ユージの子育てパパ座談会(前編)
「外で働いているからって
大きな顔しちゃダメですからね」

「イクメン」という言葉が「ユーキャン新語・流行語大賞」に選ばれたのは2010年のこと。翌年には厚生労働省も「イクメンプロジェクト」を始動。「育てる男が、家族を変える。社会が動く。」をキャッチフレーズに、男性の育児参加や育休取得を呼び掛けています。

かつて……というより、ほんの10年前までは、まだまだ子育ては女性がするものという考え方が「普通」でした。しかし、この国の子育てを巡る意識、特にパパの子育てに対する考え方は、この10年で大きく変わりつつあります。

そこで今回、ミキハウス「出産準備サイト」の連載コラムでもおなじみのタレント・ユージさんと子育て中のパパにお集まりいただき、現役のイクメンパパたちによる座談会を開催。前編は、子どもたちとどう向き合い、ママとどんなふうに協力しているのかについて話し合っていただきます。

仕事に、子育てに、家事にと奮闘しながらも、家族の笑顔と温もりに満ちた時間を楽しんでいるパパたちの話に、会場は笑いに包まれ、「わかる!」、「そうだよなぁ」、「へぇー、すごい」などという声が飛び交う和気あいあいの雰囲気となりました。

 

【座談会メンバー】

01_02

ユージさん:タレント/30歳 中学2年生の男の子と3歳と2歳の女の子のパパ。妻は専業主婦。

01_03

中込さん:出版社勤務/38歳 1歳の女の子のパパ。妻は会社員で現在時短勤務中。

01_04

押川さん:建設コンサルタント会社勤務/40歳 2歳の男の子のパパ。妻は専業主婦。

01_05

今井さん:フリーランスカメラマン/43歳 10歳の女の子と2歳の男の子のパパ。妻は専業主婦。

01_06

加藤さん:ミキハウス勤務/40歳 9歳の男の子と6歳と3歳の女の子のパパ。妻は会社員。

 

次のページ 成長する姿、妻との時間 子育てパパが「幸せ」を感じる時

この記事をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

あなたへのおすすめ

人気の記事を見る

記事を探す

カテゴリから探す

キーワードから探す

妊娠期/月齢・年齢から探す