【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】子ども同士のトラブルに親はどれくらい“介入”すべき?

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
子ども同士のトラブルに
親はどれくらい“介入”すべき?

妊娠・出産インフォ

遊び場や幼稚園、保育園、公園など子どもが集まる場所では、子ども同士の争いやトラブルがつきもの。ちょっと乱暴な子はつい手を出してしまったり、おもちゃを奪ってしまったり。そして、やられた子は泣いてなにもできないでいたり…。そんな様子を見ていると親として、なにかしてあげたいと思うもの。でも、子どもの“いざこざ”に親はどれくらい介入していいものなのでしょうか? 慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生に伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

“正解”を知っていても、親は口出しをするべきではありません。

 “正解”を知っていても、親は口出しをするべきではありません。

担当編集I(以下、I): 子どもが1歳すぎになると、公園や児童館などで同年代の友だちと遊ぶ機会も増えてきて、小さいなりに人間関係のトラブルを経験するようになりますよね。大切にしているおもちゃを他の子に取り上げられて泣いたり、逆に他の子にちょっと乱暴をして泣かせたり。人間同士の“いざこざ”というものは、こんな時期から始まるものなんだなぁと見ていますが、程度によっては親が介入した方がいいかなと思うこともあります。

高橋先生: まさに「程度によっては」の「程度」によりますね。基本的には、子ども同士のいざこざに親が口をだすのはいいことではないと思います。

I:それはそうですよね。でも例えば、おもちゃを取り上げられそうになって頑なに渡そうとしなかった時に、ついつい「お友だちに貸してあげようね」と声をかけてしまいがちなんですけど、こういうのも余計な口出しになりますか?

高橋先生:それは余計ですね。小さな子でも貸してあげるか、あげないかは自分で決めたいものです。仮に貸してあげるのが正しくても、それは親が決めることではないんです。だから放っておくしかない。それで子ども同士でけんかになってもいいんじゃないでしょうか。

I: けんかになってもいいかぁ(苦笑)。そこまで余裕を持って子育てできないんですよね…。ちなみに、こうした方がいいよな、という“答え”が見えていても、親は子どもが自発的に行動するのを待つべきですか?

高橋先生: ええ、子どもに自分で考える力を身につけて欲しいなら、その方がいいと思います。“不条理”の中で学ぶべきことはたくさんあって、都度、小さな子どもでも「どうすればいいのか」と判断や選択をしているわけです。

I:なるほど。仮に良かれと思っても、親が導線を引くことで子どもの学びの機会を奪わないほうがいい、というのが先生のお考えですね。

高橋先生:はい。もちろん他人を傷つけたり、大きな事故につながりそうなときは割ってはいるべきですけどね。少し意地悪な要求をされたり、逆に自分がした場合に、相手の表情や様子を見て、子どもは「相手には相手の思いや立場がある」ということに気づくものです。そういう思考は、思いやりを育てるために最も大切です。親がいつも口を挟んでいると、子どもは自分で考えるのをやめてしまい、そうした相手を思いやる気持ちの芽を摘むことにもなりかねません。

子どもはしてはいけない事を本能で知っています。

 子どもはしてはいけない事を本能で知っています。

I:いわゆる「反面教師」という言葉がありますよね。悪い意味での手本となる人や物事を指しますが、たとえば他の子に持っていたおもちゃを半ば強引に取られたとします。本人は貸したくないけれども、渋々貸したと。こういう時に、「貸してあげられて偉かったね」と褒めつつ、自分の子にはそうなってほしくないから、「本当はあんなことをしてはいけないから真似しちゃだめだよ」と教えてあげたりしてしまうことがよくあります。

高橋先生:う〜ん。「貸してあげられて偉かったね」で止めておけばいいのに。「本当はあんなことをしてはいけないんだよ」と言ってしまったら、それはやりすぎかと思いますね。そんなことを言わなくても、子どもはお友だちの行為が“あまりいいことではない”とわかりますよ。いくら幼いとはいえ、人のものを強引に取り上げることが悪いことくらいは実感として気づいているはずです。何よりも、子どもの面前で他の子どもを非難するようなことは決してしない方がいい。子ども自身の持っている共感力を親が弱めてしまうことになりかねません。

I:言わなくてもわかると。悲しい気持ちを慰めようと共感することは大事だけれども、お友だちを「貶す(けなす)」ことにもつながるような共感の仕方はよくないわけですね。まぁ、それはそうですよね…。

高橋先生:自分の大事なものを奪われた時の悲しみや悔しさっていうのは、体で覚える感覚ですから、ことさらに説明する必要はないと僕は思うんです。人を不快にするようなことをしてはいけない。それは本能的に感じるべきことです。幼くて分からない、ということはないはずです。 親が子どものトラブルに干渉してしまうのは、自分と同じ悔しい思いや悲しい気持ちを、子どもには味あわせたくないという親心ですね。でもそれは成長していくために必要な経験だと思いますよ。

トラブルは学習のチャンスです。 叱る時はその場ではっきりと。

トラブルは学習のチャンスです。 叱る時はその場ではっきりと。

高橋先生:子ども同士のトラブルが起きた時に本来大切なことは、やられた側の子の親がどうするかではなく、やってしまった側の親がどう対応するかということでしょうね。

I:つまり“加害者側”のママとパパの対応が大切だと。

高橋先生:ええ。まずはその場で「お友だちが大事にしているものを無理やり取り上げるのはよくないことだよ」とちゃんと叱りましょう。短い言葉ではっきりと叱る。ポイントはその場ですぐに手短に、です。

I: これもケースバイケースですが、例えば叱っていると子どもが“ギャン泣き”して、途中から収拾がつかなくなることもよくあります。その場合に、冷静になったタイミングでお話をしようというママ・パパも多いと思うんです。数時間、もしくは翌日に「こんなことがあったね。あまりよくなかったね。なんであんなことやったの?」みたいな感じで説明すると、理解を示してくれることも多々あるのかなと。

高橋先生:「振り返り」ってやつですね。決して否定するわけではなく、子どもがそれを受け入れて身につく環境であれば悪くはないと思います。でも多くの場合、蛇足と言えるのでは。「振り返り」が度重なって来ると、だんだん効果も弱くなって、子どもの心に残らなくなってしまいます。子どもを叱る際は、その場で冷静にきつく言うことが肝心です。

I:やった側は叱るとして、やられた側の親は我慢するべきなんでしょうか?

高橋先生:そこは難しいですよね。ただ子どもが失敗したとき、負けたときは褒めるチャンスであり、何かを学ぶチャンスでもあるのと同様、嫌なことをされたとき、トラブルに巻き込まれたときも、なにかを学ぶチャンスだと考えてほしいですね。少々のことではへこたれない人間になって欲しいと思うなら、「試練だね。ここを乗り越えて、強くなってね」と願いつつ、見守っていたらいいのではないでしょうか。

I:そこも見守るべきなのですね。わが子のことをそれくらいの距離感で見られる冷静さが必要ですね。

高橋先生:子どものことは、子どもに任せる。子どもの力を信じるという親の姿勢は子育てに不可欠だと思います。3歳ぐらいになれば、ルールを守れるようになります。4歳になれば、ルールを守らない子は仲間から注意されるでしょう。友だちの中でいつも負けている、弱い立場にあるわが子がかわいそうに思えても、強くたくましく育つための大きな試験問題を出されたと思って放っておけばいいんですよ。

I:そうですよね、そうですよね…もちろん子どもを信じているんだけれど、自分がちょっと支えてあげないと、このまま真っすぐ歩いていけないんじゃないかっていう不安がいつになってもつきまとうんですよね(苦笑)。

高橋先生:真っすぐ歩いてなんかいかなくていいんですよ。親からしてまっすぐは歩いていませんよね、トラブルや後悔続きで・・・(笑)。繰り返しになりますけど、子ども同士のトラブルは子ども同士が話し合ったり、感じ合ったり、お互いを思いやる中で解決していけばいいもの。最近の小学校では、トラブルがあったときに、すぐに「動く」先生が多くなっていると聞きます。保護者から苦情が寄せられる前に未然にトラブルを防ごうというのも無理からぬことですが、ちょっともったいないような気もします。トラブルから学ぶことはたくさんあります。もちろんイジメは別として、ちょっとした諍い(いさかい)を、問題が発展しないように先回りして火消しするようでは、学びの機会を奪うことにもなりかねません。口出ししたくても、じっと我慢で子どもを見守る。これが基本だと思います。

I:わかりました。子ども同士のトラブルを見守るためには、自分の子ども信じることもさることながら、親同士の信頼関係をしっかり構築することが大切なのではないか、とお話を聞きながら思いました。やられた側の親もやった側の親も、何かもやもやした気持ちが残らないように、その場で叱る必要があるときは叱りつつ、「ウチの子がごめんなさい」「いいのよ、大丈夫。ウチの子も強くなってほしいわ」といった親同士の対話、コミュニケーションがあるだけで随分変わりますよね。本日もありがとうございました!

 

※            ※           ※

子どもは日々の生活の中で得るたくさんの経験から、自らで多くを学んでいきます。おもちゃの取り合いも、仲間はずれも、その時は悲しくつらい気持ちになっても、その経験を糧にきっと大きく成長できるはず。やさしく、たくましくと願うなら、まずはママ・パパがおおらかな気持ちで子どもの世界を優しく見守ってあげたいですね。

妊娠・出産インフォ トップに戻る