やすのり先生のキーワード解説(3) おしるし/破水/陣痛<前編>

やすのり先生のキーワード解説(3)
おしるし/破水/陣痛<前編>

妊娠・出産インフォ

新しい命が誕生するまでの道のりは、不思議なことばかり。出産を一度経験したことのある人でも、赤ちゃんがどのような仕組みで胎内から出てくるかは、わからないことのほうが多いかもしれません。やすのり先生こと、慶應義塾大学医学部名誉教授の吉村泰典医師に、分娩までに経験するであろう3つのことをお聞きしました。

「おしるし」を経験するのは7~8割

まず、「おしるし」から説明しましょう。簡単に言うと、血の混じった粘液性のおりもののこと。人によって、出血と感じたり、ドロッとしたものの中に血が混じっていると感じたり、感じ方はいろいろです。

これがなぜ出てくるかというと、赤ちゃんの頭が下がってきたときに、子宮の収縮が起こるから。そして、赤ちゃんを包んでいた卵膜とのずれができて、卵膜がはがれる。このときに出血し、産前で増えている粘液と一緒に出てくるのです。

でも、これはお産の絶対的な兆候ではありません。7~8割の方はおしるしを経験しますが、なくても問題ないのです。

おしるしだと思っていたものが、そうでなかった場合のほうが問題です。前置胎盤や常位胎盤早期剥離といった妊娠合併症で起こる出血と区別しましょう。判断の目安は、「出血が多いか」「強い痛みを伴うか」。おしるしの場合は、出血もそれほど多くなく、痛みもなく出てきます。

keyword_3_01

初めてのお産だと、おしるしがあるとあわててしまう人もいるかもしれません。けれど、すぐに分娩ということにはなりません。おしるしだけでは、まだ病院に行く必要はないですよ。

「破水」はいよいよ分娩が近いというサイン

今回の2つ目のキーワード、「破水」が起こったら病院に行かなくてはいけません。破水とは、卵膜が破れて羊水が出てくること。卵膜は3層からなっていて、いちばん内側にあるものを「羊膜」といいます。これが、外から菌が入らないように赤ちゃんを守っているんですね。だから、破水してしまうと赤ちゃんを感染の危険にさらすことになります。そのため、産科の現場では、破水が起こったら48時間以内にお産をしてもらえるように準備をします。

最も理想的なのは、子宮口が全開大(約10センチ)になったときに破水が起こること。子宮口が7~8センチで破水するのも正常範囲内。陣痛が次第に間隔を置かずにやってくる過程で破水する場合もありますし、分娩台の上に上がってからということもあります。

陣痛が来る前に起こるものを「前期破水」といいます。これは、だいたい5~10%の割合で起こるので、特段珍しいケースともいえないかもしれません。妊娠37週以降で起こるものです。ただ、子宮内感染と早産につながる可能性があるので、すぐに病院に行くことが求められます。

keyword_3_02

実は36週以前で起こる破水もあります。私たちは「前々期破水」と呼んでいますが、こちらのほうが大変です。まだ胎児は小さいですから、お母さんの体から出て、生きていけるのかどうかということが問題になります。現代の考え方としては、たとえば32週で破水してしまったら、自然に任せる形で分娩できるようアプローチします。破水が起きると週数は少なくても陣痛はきますので。

これは未熟児治療の進化の賜物。今は「インタクト・サバイバル」、つまり“後遺症なき生存”が可能。日本の周産期医療は世界一なのは周知の事実です。

ときどき、「破水と尿の違いがわからないかもしれない」と心配される妊婦さんがいらっしゃいますが、破水のときは、さーっと流れるような感じで液体が出るのでわかると思います。色は無色透明から乳白色。アンモニア臭のようなにおいもありません。

次回は、陣痛をご説明しましょう。

* * *

おしるし、破水の意味をわかっていただけましたか? 後編では皆さんがおそらくいちばん心配している「陣痛」について、わかりやすく解説していただきます。

 

合わせてこちらもおすすめ

やすのり先生のキーワード解説(4) おしるし/破水/陣痛<後編>

妊娠・出産インフォ トップに戻る