連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 リテラシー教育の基本は、幼児期のしつけにある?大切なのは「自分で選択する」を習慣づけること

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
リテラシー教育の基本は、幼児期のしつけにある?
大切なのは「自分で選択する」を習慣づけること

妊娠・出産インフォ

「しつけが行き届いてるね」――わが子へのほめ言葉を聞くと、ママ・パパは自分がほめられたようでうれしくなりますね。“しつけ”は子どもを育てていく中で、気になる言葉のひとつ。しつけの方向性はどうあるべきか、どう教えればいいのか、ママ・パパの悩みはつきませんね。そんななか、「現在の日本のしつけでは、世界標準に追いつかない面もある」と、慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋たかお先生は語ります。その真意をお伺いしました!

 

いくつかの選択肢から自分で選択して決める体験は、達成感・幸福感につながります。

お母さんと娘

高橋先生:しつけのお話の中で必ずご紹介したいと思っていることがあります。それは「リテラシー」についてです。

担当編集I(以下、I):リテラシー、ですか? 検索すると「与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力」と出てきますが、そういう意味でとらえていいのでしょうか?

高橋先生:そうです。前回の記事で、時代によってしつけの基準は変わると話しましたが、今の時代、幼児期のしつけを通じてリテラシーをいかに高められるかが重要だと思うんです。ちなみに「ヘルスリテラシー」ってどんなことだか知っていますか?健康に関するリテラシー、つまり、健康に関する情報の中から自分に必要な物を選んで、活用する能力となります。世の中にあまたある情報の中から自分で情報を集め、それらの情報を一つひとつ評価し、判断して、複数のいずれも正しい選択肢の中からひとつを選ぶ。そしてそれを実行に移して自分の健康維持、促進に役立てる。簡単に言えば“自分の健康のことを自分で決める力”をヘルスリテラシーと呼ぶんです。

I:難しいお話ですが、なんとなく分かります。

高橋先生:最近ある講演会で知ったのですが、ヘルスリテラシーを国別に調査した結果、日本は40数カ国の中で最下位だったとそうです。1位のオランダ人は平均38点で、日本人は25点だったとか。

I:残念な結果ですね…。

高橋先生:日本人のヘルスリテラシーは低い、しかし平均寿命は長い――このことから推察できるのは、日本人は自分の意思で「生(せい)」を選択できずに、ただ長く生きているだけ。つまり長く生きられるのに、その時間をそれほど幸せに感じていないのではないか、ということです。

I:なるほど(深く考えつつ)。

高橋先生:逆に海外の方に比べて日本人が優れているのは、間違いのない提案を示された時にそれを忠実に実行できる、つまり医者の出した処方箋を理屈など考えずに毎日ちゃんと飲み続けるという従順さなんだそうです。

I:たしかに私たち日本人は、良くも悪くも従順なところはあるかも…。

高橋先生:はい、おっしゃるように良い面もあります。ただ、従順さも度が過ぎるとデメリットも多い。ちなみにEUを中心にヘルスリテラシーの高い国では正解を一つだけ挙げられるのを嫌い、ふたつ以上示された中から自分で選ぶのが当たり前なんです。反対に日本人が欲しがるのはたったひとつの正解で、むしろ複数の選択肢があることを嫌う傾向があるようです。自分で何かを選んだ結果として健康を手にしているわけではなく、言われたことを守って健康を保っているわけですから、どんなに平均寿命が長くても幸せだという達成感が得られにくいのかもしれない。あくまでも私見ですが…。で、話を本筋に戻すと、リテラシー教育としつけは密接に関連していると思うんですよね。

I:そこにつながるわけですね(笑)。

高橋先生:テレビの情報を信じるか、疑ってかかるかという調査もあり、(調査した国の中で)もっともメディアの報道を信じるのが日本人なんだそうです。一方、欧米は疑ってかかる人が多い。評価判断は自分でするんだ、という概念がしっかりあるんです。日本人は国際的に見て幸福感が低いと言われるのは、もしかしたらこんなことも関係しているのかもしれません。つまり自分で選んでいないから、幸せになろうと、不幸になろうと、あまり納得感が生まれない…。ものすごく大きな話になりますが、日本が本質的に幸せを感じられる国になるには、リテラシーを高める必要があって、そのためには幼児期のしつけから変えていかなくてはいけないんじゃないか、とさえ思うんです。

自分で決める経験を重ねれば、しつけは確実に身につきます

子どもをみつめる親

高橋先生:日本人のしつけはこれまで、親はこう思うとか、わが家の家訓とか、たったひとつの正解を与えて、それに従うことを求めてきました。実際、大人が示すことって結構正しいんです。それに従うことで勉強やスポーツで成果をあげる子どもも少なくありません。でも、そのやり方そのものが間違っているんじゃないか、という話です。

I:大人がひとつの正解だけを教えるのは違うと?

高橋先生:親が考え抜いて、どちらも正解だと思う複数の選択肢を子どもに与える。そこで子どもに選ばせる。そうすると自分で決めたことになるので、子どもは自分で最後までがんばろうとするでしょう。それが本当に身につくしつけというものではないですか。

I:大人でも自分で決めた事なら、がんばれますね。

高橋先生:習い事だったら、できれば2つ見せて「どっちをやってみる?」って決めさせるといい。食事のマナーもしかり、です。2つぐらい正しいことを提示して、どっちかをまずやらせてみる。とにかく自分で判断させるように仕向けるのが親の役目じゃないかと思います。

I:子どもによっては自分で判断することが苦手な子もいるかとは思いますが。

高橋先生:いるでしょうね。でもそれなら練習を積めばできるようになりますよ。レストランで、どのメニューを選ぶか悩ませればいいんですよ。さんざん迷った挙げ句、自分で決めて食べてみたらおいしくなかった、なんていう経験は貴重なものです。「お兄ちゃんと同じものにすればよかったな。それ、僕にもちょうだい」「ダメ!」となれば、弟にとっては非常にいい経験です。自分で決めて失敗したわけですから。

I:失敗したのは自己責任であると。ただ、自己責任という考え方はいきすぎると“逆・諸刃の剣”というか、他の子に対しても異常に厳しい子になるんじゃないかという不安もあります。実際、親に厳しく育てられた子が、他の子どもに厳しくしているシーンを見かけることもあります。

高橋先生:そこもバランスですよね。他の子に厳しすぎる子どもは、自分にもしっぺ返しが来る時があります。そんな負の連鎖を断ち切るのは自分でなくてはいけない。自分のしたことが自分に返ってくることを覚えれば、それがいけないことだとわかるでしょう。

I:早めにそれを学んでほしいですね。

海にいる家族

高橋先生:ここで親として誤解してはならないことは、子ども本人に選択させることが、親が様々な決断を放棄することにはならないということです。子どもに一から全部選択させるのは、親としては無責任な行為でしかありません。親としてのしつけの方針に沿って、いくつかの選択肢を示して、最後に決めるのは子ども。つまり親は責任を持って押し付けるんです。

I:あくまで決定権は子どもに。そこが非常に大切なんですね。

高橋先生:そうです。いくつかの選択肢のうち、ひとつを選ばせてもいいし、やるかやらないかを選ぶのでもいいんです。でも、やらないって言った以上、その責任は本人にもたせる。小さい頃「ご飯いらない」なんて言ったら、「あっ、そう」って返事が返ってきて、後でおなかがすいて後悔したことはありませんか? ただ注意すべきは、後悔をさせすぎないこと。自分で選んだ結果が、9勝1敗ぐらいになるように選択の機会を与えるのが理想的です。5勝5敗とか3勝7敗だと、自己肯定感が育まれないので、選択肢の用意の仕方も“勝率”を意識していただきたいと思います。

I:少しずつ失敗の経験を積み重ねていけるようにするのも親の役割ということですね。本日もためになる話、ありがとうございました! 早速、今日から実践したいと思います。

 

※           ※           ※

「幸せな人生を送ってほしい」「思いやりのある優しい人に」というわが子への思いから、しつけのつもりでちょっぴり口うるさく自分の考えを一方的に押し付けてしまうことはあるでしょう。しかし、そうした押しつけ型ではなく、子どもに選択肢を与え、考えさせることが大切だと高橋先生はいいます。先生の教えは、身に付くしつけをするというばかりでなく、子どものリテラシーを育むためにも役立ちそうです。是非、子育ての参考にしてくださいね。

 

●あわせておすすめ

小児科医・高橋孝雄が子育てママに伝えたい 「大丈夫なものは大丈夫」というシンプルなメッセージ

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る