連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 AI・デジタル時代に生きる子どもの“考える力”の育み方

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
AI・デジタル時代に生きる
子どもの“考える力”の育み方

妊娠・出産インフォ

デジタルデバイスが一般化し、今後はAIや新たな通信技術などが私たちの生活を大きく変えようとしています。その影響はすでに教育現場でも。AIやデジタルが進化した社会で能力を発揮する人材には “考える力”が必要になるとして、従来の暗記や知識の習得といった学習法からの脱却を目指した指導が始まっています。そんな時代にママ・パパはわが子の“考える力”を育むために何ができるのでしょうか。慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋たかお先生に伺いました。

 

子どもが自ら判断して選択する時、“考える力”が育まれます

子どもの考える力

担当編集I(以下、I):今後、デジタル社会はさらなる進化を遂げていきます。子どもたちはそんな時代を生き抜いていかなければならないわけですが(もちろん親世代も同様ですが)、今回はそんな子どもたちの“考える力”をどう伸ばしていけばいいのかということを伺いたいと思っています。まず先生は“考える力”をどう定義しますか?

高橋先生:以前の記事の中でも「自分で集めた複数の情報を評価し、判断して、その中からひとつを選ぶ力」についてお話させていただきましたが、“考える力”の本質はそういうところにあるのではないでしょうか。

I :「子どもに選択肢を与えて、自分で選ぶ習慣を身につける」というお話でしたね。

高橋先生:はい。まずは選択肢そのものではなく、選択のもとになる情報を与える。子どもはそれらの情報を自分なりに分析して、迷ったり悩んだりして決断を下すわけですね。そのような作業そのものが“考える”ということであり、その繰り返しが“考える力”につながっていくのではないかと。

I :情報の取捨選択を日常的に行わせることが“考える力”を育むということですね。ちなみに最近の幼児向け教室では「子どもが自分で考える力を伸ばす」ことを謳っているところは多いですよね。

高橋先生:いろいろありますね。子どもに、積極的に学ばせる機会を持たせること自体は悪いことではないですよ。ただ、それによってなにか特定の能力が伸びるとか、急に考える力が身につくとか、目に見える結果を期待するとなると話は別かなと思います。もし、“考える力を育む幼児教育”に大きな期待をされているのであれば、ちょっとだけ冷静になった方がいいというか、距離感を持って接した方がいいかもしれません。

勉強をすると娘と母

I :ところで幼児教育の世界では「モンテッソーリ教育(※1)」の人気が以前に増して高まっているようです。イタリアの医学博士、幼児教育者のマリア・モンテッソーリ氏によって考案された教育法ですが、Googleの創業者ラリー・ページさんとセルゲイ・ブリンさん、Amazonのジェフ・ベゾスさん、Facebookのマーク・ザッカーバーグさん…こうしたデジタル時代の寵児とも言うべき著名起業家たちが幼少時にこの教育を受けていたことも、注目を高めている要因のようです。ズバリ先生は、モンテッソーリ教育についてはどうお考えでしょうか?

高橋先生:まず、幼児期にモンテッソーリ教育を受けたことが、彼らの今を作ったのかどうかについては、僕にはわかりません。有名な起業家の多くがモンテッソーリ教育の経験者だ、と言われても、そうなんですね、という以上のコメントはありません。もちろん、「ウチの子にも、そんな素晴らしい教育を!」と思われる方もいるでしょう。ただ、あえて言わせていただくと、モンテッソーリ教育が発案されたのは20世紀初頭…つまり100年も前のことです。言うまでもなく、100年前と今とではまったく状況が違います。たとえばナイチンゲールの功績は素晴らしいし、それを疑う余地はないけれども、今の看護師さんたちはそれとは異なる視点で困難に立ち向かい、高度医療にチャレンジしているわけです。

I : それと同じようなことが、教育の分野にも言えるのではないか、と?

高橋先生:もちろん、100年前の教育法だからと言って、現代にあてはまらないというつもりは毛頭ありません。モンテッソーリさんが説いた教育法の中には「本質」を突いているものも多く、たとえば彼女は「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力をもっている」と指摘しています。その時期が来れば、教えなくても歩けるようになるし、自然と言葉も出てくる…というようなことを言っているわけです。現在の医学では、発達のロードマップは遺伝子の力によってかなりの部分が約束されていることが分かっており、彼女の直観が正しかったことが証明されているのです。子どもたちは環境の悪影響を跳ねのけて、自然と色々なことを身に着けていく、その“自分で育つ力”を直観していたのはさすがと思います。

I : 発達のロードマップは遺伝子の力によってかなりの部分が約束されている――これは、常に先生が仰っていることですね。

高橋先生:ええ、医学的にも正しいことであり、100年前にそれを言い当てていることは素晴らしいことです。おそらく彼女は、数多くの子どもたちと向き合った経験からその“答え”を導き出したのでしょう。ただ、繰り返しになりますが、教育というのは「これさえやっておけば安心」といった万能薬のようなものではありませんし、「これをしなかったら必ず後悔することになる」といった呪文のようなものでもありません。なので、どんなに素晴らしいと言われている教育法であっても、盲信することなく程よい距離感を保ちつつ接した方がいいのではないか、というのが僕からのメッセージです。

日常の中での感情を伴う実体験を積み重ねることが大切です

日常の中での感情を伴う実体験を積み重ねることが大切です

I :話を戻しますが、子どもたちの“考える力”を育むためには、考えるための選択肢を与えるという方法がひとつあると。そのほかに親が何か教えるべきものなどありますでしょうか?

高橋先生:考える力を育む…まずそこが無理筋かもしれません。基本的に大人が教えることではないと思います。従来の教育の主たる目的は数の概念や文字を覚えるといった「認知能力」を身に着けさせることにありました。それらは確かに教えることができるし、成果を評価しやすい能力です。でも“考える力”は 「非認知能力」であり、計測しにくいもの。最近の教育現場では、「非認知能力」を伸ばすための教育というものが着目されていますが、それが一般化するにあたり、成果を計測するツールも生まれてくるのかもしれません。でも、計測できた時点で、それは認知能力になるわけでは?(苦笑)。それはいいとして、教育の目的として非認知能力を伸ばそうとすること自体あまり意味がないと思うんです。だって教えられるものではないから。

I :教えられないとすれば、どうしたらいいのでしょうか?

高橋先生:どうもしなくていいですよ(笑)。子どもが環境から刺激を受ける力はすさまじいものです。自然にまかせておけばいいです。特別な教育を施すまでもなく、「非認知能力」は日常生活で様々な体験を積み重ねる中で鮮明な感情を伴いながら、勝手に身についていくもの。ひとつ、大事なポイントがあるとすれば、感情と連動する体験を積ませることだと思います。

子どもに感情と連動する体験を積ませる

I : 感情と連動する体験、ですか。 

高橋先生:はい。何かを“考える”のベースには必ず「実体験」がなくてはいけません。実体験は、特別なものでなくていいんです。喜怒哀楽を伴うような、ごく普通の日常体験でいい。喜怒哀楽の感情と連動した実体験の最たるものは親子関係であり、友だちとの関係です。

I :つまりは、親子や友だちとの感情と連動した実体験が大事だということですか。普通に誰にでも「ありそうな体験」ですね。

高橋先生:ですから普通でいいんですよ(笑)。例えば、これは実話ですが、友だち家族と温泉に行って、親の目を盗みながら湯船の中でコーラを飲んだこと、深夜に部屋を抜け出して(宿内の)屋台でラーメンを食べたこと。その背徳感からくる気持ちの高ぶりは忘れ難い実体験でしょう。結局、親にバレてしまって、こっぴどく怒られると思ったら「楽しかったか?」と笑顔が帰ってきてホッとした。なんてことを大人になるまで実によく覚えているものです。あの時の感情…父の鷹揚な一面を実感し、その存在を身近に感じた瞬間として記憶に留まる。そのような実体験を経てこそ、やっていいことと決してやってはならないことを直感的に判断する非認知能力が育まれるのではないでしょうか。感情と連動した実体験とは、そんな他愛もないことなのです。

I :あぁ、なんとなくイメージがつかめました。自分自身の経験を省みても、他愛もない記憶が妙に心に残っていたりしますね。そしてそのときの感情は、その記憶とともに思い出されます。

高橋先生:感情と連動する体験って、必ずしも特別なものである必要もないし、親がお金をかけて特別な時間をセッティングしてあげなくてもいい。海外旅行につれていき世界遺産を見せるとか、そういう特別な体験ばかりを親が用意してしまうと、かえって感情の動きが鈍化してくることもあるかもしれません。予期せぬ体験は、むしろ日常生活の中にあるはずです。デパートでひとりエレベーターに取り残されて扉が締まったときの「迷子になる!」という絶望感とか、そんな感情が強烈な思い出になっていませんか?

I :ハハハ、たしかにそうですね(笑)。

高橋先生:そういう体験は意図的に作ろうとしても作れないじゃないですか。自然に任せていればいいというのはそういうことで、日常生活の中に喜怒哀楽さまざまな感情をもたらす体験がいくらでも潜んでいるんです。感情と連動した体験が積み上げられていくと、言葉が持つ意味を深く理解したり、立体的に捉えられたりするようになります。そうなれば、想像力がどんどん育まれます。たとえば本を読んで、その内容を真に楽しめるようになるんです。小学校も高学年になると、世界中を旅する話とか、偉人の伝記とか、そういうものも楽しめるようになるでしょう。それは実体験を積み重ねたからこそ「わかる」ことなのでは。

デジタル時代であっても、基本は変わらないはずです

タブレットを見る子ども

I :このデジタル時代にあっては、実体験する機会自体も、一昔前に比べると相対的に減ってきているのかなとも思います。ゲームにせよ、その他のデジタルデバイスにせよ、それがあれば友だちと会話したり、なにかを体験することなく、ひとりの時間に没頭することができてしまいます。自分も子どもの頃は、ゲームばっかりするな、と怒られた経験はありますが、いざ親になると、自分も同じことを子どもに言ってしまいそうです…。

高橋先生:その通りですが、ただ、ゲームだから実体験や感情を伴わない、というわけでもないと思います。たとえば、ゲームのしすぎを日頃注意されているのに、友だちの家でついついゲームに熱中して、気づいたら暗くなっていたとします。その子は、「やばい!門限すぎた。お母さんに叱られる」って焦って、急いで家路につくことでしょう。それって、すごく感情が揺さぶられている瞬間なんですよね。存分に遊んだ後の充実感、親の言いつけをまたしても破った罪悪感。すごく貴重な実体験なんですよ。なんて言い訳したら許してもらえるかなとか、一生懸命に知恵を絞るでしょ?

I :あー、帰り道はそのことしか考えないでしょうね(笑)。

高橋先生:デジタル時代であろうとなんであろうと、感情を伴う体験なんて日常生活の中でいくらでもありますよね。子どもというのは息を吸うように自然に、そうした体験から多くのことを学んでいきます。デジタルの落とし穴は、“出来事”と“感情”が仮想空間の中で完結していて、実世界と紐付かない場合。逆に言うと、実体験を積んで喜怒哀楽さまざまな感情を知れば、物事を深く考え、他者の感情を感じとったりすることもできるようになり、結果として想像力が大きく育まれるようになる。そうなれば、デジタル情報を正しく“実感”できるようになると思うんです。それは、実体験を多く積んだ人だけが、小説に描かれた世界観を実感し、楽しめるのと同じことだと思います。そういう意味では本もデジタルコンテンツも同じですよね。そう考えると、デジタル時代もアナログ時代も、基本的に大切こと、つまり実体験の重要性は同じと言えます。

I :なるほど。普通の暮らしの中に感情を伴った実体験があり、それを積み重ねることで“考える力”が育まれる。それは、AIやデジタル化がどんなに進んでも変わらないということですね。今日もいいお話をありがとうございました。

 

※           ※           ※

社会がデジタル化することで、人と人とのつながりが希薄になりがちとよく言われます。でもそんな時代だからこそ、感情豊かに、深い思考ができる人が望まれるのかも知れません。コロナ禍で外出自粛となり、家族ですごす時間が増えた今こそ、わが子との何気ない日常を大切にしていきたいものですね。

 

●あわせておすすめ

小児科医・高橋孝雄が子育てママに伝えたい 「大丈夫なものは大丈夫」というシンプルなメッセージ

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る