3人に2人が経験アリ  デジタル時代、夫婦で「あえての手紙」がもたらすもの

3人に2人が経験アリ 
デジタル時代、
夫婦で「あえての手紙」がもたらすもの

妊娠・出産インフォ

ビジネスでもプライベートでも連絡はEメールやSNSなど「デジタル」で済ませている方がほとんどだと思います。一方、大切な想いは手紙で、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昨年8月末から9月上旬にかけて、ミキハウスはミキハウスベビークラブ会員を対象にアンケート調査「夫婦、子育て、そしてお手紙」を実施。8,365名から回答を得ました。同調査によると、気持ちを伝えたい時に手紙を書いたことがあると答えたママ、パパは3人に2人の割合でいました。意外と手紙でやり取りした経験のある夫婦は多いようです。

そこで今回のテーマは「パートナーへの手紙」。先輩ママ、パパの経験談とアンケート結果から、手紙が紡ぐ絆について考えていきます!

 

コロナ禍での里帰り出産。会えない寂しさを埋めてくれたのは手紙でした。

コロナ禍での里帰り出産。会えない寂しさを埋めてくれたのは手紙でした。

夫婦で交わした手紙について、まずお話を伺ったのは、生後5か月の娘さんの世話に忙しい毎日を送っている東京都在住の新米ママのAさんと夫のBさんです。昨年8月に里帰り出産をしたAさん。新型コロナウイルスの感染予防のために5月末には実家のある福島県に帰省しなくてはならず、そこで4か月間すごしたそうです。

「実家には両親がいて、身の回りの世話もしてくれたのでとても助かりました。そういう意味では出産に際しても心配はなかったのですが、夫と何か月も離れて暮らすのはやっぱり寂しかったです。あの状況でしたので立ち会い出産もできず、娘が生まれた瞬間の喜びを分かち合うことができなかったのも残念なことでした」(Aさん)

そんなAさんの心の拠り所になったのは、夫からもらった2通の手紙。

1通目はプロポーズの時、もう一通は産後2週間目に赤ちゃんに会いに来た時に手渡されたもので、家族の幸せな未来を願う彼の思いが綴られた手紙は、Aさんを元気づけてくれたそう。

「彼の手紙は私にとってお守りみたいなもの。寂しくて不安で、心が折れそうになった時に、それを手に取って眺めると、『大丈夫だよ、きっとうまくいくよ』と夫が語りかけてくれているようで心が落ち着きました」とAさんは当時を振り返ります。

実は夫のBさんもAさんからの手紙を大切にしています。

「出産のための帰省は僕が車で送っていったのですが、別れ際に手紙とクロッキー帳を渡されたんです。家に帰って読んだら、ひとり暮らしになる僕を気遣う彼女の優しい気持ちが伝わってきて…。クロッキー帳は料理が苦手な僕のために、彼女が作ってくれた手書きのレシピ集でした。その気持ちがうれしくてたまらず、友だちに料理を振る舞って、レシピを自慢しましたね。そして手紙。内容もうれしいですけど、見慣れた字に彼女の存在をすごく感じるんです。なので僕も寂しさを紛らすために、その手紙を部屋に飾っておきました」(Bさん)

お手紙とともに夫のためにまとめた手書きのレシピ集

こちらがお手紙とともに、奥様であるAさんがBさんのためにまとめた手書きのレシピ集

そしてこのお手紙のやりとりについて、「彼に手紙を書くことで、私自身が感じていた産前産後の不安を整理できたようにも思います」とAさん。さらにおふたりは「見返したい時にいつでも手元にある手紙」は心強かったと口を揃えます。

お仕事ではデジタル領域の業務も多いAさんは、「デジタルの簡便さ、正確さはよく分かっているけれど」と前置きした上で、「妊娠・出産、育児という経験にコロナが重なったこの1年は、アナログな感覚が心地よかったですね。ダイレクトに思いが伝わる手紙の温もりは、デジタルでは感じられないものだろうと思います」と語ります。

一文字一文字ていねいに書かれた手書きの文字からは、読み手に対する心配りも見えてきます。ありったけの思いを込めてやり取りした手紙は、かけがえのないふたりの思い出になっていることでしょう。

夫と交わした“ラブレター”……今読むのは恥ずかしいけど、いつか読み返したい。

夫と交わした“ラブレター”……今読むのは恥ずかしいけど、いつか読み返したい。

次に紹介するのは、Jさん(会社経営/子ども:7歳と3歳)とTさん(会社員/子ども:5歳と9か月)、Mさん(会社員/子ども:4歳と1歳)の3人のママ。皆さん、結婚前から結婚後の一定の時期まで、月1回から年数回という頻度で、夫と手紙のやり取りをしていたそう。

結婚記念日や誕生日のプレゼントに添えたカードに、ふたりの思い出や感謝の気持ちを書いて渡していたというJさんはこう言います。

「私が手紙を書いたのは、面と向かって言いにくい『ありがとう』 や『これからもよろしく』という言葉でも、手紙ならうまく伝わる気がしたから。一番印象に残っているのは、不妊治療がうまくいかなかった数年間に交わした手紙ですね。そのやり取りの中で、落ち込みがちな私の気持ちをちゃんと分かってくれている夫を頼もしく感じたし、この人とならこれからもがんばれると信じることができました。子育てと仕事に慌ただしく時間がすぎてしまう最近は、残念ながら手紙を書く機会がなくなってしまったけど、あの当時、互いに手紙をやり取りしたことはとても大切なことだったと思います」(Jさん)

一方、Tさんも結婚前に月に1回のペースで手紙のやり取りをしていたそう。

「夫と出会って、結婚するまで4、5年でしたけど、毎月続けていました。手書きの文字は書き手の温度感が伝わってくるんですよね。文字を間違えて消している跡にさえ、その時の彼の様子が心に浮かんで、うれしくなったものでした」(Tさん)

Mさんも結婚前は記念日などに手書きのメッセージを送りあっていました。3人のママたちが実感したのは、気持ちを整えて言葉を選びながら書く手紙の“伝える力”のようです。

「今の時代はSNSやメールなどのデジタルツールで常につながっているように思えるけれど、頻繁なやり取りの中で埋もれてしまう言葉もあるような気がします。お互いへの感謝や思いやりは、手紙にした方が伝わりやすいんじゃないかな。今でも当時の便箋や封筒が残っていて、それを見るだけで手紙を書いた時の気持ちを思い出して、懐かしかったり、ちょっと恥ずかしかったりするんですよね」(Mさん)

形として残るがゆえに、実はデジタルよりアーカイブ性が優れているのでは、という体験者ならではの意見も出つつ、そのアーカイブ性が「恥ずかしさ」を感じさせることもあると、3人が口を揃えます。

「恥ずかしいという気持ち、よく分かります。私自身も、ふたりの関係性も、当時とはずいぶん変わっています。その頃の自分たちを思い出すと、恥ずかしくて手紙を読み返すなんてできない! でも、絶対に捨てることはできない大切なものなんですよね」(Tさん)

「私も同じですね。捨てられません。でも、子どもには絶対読まれたくないから、全部まとめて隠してあります。おそらく、いつか読み返したいと思う日が来るのだろうと思うんですよ。たとえば、お互いにおじいちゃん、おばあちゃんになった頃、『あの頃は楽しかったね』なんて、若い日を懐かしく思い出せるのは素敵な事じゃないかなぁ」(Jさん)

子育てに忙しいこともあり、かつて記念日などで送り合っていた手紙の習慣もなくなったとTさんもJさんも漏らす中、Mさんは、最近になり夫婦で交換日記を始めたそうです。

「私は子どもが寝てからでなくては自分の時間が持てないけれど、夫は朝が早い仕事なので夜も早く寝るんです。そうすると大事なことでも、子どもがいるところで話をするしかなくて。だんだん会話がわかるようになってきた上の子が、ふたりの間に入ってきてしまうようになりました。それで夫から提案されたのが交換日記です。育休中の私が日常生活とか子どもの成長の様子を書くと、夫からは仕事のことや今やりたい事について返事がきたりします。彼がマメなので続いているんですが、ふたりのコミュニケーションにすごく役立っていると思います」(Mさん)

手書きの文字からにじみ出す思い。机に向かって一生懸命書いている様子まで思い浮かんで、ほっこりと温かい気持ちになりますね。ふたりの思い出がたくさん詰め込まれた“ラブレター”は、老後の何よりの楽しみになりそうですよ。

約95%のママ、パパが手紙で絆が深まったと回答しました

約95%のママ、パパが手紙で絆が深まったと回答しました

最後に、ミキハウスのアンケート調査「夫婦、子育て、そしてお手紙」について簡単にご紹介します。

〈調査概要〉

ミキハウスのアンケート調査「夫婦、子育て、そしてお手紙」についての調査概要

【ご夫婦で手紙のやり取りをしたことがありますか?(複数回答)】

【ご夫婦で手紙のやり取りをしたことがありますか?(複数回答)】

回答を寄せてくださった8,365名のうち、約66%の5,516名のママ、パパが結婚前、結婚後、出産後のいずれか、もしくは複数のタイミングで、パートナーと手紙のやり取りをしたことがあると答えています。

手紙のやり取りをしたことがあると答えた人だけに、もっとも印象に残っている手紙のやり取りはどのタイミングのものかを尋ねると、最も多かったのは結婚前の手紙の63.2%で、結婚後の手紙が続く16.8%、出産後の手紙は7.5%となっています。ママとパパの関係が安定して、子育てで忙しくなると、気持ちを伝え合う機会が少なくなってしまうのかもしれませんね。

【「もっとも印象に残っている手紙のやり取り」は、ご自身やパートナーにとって、うれしいものでしたか?】

【「もっとも印象に残っている手紙のやり取り」は、ご自身やパートナーにとって、うれしいものでしたか?】

「とてもうれしかった/とても喜んでもらえた」(77.0%)と「うれしかった/喜んでもらえた」(19.2%)を合わせると、実に96.2%は相手を喜ばせるものだったことが分かります。結婚前に夫からもらった手紙がとてもうれしかったというママは、「なかなか字を書かない時代だからこそ、直筆だと特別に感じる」(ママ、子ども:10か月)と答えてくれました。

「夫が一生懸命書いてくれた文字、一文字、一文字に愛が溢れます」(ママ、子ども:2歳、0歳)というコメントは産後、慣れない子育てに疲れ切っていた時に感謝の言葉を綴った手紙を渡されたママからです。「書いているときが楽しい」(パパ、子ども:10か月)と書くことを楽しむ声もありました。

【「もっとも印象に残っている手紙のやり取り」はご夫婦の関係性にとって、どんな影響があったとお感じになりますか?】

【「もっとも印象に残っている手紙のやり取り」はご夫婦の関係性にとって、どんな影響があったとお感じになりますか?】

最後は手紙が夫婦の関係性に及ぼした影響について聞きました。手紙のやり取りをしたほとんどのママ、パパが手紙は夫婦の絆を深めるものだったと答えていて、「夫婦の絆を大きく深めるものだった」(56.4%)と「夫婦の絆を深めるものだった」(38.2%)を合わせると94.6%になります。

夫婦の絆を深めたという答えの中には、「続けていきたい文化だと思います。相手に自分の気持ちを伝えるということは、生涯大切にしていきたいです」(ママ、子ども:3歳と0歳)という意見や「手紙を書き、読んでいる時間はゆっくり時間をかけて自分の気持ちと向き合える時間になるので大切」(ママ、子ども:7か月)など、相手に気持ちを伝えるためだけでなく、自分の気持ちを確認するためにも欠かせないという意見も目立ちます。

また、最初の問いで、「手紙のやり取りをしたことがない」と答えた2,862名の方の中からも「文字から思いが伝わると思うので、より気持ちが通じ合えると思う」(ママ、子ども:7か月)や、「いいと思う。産後は子ども中心の生活になり、夫婦の間の会話が極端に減ったので、直接口では言いにくい日々の感謝などを手紙にしたいと思う」(ママ、子ども:10か月)など、肯定的な意見が多く見られました。

子育てや仕事に忙しい毎日だけれど、ちょっとだけ時間を作って感謝の言葉を文字にしてみませんか?

今の時代、あえて手間をかけて手紙を書くことは、愛情や思いやりを形にして相手に届けることなのかもしれません。子育てや仕事に忙しい毎日だけれど、ちょっとだけ時間を作って感謝の言葉を文字にしてみませんか? あなたがパートナーに送る手紙は、きっとふたりの絆を深めてくれることでしょう。

妊娠・出産インフォ トップに戻る