妊娠36週で95%は治るって本当?意外と知らない「逆子(さかご)」の話

妊娠36週で95%は治るって本当?
意外と知らない「逆子(さかご)」の話

妊娠・出産インフォ

妊婦の不安要素のひとつ「逆子(さかご)」。妊娠後期までおなかの赤ちゃんが逆子のままだと不安になりますよね。でも、実は今の日本で出産するのであれば逆子を心配する必要はなさそうです。慶應義塾大学名誉教授で産婦人科医の吉村先生が解説してくださいました。

 

妊娠中期まで、40%の赤ちゃんが「逆子」です

――今回のテーマは「逆子(さかご)」です。出産を控えているプレママにとって非常に気になることことだと思いますが、ずばり逆子とはどういう状態を言うのでしょう。

吉村先生:基本的に赤ちゃんは、子宮の中で頭を下にした姿勢で成長する子の方が多い。でも時には頭が上になっている赤ちゃんもいて、それを逆子と言います。医学的には頭を下にしている状態を「頭位」、頭が上になっていると「骨盤位」と呼ばれています。

逆子のイラスト

――「頭位」で育つのが一般的とのことですが、妊娠中にエコーで見ると「骨盤位」、つまり逆子の状態になっていることもよくあると聞きますが。

吉村先生:そうですね。妊娠中期ぐらいまでは赤ちゃんは子宮の中で自由に体を回したり、姿勢を変えたりしますから、超音波で見るとおよそ40%の赤ちゃんが逆子なんです。

――40%…妊娠中期までとはいえ思ったより多いですね。

吉村先生:ただ27、28週頃にからだが1kgを超えるほど大きくなってくると、出産に向けて頭位に固定される赤ちゃんが多くなります。30週で頭位になっているのはおよそ85%ですが、34週ごろになると90%以上になり、予定日間近の36週になると約95%という具合にほとんどの赤ちゃんが分娩前までに頭位になってくるんです。

――なるほど。中期までは40%が逆子(さかご)で、そこから徐々に自然と「頭位」になっていくものなのですね。ちなみに、5%の赤ちゃんが逆子のままというのはどうしてなのですか?

吉村先生:その原因は分かっていません。ただ筋腫などがあって子宮が変形していたりとか、前置胎盤、多胎妊娠、胎児の発育遅延、水頭症などがあると、逆子のリスクが高くなると言われています。

――原因にはなりうるが、こうした疾患があってもイコール逆子になる、というわけではないと。ちなみに逆子を治すために出産までにプレママができることはありますでしょうか?

吉村先生:一番のオススメだと言われているのは妊婦体操ですね。うつ伏せになって胸と膝を近づけ、お尻を上げる胸膝位という姿勢をとって赤ちゃんの向きを変えようという方法です。ただ、効果についての科学的にエビデンスはないし、結構つらい体勢をしなければいけないので妊婦さんの負担も大きい。効果があるとおっしゃる方々も多くいますが、僕は医師としてそこまでオススメできるものではないと思っています。

逆子を治す必要は「ない」!?

プレママとプレパパ

――ちなみに外科的な施術で治すこともできると聞いたことがあります。

吉村先生:外回転術ですね。妊婦さんのおなかの中の赤ちゃんを持ち上げて回すというものです。通常、妊娠36週すぎに行います。それより前だと赤ちゃんが動いてまた逆子になってしまうかも知れませんからね。こちらは有効な手段であると言われていますが、大きな力を加えて赤ちゃんの姿勢を変えてしまうということですから、ごくまれに、早産を誘発したり、胎盤早期剥離が起きるリスクが伴うことも知っておいたほうがいいでしょう。それでも希望するなら、万が一の時にすぐに帝王切開ができる体制が整っている病院でやってもらった方がいいでしょうね。

――そこまでして逆子を治すのか、というと少し判断は迷いますね。妊娠後期まで逆子のままだと不安になるプレママの気持ち、わかります…。

吉村先生:はい。不安になるお気持ちもわかりますが、医療の観点でいうと、逆子だからといって不安になることはありませんよ。僕も妊婦さんから、逆子を治すべきか、自然に任せてもいいのかとよく尋ねられますが、僕はよほどの理由がない限りは治さなくてもいいと答えています。赤ちゃんは骨盤位だろうと、頭位だろうと、お母さんのおなかの中で一番無理のない姿勢をしています。つまり、赤ちゃんは自分が楽な姿勢を取っているはずなので、無理に治そうとしなくてもいいだろう、というのが僕の意見です。そもそも出産のタイミングになれば95%は頭位になっているわけだし、最近は、逆子は帝王切開で産むことが一般的なので、(経膣分娩での)逆子リスクを心配する必要もありません

――逆子は帝王切開で産むのが一般的なんですか?

吉村先生:はい。昔は逆子でも経膣分娩をするのが当たり前でしたが、今は違います。逆子を経膣分娩をした場合と帝王切開の出産と比べると、帝王切開の方が赤ちゃんに影響を与えないという研究結果が2000年に米国で発表されたこともあり、最近では逆子で経膣分娩を選択する妊婦さんは本当に少なくなりました。帝王切開の技術は格段に進歩しているし、麻酔の安全性も向上しています。妊娠35週ぐらいになっても逆子の妊婦さんには、経膣分娩と帝王切開のリスクを両方説明して、どちらにするかを選んでもらうことになります。帝王切開なら、37週か、38週ぐらいに出産するのが一般的でしょうね。

――帝王切開は出産の最後の手段で、できれば避けたいというイメージがありますが。

吉村先生:産科麻酔の技術が向上し、安全に手術が実施できるようになったこともあり、逆子に関係なく、帝王切開は今や特別なことではなくなりました。そして術後も早期離床が励行されていますが、実際に産後の回復も経腟分娩とほとんど変わりがありません。僕の患者さんでも4人の子どもさんを帝王切開で産んだ方がいます。それくらい、帝王切開は、非常に安全に行われているのです。厚生労働省の資料(※)でも平成26年の一般病院での帝王切開娩出術の割合は、分娩件数の約25%を占めるほど多くなっています。

――なるほど。先生のお話を聞いていると、そもそもの話として逆子をそこまで心配する必要がない、ということがわかってきました。

吉村先生:そうですね。現在の日本の周産期医療を考えれば、妊婦さんが逆子のことで、そこまで深刻にお悩みになるようなことはないと思っています。もし、妊娠後期になっても逆子のままで、出産に不安がある場合は、かかりつけの医師によく相談してください。そして、安心してお産に臨んでいただきたいと思います。

※          ※          ※

妊娠経過中の逆子も、95%は出産直前に元に戻ること。また、かつてはリスクが高いと思われていた逆子のお産も、今はそうではなくなっていること。今回も安心できるお話が聞けてよかったです。逆子に悩んでいるプレママのみなさん、むやみに心配しないで、出産の方法についてかかりつけの病院で相談してみるのが良さそうですね。より安全で順調なお産のために、産科のお医者さまや助産師さんとのコミュニーケーションを大切に、信頼関係を築いていけるといいですね。

 

〈参考資料〉
(※)我が国の保険統計(厚生労働省/平成28年)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/130-28_2.pdf

 

dr

【プロフィール】
吉村泰典(よしむら・やすのり)
1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授 産婦人科医。日本産科婦人科学会理事長、日本生殖医学会理事長を歴任した不妊治療のスペシャリスト。これまで2000人以上の不妊症、3000人以上の分娩など、数多くの患者の治療にあたる一方、第2次~第4次安倍内閣では、少子化対策・子育て支援担当として、内閣官房参与も務める。「一般社団法人 吉村やすのり 生命の環境研究所」を主宰。

妊娠・出産インフォ トップに戻る