目的は家族のリフレッシュのために! 赤ちゃんと行くはじめての旅(前編)

目的は家族のリフレッシュのために!
赤ちゃんと行くはじめての旅(前編)

妊娠・出産インフォ

今年のゴールデンウィークは10連休!すごしやすい春真っただ中の長いお休みですから、赤ちゃん連れの旅行を計画しているママ・パパもいるのではないでしょうか。でもはじめての赤ちゃんとの旅行はなにかと不安がつきまとうもの。そこで今回は「赤ちゃんと行くはじめての旅」と題して、旅行ジャーナリストの村田和子さんに、赤ちゃんとの旅行を楽しむためのポイントを伺いました。

前編は旅行の計画の立て方と宿泊先選びについてまとめます。また、3月に行ったミキハウスベビークラブ会員へのアンケート結果から、赤ちゃん連れの旅行についての先輩ママ・パパの声もご紹介します。

 

旅行の目的はリフレッシュのために

約10か月の妊娠期間をすごし、出産という大仕事を終えるとすぐに慣れない子育てが始まるママ。最初の数か月は赤ちゃんのお世話にかかりっきりの生活になってしまうものです。でもそんなママも赤ちゃんの成長とともに少しずつ余裕が生れてきて、それこそ連休でパパもママも休みが取れる、なんてタイミングと重なれば旅にも行ってみたくなるものですよね。

はじめての子連れの旅。まず悩むのは行き先ですが、「ママや家族がリフレッシュできることを大前提に考えてください」と旅行ジャーナリストの村田さん。ただ、赤ちゃん連れの旅では計画通りに進まないことも多々あります。余裕を持ったスケジュールを心がけ、ホテルや旅館でゆったりすごす旅がオススメだそうです。

「たとえばミキハウス子育て総研が認定している『ウエルカムベビーの宿』などは、赤ちゃん連れのためにグッズから離乳食まで、先回りして必要なものが揃い、客室も赤ちゃん向けに配慮があって安心です。また、大手リゾートホテルの中には、ママとパパの食事中にお子さんを預かるサービスを行うところも出てきました。そういった赤ちゃん連れに優しい宿泊施設を上手に使えば、ママもパパもリフレッシュできるかと思います」(村田さん)

たしかにせっかくの旅行で、みんながぐったりしてしまったら、その後の日常生活に戻るのも大変になりますよね。では“ママや家族がリフレシュする旅”を念頭に、村田さんにはもう少し細かくポイントを絞ってご説明いただきました。

【はじめての旅行はいつがいい?】

「赤ちゃんの首がすわり、ママの疲れがピークを迎える生後4~5か月がおすすめです。ケアは必要ですが、赤ちゃんが動き回る前の方が、旅のデビューはしやすいと思います。私も息子が生後4か月から旅行を楽しんでいましたが、その時の経験などからアドバイスさせていただくと、はじめての旅行を成功させるポイントは二つあります。繰り返しになりますが、目的はママ・パパがリフレッシュする旅と割り切ること。ただし赤ちゃんに無理のないスケジュールや環境を整えることです」(村田さん)

ねんねの時間が長い赤ちゃんの方が、動きが少なく、ママ・パパもゆっくりリフレッシュできるということですね。続いてミキハウスベビークラブ会員のアンケートから、先輩ママの経験談も紹介しましょう。

※()内ははじめて子連れ旅行をした時の赤ちゃんの月齢
「まだ、ハイハイ前の小さな赤ちゃんだったので、あまり動かないし、移動中寝ている事が多かったので意外と楽でした」(7か月)
「4か月だったので、むしろ扱いやすく苦労することはあまりなかった。あえて言うならオムツ替え場所がタイミング良く見つけられなかったときは、少しだけ不便を感じた」(4か月)

みなさん意外に早い時期から旅行にでかけているようです。アンケートの回答の中で、はじめての旅行の目的として多くあがっていたのは、「赤ちゃんを祖父母や親せきに会わせるため」でした。「パパ(もしくは祖父母)がママを労う意味で計画した」というコメントも目立ちました。挨拶を兼ねた旅行に出かける時でも、家事や雑用から離れて非日常に浸る時間を作れば気分転換になりそうですよ。

【旅先を決めるポイントは?】

「はじめての旅行は、移動の時間が赤ちゃんの負担にならないような距離の場所に1泊するぐらいから始めてはどうでしょう」と村田さん。

まずは近場からということですね。ちなみに移動の負担が少ない場所だと、車や電車移動が多くなると思います。車の場合、オムツやおしりふき、着替えなどを多めに持っていけるのでなにかと安心かもしれませんね。

それでは先輩ママはどのようにして旅先を決めているのでしょうか。アンケートの回答を覗いてみると……
「ハーフバースデーのお祝いを兼ねて、車で2時間ぐらいのところに行きました」(6か月)「いざとなれば家に帰れる距離で、電車も1時間強程度だったことが行き先を決めた理由」(8か月)

旅をするタイミング、赤ちゃんの月齢にもよりますが、総じてママも赤ちゃんにも負担のない場所に「まず行ってみる」という方が多いようです。

レジャーや観光重視より、のんびり滞在型の旅行がオススメです

pixta_11248693

授乳やお昼寝の赤ちゃんの生活リズムを考えると、はじめての旅行はレジャーや観光よりお部屋でくつろいですごすことを大切に考えた方が安心です。村田さんは、「部屋ですごす時間が長くなるので、眺望や風呂などの設備にこだわってみてはどうでしょう」と提案してくださいます。

【ホテルの選び方、決め手は?】

赤ちゃんと泊まる際、温泉で癒されたいというママ・パパも多く、旅館を選択することもあるでしょう。畳に布団だとベッドからの落下の心配がなく安心な一方で、動けるようになると、床の間の花瓶や障子など見慣れないものに興味津々、ヒヤヒヤすることもあります。旅館に事前に相談すれば、危険なものは片付けるなど配慮をしてくださるところも多いですし、最近は強度のある障子も出回っているので、そういった客室だと安心です。」(村田さん)

ホテルでも最近はファミリー向けとして、入り口で靴を脱ぐ部屋が増えているそうです。それなら赤ちゃんが絨毯の上をハイハイしても汚れを心配することはなさそうですね。

それでは、ベビークラブ会員の先輩ママはどのようにしてホテルを選んだのでしょうか? アドバイスをご紹介します。

「畳の部屋だとハイハイできて良い、部屋食もあり、雨でも部屋でゆっくりすごせる温泉はオススメ」(6か月)
「ベッドの旅館が増えているが畳に布団がやはり気が楽。8か月だと動き回るので最初に花瓶などは手の届かないところに移動させておく」(8か月)

自宅ではベッド派のママ・パパも、赤ちゃんをホテルのベッドに寝かせるのは落ち着かないという回答もありました。旅先で人気の和室ですが、自宅とはお部屋のつくりが違いますから、安全には十分気をつけたいですね。

【ネット情報は参考になる?】

最近は宿泊先を選ぶ際に、口コミサイトなどを参考にされる方も多いかと思います。こうしたネットの利用方法について、村田さんはこう言います。

「先輩ママの口コミなどは参考になる情報が多いと思います。ただし設備、備品、赤ちゃん向けのサービスなど事実についての情報は参考にしても、食事の味など人によって基準が違うことについては一歩引いて見ることも必要でしょう。口コミの時から状況が変わっている可能性もあります。宿泊先を選んだら、直接電話をかけて小さな赤ちゃんがいることを伝え、利用できる設備やサービス、不安に思うことなど詳しく尋ねてみるとよいかと思います。電話ならスタッフの方の対応ひとつで、なんとなくサービスの雰囲気もわかりますし、先方にも事情がわかるので、滞在時も配慮をしてくれるところも多くあります。口コミもいいですが、正確な情報はやはり問い合わせが一番です」(村田さん)

口コミでチェックするのは施設の状態など事実に基づいた客観情報のみにして、好き嫌いなどの主観が入る部分については「あくまで参考程度」と村田さん。気になる宿泊先には、電話で設備やサービス内容を確認した方がよさそうですね。

先輩ママもアンケートにこう回答しています。
「情報として掲載がなくても、直接宿や店舗に問い合わせればベビー用の椅子があったり、ベビーベッドの貸し出しがあったりしたので、無理だと諦めずに行きたい所には問い合わせてみるのも一つの方法だと思います」(5か月)
「口コミサイトなどで得られなかった情報は直接宿泊施設に問い合わせてみて、行ってから慌てないよう事前に調べておく」(1か月)

旅先で少しでものんびりした気分でいられるように、ネットの口コミだけではなく、事前に直接連絡して確認を取るといいかもしれませんね。

【赤ちゃんを温泉に入れても大丈夫? 泉質は?】

旅先で気になるのが、温泉に小さな赤ちゃんを入れていいのかということ。「一口に温泉と言っても泉質はいろいろ。体にやさしい単純泉なら安心ですし、刺激性の硫黄泉、酸性泉、放射能泉などは避けましょう。湯温は、37~39°Cのぬるめがオススメです。大浴場は雑菌も気になる方もいるでしょうし、湯温の調整ができ、パパの手が借りられるという点でも、貸切風呂や客室露天風呂などを上手に利用されるといいですよ。皮膚が薄くて体の小さな赤ちゃんはすぐに温まってしまうので、少しつかる程度で大丈夫。新鮮な温泉にタオルを浸して、それで体を包んであげるだけでも温泉効果があります。大人と同じようにお風呂に入るとのぼせてしまうのでお気をつけください」(村田さん)

温泉に入れるのが心配なら、客室のお風呂が温泉ではないところを選んで、赤ちゃんは客室で体を洗ってあげてもいいかもしれません。温泉に関しては、先輩ママのこんな経験談も。

「“赤ちゃん可”となっている旅館でも、オムツがとれてないと温泉に入れないところがありました。予約前に分かると助かると思いました」(9か月)
「温泉付きの個室にしたら赤ちゃんのペースでお風呂に入れることができ、ママもゆっくりお風呂を楽しめた」(6か月)

脱衣所にベビーベッドはあるか、浴室内に赤ちゃん用のいすはあるかなど、入る前にチェックしておきましょう。赤ちゃんが他のお客さんと同じ浴槽に入れるお風呂でも、まず体をシャワーでしっかり洗うなど配慮を忘れずに。

※    ※    ※

子育ては毎日続くもの。時には旅行に行ってリフレッシュすることも必要ではないでしょうか。ママやパパが元気で子育てを楽しめれば、赤ちゃんもハッピーになりますしね。

さて、続く後編では高速道路や公共交通機関を使う時の注意や、赤ちゃん連れの旅に便利なものなどを取り上げます。

 

prof

【プロフィール】
村田和子(むらたかずこ)
旅行ジャーナリスト 旅で子どもの知的好奇心やコミュニケーション力を育てる「旅育」を提唱し、『旅育BOOK~家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ(2018年・日本実業出版社)』を出版。1児の母。息子さんが9歳の時には、子連れ旅行で47都道府県を制覇し、海外旅行の経験も豊富。子育て向け雑誌や新聞など、各種メディアで子連れ旅行・旅育について紹介。現在はトラベルナレッジ代表として、講演やコンサルティングなど、幅広い活動を旅の魅力を伝えている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る