連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 子どもの興味を育てるためにママ・パパができること

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
子どもの興味を育てるために
ママ・パパができること

妊娠・出産インフォ

小さなころから興味を持っていたことにとことん取り組んで、スポーツや芸術・学術の分野で活躍する人がいます。それほど特別な才能がなくても、興味のあることに打ち込んでいる人は生き生きとしていて、充実した人生を歩んでいるように見えます。

わが子が自分らしく能力を発揮するのに役立つなら、少しでも早く好きなことを見つけられるように手助けしたいと考えるママ・パパは少なくないでしょう。でもどうしたら、子どもが興味を持って取り組む「なにか」を見つけることができるのでしょうか。

今回のテーマは「子どもの興味を育てるためにママ・パパができること」。おなじみの慶應義塾大学医学部教授の高橋たかお先生がママ・パパの気持ちに寄り添ってわかりやすく解説してくださいます。聞き手は自らも2児のパパであるミキハウス出産準備サイトのスタッフIです。

 

「興味の種」は目には見えないけど、そこら中にぷかぷかと浮いているものです

1

I:今日は「子どもの興味のきっかけが生まれる時」をテーマにお話を伺いたいと思います。同じように育てていても、兄弟姉妹でも好きなことや興味を示すものが違うことはよくあることですね。そこで素朴な疑問です。子どもの興味の“種”はどこから来るものなのでしょうか?

高橋先生:子どもの興味がどこから芽生えるかは、大人たちが予測したり、コントロールしたりできることではないのでは。良いたとえとは言えませんが、それはまるでお風呂のカビのように、どこからやってきたのか分からないけれど、いつの間にか増殖するもの。いつの間にか子どもの中で大きくなり、態度や行動として見えるようになって初めて親はそれと気づくものなんですよね。多分その“種”は私たちの回りにぷかぷかと浮遊しているけれど、子どもたちにしか見えない。映画『となりのトトロ』に出てくる“まっくろくろすけ”みたいなもので、興味を持った子どもはそれを追っかけていくんだと思いますよ。

I:“まっくろくろすけ”はわかりやすいですね! つまり、本当は身近なところに子どもの興味の種はたくさんあるのに、大人には見えない……だからこそ、僕もこんな質問をしているのかもしれないですね(笑)。

高橋先生:そうかもしれませんね。子どもがなにかを好きになるきっかけは大人が想像するよりもいろいろな形で存在しているのではないでしょうか。大人でもそうですが、特に子どもは、出会ったとたんに「これだ!」と興味を持つことってありますよね。遊びに行った友だちの家で猫に出会い、そのかわいさに夢中になったりね。

I:子どもが夢中になれるものを発見して、目を輝かせているのを見ると、本当に幸せな気持ちになれます。

高橋先生:子どもの感性は非常に豊かで鋭いですから、放っておいても見つけてくるんですよ。そもそもなにかに夢中になる要素として「自分で見つけた」と思えることも大切。例をあげると(小さな子どもの話ではないですが)、おしゃれを自負する女の子たちは、「私がいいと感じて買ったら、流行り始めた」と思っているふしがある。流行を追っているのではなく、自分の好きな服を自分で選んで着ているんだと。実際は、お店に並んでいる服から選ぶわけですから、売る側の「今シーズンはこれ」という思惑に乗せられているというのが現実ですよね。でも彼女らは、あたかも自分が主導権を握って選んだと感じている。現実はそうではなくても、「自分で見つけた」と思い込めること……これは、子どもがなにかを好きになったり、夢中になったりする条件としてとても重要だと思います。

子どもが興味を持てないことを、親が押し付けるべきではありません

2

I:興味の種は、実はそのあたりにたくさん転がっている。だとして、意識的に親がそれを目の前に置くことについてはどうお考えでしょうか?

高橋先生:どういう意味です?

I:転がっている興味の種にも大小あると思うんです。たとえばスポーツだけをとっても、野球やサッカーなどいわゆるメジャーなスポーツは、興味を持つきっかけがたくさん転がっています。テレビをつければプロから高校生などアマチュアまで、いろいろな層で試合をしていますしね。一方でややマイナーなスポーツの場合は、親なり周りの人なりがある程度意識をしてきっかけを与えないと、なかなか興味を持つこともないのかなと。

高橋先生:たしかにその通りですね。親自身が興味を持っていることを子どもにも勧めること自体はよいことだと思います。たとえばスポーツ一家に生まれた子は、“スポーツ遺伝子”を持っているもの。そして、その親がマイナースポーツの経験者だったり、大好きだったりする。そのスポーツをやらせるのは自然だし、正しい選択だと思います。なぜなら、その子もそのスポーツに興味を持ち、才能を開花させるチャンスがあるからです。親が好きなものは子どもも好きになる可能性が高いんですよ。

I:それが押し付けではなければ、ですよね。

高橋先生:はい、それは大前提ですね。

3

I:いろいろお話をお聞きしていると、環境の影響は大きいような気がしてきました。歌舞伎役者の家に生まれた子どもたちは2、3歳でも堂々と口上を述べたりするし、小さい頃から柔道とか卓球とかで頭角を現すような選手は、親御さんが指導者だったすることは多いですしね。

高橋先生:でも、それらは特殊な例ですから、どこの家庭にも当てはまるとは思わないことです。いずれにせよ親が「集中力がつきそうなスポーツだから」などという理由で、自分は体験したこともないし、それほど興味を持っているわけでもないことを子どもに押し付けるのはどうかと思います。もちろん、たまたま好きになることだってあるかもしれない。子どもが続けたがるなら続ければいいけれど、興味を持てなければやめさせるぐらいの気持ちの余裕は必要でしょう。「こんなにお金かけたんだから、もっと上手になるまで、せめて試合に出られるようになるまでがんばりなさい!」なんてことになると、子どもは親に命令されていやいやながらやっている状態なわけです。そのような状況で、興味がわいてきて、才能が開花するなんてことはあまり期待できません。

I:本人の意思がなにより大切なんですね。ただ、子どもがなにに夢中になるのかなんてわからないし、意外なこと・ものに興味を示すかもしれないじゃないですか。ということを考えると、子どもが興味を持てる「なにか」を見つけるチャンスは何度でも与えてあげた方がいいということでしょうか?

高橋先生:多分、正解はないと思います。ただ、チャンスは多ければ多いほどいいというものではありません。なんでもやらせればいい、バットを数多く振ればそのうち当たるというものではないということだと思います。

I:なるほど。

高橋先生:チャンスが多ければ、いずれ当たるかもしれない――たしかに確率論的にはそうなんだけれど、いっぱいありすぎると逆に感度が落ちるってことも考えた方がいいです。美味しそうなものがたくさん並んだバイキングに行くと、何を選んでいいのか分からなくなることがあるでしょう。あれと同じことが起きるんですよね。ですから退屈な日常の中でキラッと光るものを見つけたときの心のときめきこそが重要なんです。それを考えると、ママやパパも何でもかんでも、とにかくいっぱい見せてあげなきゃ、やらせてあげなきゃって心配する必要もないと思うんですよね。

子どもが夢中になりだしたら、放っておいてあげることが重要です

4

I:子どもを信じないわけではないのですが、ホントに自分で興味の種を見つけてくれるものでしょうか。

高橋先生:ピンと来るときは来るし、これだと思うものがあれば夢中になってくれるものです。それが、どんなにつまらないものでもいいんです。親が望むようなものでなくてもね。とにかく夢中になっている様子があったらちょっと放っておいてあげた方がいい

I:どんなつまらないものでも、ですか。

高橋先生:そう。うちの長男なんて、子どものころ「これだ!」とピンと来たのは道端の石ころだったんですよ(笑)。外に出るといつもたくさん石を拾って、家に帰ってくるころには服のポケットの中は石ころだらけでした。

I:おお、先生のお子さんでも……って言い方も失礼かもしれませんが、ちょっと面白そうな話ですね(笑)。

高橋先生:まぁ、親としては困惑しないでもなかったんですけど、好きなようにさせていたんです。そんなある日、お隣の宝石商をしているおばちゃんが、「私も子どもの頃から石が大好きだったのよ。あなたいいセンスしてるね~」と褒めてくれて、宝石展に連れて行ってくれたんです。そうしたらもう夢中になって、その場から動こうとしなかったそうです。まぁ、大人になった現在は、石とは関係のない仕事をしていますが、いまだに石のことは大好きですよ。蒐集はしていないようですが、けっこうな知識も持ち合わせているようで石の話となると嬉しそうにしています。その姿を見ていると、「あの時、おばちゃんのおかげで発芽したんだな」と思うんです。

I:興味に共感してくれる人がいたことで、興味の「種」が「発芽」したと。

高橋先生:ええ。繰り返しになりますが、強調したいのは子どもが自分で見つけて興味を持ったり、夢中になっていることがあるなら、それが親にしてみればつまらないもの、役に立ちそうもないものであっても、その行為に水を差さないことがとても大切だということです。もちろん危険なこととか、ひととして間違った行為は止めるべきですが、そうでなければ、とことんやらせてあげたらいいんじゃないでしょうか。ただ、親としては子どもがなにかに興味を持っただけで、子どものやる気や才能にスイッチが入ったとか、将来の役に立つかもしれないとか、そんなことを期待してしまうのでしょうが、それは違いますね。子どもは多くのものに興味を持つ才能を持っています。興味の守備範囲が広いのです。興味が長続きしなかったとしても、それを「飽きっぽい」「すぐ目移りする」と否定するのはお門違いです。

I:親はついその視点で見てしまいがちですからね。ちなみに、子どもがのめり込んでいるかどうかの判断基準、バロメーターみたいなものはあるんでしょうか?

高橋先生:親であれば、子どもの様子を見ているだけで分かるのでは。興味が湧かない時、子どもはとても冷静に「いらない」「やらない」と言うものですよ。

5

I:興味のないことをやらせても、あまり伸びないものですか?

高橋先生:興味のないことでも繰り返しやることで上達するものです。それはそれでいい経験です。そして、なにかのきっかけで興味がわいてくることだってあるかもしれません。でも、努力を積み重ねることで得意になったり興味を持ったりすることはあっても、おそらく夢中にはならないと思うんです。夢中になるものって、ある意味で「ひとめぼれ」です。ピンとくるものなんですよね。つまり、身の回りに漂っているものの中から、「ピン!」ときたものに子どもは夢中になるんですよ。「これが好き!」とか「やってみたい!」と思う気持ちが一番大切です。

I:そうですよね。

高橋先生:私たち大人は“集中”という言い方をしがちですが、子どもたちにとって「集中しろ」と言われることはむしろ苦痛です。それよりも夢中になることが大切。夢中になっている時が一番、幸せなんじゃないですか。夢中になるためにはふたつの条件が必要です。ひとつ目は、それをやることで快感が得られること。ふたつ目は、いつまでも飽きないことです。その意味では何かに夢中な状態とは “中毒”になっている状態に似ているような気がします。もし、そんなものがあるなら飽きるまでやらせてあげてください。もしかしたら一生飽きないかも知れない。それはきっと素晴らしいことですよね。ただ、中毒が依存症になるとまずいです。ネットゲームなどに夢中になった挙げ句、ゲーム依存症、つまりゲームが無くては不安、不快になる状態になったら問題です。そこだけは気をつけてあげてくださいね。

I:はい! 夢中になっていることがあれば、ママ・パパはむやみに干渉せずに見守ってあげるべきという先生のお言葉は心に留めておきたいと思います。今日のお話も大変参考になりました。ありがとうございました!

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る