連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」ひとり親、地域格差、貧困――“困難な環境”における子育てについて

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」
ひとり親、地域格差、貧困――
“困難な環境”における子育てについて

妊娠・出産インフォ

無邪気に笑う赤ちゃんの姿に育児の疲れも吹き飛んで、「この子が夢を叶えられるように、理想的な環境で育ててやりたい」と願うのは親心です。でも、ひとり親とか、金銭的なゆとりがない、住んでいるエリアが教育熱心じゃない…などの理由で、子どもの将来に不安を持つママ・パパもいます。コロナ禍でそうした不安が一層強くなる中、子どもたちが将来それぞれに自分の能力を存分に発揮できるようになるために、今何をしてあげたらいいのでしょうか。慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生に伺います。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

ひとり親はハンディなんかじゃありません

担当編集I(以下、I):厚生労働省が平成28年度に行った「全国ひとり親世帯等調査」(※1)によると、日本の母子世帯数は約123万世帯、父子世帯は約19万世帯で、18歳未満の子どもがいる世帯1167万世帯(※2)の約12%を占めています。子どものうち、8人に1人が“ひとり親”ということなのですが、ひとり親家庭で育つことは子どもたちにとってどんな影響があるでしょうか?

高橋先生:僕も幼い頃に父を亡くし、母子家庭で育っているんです。大人になって振り返ってみると、僕と弟、二人の子どもを抱えて母は経済的にも大変だったろうなと思います。でも、当時は孤独感を感じることはなく、ひとり親という理由で嫌な思いをしたという記憶もありません。日常生活では、もちろん子どもながらにつらいことはありました。でも、母子家庭であることとは無関係のことばかりでした。シングルマザーであるためのハンディと言えるようなものって意外に少ないのではないでしょうか。わが子に対しても、周囲の人に対しても、シングルマザーであることに負い目を感じる必要はありません。

シングルマザーであることに負い目を感じる必要はありません

I:ひとり親家庭で育った先生のお言葉なので説得力があります。ただ、あえて議論のためにお話させていただきますと、OECD(経済協力開発機構)の調査によると、ひとり親世帯で、なおかつ親が就業している場合の相対的貧困率(全国民の所得の中央値の半分を下回っている割合)は、日本が54.6%と先進国でワースト1位です。子どもの6人に1人は貧困状態にあり、それが固着しつつあるというのが社会問題となっています。

高橋先生:うちも母子家庭で生活保護世帯でしたけど、子どもの目から見ると日々の生活に特に問題はなかったんですけどねぇ。でも、それは個人のケースだと…一般論としては「シングルマザーであることに加えて貧しい、それが子どもに影響しないわけはない」という指摘ですよね。あるいは、豊かな家庭に育っている子どもと比べられることによって、貧困家庭の子どもは劣等感を抱くのではないか。それが、その子の将来に悪い影響を与えるのではないか、そういう話ですよね?

I:ええ。貧しい環境が、その子の未来の可能性を制限するのではないか、ということをずばりお聞きしたく。

高橋先生:もちろん程度にもよるかと思いますが、日本のような“恵まれた国”において相対的に貧困だったとしても、それだけが原因となって子どもの可能性が制限されるということは考えにくいと思っています。ここは、子どもを信じるしかないのですが、そもそも子どもは貧乏だということで、それだけを理由に劣等感を抱くようなことはないと僕は信じています。子ども同士は、親が一人か二人か、裕福な家庭かどうかということで互いを別け隔てするようなことはないはずです。もしもそういう子がいたとしたら、大人がそのような間違った考えを吹き込んでいるのではないでしょうか。もし、あなたのお子さんが友だちに向かって「お前なんかお母さん一人で貧乏なんだろう」と本気で言ったとしたら、それは決して言ってはならないこと、いや、思ってもならないことなのだと、きつく言ってきかせるべきです。

I:たしかに、お金がないことに劣等感を感じるのは大人だけかもしれません。

高橋先生:ウチは貧乏だから、この子はいじめられているんじゃないか、他の子どもにバカにされているんじゃないか、と先回りして勘ぐるのは、多分お母さん自身がシングルマザーであることに劣等感を持っているからではないでしょうか。繰り返しますが、そんなことで劣等感を抱くのはやめましょう。親ひとりで子どもを育てていることは、なにも恥ずべきことではありません。子どもを不幸にもしません。「シングルマザーでごめんね。こんなママに育てられているあなたがかわいそう」なんていう考えは今すぐ捨てましょう。そんなことを親に言われ続けたら、困難を乗り越えて成長していこうとする子どもの意欲、自己肯定感を削いでしまいかねません。

I:ひとり親は大変である、と言いすぎないほうがいいと?

高橋先生:もちろん親御さんは大変だと思いますよ。また、子どもにとってもひとり親に育てられているということは、本人はそうと感じていなくても、困難と言えば困難かも知れない。しかし、どんな子どもも、成長していく中でありとあらゆる困難に出会うものです。ひとり親だという困難がひとつ加わったくらいで子どもの人生が変わってしまうなんて到底ありえないと思います。

I︰母子家庭、父子家庭の方には、すごく勇気が出てくる言葉ですね。

高橋先生:ママとパパが揃っていて、ふたりで上手に助け合っていても子育ては大変なものです。それをひとりでやるとなると、やっぱり親は元気でいなくてはならない。落ち込んでいる場合ではありません。だからね、自信を持って子どもに向き合って欲しい。それが一番です。夫婦揃って社会的な地位が高く、高収入の家庭の子どもが、精神的な問題を抱えて摂食障害になって入院してくることだってあります。何の不自由もない家庭に見えても叩けばホコリが出るようなことは珍しくないでしょう。小児科医として多くの家庭の様々な問題を見てきた経験から、ひとり親という困難なんて実は他愛もないことだと思われてくるのです。

自己肯定感があれば、格差をエネルギーに成長できるのでは

自己肯定感があれば、格差をエネルギーに成長できるのでは

I:この夏、ある記事がSNS上で話題となりました。長崎県諫早市に暮らす高校3年生の女性が描いた地域間格差をテーマにしたもので、10代の子たちが直面している「格差の現実」がリアリティをもって描写されています。住んでいる地域や、その他の環境要因で、目指せるゴールが違うのではないか。今はデジタルデバイスもあるし、本人が“その気”にさえなれば高みを目指せるのだから、そうしないのであればそれは自己責任である――彼女はそうした一般論に対して強烈なカウンターを放っています。先生も読まれました?

高橋先生:はい、送っていただいたので読みました。

I:将来は世界中の貧困や格差の問題を解決するために、国際舞台で活躍したいという大きな夢を持っている女性です。その彼女が、自分の身近にある格差について書いているんですよね。

高橋先生:格差を身をもって体感している状況が描かれていましたね。「このままではいけない」という危機感が彼女を動かす原動力、モチベーションになっているように感じました。そう感じられる人って強いですよ。彼女は自分を取り巻く格差にちゃんと気づいて、今の自分に危機感を持てたんです。共感力、意思決定力、そして自己肯定感が高い方なのですね、きっと。こういう人はどこに住んでいても、やることをちゃんとやるんだろうなって思いました。もちろん危機感が劣等感につながるタイプの子もいますので、そこが人生の大きな分かれ道になってくるのかもしれません。

I:地域格差が広がっていくことで、どんなに危機感を持ってどんなにがんばったとしてもそれが報われないような社会構造になりつつあるのではないかという指摘もありますよね。例えばシングルマザーで収入が低くて、お母さんは忙しすぎて子どもの言うことをちゃんと聞いてあげられないなんていう状態だと、子どもがもうちょっとがんばりたいという、いい意味での前向きな危機感に応えてあげられない…そうなると格差というのは問題になってくるのではないかと思うんですが。

高橋先生:たしかにそのとおりですね。だからこそ、お父さん、お母さんには、どんな状況であっても、子どもの自己肯定感を削がないように心がけていただきたいです。子どもの心の中に自由な発想が自然と生まれるような環境であれば、共感力と意思決定力も育まれ、自己肯定感は守られます。自己肯定感さえあれば、格差をエネルギーに、糧にして成長できるんだと僕は思います。

I:経済格差、地域間格差、教育格差…さまざまな格差がありますけど、それは社会をひとつの尺度で見た時に生じる“差”とも言えます。でも、世の中には本当はいろんな尺度があって、物差しは実は多様だということを示すのも必要なんでしょうね。単一の尺度での格差ばかりを意識しすぎると、劣等感につながりそうですし。

高橋先生:世の中にはいろんな尺度がある、つまり多様性ですね。最近、よく耳にする言葉です。みんな違うから面白いんですよ。その意味では、むしろ格差があることで人は生きる力を手に入れるのかも知れませんね。格差のない平坦な社会は僕にはそれほど魅力的には思えません。今の自分とは違う場所に行きたいという思いがあるからこそ、みんながんばるんです。自分を信じて努力すれば、チャンスは平等にあるのです。どのような環境にあっても、子どもたちが「それぞれの夢」を叶えることは決して夢ではないと思います。

 

※          ※          ※

大正末期の童謡詩人金子みすゞの『私と小鳥とすずと』の歌詞の中に使われている言葉に「みんなちがって、みんないい」という1節があります。ひとり親でも、裕福でない家庭でも、どんな地域に住んでいても、お互いの違いを認める心を持つことが、広い世界で自分の夢に向かって困難を乗り越える力を子どもに与えてくれるものかもしれません。まずはママ・パパから「みんなちがって、みんないい」を実践してみませんか?

〈参考資料〉
※1 平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果の概要について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000190571.pdf

※2 平成28年国民生活基礎調査の概況(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf

妊娠・出産インフォ トップに戻る