【専門医監修】 早期発見するには? なぜ30代から急増? 知っておきたい「乳がん」の基礎知識

【専門医監修】
早期発見するには? なぜ30代から急増? 
知っておきたい「乳がん」の基礎知識

妊娠・出産インフォ

日本人女性が発症するがんの中でも最も多いといわれる乳がん。仕事に育児、家事も毎日頑張っているママは特に気をつけたい病気です。今回は「乳がんの基礎知識」として、発症の原因や検診の重要性について、がん・感染症センター都立駒込病院乳腺外科の医師・才田千晶先生に伺いました。

01

<プロフィール>
才田 千晶(さいた・ちあき)
鹿児島大学医学部卒。がん・感染症センター東京都立駒込病院乳腺外科勤務 。外科専門医、乳腺認定医、マンモグラフィー読影認定医、遺伝性腫瘍専門医。今年7月に第1子を出産し、現在育休中で、新米ママとして奮闘する日々を送っている。「妊娠・出産を経験して、ママたちのがんばりや家族を思う気持ちを自分事として理解できるようになりました。復帰したら今まで以上に患者さんの気持ちに寄り添える医師を目指します!」

 

乳がんを発症する女性は年間9万人もいます

担当編集I(以下、I):まずは乳がんとはどのような病気なのか教えていただけますでしょうか。

才田先生:乳がんは乳房の乳腺組織に悪性の腫瘍ができる病気です。乳房は母乳を作る乳腺とそれを包む脂肪組織で形成されていて、乳腺は乳頭から放射線状に伸びる15~20の乳腺葉に分かれています。乳腺葉は乳管と乳腺小葉(にゅうせんしょうよう)で成り立っていて、乳がんの多くは乳管に発生し、まれに乳腺小葉にもできるといわれています。

乳房の構造

I:特に30代、40代から発症する方が多いそうですね。

才田先生:はい。日本のデータでは、30代の後半ぐらいから増えはじめ、40代後半でピークを迎えて、50代でちょっと少なくなるのですが、60歳ぐらいでまた増加するという傾向が見られます(※1)。米国では年齢を重ねるごとに多くなっていく傾向があり、だいたい40歳から徐々に増加していく病気なんですよね。ちなみにどうして日本と米国が違う曲線を描くのかについては、食生活等の生活習慣が一因ではないかと推測されているものの、はっきりとはわかっていません。

I:発症件数も非常に増えているといわれていますね。

才田先生:はい。こちらのグラフをごらんください。

乳がんと診断された人の年齢別内訳(1995年、2015年)

I:この20年間で、特に30代後半から大幅に増えているのが一目瞭然ですね。

才田先生:新しく乳がんと診断される “り患者数”は、1995年には1万9千人に満たなかったのに、2018年には年間約9万人を超えていて、未だに増加傾向は続いています。子育て中のママ世代はもちろん、これから妊娠・出産を考えている女性も気をつけなければいけない病気です。

I:女性のがんの中でも最も多いとのことですが、日本の女性全体でどれくらいの人がかかっているのでしょうか。

才田先生:乳がんの発症率は約10%です。つまり女性の約1割が乳がんになっているということで、このリスクは日本でも欧米の数字にだんだん近づいています。ただ死亡数で見るとがんの中では5位ですから、かかる数は多くても、他のがんに比べると比較的治療しやすいというのも乳がんの特徴です。

がんと診断された女性の部位別患者数(2018年)

発症リスクを高めるのは女性ホルモンと生活習慣、それに遺伝です

I:乳がん患者がこれだけ増加傾向にある理由はわかっているのでしょうか。

才田先生:乳がんの発症には、女性ホルモンのエストロゲンが大きく関与しているといわれています。思春期に盛んになるエストロゲンの分泌は、妊娠や出産、授乳の時期には減少するんです。昔の日本女性は20代前半から子どもを何人も生むものでしたから、エストロゲンに影響されない期間が長かったために乳がんの発症率が低かったと考えられています。そして女性の社会進出が進み、それに伴い結婚が遅くなり、出産も高齢化している上に、子どもはひとりかふたりという女性が多くなっています。また昔に比べ、初経が早く始まり、閉経が遅くなっていることで、エストロゲンにさらされている期間が長くなっていることも一因と見られています。

I:子宮内膜症が増えている原因も、長期間エストロゲンにさらされていることだというお話は以前、別の取材でお聞きしていましたが、乳がんも同じなのですね。

才田先生:はい、その他にも食生活や運動習慣の欧米化も原因として考えられています。飲酒や喫煙の習慣は乳がんのリスクを高めるし、閉経後に肥満になった女性は発症しやすいというデータもあります(※2)。乳がんのリスクを下げるためには、毎日の運動習慣と体重管理、規則正しい生活が効果的です。

I:出産の年齢や子どもの数を乳がんリスクで決めるのは難しいですけれど、こうした生活習慣なら意識して変えることができます。若いうちから心がけたいですね。

pixta_56041029_S

才田先生:遺伝性乳がん卵巣がん症候群と呼ばれる病気もあって、米国の女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、遺伝的に発症リスクが高いという理由で乳房の予防切除と再建をして話題になりました。乳がんを発症する女性のうち5~10%が遺伝的な要因を持っているといわれています。2020年から日本でも、遺伝子に変異がある、乳がん未発症の患者さんに対する乳がんの予防切除手術に保険が適用されるようになりました。ご家族や近親者に乳がんが多いという方は早めに医療機関に相談して対策を考えるのもいいのではないかと思います。

早期に発見できるかどうかが、治療効果を大きく左右します

I:ところで、乳がんにはどんな種類があるのでしょうか?

才田先生:大きく分けると「浸潤(しんじゅん)がん」と「非浸潤(ひしんじゅん)がん」があります。乳管のなかの小さい範囲にとどまっているがんが非浸潤がんで、ステージ0の状態です。

I:非浸潤がんは比較的軽いがんだと。では浸潤がんは?

才田先生:浸潤がんは、乳管や乳腺小葉の組織から悪性の細胞が少しずつ飛び出して、周囲に広がっている状態をいいます。浸潤がんになると、乳房の周りにあるリンパ節とか、もっと進行すると他の臓器に転移する可能性を持つがんになってしまいます。

乳がんの進行

I:乳がんと診断される人のうち、非浸潤がんと浸潤がんの割合は、どれくらいなのでしょう。

才田先生:最近のデータでは、非浸潤がんの状態で見つかる患者さんは20%以下という数字があります。非浸潤がんであれば、手術によってほぼ根治が可能ですが、浸潤がんの場合は大きさにもよりますが、追加の治療が必要になることが多く、ステージが進むにつれて再発率も上がります。手術が順調に終わっても、乳がんのタイプによっては最低でも5年間は薬を飲み続けなくてはいけないし、その後10年は再発をしていないか定期的に診察を行う必要があります。

I:万が一、乳がんができるとして、非浸潤がんのうちに見つけるためにはどうしたらいいのでしょう。

才田先生:乳がん検診を受けることですね。たとえ浸潤がんになっていても、小さいうちに見つけて適切に治療すれば、病気の転移や再発を防ぐことができる場合が多いので、少しでも早く発見することが大切です。

I:早期発見のためには、検診を受けるべきなんですね。

才田先生:2019年の日本における乳がん検診率は、40~69歳の女性で47.4%(※3)ですが、欧米では70~80%(※4)です。中でも受診率が80%を超える米国では、非浸潤がんのうちに見つかる人は25%前後と言われています。日本は20%以下と先ほどいいましたが、少しずつ米国に近づいているというところです。

I:マンモグラフィー検査で、「石灰化の疑いがある」という結果が出たと心配していた友人がいましたが、石灰化とは非浸潤がんのことなのですか?

才田先生:乳がん検診で石灰化というのは、乳腺の中にカルシウムが沈着した状態のことです。石灰化には良性のものもあるので、必ずしも乳がんを発症しているということではありません。おおよその基準ですが、石灰化の形がいびつだったり、石灰化が局所的に集まっている場合などは精密検査をおすすめしています。もし石灰化という検診結果が出たら、ご自分で判断せずに医療機関で相談した方がいいでしょう。

pixta_65072879_S

乳がんの5年生存率は92%もあります

I:自治体によっては40歳以上の女性を対象に乳がん検診の補助がありますね。

才田先生:40歳から乳がんの発症リスクが高くなるのは明らかですから、40歳になったら検診をきちんと受けていただきたいと思います。厚生労働省はマンモグラフィー検査を2年に1回受けることを推奨していています。またエコー検査による乳がん検診も導入している医療機関もあります。マンモグラフィーとエコー検査では見つかりやすい腫瘍のタイプが違いますから、このふたつを組み合わせれば、より精度のいい検査になると思います。

I:先ほどのお話では日本の乳がん検診の受診率は50%以下なんですよね。

才田先生:そうなんです。職場や自治体で行われる時にもっと積極的に受診していただきたいと思います。見つかった時の進行度にもよるのですが、乳がんの5年生存率はおおよそ92%もあります。早く発見して早く治療を始めることで完治の確率も高くなるわけですから、検診は大きなチャンスと言えるんですよね。

I:40歳以上の女性であれば検診の機会がありそうですが、30代でも乳がんの発症は増えているんですよね。自費で検診できる医療機関もあるそうですが、それ以外に若い女性たちが少しでも早く乳がんに気づけるようにするにはどうしたらいいでしょうか。

才田先生:やはりセルフチェックではないでしょうか。乳がんの初期症状のほとんどは胸にできるしこりです。検診を受けていない20代、30代で発症する人の8~9割がご自分でしこりを自覚して受診なさるようです。しこりは自分で見つけることができるので、自分自身の乳房の形や感触を知っていれば、異常に気づけることもあります。

乳がんの早期発見のためのセルフチェック

才田先生:セルフチェックの時に注意したいのは、乳房を固定しようとしてつかまないことです。つかんで触ると乳腺を感じるので触診が難しくなります。乳房全体を片手の指のはらでゆっくり押すように触るだけでしこりがあれば分かることが多いんです。

I:あまり強く押したりしなくてもいいんですね。しこりというのは具体的にはどんな触感なんでしょうか?

才田先生:一般的には良性の乳房腫瘤は表面がツルッとしているので、触るとコロコロ転がるような感じで、可動性がいいと表現されています。それに対して悪性腫瘍はしっかり触ってもあまり動かない感じです。ただ触診は感覚的なものですから、何となくしこりかもと思うなら一度専門の医療機関を受診していただくのがいいでしょう。

I:「見てチェック」はいつもと違っていないかを目視で確かめればいいんですよね?

才田先生:腫瘍が大きくなってきたり、皮膚に近いところにあると、凹みや引きつれが起きることがありますから、そういった変化を見つけるつもりでご自分の乳房と向き合っていただければと思います。乳頭の位置や乳房の形がちょっと変わったことで見つかることもあるし、皮膚自体に炎症が起きたり、乳頭が凹んだりするのも要注意です。月経がある方は月経後4~7日を目安に、閉経後なら毎月日にちを決めて、月1回のセルフチェックを習慣にしていただきたいですね。小さな変化を見逃さず、早期に発見することでご自身の体と生活を守っていただきたいと思います。

 

※          ※          ※

「乳がんは比較的治療で治りやすい病気です」と才田先生。事実、5年生存率が約92%もあることはぜひ知ってもらいたいものです。とはいえ、早期発見のため日頃のセルフチェックはもちろんのこと、検診も定期的に行ってくださいね。

 

〈参考資料〉
※1 最新がん統計(国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
※2 How diet, nutrition and physical activity affect breast cancer risk(American Institute for Cancer Research )
https://www.wcrf.org/dietandcancer/breast-cancer
※3 男女別がん検診受診率の推移 (国立がん研究センター)
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/screening_p01.html
※4 知っておきたいがん検診「諸外国のがん検診データ」(日本医師会HP)
https://www.med.or.jp/forest/gankenshin/data/foreigncountry/

妊娠・出産インフォ トップに戻る