2018年から始まる新しい教育「アクティブ・ラーニング」 何が変わるの? 乳幼児期からできることってなに?(前編)

2018年から始まる新しい教育「アクティブ・ラーニング」
何が変わるの? 乳幼児期からできることってなに?(前編)

妊娠・出産インフォ

大人になったら、どんな仕事に就くのかな? 幸せな人生を送れるかしら? わが子の将来を考えると、パパ、ママの期待や心配はつきません。その一方で近年、急激に進むグローバル化、高度情報化によって、わたしたちの生活や仕事のあり方は変わりつつあります。それに伴い、子どもたちが受ける教育もまた、大きな変革期を迎えようとしているのをご存知でしょうか。

ポイントとなるのは「アクティブ・ラーニング」という新しい考え方を取り入れた指導方針。来年には保育園、子ども園、幼稚園などの幼児教育の現場で始まり、2020年には、小学校の授業でも取り入れられることになっています。

そこで今回は子どもがそんな新しい教育法にいちはやく馴染み、将来の学校生活を楽しんでいけるように、パパ、ママとして今から知っておきたい「アクティブ・ラーニング」について学んでみたいと思います。

 

「アクティブ・ラーニング」ってどんなこと?

「アクティブ・ラーニング(主体的、対話的で深い学び)」は、この春改訂された新学習指導要領で、学校教育への導入が示された教育方針です。保育所、幼稚園、認定こども園など、幼児教育を行う施設でも、2018年度から遊びの中で、アクティブ・ラーニングのための基本的な生活習慣を指導していくことが提唱されています。

まずは文部科学省初等中等教育局幼児教育課(取材時)の沓澤進さんに、その概要と幼児教育へ導入される理由、教育内容の変化について伺いました。

 

————まず、アクティブ・ラーニングとはどのような教育方針なのか、教えていただけますでしょうか?

01

これまでの学校教育では、「何を学ぶか」という知識・技能の中身や量が重要視されてきました。これに対して、アクティブ・ラーニングは、「どのように学ぶか」といった一人ひとりの学び方に注目して、「主体的、対話的で深い学び」について指導し、生涯にわたって学ぶ力を身につけるよう指導していこうというものです。

子どもたちが、学ぶことの楽しさを知り、興味のあることを自分なりのやり方で深く学び、そこで感じる疑問を自分で解決できるようになることが、この教育の目標です。これまでは「知識」や「技能」を教えてきた学校で、「学ぶ姿勢」も指導していくのは、かつてないほどの大きな教育改革と言えるでしょう。

————なるほど。では、なぜ今、そういう新たな方針を打ち出すことになったのでしょうか?

グローバル化、IT化が進み、AI(人工知能)が目覚ましく進化する現代社会では、知識・技能がすぐに時代遅れになってしまうという現実があります。ですから知識・技能を知っているだけでは、仕事や生活に役立てることが難しいのです。

また、これまでの教育の問題点として、日本の子どもたちは、自分の考えを、論拠を示しながら述べることが苦手だという指摘があります。他の国の子どもたちと比べると、学ぶことの楽しさや意義を実感しにくく、自分が社会の一員として、より良い社会を作っていこうという意識が低いという調査結果もあります。

文部科学省では、このような問題を解決するために、子どもたちが、学ぶことと自分の人生や社会とのつながりを実感しながら、身につけた知識・技能を生活や社会の中での課題解決に生かしていく力を身につけること、生涯にわたって学び続ける姿勢を持つことを指導していく必要があると考えています。

————アクティブ・ラーニングの導入によって、幼児教育はどのように変わっていくのでしょうか。

幼児教育ではこれまでも、アクティブ・ラーニングが目指しているような指導が行われていました。でも、小学校に上がると、知識・技能を学ぶことの方が重視され、「思考力」、「判断力」、「表現力」などや「学んだことをどう生かすか」という資質・能力については、あまり意識されてこなかったといえます。それが、これからは「何を理解しているか、何ができるか」、「理解していること・できることをどう使うか」、「どのように社会・世界と関り、よりよい人生を送るか」という3つの視点で、幼児期から大学まで一貫した「学び方」の指導が行われます。

その中でも幼児期の教育は、小学校以降の子どもたちの生活や学習の基礎と位置付けられ、その注目度はいっそう増しています。これまでとは大きく変わるというより、これまで行われてきた一つひとつの指導が、はっきりとした目的意識のもと、よりていねいに行われることになります。保育園、こども園、幼稚園では、今まで以上に、体験を通じて、感じたり、考えたりすることを大切にして、学ぶ楽しさを知り、自分から進んで学ぶ姿勢を身につけるような指導をしていくことになるでしょう。

アクティブ・ラーニングが始まるからといって、幼児教育がガラっと変わるということはないようです。特別なことをする必要はないけれど、小さい頃から、いろいろな体験をしたり、自分なりに考えたりする習慣を身につけることが役に立つのかもしれませんね。

 

幼児期にしか体験できないことを大切に

続いて、幼児教育の現場で、アクティブ・ラーニングを指導していくことになる先生や保育士さんのお話を伺いました。

最初に登場していただくのは、東京都の新宿区立四谷第六幼稚園副園長の児玉勝枝先生(現・落合第三幼稚園副園長、4月1日転任)です。四谷第六幼稚園は、四谷第六小学校と同じ敷地にあり、幼稚園と小学校の交流が盛んに行われています。

————アクティブ・ラーニングが始まることで、幼児教育の現場はどう変わっていくとお考えでしょう。

02

まだ方針が打ち出されたばかりで、それについての教諭の研修もこれからというところですが、私どもは幼児教育の現場が大きく変わるというとらえ方はしていません。ただ、今回の新学習指導要領で、幼児教育の重要性に言及されたことは、私たちにとって大きな励みです。

私たちが取り組んできたのは、やりたいことを満足するまでやってみたときの達成感や充実感とか、多くの経験を通して、子どもたちの人間性を育てるということです。

これからは、今まで以上に子どもを主役にした教育が大切になります。幼児期だからこそ、人間形成の一番の核が育つということを、私たち自身がはっきりと自覚して、指導していくことになるでしょう。

————保護者の方に幼児教育の目的を理解してもらうために、これまでもいろいろな工夫をなさっていますね。

03

当園では以前から「遊びの中で育つ力」をテーマにした講演会を保護者の方向けに行っています。その時の例ですが、「砂場の棒倒しで子どもたちは様々なことを学んでいる」というお話がありました。皆で砂山を作り、てっぺんに立てた棒を倒さないように砂を交互に取っていくという遊びには、共同作業があり、砂の量や場所を考えて取る計算があり、駆け引きがある。負ければ、悔しいし、次に勝つために強い子を見習うということだってある。そういった経験が、人間を成長させていくんです。

————遊びや体験の中から学ぶ…それこそ、アクティブ・ラーニングが目指していることのような気がしますね。

そうだと思います。私自身もそうですが子どもたちのお母さん、お父さんは知識重視の教育を受けて育った世代。遊びから学ぶことについての大切さが注目されなかった時代の教育を受けていて、アクティブ・ラーニングの考え方に馴染みのない方がほとんどです。だからこそ私たちとしては親御さんに、遊びから学ぶことがこの後の学習に対する姿勢に繋がるということを、意識的に伝えていくことが必要だろうと考えています。

四谷第六小学校の教室と四谷第六幼稚園の園舎は廊下でつながっていて、校庭では園児と小学生が一緒に遊ぶ姿も見られます。幼児教育で培われたアクティブ・ラーニングの資質・能力は、小学校以上の教育の中で生かされてこそ、未来への可能性として育っていくのでしょう。

 

考える力と人間力を身につける取組み

次に伺った大阪府堺市の北花田こども園には、0歳から6歳まで約100人の園児が通っています。この園では、子どもたちが自分で考えて行動することを促し、豊かな人間性を育てるために、保育環境やカリキュラムに様々な工夫がなされています。

同こども園の森本優子園長にお話を伺いました。

04

————こちらの園の活動は、アクティブ・ラーニングの考え方と重なるところが多いようですが、保育の面で気をつけているのは、どんなことでしょう。

子どもはこの世に生まれたその瞬間から、自分を大切にしてくれる身近な大人を信頼し模倣することで学び、成長します。だから両親や保育者といった身近な大人は、そこを意識する必要があると思います。

0歳児に接するとき、私たちが心がけているのは、目を見て話すことです。笑ったり、困った顔をしたりと、保育者が表情豊かに関わると、赤ちゃんもそれにこたえてくれるものです。1歳になると、「よいこと」、「いけないこと」の区別を理解しはじめます。自分で食べること、衣服の着脱、トイレを使うなど生活習慣を教え、覚え始めるのもこの時期です。

体が自由に動かせるようになり、会話もできるようになる2歳児には、自然に親しみ、手足を動かして遊ぶことを教え、たくさん話しかけるようにしています。3歳児からは、社会性が発達し、友だちとのかかわりが増えてくるので、「約束を守る」ことの指導に力を入れています。年齢に合わせたこうした保育が、子どもの自主性や人間性を育てるのではないでしょうか。

また、一人ひとりの子どもの良いところを認めてあげることは、自信や自己肯定感を育てるために大切です。一つ認めてもらえると、自信がついて、その子は別のこともできるようになってくるものです。

————子どもたちが自分で考えて行動するようになるために、こちらでは具体的にはどんな事がおこなわれているのでしょう。

3歳児、4歳児、5歳児は縦割りのクラス構成で遊びと学びの環境が十分に整えられた環境を構成しています。教室には、園での一日の流れを子どもたちが確認するスケジュールボードを用意しており、そのボードを使って活動の確認を行うサークルタイム(朝の会と夕方の会)を実施しているので、一日をどう過ごすのか、次に何をするかなど、見通しを持ち主体的に動け、安心して活動できます。

また自由時間についても、子どもたち自身で主体的に遊びを決められるよう、廊下に掲示されてあるセレクトボードで自分が使用する遊具を選びます。こうすることで、遊具を取り合いになることがなく、一人ひとりが興味のあることに集中して取り組むこともできるし、秩序が保たれる。こうして異年齢の友だちとも育ち合う環境ができていると思います。また、教室内は、他の子の活動を邪魔しないように導線を考え机や玩具棚などの配置も工夫してあります。

05

こちらがセレクトボード。自分が使用する遊具のマスに自分の名前のマグネットを付けることで、どの子がどの遊具で遊んでいるかが一目で分かるようになっています。セレクトボードとサークルタイムは、オランダ発祥のピラミッドメソッド幼児教育法をもとに、北花田こども園の実情に合わせてアレンジの上、実施しています。

————自主性がより育まれやすい環境をご用意されているということですね。

はいそうです。もちろん年齢別の活動もあります。その中で、子どもたちが特に楽しみにしているのが、遊び心コンサルタントの橋本さんとの時間です。月に数回ですが、入浴剤を使ってのロケット実験や、箱庭サファリ作り、そして各年齢の育ちに合わせたルールで学び育ちあえるアナログゲームなど、遊びを通じて子どもたちの好奇心や想像力を刺激するプログラムとなっています。

06

また就学前の1年間、5歳児向けに、「セカンドステップ」という教育プログラムも行っています。これは、対人葛藤場面(人と人の利害・意見が不一致した場面)の写真を見ながら、子どもたち同士で話し合うことで問題を解決する力をつけるためのソーシャルスキルトレーニングです。自分の考えを友だちに伝えたり、人の話を聞いて理解しようとすることは、よい人間関係を築き上げるために大切なスキルであると私たちは考えています。

※    ※    ※

子どもたちは、乳幼児期の生活や遊びの体験から、人の話を聞くこと、自分の考えを話すこと、考えること、工夫すること、協力すること、我慢することなど人間形成の基礎になる力を身につけます。これらは、自分から周りと関わり合って問題を解決する「主体的、対話的で深い学び」を目指すアクティブ・ラーニングに欠かせない能力です。パパ・ママ、保育者、先生など、身近な大人が、子どもと一緒にすごす中で、自らこうした姿勢を見せることも有効な教育になりそうですね。

続く後編では、昨年春に開園した東京都文京区立お茶の水女子大学こども園の取組みを紹介します。

妊娠・出産インフォ トップに戻る