抗菌・抗ウイルス成分「Etak®(イータック)」開発者が語る ピュアベール肌着&マスクの有効性

抗菌・抗ウイルス成分
「Etak®(イータック)」開発者が語る
ピュアベール肌着&マスクの有効性

妊娠・出産インフォ

赤ちゃんの肌着や布団カバーなど82品目の製品を揃えるミキハウスの「ピュアベールシリーズ」。最大の特徴は、軽くふんわりとした上質の綿の素材感を損なうことなく、抗菌・抗ウイルス成分「Etak®(イータック)」が生地にしっかりと固着されていて、繊維上の特定の細菌の増殖を抑制したり、特定のウイルスの数を減少させたりする機能にあります。さらに、繰り返し洗濯しても抗菌・抗ウイルスの効果が長く持続する点も魅力的。そこでEtak®の特性・効果について、開発者である広島大学大学院医歯薬学総合研究科教授の二川浩樹(にかわ・ひろき)先生にお話を伺いました。

 

新型インフルエンザを契機に実用化された固定化抗菌成分“Etak®”

1

――新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスは、アルコール消毒が有効だと言われています。二川先生が開発した抗菌・抗ウイルス成分Etak®は、それ以上に“実用性”が高いと評価されているようです。まずは歯科医師である二川先生がなぜ、Etak®を開発したのかお教えいただけますでしょうか。

二川先生:歯の治療をしたことのある方はご存知だと思いますが、歯科医師は、治療の時に患者さんの口の中を消毒します。ところがアルコール消毒薬やマウスウォッシュの効果は一瞬なので、そこにある菌をやっつけることはできても増殖する菌には効果がないんですよ。アルコールは一瞬で揮発してしまうので、効果に持続性がない。

――歯を殺菌・滅菌しても、時間が経つとまた増えていくのですね。

二川先生:そういうことです。歯の中のバイオフィルム(菌の膜)は上から消毒薬をかけても表面にある菌が死ぬだけで、中の菌は生きています。しかも口の中の菌は増殖するのが非常に早くて、12時間で4000倍になるんですね。だから仮に除菌率が99%のマウスウォッシュ(そんなものは存在しませんが)で歯の表面を消毒したとしても、1日も経たないうちに元の状態に戻ることになります。こういう菌をコントロールするために、持続的に菌と戦う薬剤が欲しいと考えたことがEtak®開発のきっかけになりました。

二川先生

――持続的に菌と戦うとはどういうことですか?

二川先生:歯を抗菌加工するということです。治療の時に使っている消毒薬を歯の表面に留めておく、これを固定化するというのですが、それができれば、新しい菌がやってきても付着したとたんに死滅するわけです。そうすれば、患者さんが虫歯や歯周病、プラークで悩むこともなくなります。

――歯に抗菌加工ですか。なるほど、それなら虫歯になりませんね。

二川先生:口の中に薬液を入れるとすぐに流れてなくなるか、あるいは唾液で希釈されて効果が低くなってしまいます。でも歯の表面に固定化されるEtak®なら、抗菌効果を長時間発揮できるわけです。

――成分が「固定」されるから効果が継続するということですね。ただ、長時間消毒薬を口に含むことになると思いますが、そのあたりは大丈夫なのでしょうか?

二川先生:いろいろな形で安全性の試験をしましたが、Etak®はマウスに対して食塩よりも経口毒性が低いという結果が出ています。また、歯の表面だけに固定化できるので、口の中にいる健康維持に役立つ常在微生物を破壊することなく、悪い菌やウイルスだけをやっつけることができるんです。Etak®の開発に関しては、手助けしてくださった多くの方々の力もあり、2008年に固定化抗菌成分として完成しました。

――今から12年前のことですね。

二川先生:そうです。当初は歯科用として開発したEtak®でしたが、翌2009年に日本で新型インフルエンザの大流行の時に、Etak®を抗ウイルス剤として使えるのではないかと思いついたんです。

――抗菌・抗ウイルス性をインフルエンザウイルスにも活用できると?

二川先生:そうです。Etak®の除菌成分は「4級アンモニウム塩」で、これはインフルエンザウイルスなどエンベロープウイルスを不活性化するのに有効です。ウイルスは大きく分けて、その構造からエンベロープウイルスと非エンベロープウイルスに分けられます。アルコールやEtak®はエンベロープウイルスにダメージを与えるには極めて有効です。また、インフルエンザなどは、空気感染が少なく、ほとんどの場合は接触感染で広まります。つまり身の回りのものにEtak®を噴霧しておけば、そこにウイルスやってきても、すぐに死滅させることができますから、接触感染のリスクを格段に減らすことができます。

――すごい! ずばりお伺いいたしますが、これは新型コロナウイルスへの効果は期待できるのでしょうか?

二川先生:はい。コロナはエンベロープウイルスですし、“新型”と呼ばれるウイルスであっても、根本的な構造が変わらない限り効果がありますから、Etak®は有効と考えられます。すでに原料メーカーでは代替ウイルスによる評価試験が行われています(http://www.manac-inc.co.jp/news/view/285)。また、アルコールでは効果が限定的なノロウイルス、アデノウイルスのような非エンベロープウイルスへの効果についても有効と考えられます。

※上記のインタビュー内容は、固定化抗菌成分「Etak®」に関する二川先生の談話を編集したものであり、ミキハウス「ピュアベール加工」子ども用マスクの効能を保証するものではありません。

子ども用マスクにピュアベール加工が特に有効な理由

03

――ミキハウスでは、肌着や布団カバーにEtak®を使った「ピュアベールシリーズ」というものがあります。今回は、このシリーズから子ども用の布マスクを発売することになったのですが、マスクにピュアベール加工するのにはどのような利点があるのでしょうか?

二川先生:ご存知のように、ウイルスは「物」に付着します。ウイルスのついた「物」が媒体となって触った人に次々と感染を広げることになる。ちなみに布製品やダンボールのようなざらさらした素材の上で24時間、ドアノブのような凹凸の少ない素材なら48時間ぐらいウイルスは生きています。

――結構、長く「居座る」んですね。当然、マスクにも付着するわけですね。

二川先生:もちろんです。マスクをして息を吸えば、空気中にあるウイルスがマスクの表面に付いてしまうこともあるでしょうし、ウイルスが付着した手でマスクを触れば、そこにウイルスが残ることになります。使用中のマスクの表面では生きたウイルスが濃縮された状態で付着しています。ですから、使用したマスクは非常に慎重に扱わなければいけません。ウイルス感染を防ぐためにマスクをしていても、マスクを外す時に表面に付着しているウイルスを触ることで、接触感染が起こりますからね。

――そうなんですか。大人でも外す時にマスクの表面を触ってしまいがちですよね…。

二川先生:はい、通常のマスクを使用している場合、そうした感染のケースを排除することは難しいと思います。しかし、Etak®を使ったピュアベール加工を施したマスクの場合、ウイルスはマスクに付いた瞬間に、瞬時に不活性化され、その効果も継続しますから、ピュアベールシリーズから発売される子ども用マスクは、マスクの表面からの接触感染のリスクをなくすという点で非常に優れたものと言えます。下の図はピュアベール加工した生地としていない生地の違いを示したものです。

ピュアベール加工

――子どもはマスクの上から顔を触ったり、外してマスクで遊んだりと、大人にとっては想定外の行動をしますから、マスクで感染のリスクを減らすことができるというのはすごく安心です。しかも洗濯をしても効果が継続するわけですよね?

二川先生:はい、50回洗濯をしても抗菌・抗ウイルス効果は持続することが証明されています。僕としてはまだまだ大丈夫(さらに効果が持続する)ではないかと思うけれど、一応目安として50回の洗濯に耐えるということになっているんですね。このバリア機能を損なうことなく効果が継続する点も、マスクや赤ちゃん用の衣類などに向いているポイントだと思いますね。

――さらに言うと、もともと口腔環境の改善用として開発されてあるEtak®だけに、肌に触れるもの、口に直接装着するものに使用することも問題ないわけですよね。

二川先生:おっしゃる通りです。これだけ効果がありながら、安心してお使いいただけるものであることは間違いありません。

――最後に先生に素朴な質問です。感染症には細心の注意や対策を払う必要はあるとは思うのですが、ウイルスや菌に過敏になりすぎる、神経質になりすぎることのデメリットも考えなければならないとも思いますが、そのあたりはどうお考えでしょうか?

二川先生:私もそう思います。通常の生活であれば、免疫機能が発達する小学生ぐらいまでの子どもは暴露しておいたほうがいい菌もあるんです。ただ、インフルエンザや風邪が流行っている時には、その限りではありません。今は新型コロナが流行していて、子どもたちの身を守る手段が必要です。また、子どもが媒体になって感染を広めるともいわれていますし、体力が落ちている時に感染症にかかると重篤化することもあります。自分の子どもを守るため、自分を守るため、家族を守るため、そしてこの社会にともに暮らす「誰か」を守るため、Etak®やピュアベール製品を活用してもらいたいと思います。

※            ※            ※

もともと、障がい者であったお姉さんの病気を治してあげたいと医師をめざし、歯科医師となった二川先生。障がい者施設での治療を通し、障がいのある患者さんが治療後も短期間で歯がまた悪くなることを、どうやったら改善できるか・・・そこからEtak®の開発が始まったそうです。
そして今、Etak®はミキハウスのピュアベールシリーズだけでなく、様々な形で商品化され、高性能の抗菌・抗ウイルス製品として注目されています。赤ちゃんとママ・パパ、そしてみんなの健康を守るために、ぜひ活用したいですね。

 

ピュアベール加工マスク

◆ミキハウス 子ども用ガーゼマスク 商品概要◆
サイズ:横 約12cm、縦 約9cm
素材:ピュアベール(綿100%、Etak®成分含有)
対象年齢のめやす:2~5歳
価格:1,980円(税込)/1袋2枚組

ミキハウス・ピュアベールシリーズ子ども用マスクは、公式オンラインショップでお求めいただけます。

《ミキハウス 子ども用ガーゼマスクについてはこちらをごらんください》

《抗菌・抗ウイルス加工 【ピュアベールシリーズ】 その他のアイテムについてはこちらからごらんください》

 

二川先生

【プロフィール】
二川浩樹(にかわ・ひろき)
1961年生まれ。広島大学大学院医系科学研究科(歯)(歯学)口腔生物工学教授 歯学博士。2005年より広島大学教授。2015年に「感染の拡大を防ぐ固定化できる抗菌抗ウイルス消毒薬の開発」で文部科学大臣表彰(科学技術賞)を受賞。

妊娠・出産インフォ トップに戻る