すべての子の誕生は「奇跡」であり「おめでとう」『コウノドリ』作者・鈴ノ木ユウさん

すべての子の誕生は「奇跡」であり「おめでとう」
『コウノドリ』作者・鈴ノ木ユウさん

妊娠・出産インフォ

青年コミック誌『モーニング』で連載中の『コウノドリ』。いま、出産を控えるプレママやその夫であるプレパパのほか、子どもをもつ親、将来親になるであろう人など、さまざまな人たちに注目されています。
主人公は、産婦人科医でジャズピアニストの鴻鳥(こうのとり)サクラ。「未受診妊婦」「切迫流産」「無脳症」など、あまり語られることのなかった妊娠、出産の現実まで描いていることが特徴で、「毎回ハッとさせられる」「読んでいると涙が自然とあふれる」という読者も多い作品です。今回は作者の鈴ノ木ユウさんに、本作を描くきっかけから、男性が妻の妊娠、出産時に“できること”まで、いろいろとお話を聞きました。

 

思いがけず出産に立会い“武者震い”

5年前に奥さんが出産したのですが、最初はぜんぜん立ち会う気がなくて。「僕はダメなダンナで、こういうことは苦手だから」と断っていたんですが、助産師さんから「何言ってんの、あんたコレ着なさい」と服を渡されて、なんとなく立ち会うことになってしまいました。分娩室の隅っこのほうで、遠くから眺めていました。

古風な人間なので、出産は“自分の立ち入ってはいけない場所”かなと思っていたんです。夫は妻の出産を廊下で待っていて、子どもの泣き声がして「あー、生まれた」みたいなことを勝手に想像していました。

出産の現場は、戦場みたいでした。分娩台から3メートルくらい離れたところから見ていたんですが、ドラマの回想シーンみたいでしたね。目の前のことが止まって見えるような。お産の最後はお医者さんたちが、バッと奥さんに集まって、「切るよ」という声のあと、「パチン!」と音がしたんです。想像もしていませんでした(笑)。

kounodori_02

初めて見たわが子の印象は、「わ、きたねーな」(笑)。イメージの中ではもっときれいなものだったのですが、実際は白い膜がついていたり、血がついていたりして、すごくきたなくて。その後も、ただぼーっと見ていて、きれいになってから顔をよく見たら、今度はうちの父親に似ていて、ガッツ石松みたいだった(笑)。赤ちゃんってガッツ石松か、笑福亭鶴瓶の2パターンに分かれてるじゃないですか。それで「こっちかよ」と思って、自分が悪いような気になって、「ごめん」と思いました。

それから抱っこしたんですが、しゃべっている気がないのに「こんなうれしかったことないな」と口から出て、これが一生のうちでいちばんうれしいことだと直感しました。本当にブルブル体が震えて、武者震いがして、そのとき貧乏だったんですけど、がんばろうって思いました。

 

産科医療の知られざる現実に「俺、描かなきゃ!」

僕は漫画家になる前は、ロックミュージシャンでした。友だちの漫画家の手伝いをしたことがきっかけで、初めて1本の漫画作品を描いて、それが運よく賞をもらいました。それで浮かれていたら、まだ結婚していなかった今の奥さんに、妊娠検査薬の結果を見せられて…。じゃあ漫画なんかやっている場合じゃないと、バイトを2つ掛け持ちする生活になりました。

子どもが生まれたあと、「このままお父さんになったら、すごく疲れるな」と思い、バイトを一つに減らして漫画を描くことを決意しました。次回作は何にしようかと考えていたときに、奥さんと食事をしていたら、出産のときにお世話になった先生がピアニストだったという話になったんです。ピアニストで産婦人科医で“ゴールドフィンガー”。奥さんと二人で「いいじゃん」「おもしろいね」と言って、先生をモデルにした話を描きはじめました。

このとき、出産から3年が経っていました。奥さんの幼なじみに産婦人科の先生がいて、いろいろ話を聞いていたことも、影響しています。たとえば、いつ呼び出されるかわからないから、銭湯に行くときもポケベルをビニールに入れて、お風呂に入っているとか。

kounodori_03

それから、産科医自身の話だけでなく、赤ちゃんを産んだあと、病院からいなくなる妊婦さんの話なども聞いて、そういうことがあるのだと驚きました。妊娠中に一度も健診を受けておらず、救急で突然病院に運ばれてくる「未受診妊婦」の回で描いた人たちです。自分は、子どもができて2度目の人生をもらったような感覚をもったのに、こういう人もいると。そんなふうに、いろいろな出産の話を聞いたら、「俺、描かなきゃ!」と思いまして。ハッキリ言って勘違いなんですけど、俺が描かないで誰が描くくらいに思ったんです。今もいろいろな病院に行って、取材させてもらいますが、いつも聞くことすべてに驚いています。

 

「奇跡」を知らせたいという気持ち

男の描き手だからと意識したことはないですが、産む側にはなれないから、産科医のほうに寄り添えるということはあるかもしれません。そして、確実に自分が出産に立ち会ったときの衝撃が作品につながっていると思います。

奥さんが妊娠してお腹が大きくなって、お腹に向かって話しかけたりしましたが、それってどこか演技がかっていました。内心「本当にいるのかな」とも思ってるんですね。それが生まれた途端、「いたんだー。やっぱり人間ってすげえな」と思えたんです。

取材で、ある女性の出産に立ち会わせてもらったのですが、知らない人でしたが感動しちゃって。やっぱり出産ってすごい、女の人はすごいなと思います。理解を超えたところの行為というか、心が揺れる感じがしました。

自分の子の出産に立ち会ったときに「奇跡」という言葉が自然に出てきたんです。きっと出産って、たとえ障害がある子が生まれたとしても、出産自体が奇跡なのかなと。奇跡という言葉を口に出すと嘘っぽい感じがするけれど、出産に関してはそれでいいと思います。

救急で運ばれてくる妊婦さんの中で、最も多いのは「切迫流産」のケースだそうですが、旦那さんはそういう本当に危ない状況になってからしか、気づかない人が多い。ましてや、無事に生まれていれば、そんなことが妊婦さんに起こるということに一生気づかないかもしれないですね。

自分の奥さんの出産が無事に終わって、「よかったね」という人が全体の9割だとしたら、1割はそうでない思いをしているということ。数は少ないかもしれないけれど、知らないでいいことではないと思うし、それを描くことに何か意味があるんじゃないかと。「よかったね」という出産にならなかった場合も、自分の子どもは「かわいいな」と思ってくれたらいい。結局すべての子の誕生は「おめでとう」だから。

何事もなく、無事に終わった妊娠、出産は、“当たり前”だったわけではないことを『コウノドリ』を読んで知ってもらえたらうれしいと思います。

 

出産で男ができることは何もない だから…

出産のとき、男は何かしてあげなきゃいけないと思っています。でも、できることはないですから(笑)。陣痛でつらそうにしているときに奥さんに声をかけても、聞こえてないですし、背中をさすってやっても効いているのかどうか。ただ、一緒にいればいいんです。

kounodori_04

陣痛の強さを測る「陣痛計測器」というものがありますが、奥さんの出産のときにもつけていたんです。奥さんが痛がりはじめて、「来た来た来たー」って思っていると、針がそのとおりに振れて、強い数値になる。そして、奥さんの様子が変わって落ち着いてくると、機械の数値も下がっていく。その繰り返しで、「本当にこの機械、優秀だな」と思って笑っちゃったんです。そのときはこれでいいのかなと思ったんですが、のちのち、そこにいたことに意味があったとわかりました。

出産に立ち会うと、奥さんに優しくなると思いますよ。子どもが生まれてから5年経ちますけど、今でもありがたいなと思う。立会い出産の経験がなかったら、自分の成長もなかったと思いますから。

奥さんは、立ち会っても立ち会わなくてもどっちでもいいというスタンスでしたが、出産のあと、「立ち会ってもらってよかった」と言っていました。「まわりが知らない人ばかりで、緊迫した状況になったから、知っている人がいるのは心強かった」と。旦那っていうことではなく、「知っている人」って感じだったらしいですけど(笑)。

子どもが生まれるまで思ったこともなかったんですけど、すごく子どもが好きですね。以前は、街で子どもが泣いていると、親は大変そうだなとしか思いませんでしたが、自分に子どもができると他の子もかわいくなってきちゃう。息子を保育園に迎えに行くと、同じクラスの子が成長している様子が見えたりする。本当に楽しいですね。

kounodori_05

【プロフィール】

鈴ノ木ユウ(すずのきゆう)
1973年、山梨県出身。大学卒業後はロックスターを目指していたが、漫画家に転向。2007年『東京フォークマン/都会の月』が第52回ちばてつや賞準入選。2010年『えびチャーハン』が第57回ちばてつや賞入選。『モーニング』誌で2012年8月、短期集中連載を行った『コウノドリ』が人気となり、2013年春から週刊連載に。妻と5歳の息子の3人暮らし

【関連リンク】

コウノドリ / 鈴ノ木ユウ – モーニング公式サイト – モアイ
http://morning.moae.jp/lineup/147
『コウノドリ』(講談社・モーニングKC)
現在、最新刊5巻が発売中

妊娠・出産インフォ トップに戻る