子どもをバイリンガルにするには?――脳研究者の池谷裕二先生に聞きました

子どもをバイリンガルにするには?
――脳研究者の池谷裕二先生に聞きました

妊娠・出産インフォ

「子どもには英語で不自由な思いをさせたくない」と、英語教育に力を入れる家庭は少なくありません。しかし、日本で生活する子どもに早期英語教育を開始するにあたっては、「早すぎる」「遅すぎる」などそのタイミングについて、いろいろと意見がわかれるようです。

そこで、脳研究者で東京大学薬学部の池谷裕二教授に、神経科学の立場から子どもの早期英語教育についてお話を伺いました。池谷先生は、2歳の娘さんのパパでもあり、自身のアメリカ留学時の経験をもとにした『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』の著書もお持ちです。

 

子どもの早期英語教育は、何歳から始めるのが正解?

英語に限らず、語学教育はできるだけ早く“音に耳が慣れる環境作りが重要”という考えに基づき、今や赤ちゃんがお腹の中にいる時から英語のCDを聞かせる「胎教プログラム」も珍しいことではなくなりました。

池谷先生に赤ちゃんへの英語教育のタイミングについてたずねてみると、「脳の発達の観点から言えば、言語というのは生まれてから認識されるようにデザイン、プログラムされている能力のひとつなので、生まれてからでよいと思います」という答えが。

でも、お腹の中にいる赤ちゃんには、ママの言葉が聞こえているとよく言われますよね?

ikegaya_02

「確かに、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんに音が聞こえていることは、子宮の中にマイクを入れるテストでも確認されています。生まれてきた赤ちゃんは、わずか2日目にして母国語の音を認識していますが、それは音として聞こえているだけで、言葉として認識しているわけではありません。お腹の中にいる時にずっとお母さんの話す言葉を聞いていたから、母国語の音を聞き分けるようになっているだけなので、言語を学ぶとして考えた場合、生まれてからのスタートで何ら問題はありません」

池谷先生曰く、「赤ちゃんがお腹の中にいる時から英語で話しかけたり、英語の読み聞かせや歌のCDを聞かせたりというのも構いませんが、それをしたから英語能力が向上するという効果には結びつかないと思います」

人間が言葉を覚えていく過程は、第一段階としてまず音声の認識があり、“聞く”能力を身につけた耳ができてきたら、今度は“話す”という第二段階に移り、ひとつの単語だけをしゃべる「一単語期」を経て、だんだんと単語の数が増え「二単語期」へと移行するとのこと。

「人間の言語能力に関していえば、母国語、つまり第一言語に関してはみな平等に習得能力が備わっています。習得にも個人差があり、早く喋れるようになる子もいれば時間がかかる子もいますが、最終的な言語能力には関係ありません。特殊な知的障害がある場合を除いて、第一言語は大人になればみな普通に喋れるようになるのが当たり前で、言葉を覚えるのが遅いと勉強ができないということもありません」

しかしながら、第二言語の習得に関しては、事情が母国語と大きく異なるようです。

英語習得のカギはもともとの遺伝子にある!?

ikegaya_03

「母国語に関してはみな一様に習得能力が備わっていますが、第二言語に関してはそのとおりではありません。実は、第二言語の習得に関しては遺伝による要因が7~8割を占めることが知られています。たとえば、留学してわずか3か月で言葉を覚えられる人がいますが、そういう能力が遺伝子で決まっている、ということです」

英語を話せるようになる人と、苦手とする人がいるのは、勉強の仕方が悪いとか本人の努力が足りないということではなく、純粋に言語習得が得意な遺伝子を持っているか否かだと池谷先生。遺伝子の問題だとすれば、日本語を母国語とする親の元に生まれた子どもの場合、親が言語習得能力の高い遺伝子を持っていなければ、子どもも難しいということになります。そう聞くと、ガックリ肩を落とすお父さんやお母さんも少なくないはず。

「私もその遺伝子は持っていないので、英語は話せません」と、池谷先生は笑いながら続けます。

ikegaya_04

「といっても、ほとんどの人が何も子どもにネイティブ並の英語力を求めているわけではないと思います。第二言語としてのある程度のレベルでの英語力として考えた場合、言語習得が得意な遺伝子を持っていなければ“10歳までが肝心”。一般的に人は10歳で言語感受性期が終わるので、脳が柔らかい10歳くらいまで第二外国語の勉強を継続しておけば、その後あまり使わなかったとしてもさほど衰えません」

親自身の英語力もふまえ、子どもがどこまで英語ができるようになることを目指すのか、それぞれのケースで考える必要がありそうです。

どうしても英語を身につけさせたければ“10年間コツコツ”やる

「お話したとおり、言語習得が得意な遺伝子を持っているお子さんは、子どもの時から英語の勉強をやらなくても大丈夫です。いつ英語の勉強をスタートしても話せるようになります。残念ながら、そのような遺伝子を持っていない子どもの場合は、とにかく生まれた時からコツコツ、10年間続けることが重要」と池谷先生。

「算数なら1週間に1回集中してやっても効果が得られますが、語学学習の場合はとにかく毎日コツコツやることで身についていくもの。この毎日コツコツがどれだけ大変かは、みなさんおわかりのはず。ほとんどの場合、子どもたちの集中力以前に、教育する親のほうが10年間毎日コツコツと子どもの英語教育に時間を割けないのが実情です。子どもが小さい時はまだしも、小学校にあがると学校の勉強に加え、習い事や子ども自身の社会活動も増えます。1日24時間という限られた時間の中で、そこまで英語教育に割く時間がないというのが、リアルな現状でしょう」

ikegaya_05

ここで気になるのが、もし本当に10年間コツコツ英語教育を行った場合、母国語、つまり日本語の能力に問題が生じる可能性はないのか?ということ。池谷先生に伺ってみると答えは“イエス”でした。

「言語習得が得意な遺伝子を持たない子どもに、本当に10年間コツコツと英語教育を行った場合、日本語か英語どちらかの能力に偏りがでてきてしまう可能性があります。ただ、幸か不幸か10年間やり続けることは普通できないので、そうした弊害が見られるケースがほとんどないというだけの話ですね」

一番大切なのは、言葉力ではなく「コミュニケーション力」

英語教育をどこまで徹底してやるかということ以前に、大切なのは“まずは母国語をしっかりと身につけること”と池谷先生は母国語の能力の重要さを指摘します。母国語の国語力がなければ第二外国語も育たず、大人になって結局どちらの言葉も中途半端となる危険性があるそうです。

さらに、「私たちを取り巻く時代や環境の変化についてもしっかりと認識しておくべき」という指摘も。スマートフォンやダブレット端末などのデジタルデバイスの技術革新は目覚ましく、「あと10年もすれば翻訳はすべてAI(人工知能)がやってくれる時代になる」と池谷先生はいいます。子どもたちが大人になった時に重要視されるのは、もはや“語学力”ではないということも念頭に置いた上で、英語教育を考えるべきと。

ikegaya_06

「近い未来、英語が話せるか話せないかは前世代的なモノサシとなることは確実。英語力よりも大切なのはきちんと伝える言葉が話せるかどうか。人の気持ちに届くコミュニケーション力があるかどうかだと思います」

さらに、スマートフォンやタブレットの音声アシスト機能を活用するのも、手軽にできる英語教育のひとつだと教えていただきました。子どもの耳が英語になじんできたら、タブレットに向かって英語で話しかけると、その言葉がきちんと英語で認識されているかがわかるので発音の確認と練習になるそうです。「ちなみに私は英語の発音がダメなので、これでやっても半分以上認識してくれません」と笑う池谷先生の2歳の娘さんも、このタブレットを使った方法で英語学習を楽しんでいるとか。

そして最後に、英語教育において大切なのは“統計的な傾向と自分の子どもは別に考えること”話してくださいました。「世の中には、実にさまざまな英語の教材があふれていますが、他の子どもに効果があったからといって、自分の子どもに効果があるとは限らないし、その逆もあります。一人ひとりの特性やその時の成長段階に合わせて英語を学ぶ環境を考えてあげることが重要です」

日々、教える立場で生徒たちに接する池谷先生は、「教育とは自分の理念を押しつけることではく、親や先生がいなくてもひとりでやっていけると言える人間になってもらうこと」と言います。

子どもの英語教育も、結局はひとりで生きていけるコミュニケーション能力を身につけることのひとつ。親にできることは、子どもの特性をじゅうぶんに観察しながら、忍耐強く英語を身につける環境を整えてあげることなのかもしれません。

 

ikegaya_07

【プロフィール】
池谷裕二(いけがや・ゆうじ)
薬学博士、東京大学薬学部 教授。神経科学および薬理学を専門とし、海馬や大脳皮質の可塑性を研究する。脳科学の知見を紹介する一般向けの著作も多数。育児雑誌『月刊クーヨン』(クレヨンハウス)では娘の成長を綴る「脳研究者パパの悩める子育て」を連載中。

妊娠・出産インフォ トップに戻る