夏生まれ赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは?(6、7、8月生まれ)

夏生まれ赤ちゃんにぴったりの肌着素材とは?(6、7、8月生まれ)

妊娠・出産インフォ

夏生まれの赤ちゃんには、寒さへの心配がない半面、暑さや湿気の多い中での快適な毎日について考えてあげる必要がありますね。6、7、8月の夏生まれさんに最適な肌着の素材をご紹介しましょう。

デリケートな肌の赤ちゃんには、綿100%の素材がいちばん。なかでも、暑い時季に誕生する赤ちゃんには、「天竺(てんじく)」や「フライス」のものがぴったりです。

天竺は、平編みの生地で、薄手でさらっとした感触が特徴。通気性に優れているので、私たちのTシャツなどにも使われている素材です。フライスは、リブ編みの生地。ふんわりやさしい手触りで、伸縮性のよさが持ち味です。
大人の肌着にもよく使われ、季節を選ばない素材。天竺より少し厚めの綿素材と覚えておきましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、最低でも1ヶ月ほどは室内で過ごします。そのため、冷房の効いている部屋か、そうでないかを考えることも大切です。エアコンで涼しくなっている部屋で過ごすなら、真夏生まれの赤ちゃんでもフライスがいいでしょう。また、梅雨の時季に生まれた赤ちゃんには、通気性のよさを重視したほうがいいので、天竺を着せてあげるのがいいですね。ガーゼも、通気性や吸汗性に優れた夏向きの素材ですが、伸縮性があまりないのが欠点。着せやすいという面からも考えても、最初は天竺やフライスを選ぶといいかもしれません。

用意する枚数ですが、短肌着ならフライス2枚、天竺4枚を目安にしてみてください。また、メーカーやブランドによって、同じフライス素材、天竺素材でも生地の風合いに違いがありますし、縫製やカッティングによっては、赤ちゃんがチクチクしたりすることもあるので、店頭で手触りや肌触りをチェックするといいですね。

実際に肌着を手にとってみると、赤ちゃんのサイズ感も実感できると思います。
ぜひ、ママとパパお二人でお店に足を運んでみてくださいね!

合わせてこちらもおすすめ

妊娠・出産インフォ トップに戻る