連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 子どもの能力が急速にのびる時期“クリティカル・ピリオド”を逃さないことが重要です

連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」 
子どもの能力が急速にのびる時期
“クリティカル・ピリオド”を逃さないことが重要です

妊娠・出産インフォ

当連載で2017年8月に配信した記事は大きな話題になりました。その中で、慶應大学医学部教授で小児科医の高橋たかお先生は、「子どもは遺伝子によってあらかじめ決められた通りに育つもので、早期教育など環境要因は発育に大きな影響を与えない」と指摘し、「持って生まれた能力は“必要なとき”に自然と発揮されます」と締めくくっています。ここで素朴な疑問です。“必要なとき”は、どんなときで、それは誰にでも訪れるものなのでしょうか? 能力が自然と花開く時期について、高橋先生にお聞きしました。

 

子どもが能力を手に入れるために特に重要な期間を“クリティカル・ピリオド”と言います

子どもが能力を手に入れるために特に重要な期間を“クリティカル・ピリオド”と言います

担当編集I(以下、I):以前、早期教育についてのお話を伺った時に、先生は「子どもは遺伝子によってあらかじめ決められた通りに育つもので、早期教育など環境要因は発育に大きな影響を与えない」と仰っていましたよね。今の日本の恵まれた育児環境を考えれば、無理に特別な体験や勉強をさせなくても、出来る子は自然と出来るようになるから、焦る必要はありませんよ、というお話でした。

高橋先生:はい。ただ、誤解を招いているところもあるな、と思っているんですよ。

I :誤解ですか?

高橋先生:すべての能力は遺伝で決まっているから、頭のいい子は生まれながらにして恵まれていて、そうじゃない子は努力なんてしても無駄だ、と解釈された方がいらっしゃるならそれは大きな誤解です。さらに親にしてみれば「無駄だったかな」と思えることでも、子どもたちとっては意義深い体験も数多くあるはずです。また、通常であれば当然あったはずの“やってみる機会”がなかったことによって、本来であれば自然に身に付くはずであった能力が身につかなくなることもあるでしょう。

I :それはそうですよね。努力が報われることは、大人になった私たちも過去の経験から知っています。一方で、先生は「持って生まれた能力は“必要なとき”に自然と発揮されます」とも仰っていますよね。能力が発揮される“必要なとき”っていうのは、いつ頃訪れるものなのでしょうか。要は、努力は無駄ではないけれども、すべての努力が同じように返ってくるわけではないとも思うんですね。であれば、かけた努力に対して、レスポンスのいい時期はいつなのか知っておきたいかなと。

高橋先生:なるほど。では、今日は “クリティカル・ピリオド”のお話をしましょう。日本語では“臨界期”と呼ばれていて、人間が特定の能力を獲得するための限られた時期を指す言葉です。

I:さまざまな能力には、それが伸びる時期があらかじめ決まっているということですか?

高橋先生:そういうことです。最も有名な例が視力の獲得です。生まれたばかりの赤ちゃんに眼帯をしてはいけないことをご存知でしょうか。赤ちゃんは生まれた直後から、外の光を感じ取りますが、それを遮ると視力を失ってしまうんです。このような時期のことを一般に“クリティカル・ピリオド”といいます。クリティカル・ピリオドは遺伝子のシナリオによって誰にも等しく与えられています。“努力に対してレスポンスのいい時期”とも言えますが、裏を返せば、その時に必要な体験(刺激や努力)がないと、一生涯その機能を失う可能性もある大切な期間です。

クリティカル・ピリオド

I :クリティカル・ピリオド…俄然、気になりますね。

高橋先生:脳や神経の発育・発達には刺激が不可欠です。子どもは遺伝子のシナリオに沿って順を追って発達していくのですが、ただ放っておきさえすれば、すべてのことが上手くいくかと言うとそうでもありません。あえて極端な例をあげれば、音も光もない場所にただ寝かされている赤ちゃんが、健やかに育つかというとそうではありませんよね。最低限、「普通の環境」が必要です。お母さん、お父さんとの暮らしの中で、声をかけられたり、おむつを替えてもらったり、食事を口に運んでもらったりする。そんなごく普通の日常生活でいいのです。普通の環境であれば、発達に必要な刺激は十分以上に用意されている、ということです。さきほどの視力の話も同じです。眼帯をつけたり、一切明かりのない部屋で育てない限り、必要な刺激は当然、受けることになります。簡単なことです。

I:普通の環境で、自然と育てていれば、様々な機能が身につくようになっているわけですね。ちなみに2歳ぐらいまでにクリティカル・ピリオドを迎える能力の中で、特に意識すべきものはありますか?

高橋先生:幼児期は様々な能力が一気に発達する時期であり、その意味では幼児期全体がクリティカル・ピリオドとも言えるかもしれません。この時期に身に着ける大切な能力をひとつだけあげるとすれば“言語能力”でしょうか。言語によるコミュニケーション力が急速に発達する時期は1歳すぎからですが、その前に、既に赤ちゃんは話しかけられる言葉の内容を理解し始めているのです。さらに、1歳前後で意味のある単語を発するようになります。それから小学校に上がるまでの間、つまり保育園、幼稚園に通っている時期は言語によるコミュニケーションにとって、とても大事な時期です。

I :1歳から6歳は、様々な言葉を覚える時期ですものね。よくバイリンガル教育でも、この時期に学ばせることが重要だと言われていますが。

高橋先生:たしかに、その時期に外国語を学ばせれば、非常に効率的に習得できるでしょう。でも、それが総合的に見て本当に好ましいかどうかは良く考えなければいけません。

I :と、申しますと?

高橋先生:言葉というのは、ただ聞き取れればいい、喋れたらいいというものではなく、「理解すること、考えること、伝えること」の役に立つことが重要だと思います。相手の言っていることを正しく理解すること、自分の考えをまとめること、それを正確に言葉で表すこと。そのような言語の役割を考えると、言語発達のクリティカル・ピリオドに、2つ(場合によってはそれ以上)の言語を同時に教えることには慎重にならざるをえません。

幼児期のバイリンガル教育には落とし穴もあります

幼児期のバイリンガル教育には落とし穴もあります

I :ズバリ、お聞きしますが、幼児期の多言語化学習はおすすめしないですか?

高橋先生:そうですね…と言っちゃうと、「子どもの能力を摘むことになるぞ」とお叱りを受けるのですけど(苦笑)。

I :たしかに…。ただ以前、ある研究者が、“本当の意味で多言語を操れる人は、もともとそういう脳の構造をしていて、それは人口比で言うとわずかしかいない”と仰っていたのを聞いたことがあります。

高橋先生:おそらくそれは間違っていないでしょうね。急速に言葉の概念を学習する段階で、母語と異なるふたつ目の言語を、それも日常生活とあまり関連していない場面で覚えさせようとすると、ほとんどの子どもは混乱すると思います。たしかに、幼児期は言語習得のクリティカル・ピリオドですから、ものすごいスピードで吸収するでしょう。多くの子どもたちが、外国語をある程度は使いこなせるようにはなると思います。しかし、そのようにして獲得した“言語”が、本当の意味で「理解すること、考えること、伝えること」に役立っているのか疑問が残ると思います。

I :なるほど。グローバル化がますます加速する、これからの社会は英語が必須である…という話を耳にするにつけ、早い時期から学ばせることで楽にさせたいと思ってしまいがちですが、もしかしたら“落とし穴”があるのかもしれませんね。

高橋先生:そう思います。“お母さん”という存在を身に染みて感じ取っている子どもが、そのイメージを表現するために「おかあさん」という言葉を使うことに意味があるのです。英語の「mother」でもフランス語の「La mère」でも、ドイツ語の「Mutter」でもなんでもいいのですが、複数の言葉の“意味”を同時に習得させることは、大きな意義がないばかりでなく、何か大切なことを邪魔するような気がしてなりません。まずは母語をしっかり“体験させる”ことが大切だと思います。

I :そもそも、バイリンガルと一言で言っても、様々なレベルがありますよね。とりあえず読み書き出来ますよという人から、母語と同じレベルでディベートできるような人まで。

高橋先生:そうですね。母語と同じレベルで操れる人がどれくらいいるかはわかりませんが、一方で、あまり勉強しなくても5か国語とか話せる人がいますよね。あれはどう見ても素質、遺伝的な要因によるとしか思えない。努力でなんとかなるものではないと思います。僕みたいに素質がない人間は、どんなに努力してもバイリンガルは無理ですね。

I :でも先生は英語が話せますよね?

高橋先生:バイリンガルというレベルには程遠いです。仕事の都合でアメリカに6年間ほど暮らしていましたから、意思疎通や論文執筆のツールとしては何とか英語を使いこなせるようになりましたが、渡米前は全くダメでした。テレビの英会話番組ですら、全くついて行けなかった(苦笑)。何が言いたいかというと、幼児期にわざわざ学ばなくても、その時が来たら、目的に応じて外国語を利用できるようになれば、それで十分じゃないですかね。

I :たしかにそうですね。

高橋先生:ちなみにうちの娘は、2歳〜8歳までアメリカで暮らしていたんですが、向こうではペラペラ喋っていた英語を日本に帰ってきて半年で忘れました(笑)。日本語で考え、理解し、伝えるのが当たり前になって、英語は必要なくなっちゃったのでしょう。逆に言うと、外国語を日本で使っていくのは、特に子どもにとってはなかなか大変じゃないかと思いますね。

I : 一方で環境的に、完全に多言語で育つ子もいますよね。たとえばお父さんとお母さんが別々の言語を話すご家庭とか。

高橋先生:そのような環境で、子どもが二つの言語をどう使い分けているのか不思議です。そのあたりは言語学者の先生にお聞きするのがいいと思います。小児神経科医の僕から見れば、家庭環境が完全にバイリンガルという言語環境は、言語を習得しながら理解力・思考力を育む、という点ではハンデになるような気がします。もっとも、ハンデを背負っているのは決して悪いことではありませんね。ただ、乗り越えなくてはならない壁があるような。でもお母さんとお父さんが異なる言語を使っていたら、子どもはきっとどんなに高い壁も平気で乗り越えるのでしょうね。家庭ほど素晴らしい教育環境はありませんから。

読解力は得意な子でも苦手な子でも「平等に」伸びます

読解力は得意な子でも苦手な子でも「平等に」伸びます

高橋先生:言語に関するクリティカル・ピリオドは幼児期以降にもあります。文章から意味を読み取る能力は小学校6年間がクリティカル・ピリオドです。この時期に本をたくさん読ませることには大きな意味があります。中学生以降では読解力の伸びはほぼ横ばいになるからです。

I :つまり文章を読む力は小学校6年間の努力で決まるということですか?

高橋先生:この時期に努力するか否かで、中学以降の能力に差がつくということです。特に低学年では「音読」が効果的です。文章を読み、それを自分自身の声として聞く、というトレーニングが、視覚(読む)と聴覚(聞く)の連動を通じて、言語発達を促すように思います。

I :小学生では授業で音読しますが、あれは理にかなっているのですね。

高橋先生:そういうことです。すこし話題が逸れますが、読み書きが苦手、という困難を生まれつきもっている子どもたちが少なからずいます。学習障害のひとつである読み書き障害(ディスレクシア)です。小学生の読解力テストの結果を調べてみると、能力のある子が努力をすれば良いスコアを出すのは当たり前として、ここが重要な点なのですが、たとえ読み書き障害によって能力が劣っていても、努力をすれば同じようにスコアが伸びるのです。最終的な到達スコアには差があるのですが、読むのが得意な子も苦手な子も、同じようなペースで上達していくんです。つまり読解力のクリティカル・ピリオドにおいて、生まれつきの能力に差があったとしても、努力が報われるという点では得意な子も苦手な子も平等ということです。

I :最終的な到達点の違いは、やはり遺伝的な要因による?

高橋先生:それはそうですね。でも、大事なことは、だからといって努力が無駄というわけではないという点です。努力をすれば、能力があるないに限らず、報われる。どんなに苦手なことでも、その時期に頑張れば伸びるんです。逆に言えば、苦手だからと努力しなければ、その能力が伸びることはありません。当たり前の話です。

I :苦手だからと逃げていては、苦手なままで大人になってしまいますからね。あぁ、子どもの頃の自分に教えてあげたい…と思ったら、親が口酸っぱく言ってましたね(遠い目で)

高橋先生:アハハハ。ちなみに僕みたいに文章を読むのが苦手な人は、耳から聞いた時の理解力が高かったりするものです。だったら、人から話を聞く機会を増やせばいい。反対に読むのが得意な人は、話し言葉で説明されると面倒に感じたりする。だったら、文字情報からいっぱい情報を得るといい。これは優劣ではなくて、得手不得手の問題です。不得手なことでも逃げるのではなく向き合いつつ、得意なことを伸ばす努力をするのが一番だと思います。

I :はい、そうします! 本日は言語に関するクリティカル・ピリオドについて学びましたが、幼児期には話し言葉を、小学生では読み書きをしっかり習得できるよう、親として子どもを見守っていきたいと思いました。また次回もよろしくお願いいたします!

 

※           ※           ※

わが子がすくすくと成長する姿に驚き、感動しながら子育てを楽しんでいるママ・パパだからこそ、持って生まれた能力を伸ばしてあげたいと願うものでしょう。その思いをちゃんと伝えるためにも、発達のクリティカル・ピリオドを見極めながら、わが子の成長を応援していきたいですね。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る