世界の子育て Vol.2 ドイツ編(前編)5年で出生数が2割増!ドイツで今、ベビーブームが起きている理由とは

世界の子育て Vol.2 ドイツ編(前編)
5年で出生数が2割増!
ドイツで今、ベビーブームが起きている理由とは

妊娠・出産インフォ

数年前までは日本と同じように出生率の低下が深刻な社会問題となっていたドイツは、今ベビーブームに沸いています。2018年3月28日に配信されたロイターの記事(※)によると、2016年の出生数は前年比7%増の79万2131人となり1996年以来の高水準となりました。2011年には66万人でしたから、5年間で出生数は約2割増えたことになります。

要因は大きくふたつ。まずは、同国が受け入れた移民や難民の数が増え、そうした世帯で多くの子どもが生まれているのがひとつ。ふたつめは政府や自治体の子育て支援など、地道な家族政策が功を奏して、30~37歳のドイツ人女性の出産が増加していることがあるようです。

不定期連載「世界の子育て」vol.2は、ミュンヘン在住の溝口シュテルツ真帆さんにドイツの子育て事情を伺います。溝口さんは結婚を機にドイツに移住して出産、現在1歳9か月の娘さんを育てながらフリーの編集者として働いています。

 

医療費は原則無料、妊娠・出産にもお金はかかりません

――まずドイツで暮らすようになった経緯をお伺いしたいと思います。

溝口さん:東京で会社員として働いている時にドイツ企業の日本支社に勤務していたミュンヘン出身の夫と知り合いました。彼が帰国することになり、2014年に結婚と同時にドイツで暮らし始めました。

――移り住んだのは最初からミュンヘンでしたか?

溝口さん:はい。ミュンヘンはドイツで3番目の都市とは言っても、人口が140万人ぐらいで東京に比べると田舎なんです。娯楽は少ないし日本に住んでいた時のような友だちがすぐにできるわけでもなく、最初のうちはちょっとホームシック気味でしたね。

――そんな中で妊娠されたんですね?

溝口さん:はい、妊娠に関してはすごく順調だったので、特に大変なことはありませんでした。しかもドイツは医療費が基本的に無料なので、産婦人科での妊娠の診断から産んで退院するまで全くお金がかからないんですよ。

――金銭的な心配が要らないんですか。それはうらやましいですね。

溝口さん:(日本では追加料金が必要となる)無痛分娩を選択しても無料です。私が知りうる限り、一般的に病院は自然分娩を勧めますので、簡単に「無痛にしましょう」という病院だけではないようです。もっとも無痛分娩が多い病院もあります。そこは多様性があるというか……いずれにせよ、最後は夫婦の意思が尊重されますね。

頼りになる助っ人“へバメ”(助産婦)さんの存在

126_01_02

――日本では里帰り出産をする人も多いのですが、溝口さんは日本に帰ってお産をしようとは考えなかったのですか?

溝口さん:一瞬頭に浮かんだんですよ。妊娠したころ、少しはドイツ語にも慣れてはいましたが、医者の先生が話す医学用語がよくわからなくて、不安を抱えたまま妊娠期をすごすくらいなら、日本に帰って親元で産もうかなと。でも、現実的に考えると渡航費が必要だし、日本では出産にお金がかかりますからね。それはそれで大変だと思って……。

――確かにそうですね。

溝口さん:それにドイツにはそもそも「里帰り出産」という概念がなくて、出産や育児は夫婦一緒に乗り越えるものという考えが普通なんです。夫も「自分の近くで産まないなんてあり得ない」という反応でしたから、(一瞬頭に浮かんだものの)ほとんど迷うことなくドイツでの出産を選んだというところですね。

――実際、ドイツでの出産を経験されてどうでしたか?

溝口さん:私が出産したのは年間何百人も赤ちゃんが生まれるようなごく普通の総合病院でした。割と一般的な入院生活だったと思うんですけれど、ドイツでは患者はお客さんとして扱われるのではないことを実感しました(苦笑)。

――病院はあまり快適ではなかったと?

溝口さん:まぁ、そうですね(苦笑)。出産後すぐに病室に赤ちゃんと二人きりにされて、授乳の仕方やオムツの替え方を教えてくれるわけでもないし、聞きたいことがあっても看護師さんたちはすごく忙しそうで、大声で主張しないとかまってもらえない感じでした。ごはんもパサパサのパンとチーズで、「これを食べて母乳が出るかな」と心配になるくらい。たった2〜3日でしたが入院生活は結構辛かったですね。

――はじめてのお産でそれはさぞかし心細かったことでしょう。

溝口さん:でもドイツではそれを補う形で「へバメさん」の制度が充実しています。ヘバメさんとは、産前産後の生活をサポートするために派遣される助産婦さんのこと。公的保険で行われている制度なので、無料でへバメさんの手厚いケアを受けることができます。ドイツでは妊娠したらすぐに自分で近くに住んでいるヘバメさんを探すんです。へバメさんは妊娠中から精神的なケアをしてくれたり、出産のために準備するべきものを教えてくれたり、何でも相談できる存在です。出産前から出産準備の体操を習ったりもしました。

――産後も子育てを手伝ってくれるんですか?

溝口:はい。病院は2〜3日で退院させられますが、退院後しばらくは毎日ヘバメさんが来てくれました。沐浴のしかたを教えてくれたり、赤ちゃんの体重を測ったりしてくれて、私がおっぱいにちょっと苦労した時期にもちゃんと助言してくれてすごく心強かったですね。だからドイツでの出産は、入院中は大変だったけど、退院後はへバメさんにしっかりケアしてもらえたから無事に乗り越えられたという感じですね。

ドイツの“公園デビュー”は生まれてすぐ!?

126_01_03

――そのほかに産後の生活で日本との違いを感じることはありましたか?

溝口さん:ドイツでは日照不足を気にしていて、日光浴が奨励されます。ビタミンDの錠剤は生まれた時から与えていて今でも飲ませていますし、日が差す窓辺に寝かせなさいと指導されるんです。生まれたばかりの子どもを連れて公園や森に行くのも当たり前です。

――日本でも最近は赤ちゃんのビタミンD不足が心配されるようになりましたけれど、そこまではしていませんね。ずいぶん違うんですね。

溝口さん:外に出ることには、新鮮な空気とたっぷりの日光を浴びさせなさいということもありますが、社会性を育てるという意味合いもあるようです。ドイツでは子どもは社会が育てるものという考えが浸透しているようで、赤ちゃんが小さい頃からどんどん外に出ていろんな人と会うことをすすめられます。ヘバメさんに「アジア人の女性は家から出ないからもっと外に出なさい」と言われたこともありました。

――日本では産後1か月はママも外出しないのが普通ですからね。

溝口さん:うちの子は生後1週間ぐらいで散歩に連れて行ったかな。でももっと早い人はたくさんいますよ。まだ生まれたてみたいな真っ赤な赤ちゃんをスーパーマーケットで見かけたことも一度や二度ではありません。職場へのあいさつに生後1週間ぐらいの子を連れて来る人もいますね。

――周りの人も平気なんですね。授乳はどうですか? 母乳とミルク、どちらをあげる人が多いのでしょう?

溝口さん:そこは日本と似ています。産科では母乳育児が奨励されているし、母乳をあげて足りない時はミルクで補うというママが多いのではないでしょうか。ただ良くも悪くも個人主義でよその家庭がどういう育て方をしていようが他人は口を出さないのがドイツ流ですから、どうしても母乳でなければなんてプレッシャーを感じることはありません。

――自然体なんですね。

溝口さん:自然体も自然体、カフェや公園のベンチ、バスの停留所みたいなところでも赤ちゃんにおっぱいをあげていたりとか、ドイツのママたちはかなりオープンに授乳しています。それにはちょっと驚かされましたけど(笑)。

126_01_04

――欧米では赤ちゃんはママ・パパと別の部屋で寝かせると聞きますが、ドイツもそうですか?

溝口さん:そうですね。Vol.1で登場したオランダ在住の吉見さんと同じように、うちにも娘の部屋があって、夜の授乳がなくなった生後7~8か月からはひとりで寝かせています。夜中に目を覚まして泣いたら迎えに行って、ちょっとあやして寝なかったら、私と一緒にベッドで寝ちゃったりすることもあるんですけれど、一応「ひとりで寝てね」ということになっています。そこは日本と違いますよね。

――赤ちゃんをどんどん外に連れ出すということですが、街の人の反応はどうですか? ドイツは子どもに寛容な社会なのでしょうか?

溝口さん:ドイツは社会全体にゆとりがあります。1日きっちり8時間労働の人が多数派で休みも多いので、みんな気持ちに余裕があるからでしょうか。街のつくりもゆったりしていて、歩道も広いのでベビーカーでのんびりお散歩もできますし、妊婦さんや子どもたちにも温かいまなざしが注がれていると感じます。もっともドイツが、たとえば東京で働く人くらい忙しくて休みもなく、満員電車が当たり前のストレスフルな社会だったら、そんなに寛容じゃいられないと思いますけどね。

※    ※    ※

妊娠・出産にも医療費がかからず、産前産後のケア体制が整っていて、街の人も子どもにやさしいドイツ。日本と同様に少子化だったにもかかわらず、こうして出生数が回復しているのも、こうした背景があるのですね。

続く後編ではドイツの子育て支援策や育休事情などについてご紹介しましょう。

 

〈参考文献〉
「ドイツはベビーブーム 2016年の出生数が96年以来最大」(ロイター 2018年3月28日)
https://jp.reuters.com/article/germany-population-idJPKBN1H50LW

 

mizoguchi

【プロフィール】
溝口 シュテルツ 真帆(みぞぐち しゅてるつ まほ)
フリーランス編集者。2004年から日本の大手出版社で編集者として雑誌や単行本の編集に携わる。2014年にミュンヘンにわたり、以降フリーランスとして活動する。ドイツと日本をつなぐ出版社・まほろば社(https://www.mahoroba.de/)代表。

妊娠・出産インフォ トップに戻る