小児科医・高橋孝雄が子育てママに伝えたい 「大丈夫なものは大丈夫」というシンプルなメッセージ

小児科医・高橋孝雄が子育てママに伝えたい
「大丈夫なものは大丈夫」というシンプルなメッセージ

妊娠・出産インフォ

“ひとが生まれ育つということ” について考えた

2

2017年3月1日。出産準備サイトにて始まった連載「高橋たかお先生のなんでも相談室」。35年以上、小児科医として多くの子どもやママ・パパと向き合ってきた高橋先生に、様々な悩みや疑問を相談する本企画はたちまち評判を呼び、翌18年9月には『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』(マガジンハウス)を出版するに至りました。それから2年弱。ついに書籍第2弾として、当連載を再編集した『子どものチカラを信じましょう』(マガジンハウス)がリリースされます。そこで今回は、出版を記念して高橋先生にお話をお聞きしました!

 

――『子どものチカラを信じましょう』は出産準備サイトの当連載をもとに再編集されたものですね。この3年間でさまざまなお悩みを相談してきましたが、ずばりこの本は、どんな方に読んでほしい1冊となっていますでしょうか?

01

高橋先生 あとがきにも書かせて頂きましたが、若い方々にこの本を読んで頂きたいと思っています。自分はどのような思いで育てられ、教育され、今ここにいるのか。それらに気づくことによって、これからの生き方が少し違って見えてくるかもしれないからです。そして、お子さんがいない方、子育てを終えられた方にも是非、読んで頂きたいです。小児科医の視点で、“ひとが生まれ育つということ”について、まじめに考え尽くしました。「幸せに生きるためのチカラ」とは何か、感じ取って頂けると思います。

――前作『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』との違い、もしくは変わらないところについて教えてください。変わらないところは、高橋先生がずっと大切にしている部分、コアの部分だと思いますので、そこだけでも結構です。

高橋先生 コアの部分ですか…。それはおそらく「子どもたちはみな、遺伝子のシナリオに守られて育つ」と言う視点だと思います。「生まれつきのこと、遺伝子で決まっていることは努力しても無駄」という思い込みは意外に根強いものです。「生まれつきの欠点は取り返しのつかないこと、だから遺伝子の話はタブー」という誤解を解きたいと思いました。

――なるほど。そのコアの部分は、連載3回目で配信した「胎教、早期教育…子ども時代の『環境要因‐教育』について」で特に強調してお話をされておりますね。同記事の反響はかなりのもので、これをきっかけに先生の“人気”も高まりましたが、一方でその記事について「生まれつきのこと、遺伝子で決まっていることは努力しても無駄」と読んでしまわれたかたも少なくないようです。そうした誤解を解かれたいということですね。

高橋先生 はい。そこで今回は、問答形式で具体的に育児のポイントを整理し、その各々について、「大丈夫なものは大丈夫」と太鼓判を押すということに挑戦しました。特別なことなど何もしなくて大丈夫! 時間はたっぷりあるから慌てなくて大丈夫! 大丈夫なものは大丈夫とはっきり強く言ってあげたい、という強い思いがあります。

子育てに「前例のないこと」など、何一つない

3

――本連載が始まったのが、2017年3月1日でした。連載開始当初、「医学生や医師など“専門的知識”のある相手にしか話をしてこなかったので、一般の方にこういう話をするのは新鮮ですね」と語ってらっしゃいました。それが多くのメディアに出演され、一般のママやパパに子育てを語るようにもなり、そして連載そのものが本にもなりました。高橋先生にとって、この3年数か月はどんな期間でしたでしょうか?

高橋先生 前作を出版する前には、このような考え方が受け入れられるものなのか、という大きな不安がありました。しかし驚くべきことに出版後まもなく、お手紙やネット、あるいは講演会の席などで多くの共感を頂き、「ああ、これでよかったんだ」と、やっと思うことができました。一方で、伝えて良かったこと、伝えきれずにいたこと、新たな気付きも多くありました。時がたつにつれ、出産準備サイトの連載で、そして『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』で、ぼくが誰に何を語りかけたかったのか、じわじわと実感していきました。それは先ほどお話ししたように、「大丈夫なものは大丈夫とはっきり強く言ってあげたい」という強い思いです。

――先生の「大丈夫」という言葉はとても響きます。ですがあえてお聞きします。コロナ、そして“新しい生活様式”と、今子育てをしているママやパパは、ある意味「前例のない社会」の中で、しばらく子どもと向き合っていかなければいけません。不安を抱えてらっしゃる方も少なくないでしょう。こうした中、先生が親御さんたちに伝えたいことはなんでしょうか。

高橋先生 新型コロナ感染症に限らず、人間社会は前例のない事態に繰り返し直面してきました。これからもいいことも、悪いことも、前例のない出来事が私たちを待ち構えていると思います。でも、家族、とりわけ子育てについては、「前例のないこと」など何一つないのではないでしょうか。ひとが人として生きることの原点だからでしょう。どんな悩みも、結局のところ、両親の世代、祖父母の世代にさかのぼれば、すべて“あるある”なのでは。すでに、新しい生活様式が始まっています。でも、その中でもずっとずっと変わらずにいることがあるはずです。子育てに前代未聞はないのですから、最新情報に慌てず騒がず、振り回されず、ただただお子さんとの貴重な時間を楽しんで頂けたらいいな、と思います。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経 1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

妊娠・出産インフォ トップに戻る