気になる“保活”のホントのところ 3人のママのリアルレポート 

気になる“保活”のホントのところ 
3人のママのリアルレポート 

妊娠・出産インフォ

すでに始まった来年度4月入園の保育所の申し込み。仕事に復帰したい、再び働きはじめたいというママにとって、保育園に入れるかどうかは非常に切実な問題です。

「どんなふうに保育園を探している?」「入るために何か努力できることはあるの?」など、保活についての疑問はいろいろとあります。今回は、現在保活中のママ、一足先に保活を終えたというママなど、3人のママにお話をお聞きしました。

 

最難関エリア? 東京・世田谷区で保活中のAさん 36歳/デザイナー

(パパ38歳/制作会社勤務、長女1歳1か月)

妊娠中にしたことはひとつの園の見学。その後、去年9月に娘を生んでからは、生後3、4か月たった頃に、インターネットで自治体のホームページを見て、認可保育園と認可外保育園の違いなどを調べてみました。これらが保活の準備という感じでしょうか。そのときはけっこう楽観的に入れるだろうと思っていました。

娘が生後6か月になった、ちょうど2015年春から本格的に保活を始めました。まずは、自治体の窓口に行って「保育施設利用に関する案内」という書類をもらってきて、どこに園があって、どこで0歳児保育が行われているかを調べました。私たちの歩いていける場所の園には0歳児クラスはなくて、何駅か電車に乗っていくところで、4園あることがわかりました。住んでいるのは世田谷区の端で、すぐ隣の区があるような場所。その区の園も申しこみたいと思い、役所に聞いてみると「申請を出してもいいけれど、区に住民票のある人が優先されるのでまず入れないだろう」といわれました。こんなことなら、世田谷区の真ん中に住んでいればよかったなと思いました(笑)。

空きがあればいつでも入園させたいので、現在も今年度の申し込みは済ませています。けれど、やはり4月入園を狙うほうが現実的だろうなと、1歳児から預かってくれる園をリストアップし、見学を始めました。勤めている会社には事情を話して、育休を半年伸ばしてもらいました。

hokatsu_01

世田谷区の7つの認可園と、4つの認証保育園や保育室と計11の園を見学。とりあえず見てみて、どこがいいかというよりも、ここには通わせられないという園があったらそれをチェックしている感じです。こっちが選べるような状況ではないので。

認可保育園はいつでも見学してくださいという対応ですが、保育室などは事前予約が必要で、見学自体が予約でいっぱい。連絡してから1か月後にやっと見学することができたところもありました。

実は保育室で、すぐに入れますよというところが見つかりました。さらに別の保育室で、来年4月からの入園の予約もとれました。けれど、結局お断りすることに。1か月の保育料が10万円と高額なのに、認可園と比べると充実した施設とはいえず、開放感がなく、窮屈な感じがしたので。このことをきっかけに、認可保育園に入れたいという思いが強くなりました。

私は、自治体のホームページ以外、インターネットでの情報収集はしていません。理由はどれが本当の情報かわからないから。入りやすくなるためのアドバイスも載っているようですが、見たことはありません。だから、保活でできることといったら、見学くらいですが「入れないかもしれない」ということを実感しています。

実は最近、実家のある地域(23区内)の園も見学に行きはじめました。父から「家の近くの園に空きがあるみたいだよ」と連絡をもらったからです。その園に聞いてみたら実際は、1歳児には空きがなかったのですが、引っ越しというのもひとつの選択かなと思うようになりました。

待機児童の数は世田谷区の3分の1くらいのようですし、たとえば実家近くに家を借りるとしたら、通えそうな園の数が今よりも倍くらいに増えます。こちらのほうが希望を持てます。でも、地元の方から「いや、こっちも激戦区よ」といわれて、認識が甘いかなとちょっとへこんでいます。

引っ越しとなると、お金もかかるし、私も夫も通勤時間が長くなります。通勤時間が長くなれば、職場では時短勤務にさせてもらえるのですが、それでは私の得意な業務はできないだろうなと。本当に難しいところです。

とりあえず、両方の区から来年度の申請書をもらってきて、もう少し考えてみようと思います。

千葉県で保活を終えたFさん(37歳)の場合

保活のために引越し 千葉県で保活を終えたFさん 37歳/出版社勤務

(パパ36歳/電機メーカー勤務、長男1歳)

結婚2年目で妊娠し、2014年10月に男の子を出産。その頃は千葉県柏市に住んでいました。0歳児クラスに2015年4月から入園することも可能でしたが、子どもが生後半年での復帰はやめにし、9月か10月の秋復帰を目指すことにしました。

私の職場は都内ですが、夫の職場は茨城。都内に住むという選択はなく、夫は毎日帰りが遅いので、お迎えを頼むことはできないという状況です。そのため、自宅付近の園を探すことに。それ以外の選択肢はないかなと思っていたところ、隣の市である流山市が、子育ての街としての施策を打ち出していて、保育所を増やしていることがわかりました。

流山市役所に行って、資料をもらい過去の入園実績を見てみました。通えそうな範囲にある園で、途中入園がいつ頃あるかを調べ、この園ならこれくらいの時期に空きが出るかもしれないという予想を立てたんです。空きには「若干名」と書かれているところもあったので、役所の方にそれは具体的に何人なのかを聞いたり、どのあたりの園の倍率が高くなりそうかなども聞いてみたりしました。子育ての街ということで、どんどんファミリー世帯が増えていたからです。

そして、仕事に復帰する2週間前に慣らし保育をすることも考えて、この園なら8月入園ができそうだとあたりをつけて、今年1月に流山市に引っ越しました。

私の場合、途中入園ならいつでもいいということではなかったので、申請書は7月になるまで提出せず、毎月役所の係りの方に電話をして、空き情報を聞いていました。先ほどいった若干名の話なのですが、それは本当にそのときになってからでないとわからないとのことでした。保育士さんが増えて、受け入れ人数が増えることもあるからだそうです。その他、保護者の転勤などでポッと空きが出ることもわかりました。

7月になって申請書を提出。狙いどおり、入園許可が出たのは7月23日でした。無事に入園できた時はほっとしました。

hokatsu_02

結局、見学に行ったのは4園。妊娠前はどういう園が家の近くにあるのかを調べたり、友人に保活について聞いたりする程度でした。保護者の働き方や保護者の親が同居かどうかなどによって、ポイント数(指数)が決められ、保育園に子どもを入れるのは相当大変なこともなんとなくわかっていました。今、パパもママもフルタイムで働くのは当たり前ですから、ポイントに差はつかないんですよね。

「見学に行った園にはお手紙を出したほうがいい」なんていう話も聞きましたが、私は書きませんでした。園の先生には入園を決める裁量はないといわれていますが、「少しはあるのかな」と思うことも。保活はこういう、もやもやした問題が多いですよね。

産後3か月の引越しは思っていた以上に大変でした。けれど、最終的にはいい選択をしたと思っています。私の通勤時間は少し短くなりましたし。

妊娠中に「ここで子育てをしたい」と思って引っ越す人もいるでしょうが、そうなると保育園探しの時点でもう1回引っ越すことになるケースもあります。少し待ってから、住む場所を決めるのもいいのかもしれません。

東京・目黒区で申請したIさん(35歳)の場合

入園できなかったら「娘との生活をもう少し楽しもうかな」 Iさん 35歳/広告会社勤務

(パパ38歳/不動産会社勤務、長女10か月)

ちょうど11月からの途中入園の申請を東京・目黒区に出したところです。初めての申請で、第1希望から第3希望まで記入しました。0歳児クラスは定員が少ないので、実際のところは2016年4月の入園を目指しています。娘は12月生まれですが、今年度の入園申請には間に合いませんでした。

hokatsu_03

認可保育園の2園には飛び込みで、ひとつの私立の認可保育園には事前予約をして、見学しました。第1希望の園は、よく行く「子育て広場」の近くにあるので、親しみを感じています。ここに入れられたらいいなと思っていますが、どうなることか。目黒区にはもう2年住んでいますが、妊娠してからはじめて保育園に入りづらいことを知り、以前住んでいた品川区のほうが「子育てしやすい」という話も後から聞きました。

これから認可外の保育園も見学に行かなくてはと思いますが、通える範囲にある施設の概要は事前に調べています。それを見ると、認可園に比べて狭いし、園庭はないし、ビルの2階にあるなど、正直行かせたいと思えるところではない気がします。

園への見学は私と娘で行っています。パパには「保育園に入るのは難しいかも」という話をしていますが、「それなら、幼稚園に入るまで君は仕事をせずに、専業主婦になれば? 僕が君の分まで頑張るよ」といわれました。

はじめはうれしいと思いましたが、やはり複雑な心境。私が働いて、将来のための貯蓄もしたいし、子どもが小さいときに園に入れたほうが、団体生活にもすぐに慣れるだろうし。パパの本音は、子どもを保育園入れると送り迎えをしたり、子どもの世話や家事の負担が増えたりすることを避けようとしているのかも(笑)。

出産前はすぐに職場復帰をしようと思っていました。でも、うちの子は夜泣きもしないし、子育てが楽。また、一緒にいれば、はじめてのつたい歩きなど成長の過程をつぶさに見られます。子どもとの生活って、本当におもしろくて楽しい。だから、私が働きはじめたら、成長の瞬間はあまり見られなくなって、少しさびしい気もするんですよね。

もし入園できなかったら、それはそれでいいのかなとも思いはじめています。

*  *  *

3人の方の保活事情、いかがだったでしょうか? 一人ひとりにそれぞれの形がありましたが、共通しているのは保育園入園を前にして、自分のキャリアや家族のライフスタイルなどについてよく考えていたこと。けっして簡単な問題ではありませんが、後悔することのないよう、いろいろな場合を想定して保活をすることが大切なようです。

また、気になるのが、希望が叶うのかどうかですが、その決定方法は自治体によってさまざまです。お住まいの地域が、どのような手続きで決定するのかは、直接担当窓口に問い合わせされることをおすすめします。

妊娠・出産インフォ トップに戻る