き合ってもらったということを感じとってくれるものです。特に幼児期で、親子の密なコミュニケーションが必要な時期は、とことん相手をすることが大切。スマホが便利なのはわかります。そして子育てが大変なのももちろんわかります。それはわかった上で言いますが、便利だからいいのかというと話は別だと思うのです。

スマホに赤ちゃんとの時間を取られるなんて「もったいない」ですよ

3

――先ほど、WHOが「5歳未満の幼児は1日に1時間以上はよくない」という旨のガイドラインを発表しているとお伺いしました。逆に言うと、1時間以内だったら問題ないと考えてもよいでしょうか?

内海 一応線引きはされていますが、そこは難しいところですよね。本当にそうやって管理できるのであればいいのですが、そもそも親世代だってスマホに“依存”していませんか? スマホやタブレットがあると、ついつい見てしまうもの。適度な使い方ができればいいですが、それができる人がどれくらいいるでしょうか。子どもであればなおさらですよね。1時間以内できっちり、しかもそれをずっと継続できますか。

――たしかにそうですよね……。スマホが日常生活のなかで「当たり前のもの」になると、時間で区切るって使うということも現実的は難しくなる。そうおっしゃりたいわけですよね?

内海 私はそう思います。今回は子どもにスマホを見せることがテーマですけど、その一方でママやパパ自身がスマホを手放せなくなっている問題も無視できません。子どもと向き合わなければいけないときに、スマホばかり見ている親がとても増えているのが気になります。子どもはその一瞬一瞬でどんどん成長していきます。乳幼児期は特にそうですよね。その貴重な時間を、スマホに奪われているのってすごくもったいないことだと思ってほしいんです。

――スマホに子どもと向き合う時間を奪われているとすれば、たしかにもったいないかもしれませんね。

内海 スマホがないと子育てが大変なんだ。便利なものがあるのに、それを使わせないなんて、もはや精神論じゃないか……いろいろなご批判、そして言い分があるでしょう。でも、子どもが求めていることは何かをよく考える必要があるのではないでしょうか。多くの子ども、そして親と向き合ってきた私としては、そこは“正論”で返したいと思います。やっぱり子どもの成長にとってスマホというのは(程度はありますが)よくないものです。もちろん幼い頃からスマホを毎日見て育てたけど、ちゃんとコミュニケーションができる子どもになっているとか、子育てでスマホを使ったおかげで、子どもとストレスなく向き合えたとか、さしてデメリットを感じることなく、メリットを享受された先輩ママ・パパもいらっしゃるでしょう。

――つまり、スマホを子守りに使ったら、みんなが子育てを失敗するわけではないと。

内海 だけれども、“スマホ子育て”には落とし穴があることも認識してほしいのです。落とし穴に落ちなかった方ももちろんいるでしょうが、そこに落ちてしまう方だって当然いるわけですから。ネガティブな話をしたいわけではなく、そこのリスクをわかっていてもらいたいんですよね。

4

――ありがとうございました。時に厳しいお言葉もありましたが、内海先生が現代の子育てについて非常に強い危機意識を持たれていること、その原因のひとつとしてスマホの問題があるということが理解できました。

内海 耳の痛い話は聞きたくないものだと思います。ただでさえ子育てでストレスが溜まっているのに、説教くさい話なんてね(苦笑)。でもね、最近のママを見ていると、あまりにも都合の悪い話、耳の痛い話を聞こうとしない方が増えているような気がしています。だからネットやSNSで都合のいい話だけを拾いあげて、間違った子育て情報や医療情報を信じてしまったりする人もいる。「子育ては自分育て」という言葉があります。子育ての期間はママにとってもパパにとっても自分の人生を見直す時期です。子どもと向き合うことでそれまでの価値観を変えられたり、新しい発見をしたり、すごいチャンスが転がっています。だからすごく楽しいんですよ。苦労もするし、悩みもするし、不安だってある。でも、本当に素晴らしい時間をすごしていることはわかってほしい。

――おっしゃる通りですね。貴重な時間をいかに前向きにすごせるか、不安や苦労がある中でもいかに前向きに子育てができるか。そこは出産準備サイトとしても、一貫して訴えているテーマでもあります。

内海 そこですよね。みなさん、子育てをもっと楽しく、前向きにとらえてほしいんですよ。今、どこでも子育ては不安だらけ、ワンオペ育児で大変だって話ばかりが聞こえてくる。でも、本当は気持ちや意識を変えることでとても前向きになれると思うんです。産んだからには楽しく育てましょう。スマホに頼らないでも、十分に楽しさを与えられるはずです。そして楽しく育てられれば、思春期になっても子どもはママとパパの子どもでよかったと思ってくれるはずです。何度でも言いますが、大切な子育ての時間を、スマホなんかに奪われるのは本当にもったいないです。大変で面倒な時間が、あなたも子どもも育ててくれるんですよ。

 ※       ※      ※      ※

いかがでしたでしょうか。いろいろなご意見はあるかと思いますが、今回の取材に立ち会った出産準備サイトスタッフ(3歳の娘と6か月の息子を持つパパ)は、頻繁にスマホを子育てに使っている経験があることから、いろいろと思うこと・反省することも多かったようです。そして彼の出した答えは――今後はスマホやタブレット利用をできるだけ控えて、もう少し子どもとおしゃべりをしたり、遊んだりと、骨の折れるコミュニケーションをしてみようというものでした。もちろん便利なものを利用することに罪悪感を感じる必要はないと思います。ただ、少しでも余裕があるのであれば、子どもが起きている時間は、スマホと距離を取って子どもとの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【プロフィール】
内海 裕美(うつみ ひろみ)
吉村小児科(東京都文京区)院長、医学博士、日本小児科学会認定医、日本小児科医会理事、小石川医師会副会長、文京区学校保健会会長など。日本女子医科大学卒業後、同大学病院、愛育病院を経て、1997年より現職。専門は小児保健。地域で毎月1回子育て支援セミナーを開催し子育て中の保護者に子育て情報を直接伝えたり、子育て広場や保育園で子育てが楽しくなる講演を行い、地域の多くの保育園の嘱託医をして親子の診療、相談に力を入れている。親子、子どもたちへの絵本の読み聞かせ活動にも取り組んでいる。

妊娠・出産インフォ トップに戻る