【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】もしかしたらADHDかも 「育てづらい子」との向き合い方

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】
もしかしたらADHDかも
「育てづらい子」との向き合い方

妊娠・出産インフォ

子どもは十人十色。比較的育てやすい子がいるかと思えば、とりわけ手がかかる子もいます。

好奇心いっぱいでいろいろなことに興味を持つ子は、親からすれば大変だと感じることが多いもの。それも個性と割り切ることもできるかも知れませんが、わが子が他の子に比べて落ち着きがなく、衝動的で抑えがきかないようにみえるとADHDではないかと不安になってしまうママ・パパもいるようです。

今回のテーマは「育てづらい子の育て方」。慶應義塾大学医学部小児科主任教授の高橋孝雄先生に伺いました。

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

ちょっぴり落ち着きがなくても、ほとんどの子は心配いりません

ちょっぴり落ち着きがなくても、ほとんどの子は心配いりません

担当編集I(以下、I):本日は「育てづらい子の育て方」を伺いたいと思います。今回取り上げる「育てづらい子」というのは、落ち着きがなくてひっきりなしに動き回る、親の言うことを聞かないなどの行動が見られる子ということに(便宜上)限定したいと思います。「育てづらい子」とADHD(注意欠如多動症)などの発達障害の子との違いはなんなのか、そのあたりもお聞きできればと思っています。

高橋先生:ご質問の「育てづらい子」というのは、手のかからない子の反対の意味なんでしょうね。100人の子どもがいれば、100通りの個性があるので、中にはとりわけ個性的な子、育てづらいなと感じさせる子もいます。それは昔も今も同じことです。

昔との違いは、発達障害(今は神経発達症と呼びます)についての研究が進み、対応法や治療法がわかってきたこと、ネットを中心に情報があふれていること。その結果として、わが子は発達障害かもしれないと感じる親御さんも増えてきているのではないでしょうか。

I:たしかにネット上では発達障害に関する記事をよく見かけます。そこに書かれている発達障害の子の特徴を目にすると、自分の子を含めて、身近な子どもたちにも思い当たる点があったりして…。

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】 もしかしたらADHDかも 「育てづらい子」との向き合い方

高橋先生:そうでしょうね。「うちの子、ADHDだと思うんです」と僕のところに相談に来られる親御さんも珍しくありません。でも、ほとんどの場合はADHDじゃないんですよ。たしかにADHDの傾向はあって、他の子と違って、落ち着きがなく物事に集中できないように見えたり、自分勝手で衝動的な行動が多いように感じられたり。でもそういう子どもたちの多くは「許容範囲内」で、他の子より手がかかるかもしれないけど、ちゃんと成長していくものです。ADHDに限らず、一般に発達障害の子とそうでない子の間には、広いグレーゾーンがあるんです。

診察の主役はもちろん子どもですが、親との対話も不可欠です

I:そこのグレーゾーンの中には、発達障害もしくは、それに限りなく近い子と、単に育てづらいとママ・パパが感じているだけの子がいるということですね。わが子をどう捉えるか、どう見るか、ママ・パパの見方で変わってくるのかもしれませんね。

高橋先生:小さい子どもは、そもそも落ち着きなく動き回るものです。その中で「病気」として特別な配慮が必要になるのは、保育園や家庭など、2箇所以上の場所で同じような問題があり、そのために日常生活に支障をきたしている場合です。家庭ではいい子だけど、保育園では言うことを聞かず大変、という場合は、基本的にはADHDとは判断されません。

診察の主役はもちろん子どもですが、親との対話も不可欠です

高橋先生: 一方で、ADHDと診断できないまでも、多動、衝動、うっかりなどの問題が多い子どもたちも確かにいますね。そのような場合、僕としてはあまり深刻にとらえない方がいいと思っています。もちろん大変なのはわかりますが、病気ではない、という認識も大切です。

わが子の問題をどうとらえるかには、親の気持ちの持ち方、感じ方も大きく影響します。親御さんが「うちの子はこれでいいんだ」と肯定的に納得することができれば、大半の場合、それまで感じていた「育てづらさ」がおおいに軽減されるのではないかと僕は思っています。

I:なるほど、元気で活発に動き回っていると考えるか、落ち着きがなく異常だと考えるか、ということですね。前者なら何の心配もいりませんね。

高橋先生:ちょっと多動気味でも、多少うっかりが多くても、成長するにつれて問題が解決するケースは少なくありません。それより僕が気になるのは、わが子の育てづらさを嘆く親御さんです。中には、期待する子ども像と実際のわが子とのギャップを受け入れられないことで育てづらさを感じる人もいるんです。

もちろん育てづらいというのは主観的なものでいいし、さらに医学的に、客観的に見ても、確かに育てづらいだろうな、と判断される場合もある。でも一方で、親御さん自身が持っている理想的な子どものイメージ、期待する子ども像とのズレから育てづらいと感じているケースもとても多いと思うんです。少し酷な言い方にはなりますが、親の方に“問題”があるパターンですね。

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】 もしかしたらADHDかも 「育てづらい子」との向き合い方

I:育てづらいと言っている親の方に“問題”がある――先生がそう認識されたとき、それを親御さんにはっきりと指摘されますか?

高橋先生:いや、しません。はっきりと「お子さんには問題はありません」とお伝えします。「この子をADHDと呼んだら、本当にADHDに苦しんでいる子どもたちに叱られますよ」って。一方、育てづらい傾向があることには同感し、お母さん、お父さんがここまでがんばって育てて来られたことをねぎらいたいと思います。育てづらいと感じているのは、実はお子さんの問題ではなく、あなたが親として人一倍がんばってきた証なんですと。「よくここまでがんばって育ててきましたね。あなたはがんばって育てたのであって、子育てが困難な子を抱えて苦しんできたというわけではないんですよ」と。それで、抱えていた悩みが少しでも軽くなればいいなと思います。

I:話は多少脱線しますが、たとえばお医者さんがADHDか否かを判断する際に、「個人差」はあるんでしょうか? つまりある先生はADHDではないと診断したけど、別の先生はADHDと判断するようなケースです。

高橋先生:それは結構あります。診断の基準をもとにして点数のようなものをつけるのですが、それはあくまで参考データであり、最終的な診断は医者の見立てで決まります。なので、どちらとも言えない“グレーゾーンの子”の場合、ADHD と診断する先生もいれば、しない先生もいるということです。

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談】 もしかしたらADHDかも 「育てづらい子」との向き合い方

I:親御さんからしたら病名をつけてもらったほうが楽になれる人と、そうではない人、大きく分かれたりするのかなと想像してしまいますが、実際はどうでしょうか?

高橋先生:おっしゃるとおりです。診察ではもちろん主役はお子さんですが、むしろ親御さんとの対話をすごく大切にしています。診察時間の大半はお母さん、お父さんとの会話に費やし、親御さんがその子の問題をどう表現するか、どういう表情で話すかにも気を配りながら、一体何に悩んでおられるのかを感じ取ることに専念します。その上で、医師としてどういう“道筋”を描いていくことがその子やご家族を幸せに導くのかを見極めます。

I:小児科の先生は、そういうことも考えながら診断を下しているのですね。

高橋先生:お母さん、お父さんも追い詰められていますからね。育てづらさを感じながら、ほんとうに苦労して子育てをされるなかで、独特な親子関係を築いていることもよくあることです。私の場合、これはちょっと普通じゃないな、この親子は幸せとは言えないかもしれないと感じたら、そこをまず解きほぐすことから始めるようにしています。どの行動パターン、思考パターンがなぜいけないのかを解きほぐしていき、問題を整理して単純に考えるように促します。

薬物治療により“生きづらさ”が劇的に改善する子どもたちもいます

高橋先生:ところでADHDの場合、必要であれば治療の一部としてお子さんに薬を飲んでいただく場合もあります。自閉症は基本的には薬はないのですが、ADHDに関しては薬を使うことで劇的に症状が改善することがあります。いい意味で別人になったように改善するので、親御さんは驚かれますね。

I:ADHDは薬で治るんですか? ただ、そこまで効く薬だと、不安に感じる親御さんも多いでしょうね。

高橋先生:ですので、事前にきっちりと説明をし、子どもにも親御さんにも納得していただきます。私が薬を勧めるのは、それによって「この子は救われるだろうな。人生が変わるかな」と思える場合です。学校の先生も匙を投げかけている、味方だったお母さんも疲れて限界に来ている、つまり誰も味方がいない状態、そして、このまま放っておくといじめの対象になる危険、徐々に自己肯定感が損なわれつつある危機的状況。それらを踏まえて、最終手段として薬を処方します。ADHDの診断が間違いなく、症状も強い子の場合、薬を使うことでほぼ確実に症状が改善し、日常生活が一気に好転することも多いです。過剰診断・過剰治療は絶対に避けるべきですが、中には薬物治療が必要なお子さんもいることは事実です。

I:なるほど。依存症というか、薬がないと生きていけなくなる、なんてことはないのでしょうか?

高橋先生:そうならないように、処方する際には十分注意します。じきに飲まなくても問題ないようになる子が大半ですが、なかには大人になっても飲み続けている方もいらっしゃいますし、いずれにしても服用期間は年単位ですので。そもそもライセンスを持っている特定の医師しか処方できないので、ネットの噂話で指摘されるような「子どもが薬漬けにされる」といった心配は不要と思います。親御さんも、そしてお子さん自身も、なぜ、何のために、いつまで薬を飲むのかをしっかり理解しておくことが不可欠ですね。

I:病名がつかなくても、お子さんにADHDに限らず発達障害の傾向が強くある場合、親御さんはどう接すればいいのでしょうか?

高橋先生:どのタイプの発達障害かによって、また、問題の程度によって対応も変わってきます。たとえば、自閉傾向のあるお子さんであれば環境整備、つまり日常生活を本人に合わせてあげることです。何事もいつもやっている手順に従って進むようにお膳立てするなど、いわゆるルーティーンを守って生活できるようにしてあげることが大切です。

I:あとは周囲の大人の理解も大切ですよね。

高橋先生:その通りです。そういう子がいることが全てのトラブルの原因であるかのようにいう大人が、もしいるのだとすれば、とんでもないことです。周りの大人がその子の傾向を理解して、温かく接してあげてほしいと思います。

薬物治療により“生きづらさ”が劇的に改善する子どもたちもいます

I:排除するのではなく包摂することが大事…まさに社会そのものですね。

高橋先生:はい。子ども、大人関わらず、私たちの社会は多様性に溢れています。いろんな個性があるからこそ社会はその存在価値がある。ADHDの子もいれば、ADHD気味の子もいるし、そうじゃない子もいる。そういう子たちのお陰で社会はいきいきと活気にあふれているんです。

親御さんにお伝えしたいのは、たとえわが子がADHDと診断されたとしても、あなた方の育て方に問題があったわけではない、ということです。ご自分を責めたりしないでいただきたい。多動傾向や衝動性の強い子どもさんのお世話をするのは人一倍の気力と体力が必要です。元気すぎるお子さんを「困ったな~、でも可愛いな~」と温かく見守り、育てておられお母さん、お父さんは本当にすごいと僕は思います。

I:子育てはただでさえ大変ですからね。育てづらいと思っても、子どもの行動の傾向を正しく把握して、どう対応すべきか考えながら、その子に寄り添うことができれば、親子の絆は強くなるし、ママ・パパの気持ちも楽になりそうです。本日は貴重なお話をありがとうございました。

妊娠・出産インフォ トップに戻る