連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 子どもが遊びから学ぶこと。

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
子どもが遊びから学ぶこと。

妊娠・出産インフォ

子どもは遊びの天才です。特別な道具やおもちゃがなくても、子どもたちの手にかかれば段ボールはトラックになり、ごみ袋は素敵なドレスに変身することも。大好きな遊びを楽しんでいる時の子どもたちの顔は輝いていますね。

遊びは子どもにどんな影響を与えるのでしょう。慶應義塾大学医学部教授の高橋たかお先生の「なんでも相談室」。今回は「子どもと遊び」と「現代の子育て」の2本のテーマでお届けします。聞き手は自らも2児のパパであるミキハウス出産準備サイトのスタッフIです。

 

遊びの延長線上に学びを設定してはいけないと思います

1

I:まずは「子どもと遊び」について伺いたいと思います。最近、いろいろなところで「遊びの中で学ぶ」という言葉を耳にします。なんとなくイメージとしては理解しているつもりなのですが……子どもたちは遊びの中で何をどう学んでいくものなのでしょうか?

高橋先生:うーん、僕には、「遊びの中で学ぶ」という意味がよく分かりません。そもそも楽しくて面白くて、遊びたいから遊んでいるわけですよね。子どもは「何かを学ぶため」に遊んでいるわけではないでしょう。

I:たしかに(苦笑)。

高橋先生:遊ぶことは、子どもにとって無条件に楽しくて夢中になれる実体験であるべきです。だから価値があるんです。遊びというものは何かの役に立つことを前提としてはいけないとさえ僕は思っています。ただ、遊びというのはとても大切なことであることは間違いありません。それは子どもにとっては遊びの世界が「社会」そのものだからです。

I:えっと…どういう意味でしょうか?

高橋先生:子どもは遊ぶことで社会そのものを体験する。遊びに没頭する中で自然と社会のルールを学んでいきます。とことん遊んでいれば、楽しいことの中でもちょっとした失敗を重ねるわけです。遊び相手を泣かしたり、おもちゃを壊したり。失敗も遊びの一部なんですね。その体験を通じて、失敗を恐れずに楽しむことの素晴らしさを実感するはずです。

I:そういう意味では、やっぱり学びはあるわけですよね?

高橋先生:もちろん結果としては、遊びによる学びは必ずあります。たとえば、遊びを通じていろいろなことに楽しみを見出す力を身につけられるかもしれません。これは十分「学び」と言えるものでしょう。

I:いろいろなことに楽しみを見出す力、ですか。

高橋先生:ええ。以前お話しした通り、日常生活の中にはたくさんの“興味の種”があるわけですが、それに気付き、楽しむ感性がなければ、人生は味気ないものになってしまいます。大人もそうですよね。仕事、子育て、家事、あたり前の日々を楽しめる人は幸せです。一見たいくつな日常に興味の種、遊びの種を見出す力を持った子どもは、それだけで日々の生活を楽しめるはずです。遊びを通じてそういう力を育むことは大切だと思います。

I:たしかに子どもって本当に些細なことに夢中になって遊んでいることがありますよね。あの時間が、彼ら彼女らにとってとても大切なんですね。

高橋先生:はい。ただこれだけは言いたいのですが、昨今、幼児教育の現場で言われているような「遊び学」みたいなものには疑問を持っています。なんというか、遊びの延長線上に学びを設定してはいけないような気がするんですよ。

I:なるほど…。遊びはそれそのものが大切なのであって、その先の「なにか」を求めるものではないと。遊びになにかしらの“付加価値”があればいいなと思うことがありますが、それは親のエゴなのかもしれませんね。

一人でなにかを学ぶより、子ども同士で遊ぶ時間の方がはるかに貴重です

3

I:子どもにとって遊びは大切であることは間違いないとして、たとえば教育熱心な親御さんですと遊びの時間をちょっとだけ少なくして、勉強をがんばらせたりする方もいらっしゃると思います。遊びも大切だけど、将来のために勉強もさせたい。なかなか悩ましいところですが、先生はこのあたりどうお考えでしょうか?

高橋先生:勉強というのは基本的にはひとりでするものでしょう。あるいは大人と向かい合ってする。でも、幼児教育の原則は「子ども同士で遊ばせる」なんですよ。睡眠と食事以外の時間は遊んでいるのが幼児期です。特に社会性やコミュニケーション力、適応力、共感力を身に付けるためには、子ども同士で自由に遊ぶ時間にこそ大きな意義があると僕は思います。繰り返しますけれど、子どもが友だちと遊んでいる時に、親はそこでなにかを学ばせようと思わないことです。夢中で遊ぶことで子ども自身が無意識に身に付けていくものこそが人として生きる上で大切なことなのですから。

I:それでは一緒に遊ぶ友だちは同じぐらい年齢の子がいいのでしょうか。それとも年齢もタイプも違う子と遊ぶ方が面白かったりするものですか?

高橋先生:誰と、どう遊ぶかは子どもたちが決めるべきこと。良い、悪いの問題ではないと思います。それは幼稚園や保育園の日常を見ていると分かりますよね。放っておくと、だいたい同年代の子が一緒に遊ぶものです。しかも女の子は女の子同士、男の子は男の子同士でくっついている。時には女の子の“ごっこ遊び”に男の子がお客さんとしてお呼ばれして関わり合うこともあります。ごっこ遊びではいろんな役割分担がありますよね。赤ちゃん役の子がいたり、病人がいたりと。まさしく社会人ごっこですよ。

I:子どもも大人の社会と同じような集団を作って遊ぶわけですね。

高橋先生:そうです。自閉症とか注意欠陥多動症ではないかと心配になり、病院にお子さんを連れてこられる親御さんには「同年代の子どもと遊べますか?」と質問します。「はい」と即答ならひと安心です。一方、好んで下の年齢の子と遊びたがるお子さんもいますから、答えが「いいえ」でも慌てる必要はありません。もちろん診察の結果によっては医学的に問題がある場合もありますが、知能の発達が正常で、お子さん自身が日常生活を楽しんでいれば、あまり心配せずにお子さんがやりたがるように遊ばせてあげるといいと思いますよ。

I:お友だちと遊べば、協調性が必要になってくるし、共感する心も育ちそうです。もちろん我慢することも覚えるのでしょう。子どもは他者と深く関わり合うことで、自立心が芽生え、自信を持って行動できるようになる。子どもたちの遊びの世界は大人が考えるよりもずっと奥深いのかも知れませんね。

どうか“正しい子育て”にとらわれないでください

2

ここからはテーマを変えて、高橋先生が考える「現代の子育て」について。親世代、もしくは祖父母の世代からよく言われる「私の時代の子育ては〜」というお話。参考になるときもあれば、ちょっと時代が変わったんだからそれを今言われても…と戸惑うこともあるでしょう。先生ご自身が、この数十年での“子育ての変化”をどうご覧になっているのでしょうか?

I:先生は小児科医になられて37年、その間たくさんのお子さんやママ・パパを見てこられているかと思います。その中で“子育ての変化”をどう見ておられますか?

高橋先生:以前にも申し上げたかもしれないですが、親子関係の本質は、人類の進化の過程で遺伝子がほとんど変わっていないのと同じくらい変わっていないと思います。母性や父性、子どもがお母さんやお父さんを思う気持ちは決して変わるものではありません。

I:ただ社会そのもの、子育てを巡る環境は変化してきていますよね。

高橋先生:時代とともに大きく変わったこともあります。一番の変化はインターネット上でおびただしい量の子育て関連の情報が簡単に手に入るようになったこと。しかもそれらの情報は、子育てに関してはほとんど正しい。正しいってところが実は問題でしてね。正しい情報を知るということと、それを自分の育児に取り入れるということは全く別だということを知っておいた方がいいと思います。

I:子育ての正しい情報を取り入れることが、結果的に間違いを引き起こすことがあるというわけですか?

高橋先生:おいしい食べ物であると知っていることと、おいしい食べ物なら何でも食べなきゃいけないと考えることは全然違うでしょう。おいしいものを全部食べていたらお腹をこわしてしまいます。それと同じで、正しい子育て法だからといって、実際にやらなければならないというわけではありません。

I:たしかに…。ネット上に溢れている、正しいと言われている子育てを全部取り入れるなんてできないですね。

高橋先生:子育ては、昔はおばあちゃんや先輩ママの話から基本的な知識を得て、実践していく中で失敗を繰り返しながら親も成長していくものでした。でも今はネットを覗くだけで、正しい育児法とか、子どもの成長をうながす食べ物とか、自分にとって必要のない情報でも目に入ってしまう時代です。そして標準的な育児や“失敗しない育児”と言われるものが気になってしまい、親御さんが自分のしていることに自信を持てなくなってしまう傾向があるんですね。

I:ただ自信がないからこそ、ネットで調べてしまうんですよね。

高橋先生:そこですよ。悪循環ですね。ネット上にある“正しい”育児と自分の育児を比べ始めると、絶対に“負け”ます。そうなると、もう負け続ける育児になってしまう。“ここに注意”というネット記事を見てわが子は発達障害かもしれないと心配になったり、“正常の発達はこれ”という記事を読んで居ても立ってもいられなくなったりする。

I:実際に知っている相手ではないのに、ネット上の子どもとわが子を比べて焦ってしまう……ありがちな事ですね。

高橋先生:子どもたちが成長、発達するスピードは小さいころほど個人差が大きい。ネットの世界が決めた“正常児”と自分の子を比べること自体がナンセンスです。ここで「全ての正常なものにはばらつきがある」ということを強調したいです。歩き始める時期も、お話しするようになる時期も、あるいは身長や体重も。“正常”という言葉が使われていても、その多くが“平均”であり、そこからはずれていたとしても決して“異常”ではないのです。

I:そこは改めて親として認識しておくべきことですね。

高橋先生:子育て期は、子どもと親が向かい合って実体験を積み重ねる貴重な時間です。子どもはいずれ成長して巣立っていきますから、子育ての時間は限られています。そんな時に他人の情報に振り回されて子育てを楽しむことを忘れたらもったいない。子どもたちが日々の生活の中で自ら遊びの種を見つけ、夢中になっているように、まずは自分の子どもを信じ、わが子を思う自分の気持ちを信じ、何をすべきか、何をしてあげたいのか、感じるままにお子さんと時間をすごせば、それが最高の子育てではないでしょうか。子どもたちが遊びに夢中になるように、親も育児に夢中になっていれば、それで十分、それが一番です。親はみんな子育てが終わってはじめて、それがどんなに楽しく貴重な時間であったかを知るものなんです。

I:子育ては本当に大変だけれど、わが子の成長はそれを補って余りある喜びを与えてくれると実感することもしばしばです。今は子どもとすごす時間を満喫して、いい親子関係を築いていきたいと思います。今日も盛りだくさんの内容をありがとうございました!

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る