専門医が語る「おなかの張り」のトリセツPart1【妊娠初期・中期編】

専門医が語る
「おなかの張り」のトリセツPart1
【妊娠初期・中期編】

妊娠・出産インフォ

妊娠をすると、ママのからだにはさまざまな変化が起こります。そのなかでも代表格といえるのが「おなかの張り」。一口に「張る」といっても、少し気になるレベルのものから、ひどく痛みを伴うものまで程度はさまざまです。そこで慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生に妊娠中のおなかの張りとはどんなものか、何が原因で起きるのか、起きた時の対処法などを妊娠の経過を追って教えていただきたいと思います。

 

おなかの張りは「生理的なもの」と「病的なもの」があります

プレママ

――妊娠すると、おなかの張りが気になるプレママは多いですよね。そもそも、おなかの張りはどうして起きるのでしょうか?

吉村先生:おなかの張りというのは「生理的なもの」と「病的なもの」があります。そして妊娠初期のおなかの張りは、基本的には生理的なものがほとんど。妊娠に気づく4週から5週ぐらいのママのからだは、見た目はほとんど変わらなくても、子宮では胎盤が作られ、赤ちゃんを育てる環境が整い始めます。おなかの赤ちゃんや胎盤に栄養を届ける子宮の周りの血管は血流が増えていくし、妊娠していない時は鶏卵ぐらいの大きさだった子宮は、妊娠2~3か月で大人の握りこぶしよりも少し大きくなります。子宮が大きくなるにつれて子宮を吊っている靭帯(じんたい)は引っ張られて太くなり、腹筋も子宮に押されて張ってくるんです。

――なるほど。子宮の中で赤ちゃんを育てていく過程で、必然的に張りを覚えていくということですね。

吉村先生:そうです。子宮自体も筋肉だし、靭帯も腹筋も筋肉です。筋肉の特徴は収縮することですから、何らかの刺激を受ければ、子宮周りの筋肉は収縮して硬くなるんですね。それも張りを感じる一因になります。

――おなかが張るメカニズムはいくつかあるということでしょうか?

吉村先生:はい。しかも、おなかの張りの感じ方も人それぞれ。妊娠初期のおなかの張りの場合は、下腹部になんとなく違和感があるという人から、おなかが引っ張られるような感じがする、いつもより硬いなどの感覚が多いです。いずれにせよ、初期の場合は、生理的痛みの場合が圧倒的に多いので、症状としては、出血がなければまず心配ないと考えていただいて結構です。

――出血があるとたしかに不安になりますね。その場合はすぐに病院に行かなければなりませんね。

吉村先生:おっしゃる通りです。また出血はしないまでも、張りと同時に痛みを訴える方もいます。これも繰り返しになりますが、妊娠初期・中期に見られるおなかの張りのほとんどが、生理的な筋肉の反応によるものですから、軽い痛みであれば、それほど心配する必要はないでしょう。でも稀に、病気などが原因でおなかが張ることもあります。早く異常に気がつくために、どんな症状が起きたら医師に診てもらうべきか、そこのボーダーラインを知っておくことは大切なことだと思います。後ほど、それについては詳しくお話しますね。

継続的な痛みや出血がある場合は、すぐに病院へ行きましょう

おなかが張るプレママ

――おなかの張りには「生理的な原因」と「なんらかの病気が原因」の2種類があるとのことでしたが、それぞれの原因や対処法についてお聞きしたいのですが。

吉村先生:生理的なおなかの張りの原因は、動きすぎ、緊張、ストレス、体の冷え、疲れ、便秘などがあります。つまり複合的な原因でおなかが張る可能性があるということです。ただ、こうした類の張りであれば、動きすぎないようにして、ストレスを避ける、からだを冷やさないようにするなど、ちょっとした心がけで起こりにくくすることもできます。対処法としては、安静にしてからだを休めること。これが一番ですね。

――病的な原因についてはいかがでしょうか?

吉村先生:たとえば「胎盤後血腫(たいばんこうけっしゅ)」。これは胎盤が形成される過程で血の塊ができる状態を言いますが、これも張りを引き起こします。胎盤後血腫は3か月ぐらいで自然になくなる事がほとんどですが、たまに出血することがあって、赤ちゃんになにか起きたのではないかと心配するプレママもいます。その場合は医師に診てもらいましょう。最近は妊娠6週で体長1cmの赤ちゃんでも心臓の拍動を見ることができますから、(もし出血したとしても)赤ちゃんが元気ならそれほど気にすることはありません。

――その他の病的な原因もございますか?

吉村先生:他には子宮の疾患ですね。以前もこちらの連載でお話した子宮筋腫とか子宮内膜症の場合です。昔は出産を終えた女性にみられたこれらの病気が、高齢妊娠の増加とともに妊娠が分かった時に見つかることも多くなってきましたが、こうした症状の場合も張りを感じることがあります。

――子宮筋腫や子宮内膜症でも妊娠を継続できるのでしょうか。

吉村先生:もちろんできます。そうした合併症は妊娠が分かった時にちゃんと診断されますから、心配はいりません。子宮筋腫の場合は、妊娠に伴って筋腫が変化することがあるので、筋腫の大きさや位置をこまめにチェックすることになります。子宮内膜症は妊娠で無月経が続くことで症状が改善することもありますが、どちらにしろ、おなかが張りやすいことを自覚して生活することは大切でしょう。

――そもそものお話として、おなかの張りの原因が、生理的なものか、病的なものかプレママ本人が判断するのは難しいですよね。なにか基準のようなものはないのでしょうか?

吉村先生:冒頭でもお話しましたが、症状として、出血がなければまず心配ないというふうに考えていただいて結構です。それ以外ですと、やはり痛みの強さ。個人差はあるかと思いますが、生理前の、もう明日頃から生理になるかも知れないなという程度であれば、安静にするくらいでいいかもしれません。しかし本格的な生理痛ぐらいの痛みを感じるのであれば病院に行ったほうがいいでしょう。また軽い痛みや違和感のようなものでも30分から1時間以上続くようであれば、病院に行ったほうがいいと思います。いずれにれせよ、出血があるなら必ず受診してください。これも以前お話しましたが、切迫流産などの可能性もありますから、出血がある場合はすぐに病院に行っていただきたいと思います。ただ、初期のおなかの張りは神経質に考える必要はありません。筋腫があるような方も、初期の頃は1週間に1回とか2週間に1回病院に来るよう言われるので、しっかり診てもらっていれば心配はいらないでしょう。

安定期でもおなかが張る場合は、注意が必要です

病院にいるプレママ

――妊娠16週から27週の妊娠中期は安定期とも言われますが、この時期におなかの張りを訴える人はどの程度いらっしゃるのでしょうか?

吉村先生:子宮内の胎盤が完成する妊娠16週ぐらいになると、一般的にはおなかの張りは感じなくなるものです。人によってはおなかがどんどん大きくなるために生理的な張りや痛みを感じることもありますが…。そういう症状が、1日3~4回ぐらいなら特に心配はいりません。でも、おなかが頻繁に張る、長く続くという場合は、流産や早産に結びつくこともありますから早めに受診した方がいいですね。

――本来であればあまりおなかが張らない安定期に、頻繁に張りを覚えるというのは、病的な原因が考えられるということですね。

吉村先生:この時期に頻繁におなかが張る場合、「絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)」という病気を引き起こしている可能性も考えられます。絨毛というのは胎盤の膜、羊膜は胎児を包んでいる膜のことで、そこに炎症が起きると、頻繁かつ規則的におなかが張るようになります。この絨毛膜羊膜炎が進行すると22~23週で破水してしまうことがあるんです。これを「前期破水(ぜんきはすい)」といいます。

――そんな時期に破水しても赤ちゃんは大丈夫なんですか?

吉村先生:羊水量が少なくなってしまうと赤ちゃんは育ちませんから、24~25週ぐらいで帝王切開になることもあります。妊娠中期の早産の原因のほとんどが絨毛膜羊膜炎によるものと言ってもいいのではないでしょうか。絨毛膜羊膜炎は腟から細菌に感染したことで引き起こされます。だからといって不潔にしているからなるわけではありません。たとえば、生活習慣とか妊娠中の性行為が炎症を引き起こすわけではないのです(出血がある場合は性行為はやめたほうがいいです)。とにかく絨毛膜羊膜炎は早期に発見して、治療を始めれば治ることも多い病気ですから、おなかの張りが気になるときには、早めに医療機関で診てもらったほうがいいですよ。

――他におなかの張りにつながる病気はありますか?

吉村先生:妊娠中期のおなかの張りは、「前置胎盤」でも起こります。前置胎盤というのは子宮の奥にできるはずの胎盤が子宮の出口の方にあらわれるもので、出血と張りが主な症状です。ただし妊娠の進行とともに胎盤が上がり、31週頃には通常の位置になることも少なくありませんから、生活に気をつけながら経過をみることになります。

子宮内部の様子

――生活に気をつけるというのは、疲れやストレスなどおなかの張りを起こしやすい原因をできるだけ取り除くということですね。

吉村先生:そうです。他に「頸管無力症」もあります。子宮の下にあって腟につながっている頸管(子宮頸部)がしっかりと閉じているからこそ、赤ちゃんは子宮で羊水に包まれて成長していくのですが、何らかの原因で緩んでくると、赤ちゃんと羊水を包んでいる羊膜が下がっておなかが張ってしまうんです。これが頸管無力症で、切迫流産・早産につながる疾患です。

――頸管無力症はどうやって治療するのでしょう。

吉村先生:基本は安静ですね。仕事や家事を休んで、できるだけ動かずにすごしてもらうことになります。まれに頸管をしばる手術がおこなわれることもあります。今は経腟の超音波検査で頸管や子宮の状態を把握することが可能ですから、病院で医師に診てもらえば科学的で客観的な診断をしてもらえます。また陣痛抑制剤を使っておなかの張りをとることもあります。

――妊婦さんは程度の差こそあれ、おなかが張るもので、ほとんどの場合は心配する必要はないけれども、稀に深刻な疾患が隠れていることもある…そう考えるとママは赤ちゃんのためにも、ご自身のためにも、自らの体調に気をつけて、違和感を感じたら早めに病院に行った方が良さそうですね。

吉村先生:その通りです。特に妊娠初期、中期に張りが長く続く、痛みが強い、出血を伴うという場合には必ず医師に相談してください。こんな程度で病院に行くのは…なんて考えないで結構です。診察の結果、早めに異常が見つかれば対処も容易になるでしょうし、仮に異常がないという結論が出たら、安心して妊娠期をすごすことができます。

――プレママが安心してマタニティライフを楽しめるように、自身の体調の変化には細心の注意を払ってもらいたいですね。本日はありがとうございました!

 

※    ※    ※

おなかの中でひとつの命を育てるために劇的に変化する妊娠期のママのからだ。いつもより注意深く見守っていきたいですね。さて、今回は妊娠初期と中期にフォーカスしてお話をお伺いしましたが、次回は「妊娠後期のおなかの張り」についても教えていただきたいと思います!

<画像提供>
(※)慶應義塾大学病院KOMPAS:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000073.html

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る