【小児科医・高橋孝雄の子育て相談 特別編】vol.2 相談「集団生活が苦手な場合にはADHDを疑うべき?」ほか

【小児科医・高橋孝雄の子育て相談 特別編】vol.2 
相談「集団生活が苦手な場合にはADHDを疑うべき?」ほか

妊娠・出産インフォ

“今、日本一相談したい小児科医”と言われる、慶應義塾大学医学部教授で小児科医の高橋孝雄先生。本連載をきっかけにさまざまなメディアで活躍、2冊出版した自著の累計発行部数も10万部を超え、ますます注目を集める存在となっています。そんな高橋先生を迎えて、出産準備サイトと本屋「B&B」がコラボして、子育て相談イベント「いま、日本一相談したい小児科医高橋孝雄先生の〈子育てアレコレ相談室〉」を2020年11月25日に開催しました。参加者が口をそろえて「素晴らしい内容だった」と絶賛した同イベント。出産準備サイトで、その様子を一部レポートいたします!

 

sp

<プロフィール>
高橋孝雄(たかはし・たかお)
慶應義塾大学医学部 小児科主任教授 医学博士 専門は小児科一般と小児神経
1982年慶應義塾大学医学部卒業後、米国ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院小児神経科で治療にあたり、ハーバード大学医学部の神経学講師も務める。1994年帰国し、慶應義塾大学小児科で現在まで医師、教授として活躍する。趣味はランニング。マラソンのベスト記録は2016年の東京マラソンで3時間7分。別名“日本一足の速い小児科教授”。

 

集団生活が苦手なわが子…ADHDを疑うべき?

集団生活が苦手なわが子…ADHDを疑うべき?

担当編集I(以下、I):前回に引き続き、参加希望者の方から集まったリアルな子育てのお悩みについてお答えいただきたいと思います。

高橋先生:はい、よろしくお願いします。

I:では、お一人目の相談者です。

●相談1
5歳の男の子ですが、とにかく集団生活が苦手です。
幼稚園では先生の指示どおりに動けず、他の子はみんなできるのに、
うちの子だけが集団から外れて行動しています。
注意されたら、パニックに陥り、その場から逃げ去ろうとします。
先生も手を焼いており、
「正直どうしたらいいかわからかない」とまで言われました。
しばらくすれば落ち着くものなのでしょうか?
それともなにかの病気(ADHD?)を疑うべきでしょうか。(くるりん)

高橋先生:5歳の男の子としては、これは本当によくある話です。同じような不安から、病院に連れて来られる子もいるのですが、(お話を聞くと)大体このパターンです。幼稚園なり保育園なりで「集団指示がとおりません」「こんなのはお宅のお子さんだけですよ」と言われたと。最近はいろいろマスコミで取り上げられていることもあり「ADHD(注意欠如多動症)かもしれません」と、そこまで言われて私のところに来る方もいらっしゃいます。ただ、こういうケースの多くはADHD ではないんですよね。

I:そうなんですか。

高橋先生:園の先生に注意を受けたからといって、慌てる必要はないと思います。ただ時には、ADHDの傾向が確かにあって、それがお子さん自身の足を引っ張っているケースもあるので、そういう場合は病院で相談していただくのがいいかと思います。

I:ADHDは発達障害の一つですね。ちなみにADHDかどうかは、どこで見極めるものなのでしょうか?

高橋先生:大事なポイントは、幼稚園や保育園だけではなくてお家でもそういう問題があるか、ということです。2箇所以上の違う場所で同じような行動パターンの問題が起こっているのであれば発達に問題があるかもしれません。もう一つのポイントは、ADHDと言ってもただ落ち着きがないだけではなくて、衝動性がある、うっかりミスが多い、などの特徴があるということです。お子さんがADHD かもしれないと言われているその根拠が、とてつもない落ち着きのなさなのか(多動性)、急に飛び出してしまうなど衝動的に行動を起こしてしまうことなのか(衝動性)、あるいは幼稚園児とはいえ、いくらなんでも忘れ物が多すぎることなのか(不注意)、具体的に考えてみてください。もし園の先生などにADHDの疑いを指摘されたら、どこが具体的に問題なのか、もう少し詳しく話を聞いてみてもいいかもしれないですね。わが子のことを一番わかっているのはお母さん、お父さんのはずです。「そう言われてみれば先生の言うこと、家にいる時にも当てはまるな」と感じたら、ADHDかもしれないと疑ってもいいかもしれませんね。

I:相談者さんの場合は、家ではちゃんとしているのに、集団生活となった途端に変な行動をしてしまう、ということのようです。程度問題だとは思いますが、この時期のちょっとやんちゃな男の子だと受け入れるべきか、それとも気にするべきなのか、どうなのでしょうか。

高橋先生:おっしゃるとおり程度の問題なので、無責任に十把一絡げで「放っておいても良い」とは言えません。ただ、5歳の男の子ですよ。自分が5歳の時のこと思い出してごらんなさい、とは思います。もう一つが、例えば20人なら20人、5歳の男の子を集めたら、それはいろんな子がいますよね。引っ込み思案でとても静かな子もいれば、何をやるにしても一番に飛び出していく子とか、声の大きな子もいる。それはどちらも正常で、個性の範囲だという理解が大事だと思います。

I:その個性の範囲という認識で、「ちょっとやんちゃで暴れん坊だという子は、そういうものである」と、腹落ちさせることが大事なのでしょうか?

高橋先生:もちろん「そのままで良い」とは言いません。しつけをする必要もありますし、言って聞かせることが必要な場面もあると思います。特に、人に迷惑をかけるような行動は慎むべきだという点は、5歳であっても、言うべき時には言うことだと思います。それは親の仕事。しかし、それと5歳の息子を、そういう人格なのだ、そういう病気なのだ、と親が決めつけてしまうのとは別問題です。問題行動があったら、個々の問題行動に対して、親が向き合って真面目に意見を述べつつも、その総体として、「うちの子はこういう子だ」というような決めつけはしない方が良いでしょう。

言葉が遅くて、お友だちに突然噛み付いてしまう…

言葉が遅くて、お友だちに突然噛み付いてしまう…

●相談2
3歳の男の子がいます。今年から幼稚園に通っていますが、
なかなか言葉が上手に喋れず、心配です。
言いたいことを伝えられないと、突然噛み付くので、
お迎えの時に同じクラスの子に「噛まれた」と
歯型のついた手や腕を見せられ、
何度も何度もお詫びする日々です。
5歳年上で小学生の兄とはとてもいい関係で、
たいてい言うことを聞いていますし、
兄の友だちとなら諍いもなく楽しそうに遊んでいます。
発達障害を疑ってお医者様にも行きましたが
「様子を見ましょう」とのこと。
もうすぐ年中クラスというのに、言葉数もあまり増えず、
噛みつきグセは止みません。
幼稚園でトラブルを起こさないように
噛み付くことだけは止めさせたいのですが、
どう教えたらいいのでしょうか。(ひろみ)

高橋先生:ご心配事がいくつかあるようですね。一つ目が、言葉の遅れというご心配ですね。もう一つは噛みついてしまうというご苦労ですね。三つ目が、関連しますが、噛み付くという行為をやめさせるにはどうしたらいいか、ということだと思います。対象は3歳の男の子…こういうタイプのお子さんは意外に多く病院に来られます。このご質問から想像するに、お子さんはおそらく相手の言っている言葉を十分に理解することができていて、また相手の表情からも感情を読み取れていて、それに対して自分の頭の中では答えが用意できるんだけれども、その答えを言葉にして自分の口から突いて出す、ということができないんだと思うんです。

I:なるほど。言葉の遅れと一口に言っても、このケースではおそらくアウトプットができていないだけで、インプット、つまり相手の言っている言葉は十分理解できているだろうと。

高橋先生:そう思います。言語によるコミュニケーションには三つのステップ、つまり「聞いて理解する段階」、そして「考える段階」、「考えたことを言葉に出す段階」があります。考えたことを言葉にして出すところだけが問題、出口が狭いというか、それを「表出言語の発達」が遅れていると表現しますが、意外に多いですよ。3、4歳になっても意味のある言葉が一つか二つしか出ない…そのような場合には、言葉の出口が狭いだけで、その子の知能は正常だということを確認する必要があります。相談者さんのお子さんは、お兄ちゃんとはとても仲が良くて、お兄ちゃんの友だちとも楽しそうに遊ぶことができる、と。親子のコミュニケーションもしっかりとれていると思いますから、そういう意味では間違いなく、表出言語だけが遅れているパターンだと思われます。そういう場合には、小学校に上がる前ギリギリまで待っていると、ワーッと言葉が出てくる子も多いですね。逆に言うと、そのタイミングで小学校が始まるという教育制度はなかなかよく出来ているなと思います。

I:小学校入学の直前まで言葉が出ないと親も焦るかもしれませんが、そんな子が実は少なくないと聞くと少し安心しますね。

高橋先生:以前、4歳くらいの男の子で、全く同じようなケースで相談に来られた方がいました。お母さんは大変に心配していたんですが、横についていたお父さんのお母さん(おばあちゃん)が「うちの息子も5歳まで、口がきけないのかと思っていた」と一言ポロリと言ったんです。その男の子、今では大変なおしゃべりです。すなわちちょっと遺伝的な背景もあって親子そろって言葉が遅い場合もあるわけです。いずれにしても相談者さんのお子さんも言葉はそのうち出るタイプと思います。ただ、人の言っていることは全部理解できていて、頭の中ではいろんなことを考えていて、ところがそれをうまくお友だちに口で伝えることができない。それが相当なストレスになっているんではないかなと思います。その結果として、顔をひっかいちゃうっていう子も多いんですが、この子は噛み付くんですね。この子も辛いんだな、と思います。噛み付く、ひっかくというのは、ある意味、自然な行為なわけで、せめて親だけでも、そしてできれば園の先生にも、この子が噛んでしまうことについては、ただ責めるのではなく、温かい気持ちを持って接してあげてほしいなという風に思います。その上で、考えていること、感じていることを、お母さんやお父さん、幼稚園の先生が、「こうこうこうなんだね」と代弁して、外に出してあげる。そういうことでストレスを和らげてあげてほしいですね。

I:親であれば日々のコミュニケーションから、仮にまだ言葉は喋れなかったとしても、こういうことを言いたいんだろうなっていうのは想像できたりしますよね。それで、ちょっと言ってあげると、本人が「うん」と納得したりする事って、1歳2歳ぐらいの時はあると思います。それがちょっとゆっくりな子もいて、そういう子には、1歳や2歳の子に接するように、気持ちに寄り添って、言葉を外に出してあげる作業が必要であるというわけですね。

高橋先生:そうですね。ただ、たとえば赤い人形と青い人形があって、「青い方を友だちが先に取っちゃったから怒っているんだよね」のように、そこまで具体的に言う必要はないですね。「欲しいものが手に入らないと悔しいよね」とか、その程度でいいと思うんです。悔しいという気持ちを「悔しい」という言葉で代弁してあげると良いんじゃないかな。

I:ちなみに注意の仕方として「噛みついちゃ駄目よ」というのは効果的ではないですか?

高橋先生:噛み付いてしまった時に言うのは、必要なことだと思います。叱るのはその場で、というのが原則です。それから少し落ち着いた時にもう一度言ってみること。このお母さんは多分やっておられると思いますが、「お友だちに噛み付いたら良くないってわかっているよね」、とお話しするのはいいと思います。ただそのことは、この子は百も承知だと思うんですね。そこが切ないところだなと思います。僕の知る限り、言葉が遅れていることでお子さんを病院に連れこられたお母さんに「お子さん、ひっかいたりしませんか? 友だちに手が出ませんか?」ってたずねると、大抵のお母さんは頷きます。こうした問題が、お母さんの重荷になっていることも、よくあることなんです。ですから、自身にもお子さんにも少し寛容になってあげたらいかがですかと言いたいですね。たとえば、我慢を強いられているから、その分、我慢強い子かもしれない。大人になって、自由に言葉を使いこなせるようになったら、他の人々よりもっと寛容で、もっと穏やかな人になるかもしれません。こういう子の困った行動に対しては少し多めに見てあげたいな、というのが私の個人的な意見です。

I:そのスタンスは大事ですよね。一方ここで難しいのが、ひっかくとか噛み付いてしまう子の親は、そのスタンスで良いかもしれないですが、噛みつかれた子のお父さんお母さんというのは、モヤモヤが残ってしまうと思います。そこは噛んだ当事者側だけではなくて、子育てをしている人達が、そういう理由があって噛んでしまうんだ、引っ掻いてしまうんだ、ということを理解し、認識することが非常に大事なのかなと思いました。

高橋:そうです、そのとおりですね。

 

「いま、日本一相談したい小児科医高橋孝雄先生の〈子育てアレコレ相談室〉」のレポート記事第二弾、いかがでしたでしょうか? 集団生活が苦手、お友だちに乱暴をしてしまう等々、他者との関わりが増えてくるといろいろと気になることも増えてくるものです。しかし、多くのケースは親やまわりの大人が、少し心にゆとりを持って、寛容な気持ちで見守っておくことで解決することが多いのでは…と先生のお話をお聞きしていると思い、同時に心がフッと軽くなりました。さて次回も、他のテーマについての回答をまとめていきます! お楽しみに!

妊娠・出産インフォ トップに戻る