むずかる子どもにスマホはOK? 発達への影響は?  子育てとスマホの関係を考えましょう

むずかる子どもにスマホはOK? 発達への影響は? 子育てとスマホの関係を考えましょう

妊娠・出産インフォ

近頃、親にとってはもちろんのこと、子どもにとってもスマートフォンやタブレット型端末はとても身近な存在になっているようです。そこで気になるのが、子どもとスマホ、タブレットの関係。

ミキハウスでは、0~3歳の子どもをもつ親2107人に「子どものスマホ利用に関する調査」を実施しました。

子どもにスマホやタブレットを使わせたことのあるママ、パパに、ふだん感じていることを聞いたところ、

「目が悪くならないか心配」「脳の発達に悪い影響はないのでしょうか……」
「長時間の使用が良くないのはわかっているけど、つい長い時間遊ばせてしまっていて」

などの回答が寄せられ、不安や悩みを抱えているケースが多いことがわかりました。

また、日本小児科医会は、2013年冬に「スマホに子守をさせないで」というポスターを作成し、赤ちゃんや子どもへの影響について次のように注意を促しています。(ポスターから一部抜粋)

■ 赤ちゃんに話しかけましょう
授乳中は、テレビなども消し、ゆったりとした気分で赤ちゃんと向き合いましょう。「アーアー」「ウーウー」などの声を出したときには出来るだけ応え、相手をしてあげましょう。意味のある単語は1歳半頃に出るようになります。それまでは、赤ちゃんは「言葉の貯金」をしているのです。言葉が話せない赤ちゃんにも、積極的に話しかけることが、言葉の発達にはとても大事です。そのためにも、特に2歳までは子どもにテレビやDVD、スマホ、タブレットなどを見せることは控えることをおすすめします。

■ 赤ちゃんの「泣き」や「ぐずり」には意味があります
言葉を話せない赤ちゃんは、泣いたりぐずったりすることで、「おなかがすいた」「おむつがぬれた」「暑い」「寒い」などの生理的欲求や「抱っこして」「遊んで」などの情緒的欲求を訴えます。なぜ泣いているのか、わからないときに子育てアプリを見せるのではなく、「どうしたの」などの声かけや抱っこなどを繰り返すことで親子の絆ができていきます。

さらに、親がスマホに夢中になることで、赤ちゃんの興味・関心に気がつかなかったり、赤ちゃんの安全に気配りができなかったりすることにも警鐘を鳴らしています。

そこで、10年以上、小・中学生向けのインターネット利用に関する啓発活動を行ってきたNPO法人e-Lunch(イーランチ)の理事長・松田直子さんにお話を聞きました。同法人は昨年から、セキュリティ対策ソフトメーカー・カスペルスキーの協賛を得て、幼稚園や保育園に出向き、子どものスマホ、タブレット使用について、保護者向けのセミナーを行っています。

セミナーでは、スマホと子育てのルール作りの参考にしてほしいと、このような「7か条」を伝えているそうです。

※クリックで大きく表示されます

では、さっそく松田さんの考え方、意見を聞いてみましょう。

 

子どもにスマホを与え「後ろめたさ」を感じているママたち

スマホとフィーチャーフォン(ガラケー)の契約台数の割合は、だいたい半々になっているそうですが、子育てのシーンにおいても、スマホやタブレットが利用されているのを目にする機会が多くなってきました。

sumaho_2_02

休日にお出かけをしているのに、車窓からの風景を楽しむことなく、子どもも親もスマホを見ていたり、レストランで大人だけがおしゃべりをしていて、子どもはタブレットで動画を見ていたり。『あれ、おかしいな』と思う場面に出くわすことが増えてきました。イーランチのスタッフと話すと、みな似たような場面を目撃し、同じ気持ちを抱いていました。

そこで、『スマホのある子育て』についてお母さんたちと考える機会を設けたいと思うようになり、昨年から約20か所でセミナーを行っています。

アンケートでも多くの方の心配事として結果に表れていましたが、私たちのセミナーに参加したお母さんたちも同じで、視力や脳への悪影響など、子どもへの身体への影響をまず考えますね。使い方によっては、視力への影響は当然あるでしょうが、脳への影響は現状では、医学的、教育学的にデータに基づいた指針はありません。大学の研究者が過度に利用しないことを提言していますが、『過度』がどれくらいであるか、そのはっきりとしたものさしは、まだないんですね。

また、スマホを子どもに使わせることで『自分は“ダメママ”なんじゃないかと思う』という声が多く聞かれたのも、アンケートとセミナーで共通しています。子どもにスマホをわたして動画を見せたりすると、ぐずっていた子が静かになりますよね。でも、同時にママは後ろめたい気持ちにもなる。ついつい使ってしまうけれど“本当にこれでいいのかしら?”という気持ちです。

まだ手探り 今のママたちは「スマホ子育て一期生」

私には大学生の息子が二人いますが、子育て真っ最中だったのは1990年代。この頃は“ビデオ子守り”などということが言われていた時代でした。イーランチのスタッフは子育て経験者ばかりで、私たちも当時ビデオに助けられていたんですね。子どもがビデオを見ておとなしくしている間に洗濯物を干したり、コーヒーを一気に飲んではぁっと一息ついたり。みんなそういう経験があるので、スマホ・タブレットだからってNOとは言えないよねと。時代は違いますが、そういうツールにずいぶん助けられるということはあると思うのです。

sumaho_2_03

小さい子どもと一緒にスマホを活用する“よい例”もたくさんありますよね。たとえば、写真や動画を撮影したあと、その場で簡単に再生して、家族での思い出を楽しんだり、離れて住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんとテレビ電話のように話をしたり。セミナーの中で出てきた話では、歯みがきを嫌がる子どもに、歯みがきを習慣づけるためのアプリで歌を聞かせると喜んでやってくれるというものもありました。

スマホはどこへでも気軽に持っていけるというのが最大の特徴です。だから余計に、長い時間子どもに使わせてしまったり、自宅でも外出先でも利用したりしてしまいがち。スマホはもう、生活の中に当たり前にあるもので、それを自然に使わせはじめてしまって『ん、いいのかな?』と思うことがあっても、そのまま流されている人も多いでしょう。でも、便利だからこそ、上手に使うことが大切です。今のお母さんたちは、スマホ子育ての一期生。どうやって使えばいいか基準があいまいなのは仕方がないことで、不安になるのも当たり前なのです。でも、心配しなくていいんですよ。一期生だからこそ、使うときの家庭でのルールをつくりましょうと私たちはアドバイスしています。

先輩ママからの贈り物 親として考えたい「スマホの7つの約束」

冒頭でお伝えした「7つのルール」は、いま子育てをがんばっているお母さんたちへ、先輩ママからのプレゼントという意味をこめてつくったものです。

それぞれを少し説明しておきましょう。

(1)については、1日何分、夜は何時までということを決めるといいと思います。
(2)は、皆さんもうご存知かもしれませんが、スマホが発するブルーライトの影響を考慮してのことです。睡眠の質が下がるといわれているので、注意しましょう。夜寝るときには、絵本の読み聞かせなど、昔からあるやり方で親子の触れ合いをしてみてはどうでしょうか。

(3)(4)はせっかくの家族いっしょの食事、お出かけですから、その時間を大切にしてほしいという願いをこめました。ただ、すべてNGと言っているわけではないので、ご家庭で話し合ってみてください。

(5)については、セミナーに来てくださったお母さんに聞くと、無料のものだけを使っている人と、少しお金を出しても自分がよいと思うものを選んだり、広告が出ないものを使ったりしている人の二つに分かれます。お試しを使ったり、レビューを読んだりして、親の目できちんと選んで、安心なものを使ってほしいと思います。

sumaho_2_04

(6)は、まだまだ子どもの小さいうちは大丈夫と思ってしまうかもしれませんが、大人でもウィルス感染や詐欺メールなどの被害にあうケースがあります。特に20代後半から30代前半ぐらいの今の子育て世代は、ちょうど情報モラルの授業を受けていない人たち。今の中高生のように、ネット使用の危険性についてきちんと学んでいない人が多いのです。また、スマホは操作が簡単なので、子どもがいじっていて気づかぬうちに悪質なサイトに接続してしまうことも考えられます。一度、自分のスマホがどんな設定になっているかきちんと確認して、対策をしておいたほうがいいでしょう。

(7)は、個人個人でいろいろな“見本”の形があると思います。セミナーの感想で実際にあったのは、『子どもの前では使わない』『子どものお昼寝の時間だけにする』『子どもが夜寝てから使う』『長時間使わないようにする』など。子どもは大人のまねをしたがるので、お母さん、お父さんがやっていると使いたくなるんですよね。子どもの前でずっと使っていると、やっぱりコミュニケーションが減るので、最低限の使用に控えたいと言ってくださる方も多いです。

子どもたちの将来のためにスマホのルールを習慣に!

子どもたちは、スマホやタブレットに興味を示しますが、昔ながらの手遊び歌や、お母さんお父さんと体を使って遊ぶ“じゃれつき遊び”も好きですよね。小学生も、トランプやボードゲームのようなデジタルではない遊びが本当に好きです。

寝る前の読み聞かせもそうですが、こういった形で遊ぶ時間を増やすことを私たちはすすめています。

ルールをつくるときには、ゆるみを持たせて無理をしないでということをアドバイスしています。たとえば、『電車に乗るときは使わない』としてしまうと、長時間新幹線に乗っているときもNGなのかということになってしまうからです。

中学生のためのインターネット啓発教室でも子どもたち自身でルールを決めてもらいますが、自分たちのルールは自分で決めるのがいちばんいいですよね。ただ、小さな子どもは自分で決められないので、親がルールを決めたら“しつけ”として身につけさせる。

朝起きたら顔を洗う、食事をしたら歯みがきをするのと同じように、たとえば、食事のときや夜寝る前にスマホを使わないということを習慣にしてしまえばいいのです。定着するまでは面倒で大変かもしれませんが、そういうものとして認識できれば楽ですよね。いずれはスマホデビューする子どもたちですから、今習慣にしておけば、中高生になってからも、一定の距離を保ってスマホとつきあうことができるのではないでしょうか。もっと言えば、“スマホ依存”の傾向が出るようなことも避けられるのではないかと思います。

*   *   *

子育てにスマートフォンなどのデジタル機器を利用することについては、賛否両論さまざまな意見があります。今回は、どのように子育てに上手に活用していくか、その付き合い方について考えてみました。しかし、ミキハウスがおこなったアンケートでは、4割のママとパパが「お子さんにスマホやタブレットを使わせていない」と回答しています。次回はそのようなママ、パパの声を取り上げ、「スマホに頼らない子育て」を実践している方々をご紹介します。

 

sumaho_prof0

【プロフィール】
松田直子(まつだ・なおこ)
NPO法人e‐Lunch(イーランチ)理事長
2003年、同じパソコンスクールに通っていた主婦を中心に、「地域の情報化支援と女性の社会参加の応援」を活動目的として、同法人を設立。初心者にもわかりやすいパソコン講座の運営をはじめ、青少年のインターネット安全利用に関する啓発活動、スマートフォンと子育てに関する教育活動など、地元・静岡のみならず、全国で学びの機会を提供している。今後も「母親目線」を大切にした活動を行う予定。

妊娠・出産インフォ トップに戻る