【専門医監修】今の妊娠さんはやせすぎです

【専門医監修】
今の妊娠さんはやせすぎです

妊娠・出産インフォ

近年になり、UNICEF(国連児童基金)とWHO(世界保健機関)は、受精卵となってから満2歳の誕生日までの1,000日の間に適切な栄養を与えられた子どもは、大人になってから生活習慣病などの病気のリスクが低くなることを明らかにしています。また胎児期の成育環境が、免疫機能や内分泌機能、精神疾患にも影響することが多くの研究からわかってきました。

小さな命の健やかな成長のためにプレママにできることがあるとしたら、妊娠前から自分のからだをしっかり管理すること。そこで、慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村泰典先生に、プレママのからだづくりについて伺いました。

dr_yoshimura

監修:吉村泰典先生
よしむら・やすのり。1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

 

やせ体格のプレママからは低体重の赤ちゃんが生まれる傾向があります

やせ体格のプレママからは低体重の赤ちゃんが生まれる傾向があります

生まれてくる赤ちゃんの生涯の健康に、妊娠前からのからだづくりがかかわっている――国内外で発表された多くの調査・研究の結果を受けて、厚生労働省は昨年3月、プレママの食事指導に使われてきた栄養基準を改訂、「妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針」(※1)として発表しました。

「今の妊婦は多くの方がやせすぎています。妊娠前からの健康なからだづくりを積極的に進めてくことには大きな意義があると思いますね」と吉村先生。

吉村先生が指摘するように、2019年の調査(※2)で、日本の20代女性の約21%、30代女性の約16%がBMI(体格指数)18.5未満の“やせ”であることがわかっています。OECD加盟の先進諸国の中で、日本人女性の“やせ”の割合は9.3%で1位。2位の韓国の5.2%、3位のスイスの3.2%を大きく引き離しています(※3)。

pixta_84645589_M

「妊娠前からの“やせ”は、不妊や早産、2,500g未満で生まれてくる低出生体重児の原因と言われています。低出生体重児はおとなになってから肥満、高血圧、糖尿病生活習慣病を発症しやすいというのは医学界ではすでに常識ですし、最近では、免疫や内分泌の異常、精神疾患にも関わっているという研究結果が次々と発表されています」(吉村先生)

2017年に日本で生まれた赤ちゃんのうち、9.4%が2,500g未満の低出生体重児でした(※4)。1980年のデータでは5.2%ですから、この40年ほどで2倍近くに増加したことがわかります。また低出生体重児でなくても、最近の赤ちゃんは比較的小さく産まれる傾向があるそうです。

「2011年生まれの子どもの出生時の平均体重は、ママ・パパ世代が生まれた1975年に比べるとおよそ200gも減少しています(※5)。小さく産まれると、母乳をうまく飲めないなど発育にも影響することもあります。妊娠前の女性が、バランスのいい食事を規則正しく摂るようにならなければ、低出生体重児は減っていかないと思われます」(吉村先生)

妊娠前に普通体重なら、出産までに10~13㎏増やしましょう

妊娠前に普通体重なら、出産までに10~13㎏増やしましょう

妊娠前の女性の体格はどれくらいが理想とされているのでしょうか。国際的な体格指数のBMI(Body Mass Index)は、下の計算式によって身長と体重から算出されます。

BMI(Body Mass Index)は、下の計算式によって身長と体重から算出されます。

BMI値が18.5未満であれば低体重(やせ)、18.5~25未満が普通体重、25以上なら肥満です。

もし“やせ”や“肥満”の判定なら、できれば妊娠前に普通体重の範囲に体重を収めておくことが望ましいようです。妊娠を望んでいるなら、病院で栄養指導を受けることもできますので、ご利用ください。

妊娠すると「太る」と不安になる方もいますが、おなかの赤ちゃんの成長とともにプレママの体重が増えるのは当然のこと。赤ちゃんの重さに加えて、胎児に栄養を運ぶための血液や子宮内の羊水も増加し、出産や育児に備えて、皮下脂肪がついたり、胸も大きくなってくるからです。

日本産科婦人科学会は令和3年6月に最新のエビデンスに戻づいた「妊娠中の体重増加の目安」を発表しました。下の表は出産直前までにどれくらい体重を増やしたらいいかを示したものです。

「妊娠中の体重増加の目安」

「妊娠前に普通体重だった妊婦さんは、妊娠中は1週間で300~500gぐらい増やしていくと、目標体重に近づきます。もっとも妊娠週数によっても増え方は違います。あまり神経質にならずに、増えすぎたら次の週にご飯を1杯減らすという程度の調整をしてみましょう」(吉村先生)

妊娠中に体重が増えると、産後の体型が戻りにくくなる考えられがちですが、妊娠中に体重を抑えても産後の体型の戻りとは関係がないとも言われています。産後の体型を考えて「太らないようにしなければ」と考えるのではなく、まず健康な赤ちゃんを産むことを第一に考えてくださいね。

妊娠前からのからだづくりはバランスのよい食事から

妊娠前からのからだづくりはバランスのよい食事から

妊娠前からのバランスのよい食事の例と、妊娠中に増やしたい栄養素を下の「バランスガイド」で表しました。

妊婦さんのための食事バランスガイド

主食とは、主に炭水化物の供給源となるごはん、パン、麺、パスタなどの穀類、主菜は主にたんぱく質の供給源である肉、魚、大豆、大豆製品などを主材料とする料理、副菜は主にビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源となる野菜などの料理を指します。

1日3回の食事のうち、主食と主菜、副菜の3品が揃ったものを2回以上食べると、必要な栄養を摂りやすくなります。上の図をイメージして、何を、どれくらい食べるかを検討してみてくださいね。

平成29年の調査から、日本人女性の食生活は、炭水化物を避ける傾向があり、エネルギーの摂取が十分でないこと、野菜に含まれる葉酸と鉄が不足しがちな傾向があることが指摘されています(※1)。

「人間のからだは毎日の食事で作られ、維持されているものですから、必要な栄養をバランスのよく食べる事は健康な毎日に不可欠です。食生活は習慣なので、急に変えるのは難しいでしょうが、妊娠はいいきっかけになると思います。無理のない範囲で少しずつバランスのよい食事と規則正しい生活を心がけていただきたいと思います」(吉村先生)

健康な体は生まれてくる赤ちゃんへの何よりのプレゼント。わが子の将来のために妊娠に向けたからだづくりを心がけ、子育てを思う存分楽しめる素敵なママになってくださいね。

 

〈参考資料〉
(※1)「妊娠前から始める妊産婦のための食生活指針 ~妊娠前から健康なからだづくりを~ 概要要領」(厚生労働省/令和3年3月)
https://www.mhlw.go.jp/content/000776926.pdf
(※2)令和元年 国民健康・栄養調査(e-ヘルスネット:厚生労働省/2020年)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450171&tstat=000001041744
(※3)活力ある持続可能な社会の実現を目指す観点から、 優先して取り組むべき栄養課題について(厚生労働省/令和3年)
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000761522.pdf
(※4)低出生体重児保健指導マニュアル(みずほ情報総研、厚生労働省/平成31年)
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000592914.pdf
(※5)平成25年度版子ども・若者白書(内閣府/平成25年)
https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h25honpen/b1_02_01.html

妊娠・出産インフォ トップに戻る