子育てママに“言ってはいけない言葉”って? 3527名の「禁句調査」で見えてきたものとは

子育てママに“言ってはいけない言葉”って?
3527名の「禁句調査」で見えてきたものとは

妊娠・出産インフォ

「夫婦喧嘩は犬も食わない」ということわざがあるように、永遠の愛を誓いあったふたりなら、ちょっとしたケンカなんて愛情表現のひとつ…のはず。でもささいな言い争いがエスカレートした時、感情的になったパートナーが放ったひと言が心に刺さって忘れられないという経験はありませんか?

今回ミキハウスでは、「ママ・パパ禁句調査」としてベビークラブ会員さまへのアンケートを実施し、子育て世代のご夫婦が直面する“言葉のトラブル”についての実態を伺いました。パートナーから言われて傷つく言葉はどんなもので、夫婦の関係にどんな影響を与えるのでしょう。本記事がママとパパのコミュニーケーションのあり方を考えるきっかけになることを願いつつ、「ママ・パパ禁句調査」の結果をご報告します。なお、有効回答数3527名のうち男性29名、女性3498名という内訳となっておりますので、基本的にはママ側からの意見が反映されているものとお考えください。

(調査概要)

調査期間 2019年8月2日~2019年8月15日
調査対象者 「ミキハウス ベビークラブ」会員のうち、お子さまのいる方、現在妊娠中の方
調査エリア 全国
調査方法 会員向けインターネット調査
有効回答数 3527名(男性29名、女性3498名)

 

大切な人を、なにげない言葉で傷つけていませんか?

《パートナーの言葉に傷ついた経験があるママ・パパは半数以上》

01

アンケートに回答してくださった3527名のうち、「パートナーの言葉で傷ついたことはまったくない」というママ・パパは312名で全体の9%でした。「あまりない」の1264名(36%)を加えると、45%のご夫婦がおおよその場面で穏やかに会話していることがうかがえます。

一方「たまにある」は37%(1297名)で「何度もある」も18%(654名)います。過半数のママ・パパはパートナーの言葉で傷ついたことがあるようです。

《“言われたら言い返す”が多数派です》

02

(グラフ1)で、「たまにある」「何度もある」と答えた1951名に「パートナーから『その言葉』を言われて、どう対応をしましたか?(複数回答可)」と尋ねてみたところ、「言い返した/明確に相手に怒りをぶつけた」と回答した方が、1276名と最も多い結果となりました。

一方、親しい人に共感してもらうことで気持ちを整理しているママ・パパは多いようで「家族に連絡した」と「友人・知人に連絡した」を合わせると、966名がパートナーとのトラブルを誰かに相談しています。また「SNSやブログなどに愚痴や怒りを書いた」も233名いました。

《原因には妻のがんばりに対する夫の理解不足がありそうです》

どんな場面でどういう言葉を言われて傷ついたのかを具体的に記入してもらったところ、

「産休中に『毎日暇?』と言われた。おなかが大きくなって辛かったけれど、家事もがんばっていたので理解のなさに傷ついた」(33歳、女性)

「育児や姑との関係に悩んで泣いていた時に『意味がわからない』と突き放された」(32歳、女性)

「二人目を出産直後、別室で寝ていた夫に睡眠不足をこぼすと『またそれか』と言われた」(31歳、女性)

「『いつ体型戻るの?』と夫。私も焦っていたので嫌だった」(36歳、女性)

「『おれも育児を手伝うから』と言われ、一緒に育てていくはずなのにその考え方はおかしいと思った」(33歳、女性)

などのご意見が寄せられました。妊娠や子育てという人生で初めての経験を、一生懸命に乗り越えようとしている時にこそ、パートナーの理解や思いやりは必要です。(上記の発言の)前後関係は詳しくはわかりませんが、お互いいつも以上に思いやりをもって接したいものです。

さて、そんな言葉を言われた方は、簡単に忘れるわけではないようです。

03

「自分を傷つけた言葉がどんなものだったか覚えていますか?」と聞いたところ、「一言一句覚えている」の333名(17%)と「大枠は覚えている」の1293名(66%)を合計した「覚えている」は1626名で、これは回答者の83%にのぼります。

赤ちゃんの成長とともに変化するママ・パパの関係

次に絶対に言われたくない夫婦間の禁句を「それを言われたら、別れたくなる/しばらく別居したくなる/しばらく距離を置きたくなる、くらいの言葉」と定義して、ママ・パパの間にそんな言葉があるかを訊いてみました。

《夫婦間の禁句があるのは4割弱》

04

「パートナーに絶対に言われたくない言葉(=夫婦間の禁句)はありますか?」という問いに対する答えで一番多かったのは「言われてみないとわからない」の1754名(50%)。回答者の約半数です。次に多いのは「いくつかある」の1163名(33%)で「ひとつだけある」も179名(5%)――つまり、「ある」は合わせて1342名で全体の38%になっています。「ない」と答えたのは245名(7%)。「過去はあったけど、今はなくなった」(186名)という5%のママ・パパは、何かを乗り越えてお互いに対する理解が深まった結果なのでしょうか。

“夫婦間の禁句”について「いくつかある」「ひとつだけある」「過去にはあったけど、今はなくなった」と答えた1528名に、実際に禁句を言われたことがあるか尋ねてみました。

05

「複数回言われたことがある」の636名(42%)と「1回だけ言われたことがある」253名(16%)を合わせると、「言われたことがある」のは889名で、58%です。「言われたくない」と思っている言葉を言われてしまうのは、どんな事情があっても辛いことですね。

《禁句を言われた時期は、結婚後~産後1年目までに集中》

06

結婚前264名、結婚後~ママの妊娠前406名、妊娠中~出産前は385名、産後1年以内が420名となっています。この数は産後1年から2年以内になると109名とぐっと少なくなり、それ以降では75名まで減少します。回答者のベビークラブ会員さまは、産後1年以内までのプレママ〜新米ママが多いという前提がありますが、結婚〜出産〜産後1年までに、禁句に“遭遇”している女性が多いことは間違いないようです。妊娠、出産、子育てと大きなライフイベントが立て続けに起こるこの時期は、パートナーはいつも以上に思いやりを持って接したり、言葉をかけることが大切だということが、このデータからも見えてきます。

《禁句率が高い「お前」という呼びかけ方》

それでは夫婦間の禁句となるのはどんな言葉なのでしょうか。容姿・体型、性格、職業・収入、過去、家事全般、家族、子育てと7つの選択肢の中から答えていただきました。回答結果は以下の通りです。

07

一番多かったのは「自分の性格に関すること」の341名。そのあとに「子どもや子育てに関すること」が296名、「家事全般に関すること」の277名と続きます。また自由記入欄で目についたのは多くの女性が「お前」と呼ばれるのを禁句と感じていることです。

その他の、具体的な禁句については下記のような回答が寄せられています。

「夫の飲み代のために節約しているのに、自分の食べたいものが買えないことが分かった時に夫が言った『ケチだよね』という言葉」(30歳、女性)

「産後痩せようと努力している時に夫が笑いながら言った『なかなか痩せられないね』というひと言」(29歳、女性)

「育児に無関心で仕事のこと以外、家では何もしない夫の『育て方が悪い』という言葉。何度も言われて本当に嫌」(37歳、女性)

禁句対策には相手に対する理解と思いやりが有効なようです

これまでは言われる立場からの禁句を見てきましたが、最後に「パートナーに絶対に言ってはいけない言葉」と、「言われてうれしかった言葉」について尋ねてみました。

《相手の禁句を知っているのは約半数》

08

「ある」と答えたのは1707名(48%)で、その内訳は「いくつかある」の1361名(38%)と「ひとつだけある」346名(10%)。「ない」は446名(13%)で「わからない」も1374名(39%)いました。「ない」「わからない」と答えたママ・パパは禁句でトラブルになったことはないということでしょう。

また「いくつかある」「ひとつだけある」と答えた1707名のママ・パパに、どのような事柄に関する言葉がパートナーにとっての禁句だと思うかを7つの選択肢を示して選んでもらいました。

09

最も多かったのは「相手の職業・収入などに関すること」の759名。次は「相手の家族に関すること」で670名、「相手の性格に関すること」の536名と続きます。回答者の99%が女性ということもあり、収入面で生活を支えている男性への配慮が透けて見えます。

《穏やかに暮らすために、ふたりにできること》

パートナーへの禁句が「いくつかある」「ひとつだけある」と答えたママ・パパに重ねて、尋ねたのは、「パートナーに『禁句』を言わないように意識していますか?」という質問です。

10

「すごくしている。何があっても絶対に言わないようにしている」は563名(33%)、「意識せずとも、今後は絶対に言うような言葉ではないから大丈夫」は188名(11%)です。

一方、「しているけれども、カッとなって言ってしまうかもしれない」の785名(46%)と「意識していない(カッとなったら言ってしまいそう)」の171名(10%)を合わせた半数以上の956名が、言い争いになったら禁句を口にするかもしれないと答えています。

 

どんなご夫婦でも結婚生活を送る中で、ケンカをすることもあるし、嬉しいこともあるでしょう。そこで最後に、「パートナーに言われて、心に残るほど嬉しかった言葉はありますか?」という質問に自由記述式で答えていただきました。

「なんでもない夕ごはんの時に、『美味しいご飯を子どもと一緒にみんなで食べられることが本当に幸せだなー』と言われたこと」(35歳、女性)

「出産に立ち会った時に『ありがとう』と言われたこと」(33歳、女性)

「『何かする事ある?』とたまに言ってくれます。実際に家事を頼んでもあまりうまくはできませんが、言ってくれる彼の気持ちが嬉しいです」(20歳、女性)

「毎日仕事が忙しい夫には何もしてあげられていないのに『○○ちゃんがいるからがんばれるよ。ありがとう』と事あるごとに言ってくれます」(29歳、女性)

「ケンカになった時、妻に『絶対に別れない』と言われた」(48歳、男性)

「毎日ほめてくれること。 いつでも『そんなことないよ』、『何も悪くないよ』と肯定してくれること。周りの人に私のことを自慢してくれるので、それを周りの人から聞くとうれしくなります」(26歳、女性)

「仕事が繁忙期で疲れているようだったので、『少し休んだら?』と声をかけたら、『家族ができたから、今までよりもがんばる』と言ってくれたこと」(35歳、女性)

「仕事で大きな決断をしなければならず、引っ越しも考えなくてはならなかったとき、『わかった』と言って、ついてきてくれた時は本当にうれしかった」(31歳、女性)

「なにもなくても毎日 『結婚できて幸せ』と言ってくれる。 息子ができても私のことを『可愛い』と言ってくれる」(28歳、女性)

「子育てについて他人に言われたことを気にして悩んでいたとき『子どものことを一番見ているのは母親だから自分のことを信じなさい』と言われた」(36歳、女性)

「初めての育児で疲れが溜まってきたときに、『お風呂とご飯の時間はゆっくり過ごしてほしいと思っている。自分のことも大事にしてね、僕の大事な奥さんなんだから』と言われた。 夫や子どものために生きているようなもので、自分なんて全然大事に思えなかったけど、その言葉を言われて、自分が健康で元気でいないとお世話や家事もできないと気づき、自分のことをないがしろにするほどがんばらなくていいんだと肩の力が一気に抜けた」(27歳、女性)

たかが言葉、されど言葉。ちょっとした一言がケンカの種になることもあれば、逆にその一言でパートナーを喜ばせたり、気持ちを楽にさせたり、幸せな気持ちにすることだってできます。もちろん、夫婦やパートナーとして一緒に生活をする中で、常に穏やかでいることは難しいことでしょう。価値観だってまったく同じというわけにはいきません。しかし、夫婦やパートナーはお互いの違いを認めること、尊重しあうことがなにより重要です。愛し合うふたりのために、そして大切なわが子のためにも互いの理解を深めて、穏やかに暮らしたいものですね。

 

【回答者プロフィール】
調査にご協力いただいたママ・パパを、年齢、性別、現在の婚姻形態、結婚年数で分けると以下のようになります。
(n=3527)

<年齢>
20歳未満  11名
20歳~25歳  297名 
26歳~30歳  1289名 
31歳~35歳  1285名 
36歳~40歳  529名
41歳以上  116名 

<性別>
男性  29名
女性  3498名

<現在の婚姻形態> 
既婚  3476名
離婚・死別  11名
未婚  40名

<結婚年数> 
1年目  466名
2年目  892名
3年目  797名
4年以上  1321名
それ以外  51名

妊娠・出産インフォ トップに戻る