新入園の季節 この春、子どもを保育園に通わせる ママ・パパに読んでもらいたいお話

新入園の季節
この春、子どもを保育園に通わせる
ママ・パパに読んでもらいたいお話

妊娠・出産インフォ

4月からわが子を保育園に預けて仕事を再開するママは、出産からずっと一緒にすごしてきた赤ちゃんと離れ離れになるこれからの生活を想像して、ちょっぴり切ない気持ちになっているのではないでしょうか。子育てと仕事をうまく両立して、慌ただしい日々を乗り越えていけるだろうかいう不安も感じているのかも知れませんね。

そんなママ・パパのために、今回は保育園について考えてみたいと思います。保育園とはどんなところで、わが子を送り出すママ・パパはどんな心構えが必要なのでしょう。30年以上、保育の現場で働き、現在は東京都の江東区こども未来部保育計画課で区内の保育施設の運営指導に携わる田所真由美さんにお話を伺い、入園前にママ・パパが知っておきたいことについてまとめました。

 

保育園は赤ちゃんがはじめて体験する“社会”です

保育士と赤ちゃん

――東京・湾岸エリアの江東区は、若い世代に人気の住宅街です。田所さんは現在、区役所で区立の保育施設の運営指導に携わっておられるということですが、それまでも保育の現場でたくさんの子どもたちと接してこられたと伺いました。そこでまずは、入園する前の準備としてママ・パパが心がけておきたいことがあれば教えていただきたいと思います。

田所さん:入園前のお子さんへの対応で大切なのは、今まで通りたっぷりと保護者の方の愛情を注いであげることでしょうね。まだ幼いお子さんを保育園に預ける保護者の方には不安もあると思いますが、お世話をする保育士は教育・保育のプロですし、園の方でも1日も早く慣れて、生活を楽しめるような配慮はしていますから、安心して任せていただきたきたいです。入園直後はママ・パパと離れてすごす新しい環境に慣れなくて、朝別れる時に泣いてしまうお子さんもいるのですが、それだけママ・パパに愛着を持ってしっかりとした親子関係ができているということですから、それは決して悪いことではありません。

――朝、別れ際に泣かれるのはママ・パパにとってはつらいんですよね。

田所さん:そうですよね。子どもからすればお母さん、お父さんにたっぷり愛情を注いでもらって幸せに成長してきたからこそ、離れたくない気持ちが強いのでしょう。でも自分が愛されていることを実感して育ったお子さんは、人と関わる心地よさや喜びを知っています。人間関係の基礎ができているわけですから、園の環境に慣れてくれば、保育士との信頼関係をスムーズに築けるようです。信頼関係ができて居場所が見つかれば、安心して園での生活を楽しめるようになります。

――そういうことなんですね。ちょっぴり安心しました。他に入園前の注意点はありませんか?

田所さん:基本的なことですが、規則正しい生活習慣が身についていることは大事です。家にいるときには不規則な生活でもなんとかやっていけても、集団生活ではそうはいきません。朝ギリギリに起きて朝食抜きで保育園に来たお子さんは、お腹が空いて午前中の活動ができないということもありますし、ぼーっとしてしまってお友だちとの遊びやお散歩を楽しめないということもあるようです。そうなると一番つらいのはお子さんですから、保護者の方は早寝、早起き、朝ごはんなど生活習慣を整えてあげていただきたいです。

――家では好きなものしか食べたがらないので、保育園でみんなと一緒に食事ができるだろうかと心配するママ・パパもいるようですが…。

田所さん:そうですね。「うちの子は家ではちゃんと座って食べることができないけれど、大丈夫でしょうか」と心配する保護者の方がいらっしゃいますが、ほとんどのお子さんは園ではちゃんと座ってお友達と一緒に最後まで食べるんです。「家にいる時と全然違う」とその姿を見て驚かれる保護者も多いです。子どもたちだって、小さいなりに場の雰囲気を理解して、どう振る舞うべきかを考える事ができるんですよ。

――保育園という集団の中で自分はどう行動すべきかを少しずつ学んでいくということですか?

田所さん:そうですね。例えば外に出る時に帽子をかぶりたがらないお子さんに対して、無理強いはしませんが、何度も何度も粘り強く繰り返してかぶる意味を教えています。そうするとお友だちを見て自分で考えて、主体的に帽子をかぶるようになります。入園前に「あれができない」、「これもしない」と悩まないで、今まで通り大切に育てていただければ十分です。あとは保育園に任せていただいていいんです。

4月に配られる年間スケジュールはしっかり確認しておきましょう

新入園 パパと赤ちゃん

――園によって違いはあるとは思うのですが一般論として、保育園では年間を通じてどんな行事が予定されているのですか? 働いているママ・パパが平日に休みをとって園に行くことはどれくらいあるのでしょうか。

田所さん:親子で参加する保育参観、夏祭り、運動会などと、ハロウィンなどの子どもたちのイベント、保護者だけで集まる保護者会など、園で行われる行事には大きく分けて3つのタイプがあります。親子で参加する行事は基本的に日中行われるので、保護者の方がお休みを取りやすいように早めにお知らせしています。保護者会なども同じです。4月にお配りする年間スケジュールにも入っていますから、早めに予定に入れていただきたいと思います。保護者会は働いている保護者の方が集まりやすいように、夕方や夜に行う園もあります。

――わが子が保育園でどうすごしているのか、どんなお友だちがいるのかを直接見ることのできるチャンスですから、仕事の都合がつくのであれば行事にはちゃんと参加したいですね。

田所さん:それができれば安心だと思います。ちなみに都内の保育園では年に12回、つまり月1回は避難訓練をしています。子どもたちを避難させる練習だけではなくて、職員が消火訓練をしたり、不審者の通報があった時の対策など、あらゆる場合を想定して、子どもたちを危険から守るためのシミュレーションを繰り返して行っているんです。大切な命をお預かりしているわけですから、そういうことはやりすぎるということはありませんからね。

ママと赤ちゃん

田所さん:ほかにも保育園で細心の注意を払っているのは、食物アレルギーを持つお子さんへの対応です。お子さんに食物アレルギーがある場合は、まずお医者さまからの指示を書類にして持ってきてもらい、それを基に保護者の方と一緒に園でのアレルギー対応を考え、具体的な実施計画書を作成することになります。保育士は実施計画書に基づいて献立をチェックし、保護者の方にも確認していただきます。その食事は給食室でチェックを受け、担任同士でも最後のチェックをして、はじめて子どもさんにあげることになります。アレルギー対応を間違えると命に関わりますから、そこはとにかく慎重に行っているんです。

――アレルギーを持つ子どもたちは増えているんですか?

田所さん:増えていますね。ちょっと前まではアレルギーのお子さんにも他の子と見た目の変わらない食事を提供しようという考えが主流だったのですが、今はあえて形を変えたりして、本人も周囲の子どもにもわかるようにするのがアレルギー対応の基本になってきました。それは決して差別ではなくて、ひとりひとりの違いを認め、命を守るために必要なことについて教えていくということだと思います。

保育士さんはわが子の成長を見守ってくれる子育てのパートナーです

保育園での子ども

――ちょっと視点を変えた質問になりますが…保育士さんからママ・パパに要望があるとしたら、どんなことでしょう。

田所さん:一番うれしいのは、保育士に話しかけていただくことですね。コミュニケーションをしっかり取れるようにしていただきたいです。どうしてこんなふうにするのかなとか、ちょっとでも疑問があるなら直接たずねていただきたいと思っています。保育士は同時に何人もの子どもたちの世話をしているけれど、一人ひとりに愛情を持ち、健やかな成長を願って接しています。そんな子どもたちの保護者の方ともたくさん話して、いい関係を作りたいと思っているんですよ。

――でも保育士さんはいつも忙しそうで、声をかけにくいという先輩ママの意見を聞くことがあります。

田所さん:そう思われているのであれば、保育士としては申し訳ないことだと思います。でも遠慮はいりませんから、忙しそうにしていても話しかけてみてください。お散歩の回数のこととか、家ではこうしているとか、お昼寝の時間とか、何でもいいんです。保育士もお子さんをより深く理解できれば、もっと適切な保育ができるようになるでしょう。保護者の方にも園の方針や意図など話すことでわかっていただけることはあると思うんです。保育士と保護者の方の信頼関係ができれば、お子さんはもっと園での生活を楽しめるようになりますよ。

――なるほど。保育士さんとコミュニケーションを取る努力はわが子のためですね。子どもたちは長い時間を保育園ですごしますから、保育士さんの存在感は大きいですよね。

田所さん:昼間の時間のほとんどを保育士とすごしていますからね。最近は延長保育のお子さんが増えて、長いお子さんでは12~13時間も保育園でお預かりすることがあります。長時間保育になると、お友達が次々と帰っていくわけですから、お子さんもちょっとさみしい思いをするかもしれない。ですから私たち保育士は、お迎えまでの時間をできるだけリラックスしてすごせるような配慮を心がけています。

――長時間保育の増加以外で、最近の保育園が変わったと思われることはありますか?

田所さん:お父さんの姿が日常的に見られるようになったことでしょうね。10年ぐらい前にはまだ珍しかったのですが、今では朝夕の送迎や保護者会にお父さんが来られるのは当たり前です。自然体で子育てに関わるお父さんの姿は確実に増えています。

――子どもたちを取り巻く環境は保育園でも変わりつつあるんですね。これは“喜ばしい変化”と言えますね。

田所さん:そうですね。そういう家庭で育つお子さんたちが、これからの家族のあり方を変え、子育てに対する社会の価値観も変えていくのでしょう。お子さんを真ん中にして、お母さん、お父さん、保育士が手を取り合って、お子さんに最良の保育をしていく。それが保育園のあるべき姿だと思います。

 

※          ※          ※

巣立ちの季節はもうすぐです。保育園は万全の準備を整えて、子どもたちを待っています。保育士さんと保護者が、子どもの成長をともに見守るパートナーとしての関係を築いていけるといいですね。それでは家族みんなが元気で新しい生活をスタートできることを願っています!

【プロフィール】
田所 真由美(たどころ まゆみ)
江東区こども未来部 保育計画課 運営指導係長(保育待機児童対策担当係長 兼務)
平成21年度から平成26年度まで江東区立保育園園長を努め、平成27年度から江東区こども未来部保育計画課運営指導係となり、現在に至る。

妊娠・出産インフォ トップに戻る