【専門医監修】 妊娠初期からはじめる妊婦の“基本動作”

【専門医監修】
妊娠初期からはじめる妊婦の“基本動作”

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんを待ち望んでいても、妊娠4~5週頃まではからだの異変に気づかないプレママも少なくないでしょう。それでもプレママの子宮内膜に着床した受精卵は、胎児の前段階の「胎芽(たいが)」となり、検査薬で妊娠を確認できるようになる2週ぐらい前から、赤ちゃんの器官を形成し始めるのです。

赤ちゃんのからだの基礎ができる大切なこの時期をプレママはどうすごせばいいのでしょう。慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生監修のもと、妊娠初期から気をつけるべきことについてまとめました。

dr

監修:吉村泰典先生
よしむら・やすのり。1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

 

プレママが心がけるべき7つの行動指針

【1 葉酸を積極的に摂取しましょう】

妊娠初期はもちろんのこと、妊娠前から摂取すべき栄養素として、忘れてはならないのが葉酸です。葉酸はビタミンB群の一種で、おなかの赤ちゃんの細胞の分裂を促進し、脳や脊髄のもとになる神経管の発達を促します。神経管は妊娠4~5週ごろに形成され始め、6週ごろには完成します。この時期に葉酸を十分に摂取すれば、胎児の神経管障害の発症リスクを減らせることが分かっています。気づかないで妊娠していることも多いので、子どもを欲しいと思ったら服用を開始すべきです。

また葉酸にはビタミンB12と一緒に赤血球を作る働きもあります。ママの貧血を予防し、おなかの赤ちゃんに栄養を届けるためにも不可欠な栄養素なのです。葉酸を多く含む食品は、レバーや枝豆、ほうれん草、いちごなど。ただ、妊娠初期のプレママにはふだんの2倍の1日400μg(マイクログラム)の摂取が奨励(※1)されており、これを食品だけで摂るのはかなり大変です。市販されているもので問題ないので、葉酸のサプリメントを上手に利用し、必要量を摂取しましょう。

葉酸を積極的に摂取しましょう

【2 薬の服用はかかりつけ医に相談を】

高血圧や関節リウマチ、てんかんなどの薬の中には、妊娠中に服用するとおなかの赤ちゃんに悪い影響を与えるものがあります。妊娠前から服用している薬があるなら、できるだけ早めにかかりつけ医に相談してください。

【3 アルコールは控えましょう】

妊娠初期に関わらず、どの時期であっても、また飲んだ分量にかかわらず、飲酒は発育遅延など胎児への悪影響の可能性があります。そのため妊娠がわかったら、飲酒は控えてください。また妊娠を望んでいる方、妊活中の方は、飲酒の習慣を改めて禁酒することが望ましいです。ただし、料理などに含まれている程度の量であれば神経質になる必要はありません。

アルコールは控えましょう

【4 タバコも控えましょう】

妊娠の時期に関わらず、妊娠を望んでいる段階から喫煙は止めるべきです。タバコの煙には発ガン性物質を始めとする200種類もの有害物質が含まれています。女性の喫煙は、不妊症の原因になり、子宮外妊娠や流産にもつながることが証明されています(※2)。またタバコの副流煙に含まれるニコチンには神経毒性があり、末梢血管を収縮させて血圧を上げます。赤ちゃんとプレママの健康のために、同居するプレパパや家族も、自宅や一緒にいる時は禁煙を心がけてください。

【5 カフェインの摂取量にも気をつけて】

カフェインについては、摂取基準などは定められていませんが、過剰に摂取するとめまいや不眠症、下痢などの原因になると言われています。そのためWHO(世界保健機構)では、妊娠中のカフェインの入った飲み物の量は、1日3~4杯までと呼びかけています。カフェインはコーヒーばかりでなく、日本茶、紅茶にも含まれています。最近ではカフェインレスのコーヒーなどが気軽に買えるようになりましたから、そういうものを利用すると安心ですね。カフェインについては1日の総摂取量に気をつければ問題ないので、そこまで神経質になる必要はありません。

【6 バランスのとれた食事と十分な睡眠を】

妊娠期の生活の基本は、栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠です。冒頭で挙げた葉酸のように、普通の食事では摂取しづらい栄養素についてはサプリで補いつつ、その他の栄養素についてはサプリよりも、バランスの取れた食事で摂取することが望ましいです。また睡眠についても夜更かしをせず、7〜8時間程度の睡眠を毎日規則正しく取るようにするといいいですね。もしそれまで不規則な生活をしていても、妊娠を機に生活習慣を改めてもらえたらと思います。

【7 風しんの抗体検査をしておきましょう】

妊娠初期に注意したい感染症といえば風しん。妊娠中のプレママが風しんにかかると、赤ちゃんが目や耳、心臓などに障害を持って生まれてくる「先天性風しん症候群」にかかってしまう可能性があります。「先天性風しん症候群」の発症率は、妊娠1か月のプレママで50%以上、妊娠2か月の場合は35%(※4)と非常に高くなっています。子どもの頃に予防接種を済ませたというプレママでも、風しんの抗体価が低くなっていることもありますから、妊娠を望むプレママとプレパパはあらかじめ抗体検査をして、必要な場合は予防接種を済ませておくと安心ですよ。

妊娠初期の自然流産はママのせいではありません

妊娠初期の自然流産はママのせいではありません

妊娠初期に出血があると、とても心配になりますね。でも量が少なく、サラッとした出血ですぐに止まるなら、着床出血の可能性が高いので、あまり心配することはないでしょう。ただし出血の量が多い場合は、子宮以外の場所で着床した「子宮外妊娠」、子宮の入り口がただれる「子宮頚部びらん」などが考えられ、流産の危険もありますから、なるべく早めにかかりつけの産婦人科で診察を受けましょう。

自然流産の8割以上が妊娠12週未満に発生しています(※3)。妊娠初期の自然流産は、月経のような出血と下腹部の痛みが特徴です。流産は医療機関で確認された妊娠の15%ほどに起きると言われていて、妊娠した女性の約40%が流産を経験しているというデータもあります。せっかく授かった小さな命をすぐに失ってしまうのはとても悲しいことですが、早期の流産の原因のほとんどは、受精卵の染色体の異常です。受精卵自体が育つ力を持っていないので、妊娠を継続できず、自然流産が起きてしまうのです。プレママの行動や環境が影響した事はほとんどありませんから、自分を責めたり、考えすぎないようにしましょう。

ちなみにウォーキングやヨガ、スイミング、プレママ向けのエアロビクスなど、自分のペースで楽しめるスポーツなら、妊娠中のからだのむくみやストレスの解消に効果があるとされていますから、無理のない範囲で続けるといいでしょう。

妊娠初期の赤ちゃんの大きさは数mm程度です。これから35~36週の間、妊娠初体験のプレママにとっては戸惑うことも多いかもしれませんが、赤ちゃんはおなかの中ですくすくと成長していくことでしょう。元気な赤ちゃんと対面する日を楽しみに、健やかな妊娠期をすごしてくださいね。

 

〈参考資料〉
(※1)日本人の食事摂取基準(2020年度版)(「日本人の食事摂取基準」策定検討会/令和元年12月)
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586553.pdf
(※2)産婦人科診療ガイドライン―産科編2017(日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会)
http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/Obstetrical-practice/Obstetrical-practice.pdf
(※3)流産とは?(日本産科婦人科学会HP)
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=4
(※4)厚生労働省 風しんについて
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.html

妊娠・出産インフォ トップに戻る