子連れ旅行の交通手段はなにがいい? 赤ちゃんと行くはじめての旅(後編)

子連れ旅行の交通手段はなにがいい?
赤ちゃんと行くはじめての旅(後編)

妊娠・出産インフォ

ミキハウスが3月に行ったベビークラブ会員さまを対象としたアンケートによると、多くのママ・パパが1歳のお誕生日の前に赤ちゃんとのはじめての旅行を楽しんでいることがわかりました。

「赤ちゃんと行くはじめての旅」(前編)では旅行ジャーナリストの村田和子さんに旅行の計画の立て方や宿泊先選びを教えていただきました。続く後編では、交通手段や旅行に便利なグッズなども取り上げていきます。

 

車と公共交通機関、それぞれの使い方

01

おむつに着替え、授乳のための道具など赤ちゃん連れの旅は荷物が多くなりがちです。車は便利ですが、週末や連休などで道路が渋滞すると、授乳やおむつ替えなどをしたくても駐車もままならないこともありますね。

一方、公共交通機関を使えば予定通りに目的地に着くことはできるものの、赤ちゃんと荷物を抱えて慣れない場所を移動するのは大変です。

車、鉄道、飛行機……それぞれの交通手段について、気をつけるべきことについて旅行ジャーナリストの村田さんにお聞きしました。

【車と鉄道、移動中に気をつけたいことは?】

「個室で周りに気兼ねがいらず、いろいろなトラブルに対応しやすいという点では、車移動はおすすめです。高速道路については、首都圏ならすべてのSA・PAの女性化粧室におむつ替え台が設置されているなど、整備も進んでいます。授乳室の有無、観光や休憩ができる施設もあるので確認しておくといいですね。一般道を走る際には、道の駅やショッピングセンター等、同じようにお世話ができる場所に目星をつけておきましょう。
鉄道利用でちょっと遠出をする場合、特急や新幹線では、座席の位置はデッキに近い席や通路側の席などは、赤ちゃんが泣いてもサッと立ってデッキであやすことができておすすめです。進行方向に向かって一番後ろの席は、座席の後ろの壁との隙間にベビーカーなど荷物を置けるので重宝しますが、訪日旅行者も増えて既にいっぱいということも。昨今、車内で荷物の置き場所に困ることも増えていますから、事前に送る、現地で借りるなど工夫をして、できるだけ荷物は少なくした方がいいでしょう。期間限定でファミリー専用の車両などを用意する新幹線もありますので、条件があえば利用してみるのも手です。また、ミルクの湯冷ましなどは、車内では提供がないので、準備をしっかりと。旅行が決まったらすぐに指定席を手配してください」

新幹線移動については、ベビークラブ会員の先輩ママもこんなアドバイスを教えてくれました。

※()内は旅行に行った時の月齢 
「新幹線で夫婦2人赤ちゃん1人なら、早めに2人並びの席を予約すること。3人席の場合は通路側を取ること。オムツ交換できる多目的トイレの近くを取ること。授乳のために多目的室を使いたくても乗務員さんに声をかけないと開けてもらえないので、授乳の時間が近いなら乗る前にすませておくこと」(2か月)

【空の旅の心得は?】

続いては飛行機で移動する場合に気をつけたいこと。村田さんからこんなアドバイスをいただきました。
「やはり赤ちゃんの生理現象にどう対応するかですよね。おむつ替えは搭乗前に済ませ、機内ではおむつ替えができる化粧室を確認しておきましょう。そして耳。気圧の変化で離着陸時には耳がキーンと痛くなり、耳抜きができない赤ちゃんは不快感で泣いてしまうことが多いです。授乳したり、なにか飲み物を飲ませるなどして、赤ちゃんが不快に感じないようにすることが大事です。あとは機内の暑さ、寒さにも対応できるよう、着脱がしやすい重ね着スタイルで、気圧の関係で体も膨張するので締め付けのある服は避けましょう。ただ、どんなに準備をしても、泣く時は泣くのが赤ちゃんというもの。そんな場合、飛行機は “行き場”がないため、ママ・パパはあたふたしがちですよね。飛行機のCA(キャビンアテンダント)さんは、赤ちゃん連れの方には特に気を遣ってくれますから、手助けが欲しい時は遠慮しないで声をかけましょう。ただしLCCについては、サービスを最小限にして価格を安くしています。CAさんの役割も異なり、座席も狭いので抱っこしての移動はちょっと大変な点は心得てください。飛行機は、赤ちゃんが泣かないかと心配される親御さんも多いですが、私のように子育て経験者や親御さんに理解のある方も多く乗っています。言葉がわからない赤ちゃん連れには寛容な方も多いので、あまり気負わず旅を楽しんで欲しいと思います」(村田さん)

鉄道同様、空の旅も事前の席予約が快適な旅のポイントになると村田さんは言います。航空会社にもよりますが、大手の場合はファミリー向けのサポート窓口があるので、予約時に赤ちゃん連れであることを伝えて、希望の席が確保できるよう相談してみてください。

また公共交通機関での移動の場合、重い荷物は宅配サービスで宿泊先に送るのもオススメですよ。

赤ちゃんと楽しい旅を

2

ママ・パパにとっては楽しみな旅でも、赤ちゃんにとっては突然いつもと違うことが始まるわけですから、不安になってぐずることも多くなるかも知れません。赤ちゃんが笑顔ですごすために用意しておきたいものを村田さんに伺いました。

【ぐずり防止に使えるものは?】

「旅先は“場所見知り”することもあるので、普段以上にぐずり対策をしっかりしていたほうがいいと思います。移動中や食事中に気を紛らわすためのおもちゃは必需品ですね。使い慣れたお気に入りのおもちゃはもちろんのこと、興味を持ちそうな新しいものを用意しておくとよいでしょう。最近はスマホやタブレットに赤ちゃん用のアプリをダウンロードしておくというママ・パパは多いです。赤ちゃんとのコミュニケーションツールとして、ぐずった時など短時間の利用ならいいのでは?」(村田さん)

ベビークラブ会員向けのアンケートでも、旅先のぐずり防止に「アプリを使う」という声がありました。ただ長時間の視聴は目が疲れたりしますので、ご注意くださいね。

【ミルクは? 離乳食は?】

「赤ちゃんがいつも使っているミルク、授乳食が始まったらお出かけ用のスプーン等は持参したいですね。ミルク用の湯冷ましなら宿泊施設やレストランでも用意してもらえることも多く、湯冷ましの施設が整ったベビールームも増えています。また哺乳瓶の消毒用に、電子レンジで簡単に消毒するキットを持参しておくと消毒をお願いしたい場合も、『このまま、レンジで〇分お願いします』と言えば、先方も対応しやすいのではないでしょうか。あと宿泊施設に離乳食が用意されているところや、とりわけしやすいメニューを用意しているところもあります。心配なら、食べ慣れたレトルトなどを持参しておくと安心ですね。」(村田さん)

ベビークラブ会員向けのアンケートでは、子どもが8か月の時にはじめての家族旅行をしたという先輩ママがこんな経験談を教えてくれました。

「とにかく調乳用のお湯に困った。まだフォローアップミルクではなかったのでお湯がどうしても必要で、魔法瓶に入れてもらって。でも朝のお湯は昼すぎには冷めていました」

また産後9か月ではじめての子連れ旅行をしたという先輩ママの、こんな後悔の言葉。

「ホテルに離乳食の保存や温め直しに使える冷凍庫や電子レンジがあるかを知っておきたかった」

慣れない旅先では赤ちゃんが大泣きする原因は生理現象のためが多いと村田さん。お腹がすいて泣き始めたら、すぐに授乳やおやつがあげられるように、手元に準備しておくことが大切ですね。

旅で親子のいい関係を育てましょう

3

小さい時にあちこち旅行に連れて行ったのに、すぐに忘れてしまったとがっかりしている先輩ママ・パパの話を聞くことがあります。いわんや生まれて初めての旅なんて、子どもの記憶に残るものではないでしょう。もっとも、ママやパパのリフレッシュのために行く旅行と考えれば、そもそも記憶に残るか残らないかは、気にすることではないかもしれません。

一方、村田さんはこうおっしゃいます。

「たしかに1歳未満はもちろん、幼い時の記憶は、成長すれば覚えていないでしょう。実際に、私の息子は高校生になりますが、小さい時の旅は忘れていることも多いです。ただ、旅をしながら母として見守ってきた経験から、覚えていなくても、日常から離れた新しい経験に笑ったりびっくりしたり、ママやパパと過ごした心地よい時間は、心の成長や安定感に寄与すると強く感じます。幼児教育や脳科学の先生にもお話を聴く機会があったのですが、幼い時の経験は、思い出せないだけでしっかりと残っている。その後の成長やものを考えるプロセスにも影響してくるそうで、すごく腑に落ちました。旅先で撮った写真やムービーなど旅をカタチにしておくと、それを少し成長してから家族で見返すことができます。こんな楽しい思い出があったんだ、こんなにも愛されていたんだとわかると、それはそのまま自己肯定感にもつながると感じます」(村田さん)

子どもとどんどん旅に出るべき————村田さんはインタビュー中に、何度もそう言います。それは自身が子育てをしてきて、そしてお子さまと旅をしてきて、たくさんの大切なものを見つけたから言える言葉なのでしょう。

「日ごろ仕事や家事で忙しくして、子どもとゆっくり接することができないことに罪悪感を抱いているママやパパこそ家族旅行に行ってほしいと思います。旅は仕事や家事から解放されるので、子どもと向き合ったり、家族の絆を深める機会でもあります。また子どもが1歳、2歳、3歳と成長するにつれて、旅が持つ意味、意義深さも変わってきます。少しお兄さん、お姉さんになったら一緒に旅行計画を立ててみるのもいいと思います。旅行計画中に想像力や考える力を身につけ、そして旅先で本物と触れるリアルに体験することで、いろいろな刺激を受けて、日常では学ぶことができない多くのことを学べると思うんです」(村田さん)

大人になるまでに、愛する我が子と何度旅に行けるものなのでしょうか。限られた親子の時間。初めての旅行は、これからの親子の物語を彩るいい思い出になることは間違いありません。

今月末から始まる大型連休。赤ちゃんとのはじめての旅行、計画してみませんか?

 

prof

【プロフィール】
村田和子(むらたかずこ)
旅行ジャーナリスト 旅で子どもの知的好奇心やコミュニケーション力を育てる「旅育」を提唱し、『旅育BOOK~家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ(2018年・日本実業出版社)』を出版。1児の母。息子さんが9歳の時には、子連れ旅行で47都道府県を制覇し、海外旅行の経験も豊富。子育て向け雑誌や新聞など、各種メディアで子連れ旅行・旅育について紹介。現在はトラベルナレッジ代表として、講演やコンサルティングなど、幅広い活動を旅の魅力を伝えている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る