赤ちゃんを守るために知っておきたい「冬の感染症対策」

赤ちゃんを守るために知っておきたい
「冬の感染症対策」

妊娠・出産インフォ

朝夕ぐっと冷え込むようになったら、赤ちゃんの鼻水や咳が気になりますね。冬はインフルエンザをはじめとする感染症のシーズンです。そこで小さな赤ちゃんを感染症から守り、家族みんなで元気に冬をすごすために知っておきたいことを、昭和大学医学部教授で小児科医の水野克己先生にお聞きし、まとめました。

 

「冬の3大感染症」の特徴について

乳幼児がかかりやすい冬の代表的な感染症と言えば、インフルエンザ、ロタウイルス感染性胃腸炎、RSウイルス感染症です。「冬の3大感染症」とも言われるこれらの感染症について、それぞれの特徴をまとめました。

 

【インフルエンザ】

インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症。普通のかぜに比べて全身症状が強く出やすいのが特徴で、乳幼児は重症化するとまれに熱性けいれんや急性脳症、肺炎を起こすことがあります。

症状:38℃以上の発熱、頭痛、せき、のどの痛み、鼻水、だるさ、筋肉痛、関節痛など。

感染経路:感染している人のせきやくしゃみなどに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛まつ感染」と、ウイルスが付いた手で口や鼻を触ることによる「接触感染」

潜伏期間:2~3日。症状が出る24時間前から感染性があるウイルスを出します。

 

【ロタウイルス感染性胃腸炎】

ロタウイルスに感染することで起こる急性の胃腸炎。2歳以下の乳幼児がかかりやすいので注意が必要です。ロタウイルスは感染力が強く、脱水症状がひどくなると点滴治療が必要になることもあります。なお、5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、半数近くはロタウイルスが原因というデータ(※2)もあります。

症状:水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛など。

感染経路:主にウイルスを口から吸い込む「経口感染」による。患者の便に大量に含まれているウイルスが乾燥し、空気中に舞い上がって拡散すると言われています。

潜伏期間:1~3日。発症する数日前からウイルスを排出します。

 

【RSウイルス感染症】

RSウイルスを原因とする呼吸器の感染症。生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ100%が感染すると言われています。大人にとっては鼻かぜ程度の症状が多いのですが、乳児が感染すると重症化しやすいので、特に生後数か月は感染を避ける必要があります。

症状:38℃以上の発熱、頭痛、せき、のどの痛み、鼻水、だるさ、筋肉痛、関節痛など。

感染経路:ウイルスが付着したものを触った手で口や鼻を触ることによる「接触感染」が多いとされています。

潜伏期間:4~6日ぐらい。

感染症の予防は、家族みんなで取り組みましょう

「赤ちゃんの感染症予防に一番大切なことは、一緒に暮らしている家族が感染症にかからないこと」と語るのは昭和大学医学部教授で小児科医の水野克己先生。たしかに家族の誰かが感染すると、リスクは一気に高まりますね。続いて、家族みんなの感染症の予防について、先生に詳しく教えていただきましょう。

 

《ワクチンのある感染症は、迷わず予防接種を》

【インフルエンザ】

「今年はすでに流行が始まっています(※1)。ワクチンの効果が出るまでに2週間ぐらいかかりますから、予防接種がまだなら、家族みんなで早めに受けた方がいいでしょう」(水野先生)

赤ちゃんは生後6か月になったら接種が可能で、乳幼児は2~4週間の間隔をあけて2回することになっています。任意接種で自己負担が必要ですが、かかってしまった場合の大変さを考えるとやはり家族全員が受ける方がよいでしょう。ただしインフルエンザの予防接種をしても絶対にかからないわけではありません。ただ、万が一かかった場合にも症状が軽くなるので、予防接種をするメリットは十分にあります。

なお妊娠期に予防接種をすると、生まれた赤ちゃんの感染を数か月間予防できる可能性があると言われています。プレママにとってもインフルエンザの予防接種はマスト事項ですね。厚生労働省では、プレママが予防接種を受ける際にはかかりつけの産婦人科の先生か国と受託契約をした受託医療機関で、母子手帳を提示することを勧めています(※3)。

 

【ロタウイルス感染性胃腸炎】

ロタウイルスのワクチン接種は乳児の定期接種として行われていて、生後6~24週の間に4
週間あけて2回接種することになっています。1歳までに保育園などの施設に預ける時や保育園・幼稚園に通っている兄、姉がいるなら、生後2か月には接種を始めましょう。

ワクチン接種は約8割の子どもの感染を予防し、万が一発症しても重症化するケースは1割にも満たないという調査結果もあります(※4)。

 

【RSウイルス感染症】

現在RSウイルスにはワクチンがありませんので、他の予防策を徹底することが必要です。

 

《手洗い、うがい、マスクを徹底しましょう》

水野先生は感染症を予防するために「手洗い、うがい、マスクの着用」は非常に効果的と教えてくださいます。

「よく言われていることですが、外から帰ってきたら手洗いとうがいをして、人混みに行く時にはマスクを着用する。これが感染予防の基本です。家族が感染したら家庭内でもマスクをして飛沫感染や接触感染を防いでください」(水野先生)

papa

特に人の多いファミリーレストランやショピングセンター、電車、病院など人の集まる場所にはウイルスを持った人がいると考えた方がいいでしょう。家庭内でも外出先から帰った時に触りがちな手すりやドアノブなどにウイルスがついてしまうことがあります。ママ・パパのスマホや財布、バッグなど外出先で繰り返し使うものも要注意です。赤ちゃんが触ったり、なめたりしないように置き場所にも気を付けましょう。

手洗いは石鹸を使って手のひらから手首までを30秒ぐらいかけてしっかり洗い、流水でていねいに流しましょう。アルコール消毒はインフルエンザやRSウイルスには有効ですが、ノロウイルスには効果がありませんから、3つの感染症を予防するには手洗いをしっかりすることが大切です。

hand-wash

 

《インフルエンザとRSウイルスの感染対策に有効なビタミン》

インフルエンザとRSウイルスの感染予防にはビタミンDも有効であることが、千葉県の小学生を対象に行われた調査で証明されています。ビタミンDは日光に当たることで体内に作られます。夏なら15分、紫外線の弱い冬は1時間弱ぐらい、日焼け止めクリームを塗らずに屋外で両手の肘から下を日に当てるのが目安です」(水野先生)

もちろん鮭や干しシイタケと言ったビタミンDを多く含む食品を摂ったり、サプリを飲んでも効果はありますが、陽光をしっかり浴びるということを習慣にしましょう。。日光浴についてはプレママの時から習慣化することが推奨されていますが、それはRSウイルス対策にもなるそう。

「生まれた時にへその緒の臍帯血(さいたいけつ)のビタミンD濃度が高かった子は、生後1年以内にRSウイルスに感染する確率が低いということが分かっています。赤ちゃんの骨の形成にも大きな役割を果たすビタミンDですが、感染症対策にも役立ちますから、妊娠中からビタミンDの摂取を心がけていただきたいです」(水野先生)

ビタミンDについては、「日差しは『上手につきあう』が吉!? 紫外線を正しく知りましょう(後編)」に詳しくまとめていますから、参考にしてください。

 

《ロタウイルス感染性胃腸炎を家族にうつさないために》

家族の誰かがロタウイルスに感染したら、家庭内で感染を広げないために、吐物や便などの始末には細心の注意を払う必要があります。

吐物、便の処理をする時はマスクと手袋を着用する。
ケアや吐物、便の処理をした後は、しっかりと手洗いをする。
・トイレ、衣類、家具、カーペットなどウイルスが付着している可能性があるものは250~50倍程度に薄めた塩素系漂白剤で消毒する。

病人の世話をする時にはウイルスが衣類に付着しないように体の前面を覆うビニールのエプロンをつけ、手袋やマスクは使い捨てのものを使います。汚物は密封できるビニール袋に入れて処分しましょう。塩素系漂白剤を使う時には十分な換気が必要です。消毒用のアルコールはロタウイルスには効果がないことは覚えておきましょう。

感染症の治療法と解熱剤について

3

赤ちゃんが感染症にかかって熱を出したり嘔吐・下痢をくり返したりすると、ママ・パパは心配でたまりませんね。ここではそんな時に知っておきたいそれぞれの感染症の治療法について先生に教えていただきます。

 

【インフルエンザ】

赤ちゃんがインフルエンザに感染すると、「タミフル」という抗インフルエンザ薬を投与される事が多いです。タミフルは苦味が強いので、与える時にココア、ヨーグルト、オレンジジュース、イオン飲料に混ぜると飲みやすくなります。バニラアイスや乳酸菌飲料は苦味が強くなるので避けたほうがいいでしょう。

【ロタウイルス感染性胃腸炎】

脱水症状を防ぐための水分補給をして、下痢や嘔吐、発熱などの症状が収まるのを待ちます。嘔吐がなければ、経口補水液や子ども用のイオン飲料を与えます。

【RSウイルス感染症】

安静にして、必要な場合は鼻水や咳などの薬を与えます。RSウイルスに感染すると鼻汁もふえるため鼻づまりになって、赤ちゃんはおっぱい・ミルクが飲みづらくなります。そのようなときは縦抱っこにして、与えると飲みやすくなることもあります。

 

最後に解熱剤の使い方について。病院で診断してもらって解熱剤を出してもらったはいいけど、どれくらいの体温で解熱剤を飲ませるか、様子を見るべきか、ママ・パパは迷ってしまうのではないでしょうか。

「体温が高くなるのは赤ちゃんの体がウイルスと闘って増殖を防いでいるからです。つまり高熱は体がちゃんと機能している証拠であって、それ自体が異常なことではありません。安易に解熱剤を使っては、ウイルスの増殖を防げないことになります」(水野先生)

子どもは大人よりも熱に反応する体のセンサーが敏感なため、熱が出やすいそうです。また40℃の熱でも元気な子もいれば、37℃台でぐったりしてしまう子もいるという具合に個人差も大きいそうです。

「熱が高くて気分が悪いと食欲がなくなってしまいます。飲まず食わずでは回復が遅れますから、解熱剤で一時的に熱を下げて、水分や栄養を補給する事が必要な場合もあります。(使用の目安と言われる)38.5℃を超えたら解熱剤を使うというのではなく、医師に相談のうえ、あくまでもその子の様子を見て与えたほうがいいかを判断したいですね」(水野先生)

ただ、赤ちゃんが感染症にかかると大人よりも急激に症状が重くなる場合がありますから、熱っぽい、食欲がないなど気になったら、早めにかかりつけの小児科で診てもらいましょう。

もうすぐクリスマスやお正月がやってきます。家族ですごす楽しい時間のためにも、感染症対策には家族みんなでしっかりと取り組みたいですね。

 

〈参考資料〉
※1 インフルエンザの発生状況について(厚生労働省 2019年11月15日)
https://www.mhlw.go.jp/content/000566681.pdf
※2 ロタウイルス感染性胃腸炎とは(国立感染症研究所 2013年)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/3377-rota-intro.html
※3 「妊娠されている方へ 新型インフルエンザワクチンの接種にあたって」(厚生労働省2009年)
https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu091028-01.pdf
※4 kawamura N, et al : Efficacy, safety and immunogenicity of RIX4414 in Japanese infantsduring the first two years of life. Vaccine, 29 :6335-6341, 2011.

 

【プロフィール】
水野克己(みずの・かつみ)

昭和大学医学部 小児科学講座 小児科学部門 教授 医学博士。小児科専門医、新生児専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)、公益社団法人日本小児科学会 理事、一般社団法人日本母乳保育学会 理事長。2017年に未熟児を支援する一般社団法人 日本母乳バンク協会を設立し、全ての子どもたちの健康と幸せを見守る活動を続けている。

妊娠・出産インフォ トップに戻る