先輩ママが楽しんでいた産休中の“自分磨き”とは?

先輩ママが楽しんでいた
産休中の“自分磨き”とは?

妊娠・出産インフォ

働く女性であれば、妊娠しても仕事をやめたくないと思うのは当然のこと。職場にその意思を伝えたら、基本的に産前は6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後は8週間休むことができます。これを「産休」と呼んでいます。

産休の前半は体を休め、健やかに出産の日を迎えるための準備期間。入院や出産後にスタートする育児のための準備など、やらなくてはいけないことが盛りだくさんです。けれど、意外と暇…なんていう声も。そう、子どもが生まれるとなかなか自分の時間を確保できないので、いろいろなことにチャレンジしたり時間をかけたりすることのできる、またとないチャンスなのです。

せっかく与えられた休暇を“自分磨き”のために使ってみては? 先輩ママたちに聞いた産休中のさまざまな体験をレポートします!

1_bidai

●念願かなって美大へ(Sさん)

憧れだった美術大学のスクーリングに参加しました。デッサンをしたり、カメラを使った実習に出かけたり、とても有意義な時間を過ごすことができ、大満足です。この時学んだカメラは、今でも趣味として続けているそう。
産休の自分磨きで一生ものの趣味に出会うこともあるんですね。

2_ryouri

●基本に立ち返って料理を学ぶ(Mさん)

料理を基礎から学びたいと思い、クッキングスクールへ。素材の扱い方や切り方の基本など、今まで適当にやってきたことを体系的に学びました。毎日の生活に生かされていますね。
今後のママライフに役立つことを学び直すのもステキですね。

Cheerful group of volunteers giving thums up on white background

●ボランティアを経験し育休中も勉強(Kさん)

仕事で環境問題の解決を図る「環境コミュニケーション」に携わっていて、以前からこのジャンルのボランティアを経験したいと思っていました。産休時に少し時間ができたので、あるNGO団体に応募し、サポーターへのチラシ送付やアンケートの集計などを行いました。休業中にも関わらず情報収集ができたうえ、ママ友にもめぐりあい、予想以上の有意義な経験に。職場復帰後の仕事にも大いに役に立っています。
“産休自分磨き”が、その後の仕事に役立つことも。

4_sanpo

●休暇そして出産への体づくり(Tさん)

産休前までは引き継ぎ業務などでオーバーワーク気味だったので、とにかく体を休めました。疲れがとれた後は、毎日のように散歩に。ふだんなら電車や車で行くようなところへ歩いていき、“一人遠足”。健康的に体を動かしたということが、私にとっては自分磨きかな。


自分磨きだからってなにも特別なことをするだけじゃないんですね。

●保育士の資格を取得(Mさん)

5_hoikushi

通信教育で勉強して、保育士の資格を取りました。きっかけは子どもの発達心理に興味があったから。子どもが小さいときにどういう順序で、どのようなことに関心を持ち、どのように成長していくのかということが知りたかったんです。大まかな流れを知っていたので、「今は母親と遊ぶ時間が楽しいのだな」「もう友だちと関わることができる年になったんだな」などと俯瞰してみることができています。確実に、育児の役に立っていますよ!
資格にチャレンジしてしまう猛者も!

6_yoga

●リラックスのためのヨガレッスン(Tさん)

マタニティヨガに行きました。ゆったりと体を動かすことが気持ちよかったし、リラックス効果もありました。
やっぱりマタニティヨガは定番ですね。ほかにマタニティスイミングに行ったという人もいました。

7_couple_2

●ダンナさまと二人の時間を(Yさん)

自分磨きというわけではないのですが、子どもが生まれたら夫婦の時間がなくなると思ったので、毎週末デートに行きました。この期間はつきあい始めみたいな感じでした…。とはいえ、ベビー服を買いに行ったり、出産準備を兼ねることも多かったんですけど。
夫婦の時間をしっかりつくるのも大事なことですね。

8_english

●英会話にデザイン…知的好奇心の赴くままに(Nさん)

産休中は、英会話のレッスンに通いました。そして、産後1ヶ月のときにはデザインソフト「イラストレーター」の使い方を学ぶ講座へ。2人目を妊娠したら、また別の勉強をしてみたいです。
とどまるところを知らない学び欲求は、2人目のモチベーションにもなるんですね。

9_mamatomo

●ママ友と勉強会(Aさん)

保健所のやっていた母親講座に参加し、近所に住む友人ができました。同じ年の子を持つママ友ができたことは私にとって思った以上に大きな収穫でした。自分磨きになったと思ったのは、そのママ友たちと企画し、講師の先生を呼んで勉強会を開いたため。今でもときどきやっています。
産休期間に地域コミュニティに参加し、それが自分磨きに発展した好例ですね。

10_kaiga

●漫画家への夢に向かって踏み出す(Iさん)

昔から好きだったマンガを描きはじめました。1日に1つ、4コマ漫画のようなものを描きつづけ、せっかくだからとそれをある賞に応募してみました。すると運よく入賞。その後職場復帰しましたが、結局進路を変更することにしました。今は仕事をやめ、漫画家修業をしています。

産休の自分磨きが人生の転機になる場合もあるんですね。

みなさん、さまざまなアクテビティで産休中を有意義に過ごしていたのですね。ほかにも人それぞれ、十人十色の産休期間があることでしょう。体調と相談しながら、無理せず、あなたらしい産休の過ごし方を計画するのも楽しいかもしれません。

妊娠・出産インフォ トップに戻る