専門医が語る「おなかの張り」のトリセツPart2【妊娠後期編】

専門医が語る
「おなかの張り」のトリセツPart2
【妊娠後期編】

妊娠・出産インフォ

妊娠後期を迎える頃には、エコー画像でおなかの赤ちゃんの顔立ちや表情まで分かるようになって、ママ・パパになる日がますます楽しみになりますね。でも大きくなったおなかは張りやすくて「大丈夫かな」と心配な日もあるかも知れません。

「専門医が語る『おなかの張り』のトリセツPart1【妊娠初期・中期編】」に引き続き今回は、妊娠後期のおなかの張りの原因と気をつけたい症状、受診すべき場合などについて慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生に伺います。

 

安静にして治まるおなかの張りであれば、心配する必要はありません

くつろぐ妊婦さん

――おなかがぐっとせり出してくる妊娠後期は、おなかの張りを自覚しやすくなります。後期のおなかの張りの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

吉村先生:前回の記事でも妊婦さんのおなかの張りには「生理的要因の張り」と「合併症など病気の時の張り」のふたつがある、というお話をしましたね。また妊娠初期・中期の多くは「生理的要因の張り」であると。同じく後期でも、おなかの張りというのは疲れ、ストレス、緊張、便秘など生理的要因のものがほとんどです。おっしゃるように大きくなったおなかは張りを感じやすいもの。妊婦さんは気になるとは思いますが、30分ぐらい横になるなど休んで治まる張りならあまり心配することはないですね。

――おなかが張って胎動を感じにくくなると、出産の前兆ではないか、異常の兆候ではないかと考えてしまうプレママは多いようです。

吉村先生:そうですね。36~37週ぐらいで「赤ちゃんの動きが少なくなった」と心配する妊婦さんもいらっしゃいますが、その頃になると赤ちゃんの頭は出産に備えてだんだん下がって固定されたような体勢になってきますから、赤ちゃんは動きにくくなって胎動が減ることがあります。そのタイミングで張りを感じたら、「なにかあったんじゃないか」と不安になるかと思いますが、生理的な要因で張るなら心配はいりません。

――生理的要因と病的要因。このふたつの張りは、どのようにして見分けるのでしょうか?

吉村先生:痛みや出血を伴うか、規則的に張るかどうかが病気による張りと判断する基準になります。例えば1日に5~6回ぐらいしか起こらないなら、これは不規則なものです。出血がなければ不規則な張りは生理的なものが圧倒的に多いんです。

――それでもおなかが張るのは気になります。生理的な張りを少しでも軽減する方法はありますか?

吉村先生:ゆったりと安静にすごすことでしょうね。生理的な張りならお薬を使うことはありませんから、妊婦さんは生活の中で疲れや冷え、ストレスなどを避けるように気をつけたいですね。また前回の記事でもお話をしましたが、高齢妊娠の場合は、子宮筋腫などの合併症があったりする確率が高く、子宮の収縮も起こりやすいため、おなかが張ってしまいがちです。おなかの張りが強いと子宮の出口にある子宮頸管が短くなってしまうこともあり、妊娠後期の妊婦さんにとっては気をつけたいことではあります。

――子宮頸管(けいかん)が短くなるということは、早産になりやすいということですか?

吉村先生:そうです。経腟のエコー検査で頸管の長さが2センチ以下だったり、子宮収縮が規則的に起きていたりすると、早産の恐れがある「切迫早産」と診断されます。最近は28週以降で切迫早産になって安静のために入院するプレママが7~8%位いると言われています。ほとんどの場合は、一定期間点滴を続ければ症状は改善します。一度入院するとすごく神経質になる妊婦さんもいますが、退院するということは家で生活できると医師が判断したということですから、そう心配することはありませんよ。なお切迫早産については、こちらの記事をお読みください

妊娠後期、気をつけるべきおなかの張りとは?

妊婦さんのおなか

吉村先生:妊娠後期の張りで最も緊急性が高いのは、「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」という病気の場合です。胎盤が突然子宮からはがれてしまうために、赤ちゃんの命を維持することが難しくなり、妊婦さんも出血多量で危険な状況になってしまうことがあります。しかもある程度まで進行しないと分からない難しい病気です。

常位胎盤早期剥離

〈慶應義塾大学病院KOMPASから許可を得て転載〉

――早期発見はできないんですか?

吉村先生:難しいです。ちょっとおなかが張っている、ちょっと痛いかなと思っていたらすぐに激痛になってしまう。胎盤の裏に血腫ができているとか、それが増大しているとかいうことがあれば分かりますけれど、3日前の定期健診で全く問題がなかったのに、突然出血多量で救急車で運ばれてきて、緊急の帝王切開になってしまうというケースが多いのです。

――症状はおなかの張りと痛みですか?

吉村先生:急な激痛と非常に強いおなかの張りです。おなかが板のように硬くなるほど張りが強いのが特徴です。この病気の原因は分かっていませんが、一般には妊娠高血圧症候群があると常位胎盤早期剥離が起こりやすいということは言われています。

――なんとか早く気がつく方法はないのですか?

吉村先生:妊婦さんがおなかの張りや赤ちゃんの動きに注意するしかありません。医師は健診のときに「胎動を感じますか?」と必ず訊きます。妊娠38週でも赤ちゃんは1時間に1回ぐらいは必ず動きますからね。「なんとなく気持ちが悪い」と言って、胃腸の不調を訴えて受診する妊婦さんの中に常位胎盤早期剥離が見つかることがあります。常位胎盤早期剥離にはいろいろなパターンがあるので、出血のあるなしにかかわらず、おなかの硬さや痛みがいつもと違うと感じたらすぐに病院に行ってください。医者は「こんなことで病院に来ることはない」などとは決して思いません。

日本のプレママたちは最先端の周産期医療で守られています

妊婦

――会社などで働きながらマタニティライフを送っている方も多いと思います。仮に職場で仕事中に張りを感じたら、どのような行動を取るべきでしょうか?

吉村先生:すぐに仕事を中断して、安静にしてください。それでも張りが続くなら病院に行くことです。男女雇用機会均等法(※1)では、事業主は妊娠した従業員の健康を守るために適切な措置を講じなければならないと定められています。これは医師が認めた場合には勤務時間の短縮や休業が保証されるというものです。ほとんどの母子手帳にこの制度を使うための「母子健康管理指導事項連絡カード」がついていますから、必要になったら医師に記入してもらって職場に申請してください。また日本ではこうした妊娠中の疾患にも健康保険が適用されることになっています。

――日本の社会にはプレママの健康を守る配慮があるんですね。周産期死亡率が非常に低い事とも関係がありそうです。

吉村先生:そうですね。厚生労働省が平成30年に発表した資料(※2)でも妊娠満28週以後の1000件の出生に対する死亡率(周産期死亡率)は日本の1.7に対して、アメリカは2.9、ドイツは3.8となっています。日本は周産期の母子の健康管理が非常に手厚く行われている世界でも数少ない国のひとつ。周産期医療、世界トップレベルを誇る日本の医療機関で出産できるということがとても恵まれていることなのです。ですから、妊婦さんには安心して妊娠期をすごしてもらいたいと思います。

 

※    ※    ※

妊娠中のおなかの張りは生理的なものがほとんどで、ちょっと横になれば治まるならあまり気にしなくてもいいようですが、ごくまれに注意しなければならない疾患が潜んでいることもあるんですね。いつもと違うようだと感じるときには迷わずかかりつけのお医者さまに相談してください。そして生まれてくる赤ちゃんを元気で迎えてくださいね!

<参考資料>
(※1)男女雇用機会均等法のあらまし(厚生労働省 平成26年)https://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/danjokintou/dl/danjyokoyou_u.pdf
(※2) 我が国の人口動態(厚生労働省 平成30年)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/81-1a2.pdf

<画像提供>
(※)慶應義塾大学病院KOMPAS:http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000073.html

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る